« FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第6話『妖精たちは風の中』 | トップページ | DD北斗の拳 第13話『宿なし救世主!ならば家を建てるまでっ!』&第14話『マーズアタタック!あの日のユリアが歌っていた』 »

2013年5月12日 (日)

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第5話『恵、動く』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-6019.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 魔界のある地にある病院にて、入院している母親の見舞いをしているアンダイン恵。
 魔界での彼女の姿は、意外な程に美人 なので、りん子らから見たら、信じられないと思うでしょうな~。
 そんな母親が危惧しているといえば、当然ながら、娘の花嫁 の事だった。
 アンダインは、心配しない様にみたいな事を言って安心させようとするが、そんな彼女のもとに、医者のオゼがやってきて、衝撃の宣告がなされてしまう。
 それはなんと、母親のガンの転移が発覚した というのだ!
 しかも、手術を成功してもなおの結果でして、これ以上の治療は苦しめるだけだと忠告してしまう!!!
 その上で、アンダインの母親の寿命も あと300年 だそうな。
 300年は人間からしたら壮絶な長生きだけど、300年も病気の苦しみを味わないといけないというのがなんとも言えませんぞ(ToT)


 一方、大学の食堂で友人のユミと会話をしてるりん子は、食事の最中に、カレシはいるかと訊ねられる。
 ユミの方はカレシはいるそうでして、りん子に 友達を紹介してあげようか?と余裕の発言をする始末♪
 もう1人の友人であるマキはといえば、せっかく派手な装飾品を身につけてるのに、アザゼルがブチギレするレベルの顔のブザイクぶり&喋り方が思いっきり災いしてるせいで、こちらもやはりカレシに縁すらない状態でした。
 そんな2人の為に、ユミが合コンをセッティングしようかと誘いをかけてきまして、りん子はアザゼルを連れて逃げる様にその場から立ち去ってしまいました。

 事務所に戻ると、人間体に化けてるアンダインが芥辺に、母親の看病を理由に辞職を申し出てる最中だった。
 でも、芥辺はといえば、アンダインをまったく止める素振りすら見せない上、自分との契約解除も要望して処理しちゃいまして、この態度に、アンダインはブチギレ。
 ついには、こんなところを辞めてやると言って事務所から去って……いくはずもなく、事務所の出入り口の戸の前で待機してたけど、当然、芥辺は引き止める気配は皆無。
 アンダインは言うまでもなく、芥辺にブチギレ全開しまくりまして、さすがの芥辺も、暴走しまくりの彼女の隙を突いて事務所から退散しちゃいました♪

 簡単に恋に落ちたり、男に振り回されたりするのはゴメンなので、真剣に自分を愛してくれる人を自分の目で見極めてみせると決心するアンダイン。
 りん子も少しばかし慰める事を言っちゃいますが、そこへユミから電話が!!
 もちろん、その内容はといえば、例の合コン話でして、りん子も断りの返事をしようとする。
 アンダインは、その電話の内容が気になったらしく、アザゼルから合コンの話を聞いて、せっかく断りの返事をしたばかりのりん子に包丁を握り締めながら『合コン参加』を求めまして、結果的に有無問わずの強制参加をする展開になってしまいましたわ。


 続きはこちらへ!!!

|

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第6話『妖精たちは風の中』 | トップページ | DD北斗の拳 第13話『宿なし救世主!ならば家を建てるまでっ!』&第14話『マーズアタタック!あの日のユリアが歌っていた』 »

よんでますよ、アザゼルさん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/52208840

この記事へのトラックバック一覧です: よんでますよ、アザゼルさん。Z 第5話『恵、動く』:

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第6話『妖精たちは風の中』 | トップページ | DD北斗の拳 第13話『宿なし救世主!ならば家を建てるまでっ!』&第14話『マーズアタタック!あの日のユリアが歌っていた』 »