« かなりヤバイ! | トップページ | 夏色キセキ【BS11版】最終第12話『終わらないナツヤスミ』 »

2012年9月29日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第150話『ルーシィとミッシェル』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5526.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 怒りのナツは、ブレイン2世とバトル。
 しかし、無限時計の核の中に飲み込まれていくルーシィの体は、もうわずかな乳の先端部分と顔の表面部分しか残されていなかった。
 エルフマン&ロメオもナツの加勢をしようとするが、クロドアが2人の相手をする事に!!!
 もちろん、ジャックポットじゃないクロドアでは、2人の相手にもなりませんでした☆彡

 対照的に、ナツはブレイン2世の前に劣勢状態。
 トドメを刺す為に、かつてマスターゼロがナツに放ったジェネシス・ゼロを発動しまして、ナツは再び鬼哭の闇へ沈んでしまう。
 同時に、わずかだけ残ってたルーシィの肉体も、無限時計の核の中に飲み込まれてしまいました。

 無限時計の核の中に飲み込まれたルーシィだが、そこへミッシェルがやってくる。
 彼女は、ルーシィが幼女の頃、両親からプレゼントされた“妹”同然のぬいぐるみ人形 だった。
 ルーシィはこの人形を本当に大切にし一緒に遊んでいきましたが……そんな姉妹同然で育った絆が終わりを迎えてしまう。
 その原因は、ルーシィママの死 だった。
 母の死によって完全に自分を見失ってしまい、見ると母親を思い出してしまう程に辛くなるという面影が満載のぬいぐるみ人形を、いすの上に置き忘れてしまうという行為までやってしまった。
 幸いにも、ルーシィパパが雨が降って濡れてるぬいぐるみ人形を発見し屋敷の倉庫の奥に避難。
 今のルーシィは自分を見失ってるだけで忘れた訳ではないが、今の娘と導接したらいいのかわからなくなっていると悩んでる胸の内を吐露した上で、この試練をルーシィが乗り越えたら“妹”に再びなってくれないか と語りかけてくれました。

 だが、時の流れと共に屋敷の者たちは追われる様に出て行ってしまい、無人状態になってしまった。
 ぬいぐるみ人形は、倉庫で何年も待ちぼうけのまま。
 だが、彼女を迎えに来たのは ブレイン2世とクロドア だった。
 ブレイン2世は、ぬいぐるみ人形に擬人化魔法をかけてイミテイシアとして生命を与えた後、命令を与えてミッシェル・ロブスターとして活動を開始させたのだ。
 それからは、針を持っているルーシィパパの会社に入社し、一緒に仕事を執り行った。
 家族って不思議。
 何があっても、どこかで気持ちは繋がってるもの。

 ミッシェルは、本当にそう感じてました。
 もちろん利用するのは辛かったが、あの頃に戻りたかったのは事実で、本当に楽しかった。

 しかし、ルーシィパパは倒れてしまい、余計もいくばくもない程に手遅れの状態になったみたい。
 ルーシィパパはミッシェルに、時計の針を託しました。
 さらに彼は、ミッシェルの正体も知っていたという事実を告げるも、息を引き取ってしまう!!!
 失われた7年間の間を理解したルーシィは涙を流してしまいますが、そんな彼女を慕う仲間がいるとミッシェルは答えてくれました。

 続きはこちらへ!!!

|

« かなりヤバイ! | トップページ | 夏色キセキ【BS11版】最終第12話『終わらないナツヤスミ』 »

フェアリーテイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/47315773

この記事へのトラックバック一覧です: FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第150話『ルーシィとミッシェル』:

« かなりヤバイ! | トップページ | 夏色キセキ【BS11版】最終第12話『終わらないナツヤスミ』 »