« 夏色キセキ【BS11版】第9話『旅のソラのさきのさき』 | トップページ | アクセル・ワールド 第22話『Determination:決意』 »

2012年9月10日 (月)

ソードアート・オンライン 第10話『紅の殺意』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5487.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 血盟騎士団入隊か、アスナゲットか。
 今後の運命を賭けたキリトとヒースクリフとの1対1の戦いが始まる。
 場所は、第75層コリニアのデュエルの闘技場
 観客も多く入り、完全にキリトにとってはアウェ状態っす(><)
 ヒースクリフの生ける伝説はわかるが、キリトの扱いが 二刀流の悪魔 って。
 当然ながら、アスナからは売り言葉に買い言葉状態になってしまった事を注意されてしまいました。

 キリトも、ヒースクリフの力を知らない訳ではなかった。
 絶大な防御力を持つ鎧と盾を持つ片手剣の使い手で、キリトの二刀流同様、ヒースクリフもユニークスキルを持っている上、なんとアスナですら、彼のHPバーがイエローになったのを見た事がないというのだ!!!
 いわば、キリト以上にゲームバランスクラッシャー という事です(ToT)
 一気に窮地に陥ったって感じのキリトだけど、簡単に負ける気はないつもりです。

 闘技場で対峙する2人。
 すでにヒースクリフは 勝利確定の気分 でして、この戦いも任務扱いにされていた。
 デュエル受諾も終わり、カウントダウンの中で武器を抜き、ついに勝負開始。
 だが、キリトの剣はヒースクリフの盾に簡単に防がれ弾かれ、逆にヒースクリフが盾を駆使してキリトを追い詰めていく。
 そこでキリトは、小細工すら皆無の特攻攻撃を敢行。
 その必死さに、最初は盾で簡単に防いでいたヒースクリフも少しずつ追い詰められ、ついに頬をかする程の一撃を受けるまでに至ると、今まで防いでいた盾をも弾き飛ばす程の威力を見せ付ける!!!
 キリトはチャンスとばかりに、盾を弾かれて無防備状態になっているヒースクリフの頭に向けて、右の剣の一撃が振り下―― されようとしてたその刹那の瞬間、まるでヒースクリフ以外の物の時が止まったかの様な感覚が襲い掛かり、なぜか避けられるはずがない一撃が軽く盾に弾かれヒースクリフが横から攻撃するという展開 に変化していたのだ。
 もちろん、勢いづいての攻撃なのでキリトには全然かわす事すらできず、ヒースクリフの絶大すぎる一撃を受けて敗北しました。
 突如の攻撃に呆然とするキリトとは対照的に、ヒースクリフからは、観客の声援に応える余裕はなく、逆にキリトを警戒するかの様な険しい表情のまま、闘技場の場から退場していきました。

 続きはこちらへ!!!

|

« 夏色キセキ【BS11版】第9話『旅のソラのさきのさき』 | トップページ | アクセル・ワールド 第22話『Determination:決意』 »

ソードアート・オンライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/47088115

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアート・オンライン 第10話『紅の殺意』:

« 夏色キセキ【BS11版】第9話『旅のソラのさきのさき』 | トップページ | アクセル・ワールド 第22話『Determination:決意』 »