« ZETMAN 第12話『赤い杭』 | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第10話『連荘』 »

2012年6月23日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第136話『真の悪(ワル)、ふたたび』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5164.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ダンとナツの死闘は、さらにヒートアップ。
 ダンの左手にある盾に対処する為、火竜の方向の炎で柱を倒壊させて防御しているところを火竜の鉄拳で一撃を与える事に成功するナツでありますが、この前の戦闘から見て、ダンはナツの攻撃や魔力は見た目と違ってイマイチだと告げる。
 その魔力、7年前のモノじゃき!
 つまり、ナツたち天狼島組の力は、7年前から止まったまま。
 その間に徹底的に鍛えられた自分たちが、7年前の男に負ける事はないという事なのだ。
 当然の指摘なのは言うまでもないが、それでも関係ないのがナツ。
 火竜の煌炎で反撃をするも、今度はダンの盾で防がれた上に炎をしっかり跳ね返されてしまい大ピンチに陥ってしまう。

 その一方で、ルーシィ・ミッシェル・ロメオ・ハッピーの4人は、墓所の先の礼拝堂に到着。
 祈りの声に抱かれて静かに眠る。
 絵本の中にはそう書かれているが、周りは単なる礼拝堂の光景だけ。
 そこで、ハッピーが空を飛んで手がかりに探してみようとしますが……そこへナツが礼拝堂の壁の上から突き破られる形で乱入。
 無論、ルーシィを勝手に変な名前に改名しまくるダンも参上してしまい、さらに反撃し出すナツがまたもやダンの槍を受けてしまって小人化してしまうなど、事態はかなりのカオス化へ進行。
 ロメオも炎で反撃しても、ダンの盾の前では無力そのもの。
 しかも、小人化した事で、ナツはハッピーの肉球に踏まれるなど、キーアに弄ばれるロイド状態に【違】

 このままでは、ダンの盾で魔法攻撃が跳ね返される上に無駄に破壊されるだけという絶体絶命は確実。
 肉弾戦とはいっても、ダンの右手にある槍がある限り、まともに戦えないのも必至。
 その上、ダンがこの場に部品があるかもしれないのを知らないのは確実。
 つまり、彼を礼拝堂から追い出さない限り、状況が好転しない様です。
 そこで、ミッシェルとハッピーは、ルーシィに囮になる様に と求めてきました。
 まあ、簡単に言えば、ダンの願望である『結婚式』という想いを利用するって事です。
 ルーシィは仕方なく、囮役を了承。
 水着姿にブーケを着けただけの 色気度ゼロのお姿 に、一瞬ながら場の空気が寒く感じましたが……ダンは、相手がルーシィならば色気とか全然関係なしみたいでして、爽やかに逃げる彼女を爽やかに追いかけるというマヌケすぎるポカを披露。
 その為に、ハッピーとの協力プレイで再び槍に触れる事ができたナツは、元の大きさに戻ってダンの動きを封じた後、ロメオの炎と合体した火竜の鉄拳でダンを撃破する事に成功しました☆彡

 あまりにも煩いダンが倒されて静かになった事で、ゼントピアの紋章が描かれた壁が光りだすと、その中から時計の部品の1つが姿を現してまいりました。
 時計の針と違って、あまりにも巨大すぎますが。
 まあ、それ以上に、初めてルーシィのお色気攻撃が効果バツグンだった事に、ハッピーも嬉し泣きっす☆彡
 だっけど、破壊された壁の影には、ココが見張っております!!!

 続きはこちらへ!!!

|

« ZETMAN 第12話『赤い杭』 | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第10話『連荘』 »

フェアリーテイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/46017659

この記事へのトラックバック一覧です: FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第136話『真の悪(ワル)、ふたたび』:

« ZETMAN 第12話『赤い杭』 | トップページ | 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第10話『連荘』 »