« PSYCHO-PASS(サイコパス)第9話『楽園の果実』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第11夜” »

2012年12月13日 (木)

ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第9話『血と汗と涙の結晶ですから』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5690.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 昨日、少年ガンガン1月号が発売されましたが、海翔くん、アニメ以上に黒いよ~(´Д` )
 ゲームもこんなに黒かったっけ???
 もうだいぶ前だから思い出せないが…。


 本日は、よいら~いき祭り開催の日♪
 どうやら、あき穂たちが住んでいる地方では みんなで一緒に頑張ろう という意味ですが、実際には地元民でも使ってる人が皆無に等しいみたい。
 でも、そんな言葉を楽しみにしてる感じの人がただ1人―― あき穂でした♪
 ロボ部、よいら~いき~!!!!
 祭りの会場で大声援をあげちゃってますが、お付き合いをしているのは、昴と淳和だけ。
 ガンつく1完成前祝いというお題目で参上したそうですが、当然ながら、昴は集まったらご帰宅する所存っす。
 もちろん、あき穂の保護者である海翔も参上しておりましたが、フラウを呼びに行ったまま、戻ってきておりません☆彡


 もちろんですが、その海翔は、祭りの誘いどころかチーター狩りの手伝いをさせられてました。
 しかもフラウは、祭りよりもBL画像にキターー しちゃってるし(●゚▽゚●)
 その上、フラウの部屋は見事な荒れっぷりでして、海翔も掃除をしたらと忠告するくらいです。
 たぶん、アニメ上ではわからないかもしれませんが、臭い対策はできてるのか(゜д゜)
 しかし、海翔は、前から気になってたと前置きしながら、ロゼッタたんって何かと質問―――― 直後、フラウは唖然呆然!!!
 なぜなら、そのロゼッタたんというのは、ガンヴァレルのメインヒロイン だから。
 さらに、ロゼッタの隣に、ガンヴァレルのパイロットの、リアル世界での殺人鬼とは正反対のゲンキも登場しました♪
 うわあ~、それはあき穂が聞いたら、薫さん、酷い!!と言われてしまうのは必至ですぞ(><)

 それはそうと、彼女が持ってるポケコンのBOTは、彼女自身の制作♪
 さすがに、勝手に話しかけたりする機能はついてないそうで、海翔もつい「愛理に聞かせてやりたい」と呟いてしまう。
 すると、海翔の言葉に反応して、彼のポケコンに愛理が声かけ。
 見事にフラウの耳に入ってしまいまして、仕方なしに見せる事に!!!

 キルバラ対戦モードから愛理モードに切り替えて見せたところ、フラウの開口一番が「どう見ても実写です。本当にありがとうございました」というものでして、さらに海翔がゲジ姉モードに切り替えて、変態女子へのご説明を命令。
 フラウに、自分のポケコンの居ル夫。を起動させてみたところ、いきなりのゲジ姉登場に超興奮☆彡
 女子キャラは基本嫁、男子は嫁じゃなくてカプ。
 この感覚、わかる?

 まさに、わかる人にはわかる というレベルの問題を出されたゲジ姉。
 でも、ゲジ姉はなんの躊躇も戸惑いもなく エルリー×ゲンキですね と即答。
 そして、ホモが嫌いな女子はいません と追記しまして、フラウは 名言ktkr と興奮上昇♪
 では、これ みたいなレベルは、フラウは大丈夫なんでしょうか!?
【↑ラスト部分は、本気でアカン(><)】
 そういう事をしているうちに、海翔のポケコンに、ランク2位の猛者が対戦申し出をしてくる!!!
 マッチングが成功しまして、海翔は大急ぎで対戦を開始する。


 続きはこちらへ!!!

|

« PSYCHO-PASS(サイコパス)第9話『楽園の果実』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第11夜” »

ノイタミナアニメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第9話『血と汗と涙の結晶ですから』:

« PSYCHO-PASS(サイコパス)第9話『楽園の果実』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第11夜” »