« つり球 第11話『伝説のビッグフィッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第11話『当たって砕けろ!東京シンデレラツアー』 »

2012年6月26日 (火)

アクセル・ワールド 第11話『Obligation:宿命』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5168.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 チェリールークを追って現場へ飛翔していたハルユキたち。
 だが、彼らのそういう行動を妨害する様に、黄の王の軍勢が立ち塞ぐ!!!
 リアルの1秒はこちらの17分という事を考えると、待ち伏せをしてない限りは会う事すら不可能。
 それを意味するのは、今回の事件を仕組んだのが、この軍勢 という事を確証させるものだった!
 違うエリアの支配者である 黄の王イエローレディオ が率いる軍勢の!!
 ってか、中の人は、またもや石田 彰さんだよ♪
 ファイ・ブレインでも、新型レプリカを装着して本領発揮し始めてきましたし、今週と来週は、石田 彰ファンにはたまらない悪役と狂気ボイスがてんこ盛りなのは間違いないかもしれませんね☆彡

 しっかし、イエローレディオは、自分の配下を不可侵条約に反してポイント全損に追い込んだ赤のレギオンのどなたかに責任を取ってもらおうと出向いただけで、酷い言いがかりだと誤魔化しただけでなく、不可侵条約の中にある『条約違反による強制アンインストールが行われた場合、襲撃者のレギオンから誰でも1人を選び、同様の報いを与える事ができる』という部分を持ち出して、それがスカーレットレインだとは思わなかったと嘯いてくる。
 まあ、そんな事を述べようとも、ハルユキから見たら、この黄の王が災禍の鎧を隠し持っていて、自身がレベル10になる為の一環として、それをチェリールークに渡して赤の王を誘き出したのだと理解する。
 だがたとえ、ハルユキたちがそう結論に至ろうとも、証拠がない とばかりに、イエローレディオはシラを切りまくり。
 しかも、誰でも報いを与える事はできるが、レギオンマスター自らが違反者を裁き、ポイント全損に生じた場合はその限りにあらずという条約の一文があるけ ど、すでに敵は、スカーレットレインが実行に移したが失敗したという致命的情報を得ていて、違反者はいつ現れるのかわからないし、今すぐ処理できないのな らば赤の王で間に合わせるしかないと、言葉巧みに追い込んでいく。
 仕方なく、リアルに戻ろうとハルユキは提案をするも、実はこの無制限中立フィールドは、即時ログアウトは不可能な上に、各箇所にあるリーブポイントに行くしかないというのだ(><)
 しかも、そのリーブポイントが一番近くにあるのは 池袋駅 または SC(サンシャインシティ) だというのだ!!
 どちらにしても、黄の王たちとの死闘は確定。
 だけど、敵からしたら、ブラックロータスの存在はイエローレディオにとって誤算みたいで、スカーレットレイン1人を狩る為に大所帯で攻め込んできたのだけど、彼女の存在はかなり厄介だと考えてると推測する赤の王。
 無論、それは的中みたいで、これから始まるカーニバルをおとなしく見物する様にと、イエローレディオはブラックロータスに求めるが、当然ながら、彼女はそんな要求に応じる訳がない。
 ところが、イエローレディオは、ブラックロータスへのプレゼントとばかりに、映像再生搭載の黄色のカードを発動。
 そこに映し出されたのは、かつて自分が先代・赤の王だったレッドライダーを討った時の模様 だった!!!

 続きはこちらへ!!!

|

« つり球 第11話『伝説のビッグフィッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第11話『当たって砕けろ!東京シンデレラツアー』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/46210929

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第11話『Obligation:宿命』:

« つり球 第11話『伝説のビッグフィッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第11話『当たって砕けろ!東京シンデレラツアー』 »