« みなみけ ただいま 第2話『らしく、いきましょ』 | トップページ | たまこまーけっと 第2話『恋の花咲くバレンタイン』 »

2013年1月20日 (日)

僕は友達が少ないNEXT 第1話 やはり俺の青春はまちがっている』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5771.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 あの残念系アニメ・はがないの第2期っす(≧ο≦)人(≧V≦)ノ
 もっちろん、第1期は、TBSより1ヶ月少々遅れでの放送でしたし、けっこうハードな状況だったので、視聴のみはしっかりやりました。
 今回は、アニメイズム同様の最速組から9日遅れって事で、最速組からはそんなに遅れるって事はないのが嬉しいっすね(≧▽≦)
 色々と考えましたし、同じ日にみなみけ第3期もありますので、また視聴のみかまとめるかけっこう迷いました。
 結果は、このとおりになりましたが。
 今回は、第1期のあのラストからの続きって事で、果たして小鷹と夜空の展開に進展あるのかとか、小学生の年齢のマリアよりさらに精神年齢が幼児クラスの小鳩の成長はあるのかどうかも含めて、無謀な挑戦を繰り広げる!!
 さよなら、小鷹~みたいな展開だけは自重お願いします!!!



 第1期で小鷹のヤンキーイメージは解消……と思ってたら、相変わらずの扱いだった。
 単に図書室で読書をしていただけなのに、彼の行動の一挙一動だけで盛大にビビりまくってしまうこの場にいる生徒たち。
 仕方なしに、いつもみたいに協会の一室にある隣人部へと向かいまして、いつもみたいに隣人部の扉を開けて入ろうとする小鷹。
 だが、扉を開けた瞬間、彼が見たのは――― ハゲカツラ着用中の星奈だった。
 小鷹は当然、部屋を間違えた と言って退却。
 星奈は急いで小鷹のもとへ駆け寄り、ハゲカツラを着用した自分は『笑えるか!?』と訊ねてくる。

 彼女がこんな残念すぎる行為をした理由、それは 昨日の部活中の会話から だった。
 昨日、お笑いの技術を磨けば、友達ができるという話を耳に入れていた彼女は、帰り道の最中に玩具屋に立ち寄りまして、商品を選んでいたら『みんなにバカウケ間違いなし♪』という宣伝文句をぶちかましたハゲカツラの商品に目が入りまして、この宣伝文句をモロに信じて購入したそうだ。
 星奈は、もう嬉しさ全開にご説明を披露しちゃってますが、あまりにも残念すぎる星奈の暴挙に、さっすがの小鷹くんも呆れてます…。

 だが、そんな彼の元に、今度は あるカツラ着用の夜空 も、この場に登場♪
 しかも、カツラ着用をしての夜空の姿は、明らかに星奈であります。
 設定は、この世で最も滑稽な姿 というもので、小鷹に面白いだろうと言わせるのが主でトライしたそうな。
 その上、自らの額に と記載するわ、あまりオーバーとは思えない星奈の笑えないモノマネを敢行。
 だけど、小鷹からしたら、突如すぎる連続攻撃に 恥ずかしくないのか!? と呆れ気味に指摘する。
 彼の言葉を聞いて、夜空も星奈も、ようやく自分がしでかしてる暴挙に気づくのであった。

 だけど、小鷹からしたら、真のお笑いとは一発芸じゃない という事!!!
 でも、小鷹に目上路線で言われるのが嫌な感じの2人は、お手本を見せてもらおうと求めてきたので、小鷹は、真のお笑いとはトークだと言いながら、自らそれを実践。
 しっかし、その内容はといえば、絶対零度レベルのサムさ でありました。


 続きはこちらへ!!!

|

« みなみけ ただいま 第2話『らしく、いきましょ』 | トップページ | たまこまーけっと 第2話『恋の花咲くバレンタイン』 »

僕は友達が少ない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕は友達が少ないNEXT 第1話 やはり俺の青春はまちがっている』:

« みなみけ ただいま 第2話『らしく、いきましょ』 | トップページ | たまこまーけっと 第2話『恋の花咲くバレンタイン』 »