« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第3話『痔のカリスマ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5988.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 事務所のトイレでウ○コを終えた光太郎は、ズボンを履いた瞬間、激痛の悲鳴が木霊する!!
 そこで病院で検査をした結果、まさかの痔だったのだ。
 もちろん、このままりん子を保護者に、病院へ直行♪
 この結果に、アザゼル&べーやんは爆笑しまくりですし、りん子もちょっと恥ずかしい思いをしちゃいました。
 しかし、病院で看てもらった病院の医師は、なぜか専門外の医師が診察。
 実は最近、この病院に勤めていた肛門科の専門医が退職をしてしまったらしく、さらにその現象は、ほかの病院の肛門科でも発生しているというのだ。
 そのせいで、この病院も含めて医者不足という状況になっていて、もっと詳しい検査とかをするのは無理だって事なので、この先生の知り合いである『痔のカリスマ』と呼ばれてる専門医を紹介してくれる事になりました。
 その専門医は 麗華 という女医さんだ。
 これを聞いて、アザゼルもつい、半泣きするくらいに羨ましがっちゃいましたわ。
 べーやんも協力して、アザゼルのお尻をバッサリ切っちゃいましたが、悪魔には見えませんので意味ないっす。


 この医師に紹介されてやってきたのは、 鹿羽町病院という場所。
 光太郎も、自分の痔を女医さんが見てくれるという超嬉しさに包まれてまして、今か今かとウキウキ気分で診察室にてお待ちかねしてました。
 そしてついに、目的の女医さんが登場するが―― なんとオネエだったのだ(><)
 しかも、ガタイもパネエくらいに筋骨隆々で、中の人も 安定の三宅健太さん だった。
 女医さんというから美女の女医を期待していた光太郎は、完璧に凍っちゃいましたわ。

 そういう訳で、麗華による痔の診察を受ける事になった光太郎。
 当然、麗華からの痔の診察のお誘いを断固拒否全開をぶちかましちゃいました(●゚▽゚●)
 麗華も、自分はおネエである前に患者を診る1人の医者だと力説したものの、べーやんの暴露の職能の前では無力でして、しっかり本音が暴露されちゃいました♪
 ワタシの生きがいは、
 何も知らない少年に『治療』と称して、
 あれするや……。

 予想どおりすぎる麗華の本音の暴露に、光太郎は、すぐさまほかの病院への診察を熱望!!!
 だが、東京中に広まっている肛門科の専門医の医師不足という状況では、余計に自分の貞操の危機をさらに濃くなるだけだし、ならばと隣の埼玉県の病院で見てもらうと避難を始めようとしても、外に待機していたベテラン看護師たちに捕まってはどうしようもありませんでした。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第4話『DEAR KABY~親愛なるカービィへ~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5984.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 この世に1冊しかない本”日の出(DAYBREAK)”の破棄又は消失。
 依頼主のカービィ・メロンから頼まれたナツたちだったが、その本を見て驚愕の事実を知ったルーシィは、ナツ達がエバルー達とバトルしてる間に本を読み終えると、この本は破棄又は消失をせずにカービィの元に届けなければならないと確信する。
 ところがそこに、エバルー公爵がルーシィに迫り捕らわれてしまうのですが、そこへハッピーがやってきて、なんとか彼女の救出に成功します。
 その本の秘密を語り出すルーシィだけど、この本は、なんとエバルー公爵が、作者のケム・ザレオンを無理矢理捕ら、独房で3年間も本の執筆させたモノで、内容はエバルー公爵が主人公のひどい冒険小説仕立てにしていたのでした―。
 だけど、魔法の力があるルーシィには、その本が”普通に読んでも決してわからない様に、最後の力をふりしぼって本に魔法をかけてた一冊”だと理解し、本を無事に届ける為、目の前にいるエバレー公爵を倒そうとします。
 だから、この本はアンタには渡さない。
 っていうか アンタは持つ資格なし!
 ルーシィが呼び出したのは、キャンサー☆彡
 ところが、ここまで侮辱されまりの公爵もルーシィと同じく星霊を呼び出す!
 それはなんと―― ドブスメイド長の女!
 なんと、あのメイドは星霊だったというオチ( ̄口 ̄;)!!!
 ところがこの星霊を召還したと同時に、ナツも一緒にやってきちゃいまして、これでソッコーで形勢有利になった2人と星霊1匹は、一気にエバルー公爵達を撃破&屋敷をぶっ壊しましたとさ(>▽<)


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第3話『俺の友達が眼鏡を外すわけがない』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5980.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 マンションの正面玄関の電子ロック前に、京介・黒猫・桐乃の3人が口論していた。
 どうやら、ある一件で書かれた住所を頼りにやってきたそうですが、マンションだったとは全然知らなかったみたいで、部屋番号などわからずに困ってました。
 当然、桐乃&黒猫からイヤミを言われた京介。
 そんな折、学生らしき1人の美少女が京介たちの姿を見て、どこかで聞いた事がある3人の呼び名と共に、ビックリした上に恥ずかしそうにしゃがみこんでしまった。
 だが、京介は彼女を見て――― ついこう言ってしまった。
 誰だ、お前!?
 あの独特すぎる喋り方から、あの沙織だという事実が発覚しましたが、確かに京介の言うとおり、誰だお前!?と言いたくなるのもわかりますね(≧▽≦)

 これは、大嫌いな姉さんの話であり、
 かつて親しかった友達の話であり、
 槇島沙織
(まきしま さおり)と沙織・バジーナのお話です。
 そういう訳で、今回は沙織・バジーナ誕生秘話のお話です♪


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

DD北斗の拳 第7話『オレオレ!オレだよ!ラオウと小さいばあさん』&第8話『健やか!健康人生!!トキさんの場合』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5978.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ある日、店で店番をしている最中のラオウの元に、1本の電話がかかってくる。
 相手はトキらしいが、明らかに 関智ボイスのモノマネ に見えない声だった。
 その上、喋り方もあまりにもラテンすぎる上に、内容もあまりにも怪しすぎる。
 ラオウは最初、相手がトキではないと断言するけど、相手の言葉巧み???な会話にダマされてしまう。
 そう、電話の相手先は、オレオレ詐欺会社だったのだ!

 一方、買い物ついでにトキを捜していたケンシロウ&バットだが、途中の路上で、ダンボールに入ってウサ耳を装着したトキを発見!!!
 仕方なく、吐血しちゃったトキを、背中にオンブして店に戻るのでありました。

 店に戻ってきたケンシロウたちは、いきなりラオウから 金をくれ と求められてくる。
 トキが買い物の最中に手のひらサイズの婆さんに出会ったが、婆さんの体型があまりにも小さく行動自体が命懸けな為に普通にライブを見に行く事ができないうんぬんと言ってたが、最後には“3日後までに300万金を用意してくれ”と頼まれたというのだ。
 当然、バットは、それは 明らかに詐欺 だし、トキは自分たちと一緒にいた上、すでに吐血をしてダウンさ~状態になってると断言。
 だが、すっかり詐欺相手の言葉巧みにダマされてるラオウはまったく聞く耳すら持たず、自らの手で資金調達の為に店を出て行ってしまいました。


 資金調達初日。
 ちょっかいを出してる感の不良どもから金を押収しようとするけど、ゲットできたのは5円だけだった。

 資金調達2日目。
 効率よく集める為、店の前に『300万入れろ!』と脅迫めいた言葉を書いたラオウ募金箱を設置。
 これで金が集まると意気揚々のラオウだったが、箱の中に入ってたのはジャキだった。

 資金調達最終日。
 ユリアを写した写真を質屋に出して300万を作ろうとしたが、当然、売れるはずがなし!
 まあ、ユリアの中の人の10代・20代前半の頃の世間に流通していないお宝全○動画ぐらいだったら、マニアの人は300万で買い取るのは確実ですが。
【↑堀江由衣さんファンを全力で敵に回す暴言はやめろよ!】

 当然、資金など集まるはずがなく、再びラオウの元にオレオレ詐欺会社側からの電話が入ってくる。
 午後6時に指定した場所まで持ってくる様にと一方的に言って電話を切るものの、今度は本物のトキが目の前にいるにも関わらず、すっかりダマされてるラオウには聞く耳持たずの上に資金を集められなかったと意気消沈としておりますよ(ToT)
 おかげさまで、本物のトキさん、自分は本当にトキなのかとばかりに存在自体を疑ってる様子っすよ…。

 そんな折、リンが店に戻ってきまして、ラオウに1000円札を進呈♪ リュウケンからのお小遣いだそうですが……パチンコで儲けた影響のお小遣いだそうな(><)
 いくら、店の売り上げが少ないからって、店主自らがパチンコを打ちに行く行為ってのはどうかと思うぞ!
 とりあえず、1000円を手にできたラオウは、それを手に待ち合わせの場所へ向かっちゃいました。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第2話『牛は見た!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5970.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 芥辺抹殺の準備が完了したところで、事務所に戻ってきた芥辺。
 でも、その芥辺はといえば、事務所に戻ってくるなり、なぜか機嫌が悪い様子だ!!
 どうやら、事務所の応接間に入った瞬間に、何か違和感を感じたそうです。
 これには、べーやんもアザゼルもはもちろん、チェアに座って待機してるもっさん弟にも、壮絶なまでの緊張感が全身にほど走ってしまう!
 エロ本の数々を自分の後ろに隠してるアザゼルは、もうバレバレすぎるくらいの動揺を見せまくり。
 べーやんに至っては、とにかく必死に平常心を装いながら事務所の中の模様替えをしたのだと嘯くのですが、芥辺は、自分が嘘を言ってるのかと動じる様子すら皆無だった。
 しかも、芥辺が感じる『違和感』は、隣の部屋にいる光太郎たちではなくて、自分がいる応接間にアザゼル&べーやん以外に誰かいると感じているのだ( ̄口 ̄;)!!!!
 これにはさすがのべーやんも動揺を隠しきれず、このままではアザゼルやチェアに座って人形のフリをしているもっさん弟は無論、自分の命もヤバイと実感!!!
 このままでは非常にヤバイ―― と思ったその時、突如、猫の鳴き声が聞こえた。
 もちろん、この猫はアザゼルが機転を利かせて猫の着ぐるみ着用で猫の鳴き声を鳴らしてくれたものでして、これで危機を脱出♪
 まあ、当然ながら、芥辺は、猫姿のアザゼルに蹴りの一撃を進呈!!
 アザゼルはそのまま、窓ガラス割りで外へ放り出されたと共に、アザゼルの中の人である小野坂さんにはあまりにも似合わ無さ過ぎる辞世の句の朗読をしながら、道路上に向かって真っ逆さまに転落していく。
 このままでは、道路上で全身アベシ~!状態になるのは必至――― だったが、幸いにも、猫特有の着地が見事に成功して無傷で着地成功しまして、これで一安心と思いきや、着地地点が道路の上&アザゼルの様な悪魔は一般市民には見えないという利点が災いし、そのまま大型トラックが通過してグチャっと潰れてしまいました。

 圧倒的緊迫感が漂う事務所の応接間。
 そこへ、買い物に出かけけていたりん子が戻ってきまして、今の芥辺の状態を見て、べーやんに耳打ちを敢行。
 どうやら、今の芥辺は 超機嫌が悪い そうで、それは一定の周期で起こるものらしい。
 そんな状態の芥辺は、とにかく通常以上に神経が過敏になってるせいでわずかな雰囲気の違和感を感知できるくらいに、勘がものすごく鋭くなる という。
 りん子いわく、今日がその日だというのだ。
 これを聞いて、べーやんは、大急ぎでもっさん弟を回収して出直すしかないと危機感を強く募らせるが、かなりヘビー状態の芥辺の前では容易にその行動が取れない。
 しかも、芥辺から「俺が『いい』というまで、この部屋から出て行け!」と殺意全開の通達を受けてしまい、何も知らないりん子は、べーやんを連れて応接間から強制退出する事態になってしまう。
 その上、この間に車椅子に乗って戻ってきてたアザゼルが、ティッシュの箱&エロDVDという暴挙もやってしまいまして、余計に芥辺の不機嫌に重油をぶちまける最悪の事態に発展。
 案の定、アザゼルは再び事務所の窓から放り出されてしまい、今度は受身すら取れずに地面にベチャッと転落&新たなトラックが通過してグチャっと潰れてしまいましたわ。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第3話『潜入せよ!エバルー屋敷!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5967.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 フェアリーテイルがある酒場???の近くに、自分が住む場所を見つけたルーシィ。
 家賃7万Jだけど、なかなかいい感じのアパートっす。
 早速、新しい家での独り暮らしを満喫しようとするルーシィに、ナツがいきなりやってくる。
 前に見た『星霊との契約』を知ってるナツから、一緒のチームを打診&その為の初依頼である『20万J』の仕事も決定している事を聞いて、やはり食いついてきました!

 今回の依頼は、一冊の本の奪還!
 しかも、それがあるのは エバルー公爵の屋敷 でして、その中にあるという本を奪還してほしいというのだ。
 ただし、依頼の際の注意事項には、公爵はとにかく女好きで変態、金髪のメイドさん募集中と書いてあった。
 そしてナツとルーシィは、早速、エバルー公爵の屋敷があるシロツメの街に向かう。
 その頃、フェアリーテイルに、この仕事の報酬が20万Jから200万Jに10倍に上がった事が話題になり、これを見てたグレイも「面白そうな事になってきたな…」とチェックしちゃったみたい!

 そんな事も知らず、シロツメの街に到着したナツとルーシィ。
 早速、用件どおりのメイド服に着替えて潜入する気満々のルーシィだけど、とりあえず最初は、依頼主のカービィ・メロンの元にやってきて、話を聞く事に。
 カービィの話だと……エバルー公爵の持つこの世に一冊しかない本『日の出(デイブレイク)』を破棄または消失する様にするのが詳細な仕事内容 でして、ここでようやく報酬が200万Jにあがってた事実を知る。
 俄然、やる気が出たナツ達は、すぐさまエルバー屋敷へGO!する事に☆彡


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話『信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5965.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 お兄さん、ご相談があります!!
 突如、あやせに呼び出された京介は、圧倒的な緊張を抱きながらそう宣言される。

 なぜ、あやせが会いたくもなかった??京介を呼び出す事態になったかといえば、きっかけは、数日前の放課後に、あやせが桐乃に誘いをかけた直後の出来事だった。
 あやせからの誘いを聞いた桐乃だったが、突如、彼女のケータイにメールが入ってきまして、それを見た彼女の表情がビックリするくらいにニタ~としたものに。
 当然、ものすご~く気になったあやせが、誰とメールをしてるのかと直球的に聞いてきまして、桐乃は前に逢った夏コミ仲間(黒猫や沙織)からの連絡だと返答したのですが、その表情は明らかに笑ってながらもかな~り引きつってたそうです。

 当然、あやせからしたら、桐乃がウソをついているのは明白!!
 桐乃が隠れてカレシでも作ってるのではと思う京介だが、あやせの話はそれではなくて、新しい女友達とメールをしているという――― それも、ゲームの話 だというのだ。
 まさかの話に、京介は、桐乃はついに、エロゲーと現実の区別がつかなくなったのかと危機感を募らせる。
 いえいえ、そういうのではなくて……実は最近、ケータイでゲームの女の子とメールをしているそうで、あやせと2人きりの際でも、目の前に鬼夜叉がいるにも関わらずゲームに夢中してる上、ゲームの中の相手に対して、ユルすぎ表情で「愛してるよ~デヘヘ♪」などのセリフを言うという愚行を犯してるそうだ。

 とりあえず、京介の胸ぐらをつかみながら どうにかしてください と激しく訴えるあやせ。
 自分よりもゲームの女の子の方がいいのかと、すっかり涙目になってまして、激しく迫られてる京介は、わずか数センチ先のあやせの表情にテレたり、彼女の号泣にものすごく戸惑いながらも、自分がなんとかしてみせると断言する様に約束をしちゃいました。
 彼の言葉に、あやせは喜んでお礼を述べましたが……また血の雨が降りそうだ。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

DD北斗の拳 第5話『卑劣!ストーカーには地獄すら生ぬるい!』&第6話『バナナがない!ケンシロウはじめてのおつかい』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5962.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 いきなり、リュウケンのお店に来訪したアイリ。
 リンのお友達だそうで、ちょっと困った事がある という。
 とりあえず、アイリの話を機構とするケンシロウたちだったが、その前に身近な問題があった。
 でも、このアイリさん――― 超ド近眼だった。
 なんと、メガネをかけないと、わずか数センチ前にいるケンシロウたちの顔すら判別不可能というレベル でありますわ。

 それはそうと、アイリの最近の悩みは ストーカー被害にあってる というのだ。
 しかも、今そこにストーカー犯人が監視をしているそうで、ケンシロウたちもコンビニの出入口を見てみたら、3組の覗き行為をしてる野郎どもが!!!
 頭にストッキングを被ってる野郎から、野性っぽい服装の野郎ども、そしてジャキが(><)
 当然、ケンシロウたちが即効でフルボッコしたのは、予想通りのジャキでしたがね。
 しっかし、ケンシロウたちの頭では、誰がストーカーなのかはわからないって事で、アイリを囮にして、備考してきたストーカーをフルボッコにする作戦を実行する事になりました。
 もちろん、アイリはノリノリですがね。
 ついでに、このアイリの中の人は、FTのウェンディちゃんです♪ 
 テンション的に雪乃さんか花澤さんかと思ってました。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

よんでますよ、アザゼルさん。Z 第1話『愚兄賢弟』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5953.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 タイトル通り、原作未読&1期はまったく知らない真っ白状態からの『いきなり2期組』からお世話になります。
 地獄少女やCLANNADの時みたいに、予備知識皆無で挑むのは危険なので、wikiや中古店のコミックスで少しばかし予備知識を少し入れてきました。
 作品タイトルのユニークさとは裏腹に、ドス黒すぎっすよ!!
 けっこう、この迷言の数々を声優さんに喋らせていいのか??というのもチラホラ。
 特に7巻は、テレビアニメにするにはかなりの改変はしそうな予感満載だと感じたくらいです。
 本当にアニメ化できたら、水島監督の恐ろしさを思い知らされるでしょうな~。

 なんで、アニメ1期のDVD一挙レンタルをして見ればいいじゃないかって???
 言うまでもなく、1期のレンタルなし だったからです!
 これでもけっこう、範囲を広げて探したんですから勘弁してください(ToT)


 いきなり、アニメのOP飛び出すのかと思ってたら、可愛らしすぎるOPが。
 曲名は『もももももっさんのテーマ』というもので、なんと浪川さんが熱唱♪
 内容も含めてみると、テレ東系列の土日朝アニメ放送を狙ってるかの様な雰囲気がしましたな~。
 まあ、このアザゼルさんZ。を上記の時間帯&放送局で無規制で放送できたら、エヴァとか進撃とかすら100年たっても敵わないレベルになるでしょうな~。

 それはそうと、なんでもっさんが今でも大人気かといえば、きっかけは、愛・カレー博の際のマスコットキャラとして注目された事からでして、とある理由でもっさんというキャラ事態が独り歩きしだした事で、今ではいろんな分野で大人気になってるそうだ。
 特に、愛・カレー博当時のもっさん人形は 今ではプレミア級 に変貌してるそうだ。
 無論、それに目をつけるはずがない光太郎は、事務所に置いてあった1体を拾うなり、模倣の職能を持つオセにコピーさせて一儲けを目論んでる そうな♪
 当然ですが、このオセと契約している悪魔使いは光太郎ではなくて、その光太郎の親友&同級生の天才変態悪魔使いの小山内 治という少年 で、あらゆる物体をイメージ通りにコピーする模倣の職能を利用して、オセと一緒に女体の神秘を追求してるそうです。
 妄想して模倣した結果がイソギンチャクとは、かなりきわどいわな…。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第2話『火竜と猿と牛』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5947.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 やはりといえばやはりですが……評議会は、今回の港半壊について議論が行ってましたね☆彡
 フェアリーテイルには、有能な人材が多いのは事実だけど、大変な事をしでかす事が多いギルドでありまして、その点で評議会の面々は、思案に余り痛し痒し状態な意見が大半を占めてましたね。
 その評議会の面々の1人ジークレインは、フェアリーテイルの事を好きだと言い、寛大な態度を取る様に説得。
 でも、心の内では、やはり何らかの事柄を目論んでるみたいです。
 あんなバカたちがいないと、
 この世界は面白くない。

 ナツに連れられて、フェアリーテイルにやってきたルーシィ。
 フェアリーテイルに所属するのは、個性豊かな魔導士揃いばかりだけど、ナツみたいに血の気が多いのが多い魔導士ばかりで、当然ながらケンカはよく起こる。
 そんなケンカをとめるのが、ギルドマスターのマカロフ。
 今回のギルドに対する処分がマカロフから言い渡された事が発表されるも、その答えは―。
 評議員などクソくらえだ!
 評議員を恐れず、自分の信じた道を進め!
 フェアリーテイルの面々はそれを聞いてやっぱり盛り上がっちゃって、ルーシィは驚きながらも、ギルドの一員であるミラジェーンによって、フェアリーテイルの一員の印のマークを手に押してもらい、彼女もフェアリーテイルのギルド所属が正式に決定するのでした\(^o\)(/o^)/


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第1話『俺の妹が再び帰ってくるわけがない』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5945.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ついに始まった第2期の俺妹☆彡
 前回は配信版も含めての全15話(GOOD ENDルート含むと16話)で原作5巻分だったのですが、今回はまだ未発売の最終12巻までやるという事なので、原作ファンから見たら色々と不満が出そうな予感満載の事態になりそうですね。
 残り7巻分を、予定している配信放送分含みでうまくまとまるといいですね。
 短いながらも、第2期スタートです。



 小学生の頃、お風呂に入っている最中の京介の元に、桐乃が 一緒に入ろ♪ と参上。
 でも、京介は、今日から1人で入れと断固拒否。
 色々と言いたい事を言いまくってますが、単に『妹と一緒に入るのがカッコ悪い』というのが理由だった。
 それを聞いた桐乃は、自分みたいな凄い妹を持ってどんだけありがたいか!?もう少し自覚した方がいい と色々と痛烈すぎる猛反論をぶちかましまくる。
 即座に圧倒されちゃった京介は、ガラの悪い桐乃なんて妹じゃない!と反撃。
 俺の妹がこんなに――――!
 このセリフと共に、ベットから転げ落ちる様に目が覚めちゃった京介。

 子供の頃からわだかまりがあった京介と桐乃の兄妹であったが、ここ1年で変貌した。
 京介が偶然から見つけたエロゲーのソフトから始まった桐乃からの人生相談。
 父親や親友のあやせにバレた時の絶望的な状況、沙織や黒猫との出会い、アメリカに留学したまではよかったが壁にぶち当たり“趣味”の全てを捨てるかどうかの瀬戸際に陥った時に助けに来てくれたかの様に連れ戻してくれた事などなど…。
 桐乃1人だったら、最悪の結末ですら考えてもおかしくなかった程の大ピンチを、京介がボロボロになっても救いの手を差し伸べてくれた事もあった。
 もちろん、黒猫に対しても微力ながら力を貸したのも言うまでもないっすが。

 そんな桐乃との関係も、これで少しはいい感じかも……と思われたが、どうやら雰囲気的に大きく改善という感じではない模様だ。
 桐乃は、久しぶりの日本強制退去……じゃなくて、帰国って事で、ハイテンションで親しい友人たちに電話しまくってました。
 京介が気を使って桐乃の分の飲み物を出してあげた上に声をかけたにも関わらず、ガン無視で電話でのご報告に全力投球中。
 その上、せっかく京介が出してくれた飲み物も いらない と拒否しちゃいました。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

DD北斗の拳 第3話『ゼニは滅びぬ! 南斗は敵だっひゃー!』&第4話『眠るな!! 墓標なきコンビニで!!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5943.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 本日は、商店街の町内祭りの開催日。
 しかも今回、銭がもっと欲しい って事で、リュウケンのコンビニも出店する事に。
 そこで、ケンシロウたち3人の中で、売上が一番いい者にバイト正式採用権を与えると予告が入りました。
 当然、バットは、社員じゃなくてアルバイトだと指摘するも、今の三兄弟からしたら、それだけでもまだいいってところか。

 祭り会場にやって来ると、すでに出店全部が 南斗のコンビニで占拠済み であった!!!
 しかも、リュウケンのコンビニ以外がすべてそれ という、圧倒的アウェー状態。
 その上、あまりの数に売れるはずが……と思ってたら、市民は大量に出店に襲来しまくり。
 これらだけでも不利な状況なのに、ケンシロウたちは即座に挫折という始末。
 何も知らなかったバットは、大急ぎでリュウケンの元へ一時帰還する事になってもうた。

 とりあえず、リュウケンに話を聞いてみたが、かつては南斗商店街に負けず劣らずに栄えていたが、南斗側による汚い営業妨害の影響でシャッター商店街状態になったそうな。
 そうかそうか――― って、株で失敗しての閉店かよ(><)
 その上、“いい汚い手”を使って南斗商店街に勝つ方法はないか と、オイオイアイデアを求める始末だった。


 初っ端から圧倒的不利な状況のバットたち。
 さすがのバットも、ケンシロウたちにほかのバイトをした方がいいと勧めるも、それらが無理だからここまでになってるんですよ!!!
 そんなケンシロウたちに、リュウケンは 頭だけは使ってはならぬ!と意味なさそうな助言を与えていた。
 とりあえず、無視した方がいいか???

 そういう訳で、三兄弟たちが思いついたのは、移動販売だった。
 ケンシロウは、着ぐるみを着てのマスコットキャラに。
 トキとラオウは、病的姿&脅迫すぎる眼力を以ての押し売……もとい、移動販売を直接実行。
 確かに、頭ではなくて体を張っての直接行動販売なのはいいけど、ラオウとトキの移動販売は、いろんな意味で怖すぎるんですが。
 まあ、とりあえず、多くの商品が置かれてるバットのところに、多くのお客さんが集まったのは言うまでもない。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

ジョジョの奇妙な冒険 最終第26話『神になった男』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5941.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ジョセフ&シュトロハイムのコンビネーションプレイ???によって、カーズは火口のマグマの海の中へ。
 カーズは、急いで硬い殻の生物のプロテクターを出して防御しようとするが、1000度あまりの高熱の世界では無力で、このままマグマの海の中へ沈んでいった。
 これを見て、自分の策が的中し勝利したと大喜びをするジョセフ&シュトロハイム♪
 だが、派手に大暴れをしてしまった影響で、火山の活動が活発化。
 ジョセフは、火山の噴火が本格的になる前にこの場から逃げようと、下半身が破壊されてるシュトロハイムを連れて逃げようとした―― その時だった!!
 ジョセフの背後から出現した一筋の地割れと共に、突如出現した一筋の閃光が、ジョセフの左一の腕をバサリと切断したのだ。
 それはまさに、いったい何が起きたのか!?すぐにわからないくらいの一瞬の出来事でして、シュトロハイムもジョセフも、口を大きく開けるくらいに驚愕するしかなかった。

 よく見ると、ジョセフのその地割れの中から、腕の一部&カッターがあった!!
 ジョセフの左一の腕を切断した“それ”は、カッター以外はマグマを防御する様に造り上げた異様な殻らしきモノに覆われていて、切断されたジョセフの左の腕部分が地面に落下したと同時に、彼の腕を切断した“それ”が地割れの中から飛び出てくる。
 そして――― 出現した“それ”が覆っている異様な殻らしきモノが崩れ去ると同時に、余裕綽々のカーズが無傷で姿を現したのだ( ̄口 ̄;)!!!!!

 左一の腕を切断されたジョセフは、左腕を切断されたリアルの瞬間と激痛で、絶叫の雄叫びに似た悲鳴を上げてしまう。
 カーズは、相手の今の姿に、優雅な気持ちで見つめていた!!!
 シュトロハイムは、とっても信じられない気持ちになりつつも、足元に落ちていた異様な殻らしきモノの欠片を分析。
 すると、異様な殻らしきモノの正体が、泡である事を理解する。
 硬い殻の生物のプロテクターではマグマの力に叶うはずがなく溶解したが、今度は自らの全身を泡で包み込んだ――― これによって、マグマと自らの肉体の間に“泡状の空気の層”ができて熱が完全防御され、表面が燃えても内側から次から次へと泡を出して生成できる為に、事実上、地球最大のエネルギーであるマグマでカーズを倒す事が不可能になってしまったのだ!!!!
 シュトロハイムも、服従しかないんだ と完全に心がへし折られてしまった。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

みなみけ ただいま 最終第13話『ここだけの話はここだけで』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4272.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 アバンは、丘の上にある枝木状態の桜の木を見つめる夏奈から。
 何やら、よからぬ???事を目論んでる様子っすね。
 よ~~~し♪

 さてさて、小学校の保険医をやっている熊田先生は、ただいま花粉症爆撃中。
 誠&内田は、教室に戻るなり、1つの疑問を語りだす。
 それは、誠の鼻のムズムズ 内田の止まらない涙。
 そこへ、千秋がやってきまして、自分たちは花粉症ではないかと訴える2人。
 でも、千秋もまた、悩みを抱えているそうだ。
 それは、花粉症とは違う別のアレルギー だそうで、家に帰ると、体が重くなり、耳鳴りがし、最後にうんざりする というものだという。
 だけど、千秋の話を聞く2人の態度は、誰がどう見ても対照的だった。
 内田は、花粉症という疑いを十分なくらい自然と涙が出ているに対して、誠だけは鼻くそをほじくってるだけで花粉症とは全然見えないくらいの態度でしたわ。
 いくら相手が千秋とはいえども、さすがにその態度は失礼ですぞ、誠(><)

 千秋の話を聞いた2人は、千秋のアレルギー源は家にある と断定。
 彼女の友達として力になるべく、放課後に南家(女)に訪問する事にしました。
 だけど、会話が真面目なものであっても、ムズムズな鼻の穴を堂々とほじくりながら言うのは、内田でなくてもヒイてしまうし、そういう友達は遠慮願いたいと思うのも無理ないです。

 放課後、誠はマコちゃんに女装して一足先に南家(女)へ来訪。
 もちろん、内田も、マコちゃん訪問までの時間稼ぎみたいな感じで千秋を確保しながらの訪問を行いまして、これで現場検証の準備は完了。
 すると、家の中に入って早々、原因が発覚された。
 なんと、夏奈が千秋に思いっきり抱擁ぶちかました上で「花見行こ~!」と大声でワガママ言いまくりまして、千秋もうんざりしまくり状態だった。
 千秋も、体が重くなり、耳鳴りがし、最後にうんざりするといった態度で、これによって、千秋のアレルギー源は夏奈である事が発覚されました!!!!
 とりあえず言えば、マコちゃんの姿で誠と同じ態度で反論するのはやめろよな(><)

 それはそうと、夏奈がここまで花見をしたいと申すのは、自分の中で花見が熱い といったからだ。
 もちろん、まだ花見をするのは早すぎる時期なんだけど、夏奈の脳裏には、花が咲いたらまた行けばいいと考えてるそうでして、内田も徐々に夏奈の言葉のトラップにハマって夏奈と同類のアレルギー源へと深化してしまった。
 おかげで、夏奈だけで苦慮している状況が内田も追加されてしまいまして、千秋の苦悩もさらに深まる&アレルギー源が増加してしまいましたとさ。
 私のこれは、バカヤローアレルギーだ!


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

ブログにまとめるアニメの経過報告♪

 だいぶ、春アニメ視聴&ブログまとめるのがまとまってきました。
 でも、まだまだほかの部分の残りがパネェ状態なので、完成するのはかなり先になっちゃいますが…。
 とりあえず、まとめると決断したのは以下のとおり。

 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』TVQ九州放送
 『DD北斗の拳』裏ルート
 『ハヤテのごとく! Cuties』TVQ九州放送
 『フェアリーテイル ベスト!』TVQ九州放送
 『変態王子と笑わない猫』BS11&RKB毎日放送

 アザゼルさんZとかも考えましたが、試しに原作を見た後、ちょっとブログ内容がかなりやばい方向に直結するので視聴程度にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-ベスト! 第1話『妖精の尻尾』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5930.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 フィオーレ王国。
 人口1700万の永世中立国と同時に、そこは魔法満載の世界。
 魔法が普通に売買されてて、人々の生活に根付いていた。
 そして、その魔法を駆使して『生業』として生活をする【魔導士】が存在し、その魔導士達は、国内に散らばる多種多様なギルドに属して依頼に応じて仕事をしている。
 そのギルドの中で、かつて……いや、後の未来に至るまで、数々の伝説を産み出したギルドがあった。
 それが、FAIRY TAIL~フェアリーテイル~だった。

 ハルジオンの街に立ち寄った新人魔導士の少女ルーシィ。
 色んな魔法屋をまわって『門の鍵(ゲートの鍵)』を集めながら、憧れの魔導士ギルド『FAIRY TAIL』に入る事を夢みていた。
 そんな折、新しい門の鍵『白い子犬(ホワイトドギー)』をゲットしたルーシィは、店を出ると、街の女子達が『火竜(サラマンダー)と呼ばれる有名な魔導士が来ている』と大騒ぎになってるという情報を耳に入る。
 そこで彼女は、そのサラマンダーがいると思われる場所に行くが、その魔道士はキザな魔導士と会うが、なぜか心を奪われてしまう。
 そこへ赤い髪の少年ナツが割り込んできまして、それが禁止魔法『魅了(チャーム)』の効力 である事を暴露。
 これによって、彼女は貞操を含めて危機を回避する事ができました(●^o^●)


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

やっちゃった(●^o^●)

 

ちょっと左足を挫いて軽傷やっちゃいまし(><)
 Twitterであえて書かなかったのですが、足を挫いた原因が階段の二段上がりをした事 という恥ずかしい自爆です♪
 まあ、数日は包帯&湿布のお世話になりますが、まあ大丈夫でしょうな。
 とりあえず、重傷じゃなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

DD北斗の拳 第1話『世紀末なんてフツーだ ケンシロウ登場!』&第2話『歌えケンシロウ 愛をとりもどすために!!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5928.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 月刊コミックゼノンで連載中の、許可が出なかったらアウトなギャグ作品っす♪
 蒼天の拳のリミックス版の裏ページに記載されてたのを見て、この作品の存在を知りましたわ。
 もっちろん、原哲夫・武論尊両名の大公認 です。
 しかも、両名のコメントが、訴えてやる(笑)&お前オワタ ですからね。
 あと、このアニメは完全なギャグアニメなので、本格的な北斗の拳の絵柄で完全ギャグをやってのけたら、どれだけ違和感無限大かはわかりませんので、想像するのも自重してください!



 1999年、人類は核の脅威にさらされて―――― いなかった。
 核戦争などで崩壊しまくるはずだった現代は平和そのもので、その為、ケンシロウが身につけた北斗神拳など、もはやこの現代では役にすら立たなかった。
 大工の仕事で釘を打とうとしても、百烈拳の乱れ打ちによって、無数の釘の山&建築中の家崩壊でクビに。
 いくら現代が平和になって一安心だからって、生活がままならぬのでは話にならず。
 しかも、猫耳つけて捨て猫もどきの行為をする始末っす(ToT)
 そんな時、コンビニ『リュウリュウケン』の店長の娘である高校生のリンが、そんなケンシロウを猫と大間違えをしながらコンビニに連れて帰ってくる。

 バイトには、大学生のバットがいる上にそこでバイトをしていたのだが、どうやら客はあんまり来ない模様。
 それだけでなく、リンが猫と称した人間を連れて帰ってきたのは、本日で3度目。
 ほかの2度をよ~~く見てみると、うさ耳装着のトキと犬耳装着のラオウも、同じようにして座り込んでいた。
 ケンシロウは、こんなところで3兄弟が再会できた事に喜んでいたが……こちらも当然ながら、職業となる仕事など見つかるはずもなかった。
 そんな時、トキが壁に貼られている、この店の『従業員募集』の紙を目撃する。
 これならば大丈夫――― と思いきや、バイト募集は 若干1名 だった。

 そういう訳で、1名の座を賭けての三兄弟の争いが始まった。
 でも、バイトの従業員の採用・不採用を決定するのは、リンの父親のリュウケンのみ!
 しかも、リュウケンはすでに、ケンシロウたち3人の後ろのカウンターに既に立っていた。
 その上、リュウケンは、ケンシロウたち4兄弟の関係者 だったのだ。
 だけど、このオッサンと来たら、ケンシロウたち3人など『そっくりさん』として見てないという始末。
 リュウケンさん、色々と接客について語ってますが、アンタが一番接客無理だわ!!!
 あと、リンにも言っておくが……リュウケンの、あの近寄りがたすぎるガタイと2m以上の身長&お姿&坊主姿で一緒に街を歩いたり映画を見に行くのって、どう見てもトラウマが入ってもおかしくないのは間違いないけどな。

 最後に、残り1人のジャキはといえば……1人で公園のブランコで黄昏てました。
 オレノナマエヲイッテミロ!
 まあ、ジャキが本格参戦はもう少し後だそうで…。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

ジョジョの奇妙な冒険 第25話『超生物の誕生!!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5926.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 紫外線増幅装置の紫外線によって、エイジャの赤石を装着した石仮面を被ったカーズの全身が神々しく輝き出してしまう!!!
 みんなが絶望的な表情を浮かべながら、カーズの全身の輝きが止むのを見守る。
 やがて、全身に神々しく輝く光が止み、石仮面の崩壊と地面に落ちる赤石と共に、カーズはムクリと宙に浮かぶかの様に立ち上がり、自身の体の中の変化を見定めていた。
 シュトロハイムは、完全なる生物などなれるはずがない上に前と比べて何か変化があった訳ではないし、ジョセフの一撃で受けた右腕の波紋の傷はまだ残ってるから、まだ大丈夫だと言わんばかりに、再び紫外線増幅装置の準備に取り掛かる。
 だけど、カーズは、そんなクソな事などお構いなしに、餌を食べに近くまでやってきた1匹のリスを見かけるなり、自らの右手をリスに変化させる。
 カーズの右手から変化したリスは、カーズの顔にすりすりした後、このまま餌を食べてるリスの前にやってきまして、餌を食べていたリスはどうやらメスだった事もあり、カーズの右手から変化したリスにラブラブしながら近寄る。
 一見、自然界における愛の光景に見えるリスとリスの愛。
 だけど、ジョセフだけはすぐさま、大きな危険を察知して、リスに気をつけろ と警告を発する。
 そう、そのリスは――― すぐさま相手のリスを即座に食い殺して内蔵をガブりと食べだし、さらに圧倒的な素早さでシュトロハイムの機械の腹を抉りながら貫通した上、軍の兵士1人を軽く食い殺してしまう( ̄口 ̄;)!!!
 そして凶暴性満載のリスは、再びカーズの右手に戻り、様々なモノに変化させてから右手の形に戻ったのだ。

 ――― 直後、山の上から夜明けの光が昇り出しまして、辺りを照らし始めたと同時に、残っていた吸血鬼たちは朝日と共に断末魔の叫びをあげながら消滅をしていく。
 これで、やっとすべての決着が付くと思われた時、愕然の展開が繰り広げられていた!!!
 それはなんと、朝日の光を浴びても、カーズは健在だったのだ( ̄口 ̄;)ぎゃー!


 人間側からしたら、絶望という言葉があまりにも相応しすぎるくらいの『圧倒的最悪すぎる状況』。
 太陽の光を克服したという事は、もはや波紋や紫外線といった対抗策は無意味である事を確信できる。
 だが、カーズからしたら、太陽の光を克服したという嬉しさと、自分が生きてきた中で一番の美しいモノに出会えた喜び、そして、すべての生物の頂点に立ったという実感に満ち溢れていた。
 まさに、アルティメット・シイング(究極生物)と化したカーズの誕生 である!!!
 スピードワゴンやスモーキー、シュトロハイムですら、もはや絶望的な気持ちになる中、ジョセフだけは 策はある と気持ちに揺るぎない様子だった。
 たった1つだけ、策はある!
 とっておきの“ヤツ”だ!

 ジョセフはそう言いながら、リサリサをスピードワゴンに託す。
 そして、自分は息が上がるまでとことんやると自信満々に宣言した後、スモーキーだけは即座に理解した策を実行に移した。
 に~げるんだよぉ~~!!!
 もちろん、逃走開始の際に、地面に落ちているエイジャの赤石を拾い、この場から離れる様に猛ダッシュを始めちゃいました(●゚▽゚●)♪
 それを見たカーズは、ワムウとエシディシの復讐&究極生物カーズ生誕の祝いとして、ジョセフをこの手で殺そうと両腕を大型鳥の羽に変形させて追跡を開始してしまう。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »