« ゆるゆり♪♪ 第7話『姉妹事情あれこれそれどれ』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第144話『解き放たれた絶望』 »

2012年8月17日 (金)

人類は衰退しました 第7話『妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5432.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 いつもみたいに、妖精さんにお菓子を進呈して一緒にいるわたし。
 妖精さんもご満悦で、お菓子を作れる人間がもっといたらいいのに と、さりげない会話を行う。
 まあ、人類が衰退している現在、お菓子を作る職人さんも衰退しているのは言うまでもないっすから。
 そこでわたしは、自分がたくさんいたらよかったんですけどと、さりげない返答。
 ところが妖精さんは、不可能じゃないと言って、クローン を提案するという、倫理的にアウトすぎる発言をぶちかましちゃいました♪

 そんないきさつもあったけど、無事に事務所へ戻るわたし。
 だが、その途中の道のりで、熱波???で先の道の視界がぼんやりしてる中に佇む犬の姿を見かけるのですが、なぜか犬の姿がわたしにそっくりな女性に一瞬ながら姿を変化させると、ワン!と少し怒ったかの様な一吼えと共に去っていきました。
 わたしにとって、とっても不思議な光景の瞬間 でした。

 事務所に戻ると、おじいさんから 自分の助手を迎えに行ってほしい と頼まれた。
 どうやら、検査入院をしていた そうでして、本日から職場復帰するとの事。
 だけど、わたしからしたら、大ショック♪
 せっかく慣れ親しんだ領域に、自分が知らない人が介入するという環境は苦手だからです。
 意外と、テリトリー意識が強い猫科なわたし です。
 もちろん、これに関しての拒否権は皆無……というよりか、おじいさんも今からチャリを取りに行かないといけない為に、わたししか空いてる人はいませんでした。
 待ち合わせ場所は、子羊とオリーブという貸家。
 時間は、午後1時から という事っす。

 しかし、ここで問題は発生していました。
 どうやら、わたしの左腕に装着してる腕時計が故障していまして、時計を所望しました。
 するとおじいさんは、腕日時計 という『よく晴れた日』には効力を発揮できる品で、方位磁石と一緒に使用すると正確な時間を割り出す事ができるという。
 しかもこの時計は、かつておじいさんがおばあさんと出会う前に出会った女性からもらった品で、誤解を招きかねないが、決して不倫関係とかはないみたいです。
 ついでに、その女性に初恋でもないそうで、すぐに別れたとの事!
 ちょっとした会話を終えたところで、わたしは現場へ直行する事にしました――。

 続きはこちらへ!!!

|

« ゆるゆり♪♪ 第7話『姉妹事情あれこれそれどれ』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第144話『解き放たれた絶望』 »

人類は衰退しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/47327967

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました 第7話『妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ』:

« ゆるゆり♪♪ 第7話『姉妹事情あれこれそれどれ』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第144話『解き放たれた絶望』 »