« PSYCHO-PASS(サイコパス)第4話『誰も知らないあなたの仮面』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第6夜” »

2012年11月 8日 (木)

ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第4話『一緒に、正義の巨大ロボを造ろう』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5605.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 今から9年前の2010年5月21日。
 種子島宇宙センターから打ち上げられるロケットを鑑賞しようと、打ち上げ場所から見える高台にやってきた、子供の頃のあき穂&海翔と、高校生でまだ綺麗だったみさ希の3人。
 ゴルゴ13のリスキー・ビジネス みたいな妨害がなく、無事にロケットは打ち上げられましたが、直前まで転寝状態のあき穂も、そのシーンだけはなんとか目視できました。
 みさ希は海翔に、昔の映画のセリフを引き合いに出し、ライトスタッフを持つ男になりなさい と告げる。
 しかし、それから4ヶ月後――― あの事件が起きた。


 そして現在、あき穂と海翔は、種子島宇宙センターにやってくる。
 あき穂は、待ち合わせに少し遅刻しちゃいましたが、なんとかJAXAの所長さんに話を聞いてもらえる事になりまして、早速、その人に要望する事柄の説明を執り行う。
 ロボット組立用の施設。
 ロボット工学に詳しい人材。
 研究費、最低でも100万円。
 しっかし、JAXAからしたら、あまりにも壮大すぎる要望揃い。
 普通だったら話すらしてもらえないのだけど、実はここの所長は あき穂の父親 なんです。
 でも、さすがのあき穂の父親である健一郎は、かなり怖気づいた様子で逃走しようとする。
 あき穂は、これを絶対実現してもらおうと、これでもかとばかりに親子の絆を利用してまで了承してもらおうと迫ってきますが、わずかな隙を突いて妻に助けを求めてきた健一郎に完璧に阻止されました。

 ガンつく1の工房に戻ったあき穂は、イライラ真っ最中。
 すっかり一員になってる昴は、JAXAには宇宙ロボティクス部門があるけど、それは東京か筑波に行くべきだと前もって忠告していた事を、改めてリピートしました。
 無論、ガンつく1のパイロットを 生贄 と思ってる海翔も、昴の言う事は正論と認める。
 ならばと、長深田先生に連絡をして、自分1人でもやるとばかりに、準優勝金100万円を使用しようとするが、どうやらその資金は、来年度の部の費用に計上される事になりまして、現時点では手にできないというのだ。
 いわば、あき穂と海翔が 留年 しない限り、賞金を手にできないのだ!!!
 おかげで、あき穂のイライラは最高潮を迎えてしまう―――!
 そんな折、海翔のポケコンに、フラウ・コウジローからメールが入り、彼は一足先に離れる事になった。


 続きはこちらへ!!!

|

« PSYCHO-PASS(サイコパス)第4話『誰も知らないあなたの仮面』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第6夜” »

ノイタミナアニメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第4話『一緒に、正義の巨大ロボを造ろう』:

« PSYCHO-PASS(サイコパス)第4話『誰も知らないあなたの仮面』 | トップページ | ハヤテのごとく! CANT TAKE MY EYES OFF YOU“第6夜” »