« ソードアート・オンライン 第4話『黒の剣士』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第4話『変化の秋』 »

2012年7月31日 (火)

アクセル・ワールド 第16話『Imagination:面影』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5400.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 能見に飛行アビリティを奪われ、タクムともぶつかってしまったりと道を見失った感があるハルユキ。
 ある時、偶然対戦を申し込まれたアッシュローラーに誘われてやってきたのは、周りがまるでグランドキャニオンみたいな岩だらけの場所の中にある、天空に連なる巨大な岩柱の上にある住宅だった。
 リアル世界では、旧東京タワーに位置するそうですが。
 そこには、スカイレイカー という車椅子に座ったバーストリンカーが住んでいて、姿はまるで普通のお金持ちのお嬢様って雰囲気を漂わせてます。
 そして、この人物こそが アッシュの師匠 だそうな!!!
 彼女ならば、シルバークロウの奪われた翼を取り戻せる手助けができるんではないかと考えたそうで、

 そういう事で、アッシュローラーは、ここでご帰宅。
 アッシュいわく、飛行アビリティはなくなったからって即効で諦めてもいい代物じゃないとの事♪
 でも、アッシュローラーは、緑のレギオンに属する者。
 敵レギオンに属する自分を手助けするマネをするのは、少しマズイのでは……という当然の指摘がハルユキからきましたが、ここは好感度パラメーターを上げて黒のレギオンを裏切らせようという作戦だと、なんか聞いても一種のツンデレって感じにしか見えなかったのは俺だけでしょうか????
 しかも作戦というのはいいが、堂々とバラしたら意味ないっすよ、内容的にも。
 あと、だからって、アバンからモザイクやめい(>▽<)

 とりあえず、アッシュローラーはここでリアル世界に帰還。
 ハルユキは早速、スカイレイカーに自分の飛行アビリティーを取り戻せるかどうかを直球勝負の質問を行うけど、スカイレイカーはこれまた即効で「無理でしょうね」と断言しちゃいました(><)
 それは、デュエルアバターから何かが喪失されるという事は、喪失されなければならない理由があるから。
 彼女には、その理由に干渉する手立てはないしこの場で何をしようとも翼は戻らないそうでして、結局またもやふりだしに戻った感じでくじけそうになるハルユキ。
 でも、スカイレイカーはこう告げる―― 飛べないとは言ってませんよ!

 続きはこちらへ!!!

|

« ソードアート・オンライン 第4話『黒の剣士』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第4話『変化の秋』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/46904500

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第16話『Imagination:面影』:

« ソードアート・オンライン 第4話『黒の剣士』 | トップページ | もやしもん リターンズ 第4話『変化の秋』 »