« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

夏色キセキ【BS11版】最終第12話『終わらないナツヤスミ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5528.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 熱を出して寝込んでしまった夏海。
 体調もよくなり、朝目覚めてみると……まさかの自宅。
 その上、紗季も優香も、突如すぎる事態に戸惑いまくりだった。
 でも、凛子だけは通常どおりでして、優香からの早朝5時半少々のメールに従って荷物持参をし、神社の玄関の敷地にいた母親に丁寧に挨拶して 頑張って!と応対されてから、集合場所である下田駅に出発をする。

 とりあえず、電車が来るまでの間、何があったのかと相談しあう4人。
 どうやら、自分たちは8月26日の東京の旅館にいたはずなのに、朝起きたら8月26日の朝を迎えてるという現象に、夏海も紗季も優香も何がなんだかわからない様子だった。
 だが、凛子だけは冷静で、夏海の熱は下がってないと指摘した上で、出かける際に母親から 頑張って!という言葉を聞いた時の違和感を説明する。
 実は昨日??の時、母親は 行ってらっしゃい と声かけをして凛子を送ったそうで、これが 2度目の26日 だと告げる。
 それを聞いて、また自分は熱を出すのかと驚きと混乱をしてしまう夏海。
 原因は、夏休みがずっと続けばいいと願ったか―― と思うが、あの場にはお石さまはなかったはず!?
 でも、これは大チャンス!と考えた優香。
 26日に戻れたのだから、もう一度オーディションにトライできるチャンスだと前向き一辺倒です☆彡
 さあ行こう、私たちの未来へ♪
 そういう気分満載で、いざ東京へ出陣していく夏海たち!!!

 ところが、今度の結果は―― エンドレスでした。
 今回は、前に転倒した部分での失敗はなかったものの、アレンジした部分で転倒してしまったそうな。
 今度こそうまくいったら、ずっと一緒にいられると思ったのにと号泣しちゃう優香だけど、それでも紗季は、島にいても何度でもオーディションを受けに来るからと、今度は力強く慰めるのでした。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第150話『ルーシィとミッシェル』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5526.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 怒りのナツは、ブレイン2世とバトル。
 しかし、無限時計の核の中に飲み込まれていくルーシィの体は、もうわずかな乳の先端部分と顔の表面部分しか残されていなかった。
 エルフマン&ロメオもナツの加勢をしようとするが、クロドアが2人の相手をする事に!!!
 もちろん、ジャックポットじゃないクロドアでは、2人の相手にもなりませんでした☆彡

 対照的に、ナツはブレイン2世の前に劣勢状態。
 トドメを刺す為に、かつてマスターゼロがナツに放ったジェネシス・ゼロを発動しまして、ナツは再び鬼哭の闇へ沈んでしまう。
 同時に、わずかだけ残ってたルーシィの肉体も、無限時計の核の中に飲み込まれてしまいました。

 無限時計の核の中に飲み込まれたルーシィだが、そこへミッシェルがやってくる。
 彼女は、ルーシィが幼女の頃、両親からプレゼントされた“妹”同然のぬいぐるみ人形 だった。
 ルーシィはこの人形を本当に大切にし一緒に遊んでいきましたが……そんな姉妹同然で育った絆が終わりを迎えてしまう。
 その原因は、ルーシィママの死 だった。
 母の死によって完全に自分を見失ってしまい、見ると母親を思い出してしまう程に辛くなるという面影が満載のぬいぐるみ人形を、いすの上に置き忘れてしまうという行為までやってしまった。
 幸いにも、ルーシィパパが雨が降って濡れてるぬいぐるみ人形を発見し屋敷の倉庫の奥に避難。
 今のルーシィは自分を見失ってるだけで忘れた訳ではないが、今の娘と導接したらいいのかわからなくなっていると悩んでる胸の内を吐露した上で、この試練をルーシィが乗り越えたら“妹”に再びなってくれないか と語りかけてくれました。

 だが、時の流れと共に屋敷の者たちは追われる様に出て行ってしまい、無人状態になってしまった。
 ぬいぐるみ人形は、倉庫で何年も待ちぼうけのまま。
 だが、彼女を迎えに来たのは ブレイン2世とクロドア だった。
 ブレイン2世は、ぬいぐるみ人形に擬人化魔法をかけてイミテイシアとして生命を与えた後、命令を与えてミッシェル・ロブスターとして活動を開始させたのだ。
 それからは、針を持っているルーシィパパの会社に入社し、一緒に仕事を執り行った。
 家族って不思議。
 何があっても、どこかで気持ちは繋がってるもの。

 ミッシェルは、本当にそう感じてました。
 もちろん利用するのは辛かったが、あの頃に戻りたかったのは事実で、本当に楽しかった。

 しかし、ルーシィパパは倒れてしまい、余計もいくばくもない程に手遅れの状態になったみたい。
 ルーシィパパはミッシェルに、時計の針を託しました。
 さらに彼は、ミッシェルの正体も知っていたという事実を告げるも、息を引き取ってしまう!!!
 失われた7年間の間を理解したルーシィは涙を流してしまいますが、そんな彼女を慕う仲間がいるとミッシェルは答えてくれました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

かなりヤバイ!

 最近、PCの調子が色々とヤバイっす(>_<)
 一度、大幅な修理を出して10万以上という出費で戻ってきたのが、
 つい3年近く前のお話。
 しっかし、今月に入ってから、突如の強制終了で再起動が起こったり、
 普通は起動してもネット接続をしたら再起動になったりと、
 もうシャレにならないくらい酷い状態です。

 使ってるのは、XPタイプの旧型ですから、
 もう2012年の時代にはついていけないかもしれませんね。
 ネット専用でも、早く見つけないと!
 本来なら、トラバ本格開始したいのに全然出来ないのが、
 これが原因っす(>_<)
 おそらく、年末はヘタしたらネットであけおめ~できないかも。
 ローン組めないし、かなりヤバイ!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

もやしもん リターンズ 最終第11話『ただいま』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5525.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ようやく龍太の具合が落ち着いてひと段落した長谷川。
 とりあえず、ロビーにいる沢木たちのところにやってきて、フラれた事を報告する。
 彼女は、龍太を看病しながらつれて帰るので、沢木たちは一足先に帰国する様にと伝えました。
 もちろん、再会は日本でって事で♪

 一方のマリーも、自分たちの畑がある街道のエリアに父親と祖父を連れ出しまして、例の瓶を見せて栓を抜きグラスにそれを注いでいく。
 今までは、自分も含めて家族の心がバラバラになっていたが、それを修復かつ新しい時代へと進んでいく為に!!
 それこそが、グランドシャンパーニュでコニャックを作る名門ポールジロー家の蔵にあるコニャックの原料ユニブランから作られた、発泡グレープジュースだったのだ。
 父親も、酒蔵が本格的にジュースを作ってる事実に驚きを隠せませんでした。
 当然、祖父はそれでワインを作るから、父親は一家の畑にあるピノ・ノワールでジュースを造ると知って、彼女にはまだ早いと述べるも、それはみんなでカバーすればいいと語るマリー。
 だからこそ、これをやる為には、祖父の引退撤回は当然。
 父親も、これからはジュースを造っていいんだと、まるで一家の呪縛から解放されたかの様な嬉しさを現しまして、これで一族による新たなスタートを切ることができました。
 車でこの場にやってきてた沢木たちも、マリーの一家による黄金丘陵につい微笑んじゃいましたし、その前に長谷川からマリーにお礼を述べてたことも伝えられました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

アクセル・ワールド 最終第24話『Reincarnation:再生』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5524.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 絶体絶命の危機に陥るハルユキ&タクムだが、そこに救世主が♪
 その人はなんと、沖縄に修学旅行中の黒雪姫 でした。
 意外な人の登場により、戦いの流れは大きく変化♫
 彼女は、妨害をして能美を助けてるブラックバイスの相手を行う事で妨害の心配がなくなり、ブラックバイスの攻撃で倒れていたハルユキも必死に立ち上がる!!!
 お前は間違ってたんだ。
 全部、最初からさ!!!

 能美がもし、中学に入学して自分たちと会った時に「はじめまして」と言いながら、卑怯な事をせずに正々堂々と対戦を申し出れば、本当の意味で仲間になれたし本当に得たい物を得る事ができたのだ。
 しかし、今となっては━━━━ それはもう無理になった!
 でも、それは能美も同じでして、仲間に『入れてやる』と歪んだ思いをしながら断固拒否の上、自分とハルユキどちらかの飛行能力者は2人もいらないとばかりに、この場で最期の決着をつけようと襲いかかってくる。


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

ソードアート・オンライン 第12話『ユイの心』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5519.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 社会常識を逸した解放軍兵士を助けたキリトとアスナは、ユイをつれて、保母さんことサーシャが経営する教会の修道施設へ。
 とりあえず、ユイが倒れたという事で、一晩だけそこで宿泊する事になりましたが、翌朝の朝食の際には元気に朝食を平らげてるまでに意識も回復しておりました。
 2人は、サーシャにユイを発見した時のいきさつやこの街に手がかりがないかと思って訊ねてきた旨を伝えるものの、サーシャの見解では、ユイはこのはじまりの街にいる子供ではないというのだ。
 その上、この修道施設にいる子供たちは、今でこそ、子供同士で協力したり楽しくワイワイ賑やかな食事風景を醸しだしてるが、約2年前のデスゲーム開始時には不安のあまり、かなりのトラウマを抱えてしまったそうな。
 おはスタの司会者の人に、地獄へオーハーされたからな(こら)
 だからこそ、サーシャは、彼女はそんな子供たちの助けを行う為に教会で一緒に生活を始めたそうな。
 ―― ってか、この子供たちはNPCじゃなくてプレイヤーですか(-□-;)!!
 そういうツッコミ入れたかったんですが、前話にキリトとアスナがユイを保護した際の台詞もあったので、即時割愛っす。
 でも、小学生の子供ぐらいにナーブギアやソフトを買い与える親ってのはどうかと思うぞ。
 それにSAOは、リアルに考えたら普通にCERO-B以上だし、デスゲームでCERO-Z超越だから法に引っかかってるぞ!!!
 まあ、色々とほかにもツッコミ出しまくりなんですが、ここはあえて自重しておきます。
 そんな折、軍副官のユリエール が、教会に来訪。
 昨日の一件の抗議かと思われたが、逆に感謝の念を述べた上で、2人にお願いをしてくる。

 彼女からのお願いとは、ある人物の救出!
 元々、自分たちのギルドの管理者であるシンカーも、今みたいな独善的な組織を作るつもりはなく、食料や情報をなるべく多くのプレイヤーに分かち合おうとしう意識を持っていたが、軍の巨大化により内部分裂が続き、その中で台頭してきたのが、キバオウ率いる一団だという。
 キバオウの軍勢は、権力強化や効率のいい狩場の独占、調子に乗って『徴税』という名の恐喝まがいの銭強奪はおろか、ゲーム攻略をないがしろにするキバオウを批判する声が大きくなった事を受け、自分の配下の中でもっともレベルの高いプレイヤーたちを最前線に送り出すという暴挙までやってのけたというのだ。
 そう、普段は来るのが無謀すぎる第74層攻略を行った末に死亡したコーバッツの件 こそが、まさに最前線に送り出すという暴挙を実行に移した行為だった!!!
 でも、コーバッツの軍勢の惨敗という最悪の結果に、キバオウは糾弾を受け追放寸前に追い詰められたものの、逆にキバオウは3日前、シンカーに丸腰で話し合おうという名目でかなり高レベルのダンジョン最深部に誘い込み そのまま置き去り という罠の強攻策 を敢行したのだ。
 その為、シンカーは 身動きすら取れる状況ではない というのだ。
 しかも、誘い込まれたダンジョンは、ユリエールのレベルでは攻略をするのは至難の業というくらいの高レベルな場所で、キバオウの睨みがある為に、軍の助力は困難な状況。
 だからこそ、自分より高レベルのキリトとアスナに、頭を下げてまでの救出要請を懇願してきた次第です。
 でも、昨日の件もあって、本当に信じられるかどうかわからない。
 するとユイは、彼女は嘘を言ってない と笑顔で断言。
 キリトも、疑って後悔するよりは信じて後悔しようと湯にエールの話を信じる気になりまして、一番疑っていたアスナも彼女の話を信用する事にし、3人で行く事に―― と思ってたら突如、ユイが自分も行きたいと必死に嘆願する。
 仕方なく、ユイも一緒に連れて行く事になってしまいました…。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月23日 (日)

夏色キセキ【BS11版】第11話『当たって砕けろ!東京シンデレラツアー』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5516.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いよいよ、夏休みの思い出作りのお話もクライマックスへ♪
 最後の思い出作りは、待望のオーディション!!
 優香は、特にハイテンション状態(>▽<)/
 夏海と凛子には電話で起床メッセージを唱えたり、荷物を一足早くまとめたり☆彡
 まあ、凛子の場合、一度電話をかけてもすぐに熟睡の中に入るので、もう一度連絡した方がいいですが!!!
 準備や着替えもしっかり整え、待ち合わせの下田駅にいざ出陣!!!

 先週のあの4年前の幽霊事件が終わった後の、バスに乗って帰宅の途につきはじめた事実から―。
 どうやら、優香と凛子が、夏海&紗季に黙っていろんなところに応募して、ようやく受かったという。
 凛子も、まさか受かるとは思っても見なかったそうです。
 それからというもの、夏海たちは、本番の8月26日に向けて本気で練習を行うのだった。

 駅では、優香と凛子もお待ちかね。
 優香は、まだオーディションが始まってないにも関わらず、すっかりアイドルになった後の事を妄想全開。
 そんないい雰囲気を出しまくりのまま、いざ東京へ出発っす♪

 朝早くから下田駅を出発した影響もあり、午前10時少々で東京駅に到着しちゃった4人。
 もちろん、時間的に余裕満載でした。
 夏海は、すぐに会場入りをするかと訊ねるも、優歌は、今すぐだったら会場の雰囲気に飲み込まれてしまうと断言しまして、ここは言うとおり、時間近くまでスカイツリーとかの観光を……ではなくて、なんと優香の口から、どこかでダンスのおさらいをしようと言い出したのだ!!
 あまりにもまともすぎる発言に、夏海たちは呆然としてもうた。
 正直言って、シュージローも 替え玉使用中!? と思いましたわ。

 そういう訳で、近くの公園でダンスの最終確認とかを行う事に。
 リズムやダンスの動きなども完璧で、このまま本番に挑んだら完璧~♪という状態です(●^o^●)
 だっけど、優香だけはそれだけで満足する訳がなく、なんと本番ももうじきなのに、見栄えがいいだろうと言いながら、振りの変更を提案してきたのだ。
 もちろん、まさかの変更に驚きつつも、この変更シーンにトライしてみる事にした夏海たちだけど、ここは自主練習を主にやってきた事もあって、変更点を混ぜ合わせたダンスも完璧に対応。
 その上、彼女らのダンスを見ていた観客たちも、彼女らのダンスが終わった瞬間、拍手喝采であります☆彡
 これには、夏海たちもテレちゃいましたし、優歌も気分いい感じになりました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第149話『友の声が聴こえる』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5515.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 無限時計に刻まれてる六マの刻印は残り3つ。
 だが、無限時計によるルーシィへの侵食は進行中で、徐々に彼女の肉体が核に飲み込まれようとしていた。
 さらに、ガジルを撃退したブレイン2世も登場しまして、イミテイシア&ブレイン2世に囲まれての死闘が開始される!!

 無限時計の核にかなり飲み込まれてしまったルーシィは、両親や使用人たちと一緒に彼女の誕生パーティーをやってる過去を眺めるが、その中にはミッシェルの姿は皆無でありました。
 改めて、ミッシェルが言ってた『すべて嘘』という事場の現実を知ってしまうのだった。

 そんな彼女に、念話でなんとか会話をしようとしてたウォーレンも、ナツから状況を聞いて理解。
 すぐさま、ほかの仲間たちに、ルーシィが無限時計に飲み込まれて融合されるまでに、急いでオラシオンセイスの6人を倒してほしいと仲間たちに通達するのでありました。

 ウォーレンが、ロメオの存在を確認。
 密航して内部に入ったので、もう引き返すのは不可能。
 そこで、ナツたちが通ったルートを頼りに最深部へ行く事にしまして、ウォーレンはロメオはもちろん、別行動中のハッピー&リリーと一緒に、案内を行っていきましたとさ。

 これで一応安心……するかと思いきや、ギルダーツに敗北したバイロが、何名かの僧兵と一緒に大司教の部屋へ参上!!!
 サミュエルたちがどうなったかじと状況説明を求めてきまして、ラキたちもオラシオンセイス6人全員を撃破すれば無限時計に刻まれてる刻印が解除されるの で、彼女を殺す必要はないと伝えるものの、その前にルーシィが無限時計に融合されれば手遅れだと言われてしまい返す言葉もありませんでした。
 そんな折、意識を取り戻し正気に戻った大司教が、まだ道はある と一同に伝えました。
 それは、城から出てる アンカーの鎖の破壊。
 そこでウォーレンは、大司教の話を詳しくみんなに伝えようと、ほかの仲間たちに念話で伝える。
 贄となる星霊魔導士と無限時計の融合は、時間をかけた精神感応とその者の時間の感覚、いわば記憶と一体化する必要があるので、伝播して地上の魔力&あらゆる記憶を取り込んでるアンカーの鎖を断ち切る事で、彼女と無限時計の融合しきる時間を遅らせることができるというのだ。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

ゆるゆり♪♪ 最終第12話『さようなら主人公、また会う日まで』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5510.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 アッカリ~ン♪気づいたらこれで最終回か…。
 2期も1期に負けないぐらい色々なことがあったなあ。
 あかりも成長した気がするよ!
 今日ごらく部は生徒会のみんなと一緒に演劇を


 これが最終回の番組表に掲載されてる内容っす( ̄▽ ̄)
 その演劇も、内容がけっこうカオスじみた、ほぼオールスター内容になっております。
 しかも、アバンのアッカリ~ンは、前話で全力を使いすぎた為に、もう最初の数秒しか
 存在を許してもらえませんでしたな~~( ̄▽ ̄)
 まあ、それも仕方なしってところで、最終話開幕で~~す。



 部室にやってきた結衣は、床に落ちている玩具のヘビにプチビックリ♪
 実はこれ、3人を驚かすつもりで 京子が仕掛けたトラップ でした。
 もちろん、京子は、3人のリアクションを予想していたのだけど、結衣のは天井に頭が突き刺さるくらいの驚き模様だった為に、かなりの期待はずれに。

 次にやってきたのは、ちなつだったけど、反応はノーリアクション。
 玩具のヘビと京子&結衣を見て、結衣に抱擁しました。
 当然ながら、不満気味の京子は、ちなつに自分への抱擁をご希望するも、詳しい映像はなしながらも、力強い締めつけが実行されたのは言うまでもなかった。

 最後はあかりなんだけど、何にも気づかずに床に落ちた玩具のヘビを踏んづけてしまう。
 これを本物のヘビと思ってしまった彼女は、真っ青表情&目から涙が!!!
 おかげで、京子たちが大慌てで弁解するという事態になってしまいました。

 4人が揃ったところで、懐かしの玩具を何個か持ってきてた京子。
 ちなつのおさげ髪の極限の吸引力は驚愕そのものだし、あかりも不意に玩具の1つを自らの額にペタっとした為に跡が残っちゃったせいで3人に爆笑させる事態に陥ってしまったり、あかりだけが玩具のスライム体験で楽しんでるという淋しい展開になったりと、一応はみんな楽しんでる感じです。

 さらに京子は、もっと楽しもうと、さらなる玩具の数々を学校カバンの中から出しまくってくる。
 ところが、一度は入れた玩具のヘビがカバンからポロっと出てきまして、これに京子が、4人の中では一番驚愕してもうたっす!!!


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

もやしもん リターンズ 第10話『すれちがう思い』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5509.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 子供の頃から思い続けているあの出来事。
 なんであの時、木に登ってほしかったのか―。
 それは今でも、本人はわからなかった。

 そんな訳で、本日の夕食は、マリーが担当。
 当然、カレーとか和食とかではなくて、ブルコーニュ料理です♪
 一応、どんなの食べたいかって聞かれたら、沢木たちの答えは全然違う方へ行っちゃいますって。
 そういう事で、完成は4時間後。
 地産地消の名物料理を、しばしご歓談を☆彡

 長谷川に続いて、沢木たちも女の戦場から立ち去ろうとするが、なぜかマリーは沢木のみを呼び止める。
 内容はもちろん、長谷川のこと。
 フランス人のマリーですら驚く程の無茶っぷりですが、根本的な問題は、長谷川の父親とのコミュ問題がややこしい事になってると、沢木なりの推論を述べました。
 まあ、長谷川自身も、これからどうすればいいのか迷ってる最中です。
 その一方で、龍太は、ホテルで 生牡蠣と白ワイン をあわせてやけ食い。
 己の傍若無人のツケは、すぐに支払われる事になりますが…。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

アクセル・ワールド 第23話『Consolidation:絆』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にある楽天トラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5508.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 ついに、能美を完全に追い詰めたハルユキ。
 もちろん、能美とのラストバトルについて伝えようと、タクムを呼んだのですが……なぜか隣にチユリが!!
 どうやら、ハルユキたちと直接逢って「能美を裏切る」と言う事や、そうやって信用させてから、同時に無制限フィールドにダイブして能美をヒールする様にと言われたそうな。
 でも、今までの行為から考えても、今更ながら事実を話しても説得力ないと思ってる彼女は、本当の事を言って、2人に頼もうと思って参上したそうです。
 それは―――― 自分も連れてってほしい という要望だった。
 無論、ここで2人に拒否されようとも、2人が来るまで加速世界で何年でも待つと
 彼女の言葉に、今までブレインバースト自体を否定していたはずのチユリが、なぜここまで積極的になってるのかと困惑気味になるハルユキ。
 でも、タクムは、すぐに了承。
 前に自分が、黒雪姫を襲撃した上にハルユキと戦ったあの時、ハルユキは最後まで自分を信じてくれた。
 だからこそ、タクムは、チユリを信じる事にしたという。
 タクムの言葉に、チユリの目から涙が零れ落ちてくる。
 ハルユキも、チユリの事を信用し、3人一緒で決戦場に行く と決心しました。

 一方の能美も、完全決着を執り行う為、かなりヤバイところに自ら足を運び ある品 を手にしておりました。
 あえて、ここで書かせてもらいました【単に忘れてただけですが】


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

ソードアート・オンライン 第11話『朝露の少女』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5503.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 アスナを守るとはいえ、ついに人を事実上の殺害をしてしまったキリトは、アスナとSAO上での結婚を行い、ヒースクリフに血盟騎士団を一時退団を申請する。
 アスナ自身も、最近の血盟騎士団のやり方に疑問を感じてまして、キリトと一緒に騎士団の一時退団を行う。
 デュエルに勝利したにも関わらず、勝手に一時退団を申請されては……と思われたが、やはりあの野郎が引き起こした騎士団同士による殺害事件が尾を引いてるせいか、さすがのヒースクリフもこの申請を受諾。
 しかし彼は、2人はすぐに戦場に戻ってくる と不敵な発言を述べました。

 第22層の自然溢れる場所に新居を構えた2人。
 ここなら静かに暮らせるねと嬉しがるアスナですが、さすがにここの新居を構えるだけでキリトの資金もすっからかんになったっす♪
 あまりにもいい雰囲気なんだけど、キリトは、自分たちはここだけの関係かなと疑問符が出てしまったので、アスナは怒るよと答える。
彼女は、たとえリアルに戻ってきてもこの気持ちは本物だし、リアルでもキリトを好きになるといいました。

 そんな事もありましたが、ある日の朝、キリトの子供っぽい寝顔を見て、少し微笑ましく思うアスナ。
 でも、リアルのキリトは自分より年下じゃないよねと一瞬焦るが、まさにビンゴっす☆彡
 まあ、リアル=SAOの時間だったら、キリトのリアルは年齢的に16歳になってますから大丈夫ですが。
 すると、キリトが眠気満載ながらも起床しまして、アスナは動揺。
 もちろんだけど、今の彼女の台詞は、グッスリ爆睡のキリトには全然聞こえませんでした。

 ここに居を構えてから、すっかり新婚というのを堪能しているキリトとアスナ。
 すっかりと、壁に貼られてるアルバム写真も 一部視聴者に殺意十分 のものが満載♪
 キリトは、面白そうなところがあると言って、一緒に行く事になりました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

夏色キセキ【BS11版】第10話『たいふうゆうれい、今日のオモイデ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5502.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 色々と積み重ねられていく、4人の夏休みの日々。
 それを示す写真の数々が、大きな思い出として残っていました☆彡
 それよりも、誰が写真撮影担当したの!?
 いやいや、そういう描写がなかった(見逃した可能性あり)ので、誰がやってるのかわからなかったのですが、どうやら4人が交代しながら撮影したりしてたんですね。
 みんな、いい笑顔だ~~(≧▽≦)/

 紗季も、こういう濃い夏休みは初めてだし、旅行にもいけたからとやり残した事はないかの様な言い方をするのですが……なんでか、優香がかなり言いにくそうな感じで自身のバックから白い封筒を取り出し始めたものの、紗季のミニアルバムに掲載されていた紗季の寝顔写真で、シリアスそうな展開は一時中断。
 ところがその一方で、下田に台風10号接近!!!!
 今現在の天候は快晴模様ですが……4年前、こういう天候の中で地元に静かにたたずんでいた幽霊ホテルに遊びにいったら、彼女たちからして突如過ぎる台風がやってきたせいで、家に帰れなくなり親にこっぴどく叱られたそうな。
 原因は、夏海が幽霊退治に行こうと言い出し、帰り道に不良か泥棒かに絡まれた迷子の凛子を助けようとして、紗季が大立ち回りをやったから だそうな。
 でも、夏海や紗季からの会話からして、なんか4人の記憶が曖昧。
 そこで、あの日の記憶を思い出そうと、お石さまにお願いをする事になりましたとさ。
 あの日の事を思い出させてください。
 お石さまにそう願う4人だけど、何かが起きた感じがまったく皆無だった。
 その上、優香が夏休みの宿題をまだ残してた事を今頃になって思い出し、結局、優香の自宅にて4人で夏休みの宿題を終わらせる事に急展開。
 紗季だけはもうじき下田を去るのだけど、彼女がいないと宿題が終わるのはエンドレスエイトになるのは確実なので、紗季も強制参加になりましたとさ。
 しっかし、4人が去っていった直後、願いが発動された という事実を知らなかった。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第148話『天使の涙』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5500.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ルーシィへと通じる道に立ち塞ぐイミテイシアと対峙するナツたち3人。
 とりあえずは、ナツとエルフマンの2人でイミテイシアの相手をして、ココがルーシィ救出へ向かう。
 だが、イミテイシアの実力は折り紙付で、脅威の急所打ちに悪戦苦闘。
 その上、なんとかナツの拳が命中しても、イミテイシアは痛覚が感じられない ので、迷いや心が折れる事はない豪語する始末。
 でも、ナツたちは、それでも恐れを感じていなかった。
 普通、悪党であろうと、信念を持って戦う者は目に強い光を放っている。
 だけど、イミテイシアの目には 迷いがある というのだ。
 しかし、彼女はそれを否定した上で、体の一部に巻いている茨の茎であるシリスを発動。
 ナツ&エルフマンを縛り付けてからそのまま急所を痛めつけていき、ルーシィを騙して利用するのが任務なのかと質問をぶつけながら攻撃を仕掛けるココに対しては、任務という心なきものに自分は従わないとばかりに圧倒しまくる。
 魔法は“心”。
 ワタシの想いの力は、誰にも負けない。

 一方、リアルナイトメア攻略について解読とかをしているギルド待機組だけど、調べものに関してはまだまだな上、フリードの術式で数時間程度の魔法防御可能状態でキナナ捜索をしている数名のメンバーも、未だに彼女の行方を見つけられずにいました。
 ギルドの方も、先代のマカロフが魔法防御をしてくれてるので大丈夫♪
 ただ、現在のマスターのマカオは、自分は何もできないのかと無力感を感じてました。
 そんな彼に、ワカバがどーんと構えてればいいと慰めの言葉をかけますが、息子のロメオが密航同然でクリスティーナ改に乗り込んでナツたちの元へ向かった旨に感づいたとなると、父親としても世辞辛いところっすね。

 そうこうしてるうちに、なんとか解読完了。
 やはり、ハッピーの言うとおりの方法が、リアルナイトメアを解除できる唯一のやり方である事が確信!!!
 後は、ナツたちの行動しだい という状況になりました。

 情報は、ウォーレンの元に届けられ、刻印が消えればルーシィも解放される可能性がある事も伝える。
 だが、そのルーシィはといえば、精神も魂も無限時計の力に徐々に飲み込まれ始めてました!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

人類は衰退しました 第11話『妖精さんの、ひみつのおちゃかい』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5499.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 わたしのところに、昔の友人が訪ねてくるらしい。
 あのYのほかにいたんですね。←こらこら
 でも、彼女には、昔の記憶といえば、幼少の頃学生時代 の二種類しかないと思っていた。

 今回は、わたしのもうじき10歳になる頃からのお話です。
 ますます時系列の乱れが激しくなっていくぅ~~!!!
 これも、妖精さんの魔力の賜物 なんでしょうか!?

 この時代の多くの子供がそうである様に、就学経験がないわたしは、学舎に入った時は、最初の学年から始めないといけないが、勉学に励んで成績相応のを得られれば、年齢と学年に飛び級する事ができるそうな。
 そんなわたしが、自室に戻ると、部屋のドアノブはチェーンで掛けられた状態に錠がかけられていた。
 そして、ヒントとばかりに 鍵は永遠の裏側 という意味あるかどうかの内容のメモが書かれていた。

 わたしは、永遠って言葉から、壊れた時計塔の事を指してると思い、そこへ向かう。
 だが、建物の裏側には、同級生らしき男の子たちがたむろっていて、わたしは男の子たちが去っていく隙を突いて、塔の中へ入る。
 上の階にて、小石に置かれたメモを発見しまして、内容を見てみる。
 見事に小鬼たちの隙をつき、
 けれどもリドルはまだ続く。
 鍵のありかは動物たちが知っている。
 ただしご注意!
 病気が悪くなった日にしか見つからない。

 これを見て、からかわれてるのかと思ったわたし。
 仕方なく、寮の自室前に戻り、夜まで待ち続ける事に…。

 夜になり、そこで待っていると、管理用の寮母ロボットが通りかかる。
 当然、消灯時間に廊下にいるという事で校則違反だと判断されましたが、わたしはなんとか、部屋が鍵で閉められては入れない旨を報告。
 寮母ロボットも調べてもらって納得してもらったそうでして、鍵をはずして中に入れる様にしてもらいました。
 ただ、校則違反のチケットは受けてしまいましたがね。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

ゆるゆり♪♪ 第11話『時をかけるあかり』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5496.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 あかりのお姉ちゃんをやってる赤座あかねです。
 アニメも残り僅かで残念。
 でも、あかりの登場シーンは全部まとめて編集済、ブルーレイもDVDも全巻予約済みだから安心ね。

 内容は一見、単なるマニア的な匂い満載って感じがしますが、相手はあかりの姉です!
 普通の人ならまだしも、この人のやる事は、妹へのピー行為ですからね。
 あかりが大人になっても、ここまでの執着をより過激にパワーアップするかもしれんと思いました。
 いや、
あの頃のあかりを永遠に思い出す様に、博物館クラスの事をしでかすかもしれん!!!!
 ヘタしたら、↓みたいな暴挙をやる可能性もあるな(;一_一)

 それから7年???後、20歳の大人の女性に成長したあかり。
 現在は京子ちゃんと結衣ちゃんはもちろん、大学でも先輩の千歳&千鶴ちゃんの双子姉妹、京子ちゃんを追ってわざと1浪して私たちと同級生になっちゃった綾乃ちゃんと一緒に、東京で生活中♪
 色んなコミュを楽しみながらの大学生活は楽しい☆彡
 でも、最近の悩みは1つだけあるの。
 それは――
お姉ちゃんも上京してる上に、私の自宅の近くのアパートに住んでること!
 高校卒業と同時に、お姉ちゃんの部屋にやって来た時のトラウマが原因で、東京に上京する事以外はすべてお姉ちゃんに漏れない様に気を使って情報封鎖までやったのに…。
 これはもう、完璧にストーカーだよ、ストーカー!!!

 えっ、ちなつちゃんはどうしてるかって?
 それは……えっと…………
ヒ・ミ・ツ♪♪

 アバンでようやく、あかりがまともにOPをほぼ無事に飾れました☆彡
 今回は、苦節23話目にしてのあかりのワンマンショーですが……第1話でも書いたが、TVQ九州放送のみは第1期未放送です!!
 もちろん、最終話の番組表でのあらすじも、あかりが出番になりますが、まあ今回の姉のと比べたら平凡です。

 そういうわけで、今回はなんと、OP曲なしの本編突入!!
 京子以外の3人がマジメに掃除しているが、新入生がここに来るかもしれないという希望が込められていた。
 でも、当の京子は、無駄だと思う と全然眼中すらなし。
 そんな折、押入れの掃除をしようという事になり、結衣と元は茶道部志望のちなつが襖の扉を開けてみる。
 押入れの中には、茶道部の道具が主に入っていたが、その奥には、なんか意味深な機械が。
 それは明らかに、タイムマシーン だった。
 結衣は、演劇部の道具だろうと興味なさげな感じだったが、本気になったちなつと京子が押し問答の取り合いに発展。
 ちなつは、未来に行って結衣と自分が結婚してるかとか、かなり物騒な事を平然と言ってるぞ(><)
 まあ、これを製作した人で思いつくといったら、西垣先生以外 は考えられないですな。

 ところが、京子&ちなつが争ってる中で、タイムマシーンの起動スイッチ発動状態に!!!
 その上、あかりが争う2人の間に入って止めようとしたら、バタンと体当たりされてそのままタイムマシーンの座席に座らされて転送スイッチポンで起動してしまう!!!
 あかりは、タイムマシーンと一緒にアッカリーン♪と消失。
 このまま、時空の彼方へと飛び立ってしまう(><)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

もやしもん リターンズ 第9話『グラン=クリュ街道にて』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5493.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 面子を潰された龍太は、ホテルのロビーのラウンジで待機。
 でも、彼女はすぐに部屋に戻ったそうでして、自分の力を思い知らせてやるとばかりに部屋に戻ってきますが……すでに車内でワインを堪能して酔っ払いまくりの長谷川は、酒乱の本性を発揮しやした( ̄口 ̄;)!!!!

 翌朝、ようやく素面に戻った長谷川は、隣の部屋で恐怖を堪能しまくった龍太に、ボーヌの朝市に行くと伝えて出かけていきました。
 龍太が、何度も何度も「ごめんなさい」と言ってるあたり、どんな恐怖を堪能したかというのが想像できます。

 同じ頃、沢木たちは、レンタル自転車を放置する形で、レンタル会社に返却して逃走。
 とりあえず、沢木&マリー、美里&川浜の二手に分かれて行動開始しました。
 だがしかし、事態は急を要していた。
 なんと、本日の午後には、長谷川の父親の会社のパリ支社から数名の人材をよこす事が決定しまして、運転手と共に龍太のフォロー及び長谷川が絶対に龍太から離れない様にするそうです。
 普通なら、こういう情報は漏洩される可能性は皆無っすが、運転手さんがなんでかそれを暴露しました。
 逆に言えば、今はまだ大丈夫 です。

 沢木とマリーは、広大なブドウ畑を観賞♪
 2人とも、やはり酒造りへの最高潮である 秋の季節は大好き☆彡
 それでは、なぜ跡継ぎを受けたくないのか!?
 その疑問に答える前に、マリーの祖父と父親が車で参上!!
 この雰囲気からして、どうやら父親が本格的に跡継ぎとして動くそうでして、沢木もマリーの父親の背中を見て羨ましがる。

 ボーヌの朝市で待ち合わせた美里たちと長谷川。
 長谷川は、到着早々、逃げ出すから連れて行け と命令口調で用件を伝える。
 美里たちも少々、不満気味だけど、変装して脱出する事に!!
 まあ、美里の予備のTシャツの方がまだ目立ちませんがね……川浜のソンブレロよりは!

 子供の頃の龍太と長谷川。
 手を繋いで一緒に歩いたりして、周りの大人たちから羨ましがられる光景を見せ付ける2人。
 すると、長谷川が龍太に、庭にあった木を登って と命令。
 でも、龍太は、怖さから言い訳がましい事を連呼して回避。
 無論、長谷川は父親に叱られてしまいまして、その後も、隠れて木に登ろうという努力をしようとする気概は微塵も感じられなかった。
 子供の頃の夢を見てた龍太は、ボーヌの朝市に直行。
 無論、闘争の際、しっかりと彼女の行為を見て知ってる運転手は、わざと見失ったとだけ報告し、川浜らが協力しているという詳しい内容は決して暴露しようとしませんでした。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

アクセル・ワールド 第22話『Determination:決意』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5491.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 マッチングリストに出てこない者の名は、ラストジグソー。
 無論、名前からして能美の可能性はないものの、同一の力を持っているのは事実!!
 だが、その証拠を得るには、直に対面をしないといけない のだ。
 そこで、メイドさんが思いついた策は―― ハルユキを囮にして敵を誘き出すという、少しキツめの策。
 メイドさんは、自分のバーストリンカーであるブラックレパードと、ハルユキのシルバークロウが誘い込みの為のデュエルを行い、飛行アビリティを喪失したシルバークロウに勝てるかもと踏んだラストジグソーが仕掛けてくるのを迎え撃つって感じで待ち構える事に!!
 ただし、この作戦では、敵が心意を使用してこないうちは、ハルユキも心意を使用するな という条件が突きつけられる。
 なんでも、心意システムというのは、絶大な力を引き出す代わりに 心の闇が少しずつ引き寄せる というリスクがあるというのだ!!!!
 それはまさに、希望と絶望が表裏一体という感じである事を示してるそうな。
 まっさか、心意システムにそんなリスクがあったとは思わなかったな。
 だから、スカーレットレインは、心意が使えるにも関わらず、クロムディザスター&イエローレディオ戦では、強化外装中心で戦ったのか。
 レベル9のレギオンの王たちは全員、強大な武器と力の上に心意が使えるというところだろうな。
 希望を見出したいと思ってるハルユキには、飛行アビリティが戻ってきても、まだまだ険しい道のりっす!!!


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

ソードアート・オンライン 第10話『紅の殺意』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5487.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 血盟騎士団入隊か、アスナゲットか。
 今後の運命を賭けたキリトとヒースクリフとの1対1の戦いが始まる。
 場所は、第75層コリニアのデュエルの闘技場
 観客も多く入り、完全にキリトにとってはアウェ状態っす(><)
 ヒースクリフの生ける伝説はわかるが、キリトの扱いが 二刀流の悪魔 って。
 当然ながら、アスナからは売り言葉に買い言葉状態になってしまった事を注意されてしまいました。

 キリトも、ヒースクリフの力を知らない訳ではなかった。
 絶大な防御力を持つ鎧と盾を持つ片手剣の使い手で、キリトの二刀流同様、ヒースクリフもユニークスキルを持っている上、なんとアスナですら、彼のHPバーがイエローになったのを見た事がないというのだ!!!
 いわば、キリト以上にゲームバランスクラッシャー という事です(ToT)
 一気に窮地に陥ったって感じのキリトだけど、簡単に負ける気はないつもりです。

 闘技場で対峙する2人。
 すでにヒースクリフは 勝利確定の気分 でして、この戦いも任務扱いにされていた。
 デュエル受諾も終わり、カウントダウンの中で武器を抜き、ついに勝負開始。
 だが、キリトの剣はヒースクリフの盾に簡単に防がれ弾かれ、逆にヒースクリフが盾を駆使してキリトを追い詰めていく。
 そこでキリトは、小細工すら皆無の特攻攻撃を敢行。
 その必死さに、最初は盾で簡単に防いでいたヒースクリフも少しずつ追い詰められ、ついに頬をかする程の一撃を受けるまでに至ると、今まで防いでいた盾をも弾き飛ばす程の威力を見せ付ける!!!
 キリトはチャンスとばかりに、盾を弾かれて無防備状態になっているヒースクリフの頭に向けて、右の剣の一撃が振り下―― されようとしてたその刹那の瞬間、まるでヒースクリフ以外の物の時が止まったかの様な感覚が襲い掛かり、なぜか避けられるはずがない一撃が軽く盾に弾かれヒースクリフが横から攻撃するという展開 に変化していたのだ。
 もちろん、勢いづいての攻撃なのでキリトには全然かわす事すらできず、ヒースクリフの絶大すぎる一撃を受けて敗北しました。
 突如の攻撃に呆然とするキリトとは対照的に、ヒースクリフからは、観客の声援に応える余裕はなく、逆にキリトを警戒するかの様な険しい表情のまま、闘技場の場から退場していきました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

夏色キセキ【BS11版】第9話『旅のソラのさきのさき』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5484.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 溺れてしまった優香を助けたのは、島に住んでる小麦色の肌の少年。
 でも、助けて早々、これだから本土モンは と貶されてしまう。

 そんな事もあったけど、とりあえずは荷物を宿に置く為に宿泊場所へ向かう夏海たち。
 優香はあんな事があったにも関わらず、もういつものマイペースに戻ってました―― 紗季が本土モンと言われたきっかけを作ったのはあなたなのに。
 夏海も少し微妙な空気を漂わせていて、途中で通りかかった『紗季が2学期から通う中学校』の部活の光景を目の当たりした優香が学校の中を見学しようとしてたのを、割り込む様にして紗季へ急いでしまいました。

 歩いて歩いて、ようやく到着した宿泊場『晴』。
 ここが夏海たちが宿泊する旅館でして、すぐに玄関から中へ入ると、出迎えたのは、溺れていた優香を助けてくれた少年―― ではなくて、その少年の双子の姉の千春でした。
 もちろん、その事をまったく知らない夏海たちだけど、少女とは思えぬくらいの胸の大きさ も手伝い、お客の対応をする千春にものすごく熱い視線をぶちかますわ、優香もつい「女の子になったの!?」と口を滑らせてしまうなどの対応をやってもうた。
 でも、優香の言葉を聞いて察した千春は、あの少年こそが、自分の双子の弟の小春 だと説明してくれまして、やっとこさ事情が把握できました。
 しかも、千春も小春も、高校生ではなくて 中学2年生 です。
 それを聞いて、絶望的な敗北感を醸し出してしまった優香と凛子でした。
 ……これから頑張ればいいんだよ。

 それはそうと、夏海たちが下田からやってきたのを知った千春の口から出たのは、なんと紗季の父親の名前でした。
 すでに島中の噂になっていて、この島では有名な人になってました。
 なんでも、この宿の近くの診療所が休業になってしまって大変な状況だったが、医師である紗季の父親が赴任してくれる事になり島の人たちが非常に助かったと歓迎の一途でした。
 父の事がいい評判だと知って少しばかし嬉しがる紗季だが、夏海は、余計に浮かない表情を浮かべてしまう。 
 その上、千春は、大ニュースとばかりに友達や弟の小春にメールで連絡しまくる。
 だが、小春だけは険しい表情を浮かべ、すぐさま部屋を出たものの、バッタリと母親と遭遇してしまう。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第147話『無限城へ!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5483.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ラポワントに、見事なジャスティスマグナム【違!】を決めたギルダーツ。
 エルザたちもナツたちと合流を果たすも、ラポワントは無限城の由来を語りかける。

 無限城は、ゼントピア創設の元となった力の源である無限時計を納める居城で、生誕祭の時に100年ごとに蓄積した魔力を解放する事により、今一度ゼントピア創設以前の、人の悪意と欲望が解き放たれた無秩序の世に戻す事ができるという。
 そして今、黄道十二門のほとんどの星霊と契約しているルーシィの魔力の高さを利用して、無限時計のリアルナイトメアをコントロールしようとしていて、無 限城の核と彼女の魔力が同調する事で個人の価値観はリアルナイトメアにコントロールされ、結果的に争いがなくなると目論んでるみたいです。
 つまり、リアルナイトメアを止めるには……それに飲み込まれようとしてるルーシィの命を止めねばならぬというのだ。

 それを、まるで勝利を確信したかの様な言い回しで語るラポワント。
 ところがその直後、彼の肉体が消失し始めたのだ。
 それもそのはずで、ラポワントの正体は、擬人化魔法で造られた人形 だったのだ。
 ギルダーツとラキは、ここに来るまでにラポワントと同じ人形を見ており、すでに正体も検討がついていた。
 まさかの事実を知ったラポワントは、それでも自分は人間の枢機卿だと言い残して消失。
 後に残されたのは、マスターゼロの毛髪 でした。

 ラポワントが朽ちた事は、すぐにブレイン2世の元へ。
 でも、当人はといえば、マスターゼロの毛髪から造られた人形でも、所詮は使い捨てのコマと一蹴。
 もちろん、魔法で造られたとはいえ、命は命でしょと批判するルーシィですが、イミテイシアから見たら、大事なのは心で、ラポワントに足りなかったのはそれだと指摘する。

 事実を念話で聞いたヒューズとガットマンも、さすがに戦う気を失せた様子。
 特にガットマンのショックは大きく、ゼントピアの教義と異なる行為をしてたと知るやいなや、自らの活動を停止して倒れ込む様に眠りに入りました。
 やけになるかと思ってたけど、本当に教義に従ってるのだと思いました。

 地上の方では、ラハールとドランバルトによる検束部隊による一般市民の避難活動を執り行ってました。
 ルーンナイトを大量投入してはリアルナイトメアの影響を一応は阻止できる結界を張り、その中に市民を避難させておりました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

人類は衰退しました 第10話『妖精さんたちの、ちきゅう』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5482.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 通っていた人類最後の教育機関の学校が、わたしを含めた12名の卒業を以って 閉校 となりました。
 わたしは、卒業と同時に里での就職や自ら研究者としての過酷な道に進む事を決断していた。
 まあ、楽に野望を実現するに越した事はないですが……。

 トラックの荷台に乗せてもらって、クスノキの里にやってきたわたし。
 いきなり、住人たちの注目を受けてしまって戸惑ってしまうのですが、それでもなんとか、おじいさんの住んでる家に到着。
 出迎えたおじいさんからは、調停官になるとはモノ好きだと言われるものの、それでもわたしかたしたら、畑仕事よりは楽かなという気持ちでありましたとさ(≧▽≦)

 そういう事で、今回はOP映像なしで本編内でOPスタッフ紹介となった第10話。
 今回と次回は、なんか『わたし』の過去のお話が主になるみたいです♪

 さてさて、里の一角に自然の苔や雑草や木々などが一緒になって残っている廃墟の校舎らしき建物にやってきたわたし。
 実はこの建物の一室に 国連調停官事務所 がありまして、ここでは書類の管理とかが主で、調停官としての仕事の場合は、彼らは彼らでこちらでする事はほとんどないという、おじいさんからしたらの『わたしの希望する“楽かな”の仕事』というものでした。
 でも、わたしが言う『楽かな』というのは、あくまで自分の体力を考慮して、適切なジョブをチョイスしたまでの話でして、こういう仕事がまだ残ってくれてた事に感謝の念を抱きました。
 するとおじいさんは、苦労した方がよかろう と意味深そうな前言撤回を述べる。

 所長命令として、新任の挨拶に向かう様にと言われたわたしは、おじいさんからパン1つを進呈される。
 しかも、挨拶する際の注意点とかはなく、センスで乗り切れ というアバウトすぎるアドバイスが
 それだけでなく、この時点で、在学中に下調べして把握してた内容とは全然違う展開になっていたのは、言うまでもなしっす。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

ゆるゆり♪♪ 第10話『修学旅行R』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5477.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 理科教師の西垣奈々だ。
 私の実験に爆発は必須だが、
 爆発のための実験なのか、実験のための爆発なのか…難しいな。
 っとあらすじを忘れていた。
 確か修学旅ドッカアァァァン!

 もう初っ端からカオス過ぎる番組表の内容です。
 でも、それ以上にカオスなのが、今話の開始時間!!!
 誰が、午前3時58分 からゆるゆり♪♪の放送開始やねん(><)
 しかも来週は、また午前4時近くだし!!
 早朝からゆるゆり♪♪をやる局は、確実にここしかないぞ!!!!
 さらに言えば、今回は第1期でやった結衣&京子&綾乃&千歳の修学旅行話だよ。
 ―― まあ、このアニメにツッコミはいりませんね。
 第8話の終盤と第9話のアバンみたいなのが、この時間帯からやらんですむし。

 今週のアッカリーン♪は、京子の謀略で、1年生組4人が集合して透明アッカリ~ン状態に!!!
 そこへ、結衣が助けに来てくれまして、ン~リカッアであかり以外の3人は元の姿に。
 とりあえずは、今回は1年生組が留守番を任せられましたとさ。

 第1期と同じく、2年生組は京都へ修学旅行へGO♪
 そういえば、第1期も結衣たちの修学旅行の話があったのではってツッコミは、このアニメではナッシングって事でOKっす!!!
 京子は、お菓子というよりはなんでかロープやヘルメットや金槌などを持参。
 京都でそんな装備で歩いてたら、
 それはそうと、綾乃&千歳も同行しておりまして、もちろん部屋も4人一緒☆彡
 2年生組による“ゆるゆり♪♪”ならぬ“ゆりゆり♪♪”が始まります【オイ!】

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月 5日 (水)

もやしもん リターンズ 第8話『マリアージュ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5476.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いい事があった日は、
 あえてお風呂に入らなかった。

 子供の頃、そういう事もしていた長谷川。
 たとえ、父親から入浴する様にと申しても、運気を洗い落としたくない理由で頑として聞かなかった。
 でも今は――― ホテルに戻って、今すぐお風呂に入って洗い流したい気分だった。

 一方、パリ・リヨン駅から南東にあるブルゴーニュ地方の玄関口のボーヌ駅にやってきた沢木たち。
 だけど、ここまでのところは なにも手がかりはなし なので、駅で張ってみる事にしたんですが、美里は、長谷川は素直にこの地に来るのかと疑問に感じる。
 そのボーヌ駅より北にあるディジョン空港に、ついに龍太&長谷川が降り立つ。
 ブルゴーニュと聞いて『ワイン』を連想するけど、当の彼女って確か…。

 とりあえず、タクシーに乗る金が全然ないので、三人共同のレンタル自転車を借りて先へ進む3人。
 道のぬかるみに注意しながらの田舎道を通っていくのだけど、やがてそれらしい教会???を見かけまして、そこへ立ち寄ろうとしたら、3人の背後から車が接近してきて接触事故を起こしてしまう!!!
 3人は泥の道に倒されてしまって転倒。
 その車の運転手を見てみたら、なんと蛍と激似のマリーという女性が立ってました。
 彼女は日本語を喋れまして、あの教会???の事を聞いてもらう事に―― だが、あそこは教会ではなくて、シャトー・ド・クロ・ド・ヴージョという昔の修道院でした。
 しかし、接触事故でレンタル自転車は再起不能になった今、これから長谷川を捜すのは至難の業。
 そこで彼らは、大怪我のフリをしてマリーに訴えまして、なんとかレンタル自転車と一緒に車に乗せてもらう事に成功しやした♪
 マリーさん、気持はわからなくはないけど、だからってフランス語で沢木たちを轢く様な暴言はやめて!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

アクセル・ワールド 第21話『Insurrection:反逆』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5472.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 すっかり、盗○野郎という扱いを受けてしまったハルユキ。
 メールを見たタクムからしたら、とてもやりきれない様子だった。
 もちろん、タレこんだのは 能美しか考えられない。
 タクムも証拠もないのに犯人扱いにする者に怒りを感じていたので、ハルユキは今まで黙ってた○撮事件の内容やあの写真の中にウイルスが入ってた事を彼に伝えました。
 無論、直接会話は危険なので、直結をしての会話 になりますが。

 バスに乗って目的地へ向かう2人。
 タクムも、自分がハルユキに送付したファイルが大きすぎた割に気づかなかった事や無意味にハルユキを殴ってしまった失態を悔いまして、なんとバスにほかの人たちが乗ってるにも関わらず、彼の手をとって殴る様に求めてきました!!!!
 直結での会話なんだけど、ジェスチャーが直結でのラブラブ告白と間違えられても仕方ないっすって!!!
 ハルユキは、誤解がない様にと、自らの口で謝罪する事を伝える。
 それはもちろん、チユリからタクムに言わない様にと、今まで口止めされてた事です!!!
 とりあえずは、具体的に何を見たのかは答えない様にするといってくれました。

 そんなハルユキが前に連絡をしてたのは、赤の王のユニコ。
 もちろん、タクムと一緒にリアルでの相談という事になりまして、ユニコもおいしいケーキを条件に承諾♪


 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

ソードアート・オンライン 第9話『青眼の悪魔』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5471.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 第74層のボスの部屋に入ったキリトとアスナ。
 だが、そこのボスの圧倒的過ぎるまでの迫力さに、2人は退却せざるを得なかった。

 迷宮区の途中のところまで敗走した2人は、ボスを一目見て苦戦確実だと認識する。
 持っている大型剣は特殊攻撃つきの可能性があり。
 前衛に守備力が高い盾装備の猛者たち10人程度を集める必要もあり。
 どれをとっても、あのボスはヤバイというのが丸分かりっすよ!!!
 一応の目探りをしたところで、アスナはキリトは何か隠してるなと怪しむ。
 片手剣装備のメリットは、盾装備ができるはず―― なのに、キリトは盾を装備してる形跡が全然ない。
 アスナはレイピアのスピードが落ちてしまうから盾装備はあえてしてないが、中には、スタイル優先で盾を持たない人もいるそうだ。
 その上、キリトが今持ってる剣は 通常持ち歩いてる物 で、リズベットに精製してもらった新剣ではないのだ。
 アスナがしつこいくらい怪しみまくりの材料が揃って、一気に窮地に陥るキリト。
 でも、これ以上の詮索はマナー違反という事で、あえてそれ以上の事は聞く事はしませんでした。

 そういう訳で、この場で遅めのお昼を取る事に。
 しかも、アスナ手作りのサンドイッチでして、その味わいは圧倒的格別なものでした♪
 これこそ、1年間の修行と研鑽の成果の賜物 というべきものでして、キリトも販売したら儲かるの太鼓判♪
 無論、自分の分がなくなったら困る という事から、あえてダメだと言っちゃいますが☆彡

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

夏色キセキ【BS11版】第8話『ゆううつフォートリップス』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5470.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 8月16日の朝。
 引越しの為の荷物もだいぶ片付いた自分が住んでる部屋にいる紗季。
 母親は、今から市役所に手続きをしに向かうそうで、紗季も一緒に行こうとするが、今までは向こうからの誘いだったので、たまには紗季の方から誘ってみてはどうかとアドバイスしてから、自分で市役所へ向かう。
 紗季も言うとおりにして、夏海・優香・凛子に遊びの誘いのメールを送信しようとするが、これではいつものパターンと違うとばかりに送信中止をしてしまい、逆に優香が何かやらかさないかと物騒ご希望発言!!!
 そんな折、夏海から電話が入りまして、突如の興奮交じりで、優香から電話があったかと訊ねてくる。
 無論、何も聞いてない紗季だが、すると自分の部屋にいる夏海が姿を現し、そのままのテンションで告げる。
 みんなで旅行、行こう!!!

 そんな訳で、いつものローソンの前で集まった4人。
 ところが、肝心の旅行先が決まってなかった のだ!!!!
 優香は、バリ島や沖縄へレッツゴーと要望を言うも、夏海はパスポート持ってないし、凛子も飛行機が恐いと拒否態勢。
 待て待て、それ以前に、資金が問題だろ!!!!
 当然、紗季がそこにツッコミ入れまして、北斗星とかの夜行列車では高くつくなどなど、的確な指摘を申しまくり。
 優香からしたら、単なる文句にしか聞こえないので、紗季ならどこに行くかと質問。
 彼女は どこでもOK だった。
 このままでは企画倒れになるのは必至。
 夏海は、京都はどうかと答えるが、それでは修学旅行だ と優香がツッコミを入れる。
 しっかし、紗季の場合……2学期から下田にもういないので、夏海たちと修学旅行は不可能なのだ。
 当然、その時だけ戻ってくるというのもありえない話。
 このままでは、旅行の行き先が決まらずって事で、紗季も帰宅の途につき始めてしまう。
 思いっきり企画倒れどころか、場の空気が非常に険悪な雰囲気に――。
 その時、夏海が 東京 とポツリと呟く。
 すると思いついた様に、紗季がこれから行く場所を知りたい と言い出しまして、優香も凛子も同調。
 まさに、4人で修学旅行 という夢の企画♪
 どこを巡ろうかと、もう憧れの気持ちでまくりで話し合う3人に対し、紗季は超困惑状態に。
 なぜなら、紗季が転校する場所は、衝撃的なところだった!!
 東京は東京だけど、あくまで東京都の範囲内。
 なんと、東京の竹芝から船で11時間もかかる島 だったのだ。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第146話『時のスパイラル』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5469.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 アバンは、無限城から発せられたリアルナイトメアの恐怖の効果から。
 老人が赤ん坊に、赤ん坊が老人に、子供が大人に。
 滝の水の流れが逆行され、街が一気に荒野に変貌したり。
 ある意味、リアル世界で発生したら大混乱確定っすよ(ToT)

 なんとか、尻尾をつかんだラハールは、グランドマに報告した上で捜査のお願いを申請。
 ところが、グランドマは まだその時ではない と一蹴した上、ラハールはまだ、ゼントピアの組織の大きさをわかってない と言われてしまいました。
 報告が終わったラハールは、強行検束部隊大隊長としては、いざという時に動けないのでは、この部隊を束ねる意味がないと苦笑してしまいまして、ドランバルトから「自分でやれる事をやろう」と慰められました。

 そのゼントピアは、時の混乱の被害を受けてる模様で、かなりの動揺が広がっていた。
 そこへ、大司教が映像越しで演説を行いまして、これはゼントピアによる世界への粛清であるから心配せぬ様に と巡礼者たちに訴える。
 その演説は、大聖殿にいるバイロの耳にも入るものの、これが世界への粛清に繋がるのかと疑問に感じていた。

 ミラとレーサーの死闘は互角―― と思いきや、徐々にミラのペースになろうとしていた。
 なんと、目にも止まらぬ速さで動くレーサーに、魔神ハルファスになったミラが追いついてはそのまま圧倒。
 レーサーは、追いつけないはずの領域に追いついてくるミラを見て、楽園の塔での幼少時代で味わった『兵や魔物に追いかけられる恐怖』が蘇り焦りだしまして、今度は全身にさらなる速度を送る為の魔力が流れ出し、自ら『獣の凶戦士』みたいな状態になってミラに襲い掛かる。
 その速さは、もはや先程とは違いすぎるくらいの超速度でして、一気にミラが窮地に陥ってしまう。が、それでも彼女は、レーサーの速さを認めつつも、わずかな隙を突いて背後から引っ張り出す様に抱え持つ&そのまま飛翔する事に成功しまして、地面に真っ逆さまにダイブして地面に叩きつける!!

 戦いに決着がついたが、それでもレーサーは立ち上がるなり外へ出ようとする。
 そんな彼に、ミラが 逃げてるだけ とキツい台詞をぶちかます。
 なぜなら、かつてのミラもまた、過去から何年も逃げ続けていた辛い過去があったから。
 でも、逃げるよりは仲間を助けたいという思いで立ち向かう方が強い事を知ったからこそ、今のレーサーの心境を少しばかし理解できるが、それでも自分自身から逃げてると忠告する彼女。
 だけど、それでもフラフラになりながらも逃げようとするレーサーに対し、サタンソウルを完全解除した上で「もう逃げなくていい」とミラがやさしく言いました。
 もう誰も、あなたを追っては来ない…。
 ミラの言葉に、レーサーはまるで呪縛から解かれるかの様に、両膝をついて敗北を認めたみたいっす♪

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »