« BTOOOM!第2話『血の女子高生』 | トップページ | ソードアート・オンライン 第16話 『妖精たちの国』 »

2012年10月21日 (日)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE スペシャル版 第2話『俺が妹とオフ会に行くわけがない』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5655.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 メールを確認する桐乃。
 でも今日は、仕事オフの日。
 友人の加奈子が桐乃に声をかけまして、あやせも桐乃たちと一緒に帰ろうってことになりましたが、その1人の加奈子は、かな~り金を使ったせいで、2人に奢って~と頼み込む始末。
 しかし現代では、働かざる者、食うべからず すら『死語』状態???
 そんな中、男子生徒たちがノーパソのゲームで隠しキャラを見つけたって話を耳にしまして、桐乃は気になるところ。
 そんな彼女の様子などまったく気にもせず、3人一緒に帰宅の途につくのでした。


 3日間の猶予を与えたにも関わらず、宿題であったゲームの達成度があまりにも悪いうえにクリアーすらできてなかった京介。
 本人は、こういうゲームをプレイした経験がないって苦慮してたけど、あまりの悪さに怒り心頭の桐乃は、仕方なく京介にもわかる様に、ヒント機能を設定してくれました。
 あとが支えてるそうなので、友人にでも貸すのかと尋ねる京介ですが、すべては京介がプレイするゲームの事!
 今プレイしてるゲーム1本だけではわからないって判断だそうで、まさにこれからが京介のエロゲー人生が始まったばかり!と完全に断言した桐乃。
 京介には、無理やりエロゲーをやらされてる状態ですから、かなりマイってる様子♪
 これなら友人と……って言いたいところですが、周りの女の子はそういう趣味の人はいない!!!

 そんな彼女に、京介が 友達作るか!? と提案。
 もちろん、普通の友達ではなくて、同じ趣味の話ができる友人!
 ところが、桐乃は、オタクと同じ目で見られるのがイヤらしく、京介の提案を拒否。
 これを聞いた京介は、桐乃がどうだろうとバカにしないと宣言しているけど、桐乃がお宅と一緒に見られたくないって言葉に少しイラっとしまして、馬鹿にしているのお前だろうと叱る。
 しかし、桐乃が言ってるのはオタクを毛嫌いしている方ではなくて……自分の周りの友人たちも好きだし、エロゲーも大好きという板ばさみになってる状態である為、オタクが世間でどういう目で見られてるかや、女子中学生は特にオタクを毛嫌いしている部類に入ってる事も理解している―― なので、そんな世間体を考えて、家族はもちろん同級生たちにもバレたくないそうです。
 そこで京介が考えたのは、友人たちにバレずに、オタクの友人を作ればいいと言う事。
 でも、肝心なところで、策が思い当たらず!


 続きはこちらへ!!!

|

« BTOOOM!第2話『血の女子高生』 | トップページ | ソードアート・オンライン 第16話 『妖精たちの国』 »

俺の妹がこんなに可愛いわけがない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/48063933

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTE スペシャル版 第2話『俺が妹とオフ会に行くわけがない』:

« BTOOOM!第2話『血の女子高生』 | トップページ | ソードアート・オンライン 第16話 『妖精たちの国』 »