« ゆるゆり♪♪ 第1話『帰って来た主人公』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第138話『聖戦のゆくえ』 »

2012年7月 6日 (金)

人類は衰退しました 第1話『妖精さんの、ひみつのこうじょう』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5351.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いきなりですが、原作完全未読です。
 もちろん、中身を全然知らないままで、BS11での視聴になります。
 第1話を見てみましたが、絵柄や曲のリズムとかは可愛いのに、
 中身がちょっとブラックな内容とは思いませんでした。
 わたしから言わせれば、ちょっと予想外です という感じです(>▽<)
 果たして、人類衰退の世界でどんな物語が展開されるか楽しみっす☆彡

 かつては我が物顔で支配をしていた人類は衰退し、すでに“妖精さん”のものになってるみたいな“世界”。
 国連調停事務所の調停官としてある村にやってきた『わたし』だけど、悩んでいる事といえば、自分の髪の毛が1ヶ月に1センチしか伸びてこない事。
 その為、わたしは髪を布巾で覆って隠さないといけないという事態になったものの、調停官という立場上、周りの人からは注目の的状態になっております。
 こりゃあ、初っ端から大変な事になってます。

 さて、本日は“力仕事”と聞いてきたのだが、男たちは 狩りの仕事 に出かけてる状態だった。
 これは、食糧不足の深刻さが増してる影響らしい…。
 そこに、今から狩りに出かけようとしてる初老の男性がやってきて、手前にある鶏は、あまり卵を産まなくなったからすべて肉にしていいと通達されるんですが……この鶏の数がけっこうなものな上、鶏の処分を女性陣だけで担当しなければいけないというハードすぎる展開をやらなけれならないというのだ。
 さらに言えば、この女性陣は、いろいろと理由をつけて自分たちが作業を行う事すら全力回避(気持ちはわからなくもないが)するだけでなく、なんとこの処分作業すべてをわたしに押し付ける様に、わたしの事を『先生』と呼びながら“逃亡や拒絶”という外堀を埋める傍若無人ぶりを発揮しまくってます。
 おかげで、逃亡や拒絶が許される雰囲気がなくなり、実行に移すしかないという状況は完成。
 スタートして10分もしないうちに絶望的状況に陥ったその時、突如、鶏たちが自分の命の危機を察して集団でこの場からの脱出を敢行しまして、女性たちが悲鳴を上げてる間に鶏全匹は山の中へ逃走していきました。
 鶏の生存の代償は、人間たちの空腹ですね。

 またよくなかったとため息交じりで語る、縫いまくりの服装の女性。
 よくなかった事探しをする癖があるそうで、わたしも「その生き方、やめた方がいいです」と唖然としてしまいました。

 続きはこちらへ!!!

|

« ゆるゆり♪♪ 第1話『帰って来た主人公』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第138話『聖戦のゆくえ』 »

人類は衰退しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/47248716

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました 第1話『妖精さんの、ひみつのこうじょう』:

« ゆるゆり♪♪ 第1話『帰って来た主人公』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第138話『聖戦のゆくえ』 »