« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第137話『計算をこえるもの』 | トップページ | つり球 最終第12話『さよならのフィッシング』 »

2012年7月 1日 (日)

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11話『決意』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5174.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 これ以上の照の暴走を止める為、怜は、禁断の2巡先を視る『ダブル』を発動させてしまう。
 それは当然、1巡先を見るよりも遥かに体力を消耗する程の禁じ手ですが、そこから視えたのは、すっかり照の下家扱いにされてもなお、連続でポンの役を作っていくムチャな事をしてくれてる煌の姿だった。
 怜は、もう一度ダブルを発動し、なんとか自分の役を完成させる……というよりは、完全に煌のおかげでやらせてもらったおかげで、照の連荘を再び止める 2300・4200点のツモ で和了る事に成功する。
 あまりにも見事な怜と煌の連携なんですが、まだまだ領域に達してない玄は、怜がリーチをかけたら一発ツモという必殺技が出るのに、それを捨ててまで和了りに来ている事に驚きの表情を浮かべてしまう。

 先鋒の後半戦も、残り四局。
 しかし、先程のダブルによる体力の消耗が予想以上に激しく、牌をツモってくるのが辛いと弱気の気持ちが出てしまう怜。
 そして最初の一局目は、玄の捨て牌で、照が 1300点のロン で和了ってしまう。
 煌もこれを見て、残り三局とはいえ、危機感を感じてしまう。
 当然ながら、モニター観戦をしている新道寺の大将である白水 哩は大丈夫かと不安の色を露わにするも、副将で部長の鶴田姫子は、身内びいき目に見てもダメだと断言する。

 インハイのレギュラーが決定した日。
 帰宅の途につく哩と姫子の2人だが、自分たち以外のメンツが去年までと異なってる上に、煌がエース格満載の先鋒に抜擢された事に哩が姫子に聞いてみるのですが、どうやら今年の新道寺は、他校みたいな戦略で攻めて行くのではなくて、先鋒を捨て駒にして、次鋒から大将までを後ろから順に強力な選手を並べていくという、今までとは違う方向転換でやる事にしたそうな。
 それは、ここ数年の新道寺は、全国でいい成績を残してないから。
 他校のエースと比べて、自分のところのエースは敗北するくらい劣ってる上、伝統的に中堅にエースを置く姫松や大将にエースを置く龍門淵の天江 衣みたいなところもあるが、基本的に先鋒にエースを置くのが伝統みたいで、去年は先鋒を務めた姫子も玉砕されたという苦い経験からの方向転換だった。
 無論、そういう方向転換を決断した事に悔しさが残る姫子だけど、それでも団体戦のチームの事を考えると、その選択を承諾せざるを得ないという感じかもしれませんね。
 ついでに原作は、天江 衣はなく、さらに姫松のところもアニメと逆にシルエットでした。
 だけどここで、哩の疑問が1つだけ。
 実は、煌は新道寺の5位ではなくて、友清という選手が5位だった そうで、なんで友清ではなく煌がインハイの団体メンバーになれたかといえば、この前のプロとの練習試合で、2日でプロを相手に一度も箱にならなかった上に点棒をすべて失わなわずにトバなかったのが、煌だけだったからだった。
 でも、現実的に言えば、捨て駒的に先鋒なのは事実 で、後ろの4人で勝負するという戦術は決定事項。
 レギュラーに選ばれた際は大喜びだった煌が事実を知ったらショックだろうなと同情してしまう哩ですが、小さい橋の上からそれをダイレクトに耳に入ってしまった煌は、ショックぅ~と言いながらも全然気にする様子すらなしでした。
 逆に彼女は、自分の実力は把握してる様子 で、自分程度の実力でも誰かから必要とされてる事に嬉しさを感じてました。
 捨てゴマ、まかされました

 続きはこちらへ!!!

|

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第137話『計算をこえるもの』 | トップページ | つり球 最終第12話『さよならのフィッシング』 »

咲-saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/46211149

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11話『決意』:

» 咲-saki-阿知賀編 テレ東(7/01)#12終 [ぬる~くまったりと]
第12話 約束 公式サイトからチャンピオン宮永照の圧倒的リードでオーラスを迎えた準決勝後半戦。仲間の思いを受け最後の賭けに出る怜。煌と玄を巻き込んで照へ反撃の一打を狙う。そんな怜のプレイを受けて玄もある決断をすることに。 3年前の千里山女子麻雀部に入部した3人。竜華、セーラ、怜は友達。セーラは麻雀で特待生になるのが目標だった。怜も竜華も同じ学校を一般で受けると話していた。愛宕監督の指示のもと全員で学内選抜試合が 行われる。セーラは補欠に選ばれ竜華も上位にランキング。二人は1年生の時点で一軍だった。怜... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 06:26

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第137話『計算をこえるもの』 | トップページ | つり球 最終第12話『さよならのフィッシング』 »