« つり球 第7話『切なくてカウントダウン』 | トップページ | 夏色キセキ 第8話『ゆううつフォートリップス』 »

2012年5月29日 (火)

アクセル・ワールド 第8話『Temptation:誘惑』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5141.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いっきなり、アバンから流血展開 を繰り広げる、ブタアバターのハルユキ。
 しかも内容も、巨砲な拳銃の弾丸をこの状態でかわしていくという、かなり荒々しすぎるもの。
 どうやらこれ、自分がもっと早く&強くなる為の特訓 でして、あまりの拳銃の弾丸の速さに、ブタアバターのハルユキの右耳は流血&負傷をしてしまう。
 もちろん、リアルでケガをしてないので支障はほぼないみたいですが、痛覚はかなりリアルであります!!
 あの人のパートナーであり続ける為に!!!

 そもそも、ハルユキがこういう荒々しすぎる特訓をしてるのは、ある一戦からだった。
 今度の土曜に 領土戦 という、毎週この曜日の夕方に設けられているレギオンによるエリアの支配権をかけた死闘が開催されまして、その戦いも、レベル不要の同数対決で平均勝率50%を維持しなければならないというシビアかつハードな戦いで領土が決定するというのだ。
 その為に向けての、タクム・黒雪姫・ハルユキの3人でブレインバーストの戦いを行っていたが、必勝パターンの一角として、タクムたちがしんがりを勤めてる間に、ハルユキが上空から一気に敵のフットフォールドを潰そうとするが、途中の林に潜んでいた狙撃手バーストリンカーに狙撃されてしまい、片翼を撃ち抜かれて破壊されるという不覚をとったのだ。
 狙撃手からしたら、飛行タイプの特性に慣れたら、狙いやすい的にすぎない という。

 そんな不覚を取られたハルユキは、同じ失態を犯さない様に&今後の対空射撃に対抗できる速度を得ようと、こういう荒々しすぎる特訓を行うのですが、やは り上限の痛覚ダメージがリアルに受けてしまうというムチャすぎるアプリや違法パッチをあててまでのやり方には、かなり焦ってるのがありありと伝わってま す。
 その為、拳銃の特訓の最中、あまりの激痛に、強制リンクアウトしてリアルに戻ってしまいました。
 しかも、便器の上から転落してしまっては悲鳴を上げてしまい、偶然ながら通りかかったチユリに発見されてしまう。

 夕方頃、タクム&チユリと一緒に下校をするハルユキ。
 最初の頃は、飛行発動=無敵だったのが、レベル4になってからは停滞気味&ネガ・ネビュラスの領土拡大も全然進行してないという苦境に陥っているのも要因の1つになってるみたいで、このままでは、飛行能力を封じられたシルバークロウは、ただの打たれ弱い近接戦闘型でしかないのも当然の結果です!!!
 焦るハルユキに、タクムは焦らずにゆっくりととアドバイス。
 でも、ハルユキとタクムの今の会話を聞いて、かなり面白くないのがチユリ。
 バラバラだった3人が、子供の頃みたいに一緒に登下校できる様になったにも関わらず、自分そっちのけでブレインバーストについての会話ばかりで、かなりご機嫌斜め状態であります。
 そんな彼女のご機嫌取りの為に、レベルの高いアイスを求められる2人。
 こりゃあ、いろんな意味で大変そうっすね、資金も含めて(ToT)

 続きはこちらへ!!!

|

« つり球 第7話『切なくてカウントダウン』 | トップページ | 夏色キセキ 第8話『ゆううつフォートリップス』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45482754

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第8話『Temptation:誘惑』:

» アクセル・ワールド テレ玉(5/25)#07 [ぬる~くまったりと]
第7話 Temptation;誘惑 領土戦では同数のアバターで勝率50%を 維持しなければいけない。射撃タイプに落とされて負けた春雪。僕はもっと強く速くならなければならない。弾丸をかわす特訓をするが、失敗する。大声で叫ぶ春雪を男子トイレの中まで入って 気遣う千百合。レベル4までは順調だったが、最近は停滞気味。事情を説明する春雪に、折角3人で帰れるように なったのに詰まらないと千百合。またアイス買ってくれる? 部屋に帰るとお帰りなさいと少女がクッキーを 焼いていた。有り得ないと考えるが従妹、はとこのサ... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 20:50

« つり球 第7話『切なくてカウントダウン』 | トップページ | 夏色キセキ 第8話『ゆううつフォートリップス』 »