« ソードアート・オンライン 第8話『黒と白の剣舞』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第7話『かごの鳥』 »

2012年8月28日 (火)

アクセル・ワールド 第20話『Domination:支配』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!
 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5460.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 まさかのチユリの裏切り行為に驚きを隠せないハルユキ&タクム。
 これにより、能美のダスクテイカーは完全完治。
 ハルユキは、チユに何をした!と怒り心頭。
 でも、それ以上に激怒したのが、タクム。
 チユリを泣かせたと冷静を欠くくらいに激高し、ダスクテイカーに攻撃を仕掛ける。
 だが、これでは、心意を操る能美の思う壺。
 懐に飛び込んだわずかの刹那に、ダスクテイカーは心意の力で、シアンパイルの全身をバラバラに解体&破壊をしてもうた!!!
 これには、さすがのチユリも悲鳴を上げてしまう(オイオイ
 しかも能美は、バラバラになって敗北したシアンパイルの頭を足で踏みつけ、最低の高揚感に浸りまくり。
 ダンゴムシとか、知的な人かと思ったとか、とにかく小林沙苗さんの悪役ボイスがあまりにもGJすぎる☆彡
 ハルユキも、怒りを露わにしたその時、彼の心に謎の声が聞こえてくる。
 ナラバ、コワセ!
 スベテヲ、クラエ!!!!!

 怒る彼は、すぐさまその声を受け入れてしまい、紅く燃える様な禍々しいくらいの力を発動。
 もはや、ハルユキがやってるとは思えないくらいの無慈悲すぎる暴力を、ダスクテイカーにぶつけてくる。
 消えろ、能美!!!
 オレの前から、いなくなれぇーーー!!!

 まさかすぎるくらいの暴力に、先程まで優越感に浸っていた能美も窮地に陥ってしまう。が同時に、ハルユキ自身の肉体に、何か禍々しいオーラみたいなのが絡み付いてくる!!!
 もはや、単なる暴力行為にしか見えない内容に、チユリは涙ながらに「もうやめて!!」と訴える。
 しかし、その声はハルユキにはほとんど届かず―― ってところへ、デュエルのカウントダウンがゼロになり、ハルユキたちはリアル世界に自動的に帰還しました。


 続きはこちらへ!!!

|

« ソードアート・オンライン 第8話『黒と白の剣舞』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第7話『かごの鳥』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/48293171

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第20話『Domination:支配』:

« ソードアート・オンライン 第8話『黒と白の剣舞』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第7話『かごの鳥』 »