« ジョジョの奇妙な冒険 第2話『過去からの手紙』 | トップページ | ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第1話『ガンヴァレルが待ってるから』 »

2012年10月17日 (水)

PSYCHO-PASS(サイコパス)第1話『犯罪係数』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5559.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 新しいノイタミナアニメスタートしました(≧▽≦)
 再び1日遅れのラインに戻りまして、金曜の深夜がちょいっと楽しみになってます。
 なんでもこの作品は、この後のロボティクス・ノーツと同じく2クールみたいでして、
 どんな内容になるのかは、まだまだ不明すぎる部分が多いですね。
 でも、絵柄を最初に見た時、かつてテレビ東京系列でアニメになった
 あの漫画の作者かと思いました、パクリと言われてもおかしくないくらいの絵柄だったので。
 漢字も難しいのが連発しまくりなので、それが超絶に不安です(ToT)
 ただ、まとめ上でこういう感じになってますが。

 いきなりダークな大都市郡の一角の建物内部で、と狂気じみた野郎とのバトルから始まる!!
 戦いの末、男―― 咬噛慎也 は、なんとか野郎を建物外から落とした上で容赦なく銃をぶっ放してミンチにする。
 そして、その様子を上の階で見てた銀髪の男―― 槙島聖護 は、余裕を持って、慎也の前にゆっくりと階段で下りてくる。
 それは2人が対峙する以前に、こうなる運命だったという――。

 雨の中、新人の常守 朱 が刑事課に配属されました。
 無論、こういうところに来たからには、明らかに新人であろうとも容赦というのが感じられない空気が満載ですね(;一_一)怖
 こういうところの場合、人手不足であるのは明白っすからね、殉職者が多いかも。

 そんな折、先輩にして監視官の上司でもある宜野座信元から新人扱いはしないと言われた上、事件現場に呼び寄せられてしまう朱。
 朱の初任務は、スキャナーで色相チェックに引っかかった上、セキュリテイドローンがセラピーを要求しても拒絶して逃走した、記録済みのサイコパス“フォレストグリーン”の大倉信夫の逮捕。
 どうやら、高い攻撃性と強迫観念が予想されるくらい危険性が高い上、不適合薬物に手を出した可能性もあるそうで、宜野座の目からして、シビュラ判定を待つまでもなく潜在犯だとほぼ確定だそうな。

 だけど、宜野座が困ってるのは、大倉が逃げ込んだエリアの事。
 どうやら、廃棄区画に逃げ込んだそうで、あそこは中継機がないせいでドローンの潜入は不可能の上、逃走中に通行人の若い女性を人質にしているという厄介つきだ!
 さらに言えば、廃棄区画は無人区画でもあるので、浮浪者の溜まり場にもなってるので、わずかのミスだけで命取りは確実だ!!!

 そんな時、特殊な護送車が現場に到着。
 中にいるのは、サイコパスの犯罪計数が規定値を突破した 『人格破綻者』 揃い。
 それは、犯罪予備軍になるかもしれない者の事を現していて、放置すれば重大犯罪へ結びかねないし、犯罪者は人の姿をした獣と化す。
 本来ならば潜在犯として隔離確定だけど、ただ1つ許可された社会活動として、同じ潜在犯を狩る役目を与えられた“獣を狩る為の獣”として存在している『執行官』であるのだ。
 これから会う連中を、同じ人間だと思うなって時点で、かなりアクの強いのは必至です!!!

 

咬噛慎也・征陸智己・縢 秀星・六合塚 弥生。
 この4人が、朱が預かるという犬たちであります。
 しかも、彼女で2人目 といういわく付きっすよ(>_<)

 4人が登場したという事で、二手に分かれて行動することに!!
 宜野座は秀星&弥生 と、朱は慎也&征陸 と一緒に行動する事になりました。
 これで少し理解したのは、秀星はメッチャ軽すぎる事 だった。

 続きはこちらへ!!!

|

« ジョジョの奇妙な冒険 第2話『過去からの手紙』 | トップページ | ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第1話『ガンヴァレルが待ってるから』 »

ノイタミナアニメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSYCHO-PASS(サイコパス)第1話『犯罪係数』:

« ジョジョの奇妙な冒険 第2話『過去からの手紙』 | トップページ | ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)第1話『ガンヴァレルが待ってるから』 »