« つり球 第6話『戦慄のスプラッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第7話『雨にオネガイ』 »

2012年5月22日 (火)

アクセル・ワールド 第7話『Restoration:修復』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5132.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 学校での噂話を聞いたチユリは、急いで彼が通う中学校の剣道部へ向かい事実を聞く。
 理由は最後まで言わなかったが、自分には他にやらなければならない事がある という言葉だけを言い残して退部したそうで、これを聞いたチユリは驚きを隠せなかった。

 そのタクムは、黒雪姫に呼ばれて病室にやってきたが、突如、彼女の方からバーストリンクされて、加速世界にてブラックロータスと対峙するという状況に陥っていた!!!
 無論、あまりにも突如の事態に困惑気味のタクムだが、黒雪姫は 始めようか!という一言で、タクムのシアンパイルとバトルする気全開であります!
 挑まれた戦いは全力で応じるという彼女。
 もはやというよりは、前々からの約束どおりという形で、逃れられない状況になってしまいました。

 同じ頃、バウンサーであるアクアカレントと出会い、直結をしたハルユキ。
 まあ、彼の事を完全に信じた訳ではないそうで、2つの可能性で警戒している という。
 1つは、自分をリアル割りする為に意図的にぶつかってきた 食わせ者 である事。
 もう1つは、単なるおっちょこちょい である事。
 まあ、明らかに 後者タイプ なのは語る必要すらないのですがが、どうやらシルバークロウの知名度は、ここ2週間で勝率7割以上を稼ぎ出してるという成績情報を含めて、ほかのバースト リンカーにも知れ渡ってる程に有名アバターになってまして、そんな有名アバターが危機的状況に陥ってる時点で怪しいと感じているのだ。
 そんな訳で、自分のおっちょこちょいのせいで、308ポイントあった状態でレベルアップ申請をしてしまったせいで危機的状況に陥ってる旨の説明をしまして、出逢ってからのハルユキの簡単な特徴を自分なりに把握したアクアカレントは、なんとか信じてくれた様子です。

 自己紹介を終えたところで、コンビを組む範囲は、ハルユキのポイントが50ポイントに回復するまで。
 早速、千代田エリア戦でのタッグ戦申請を行いまして、そこで50ポイントに満たない場合は、隣の秋葉原エリアに範囲を広げてバトルを行っていくそうです!!!
 とりあえずは、申請を行っていくのですが……先程の胸触りの件を未だに気にしてて、謝罪すべきかどうか迷うが、だからって、胸の感触があまりなかったとかいう暴言は失礼すぎるぞ(ToT)
 おかげで、直結状態そのままだから、ハルユキの声はストレートに聞こえまくりです!!!

 申請を一応終了し、2人ともバーストリンクで加速世界へ移動。
 アクアカレントことカレンのアバター姿は、メガネのハムスター。
 アバターになってから早速、触ってた事を指摘されて土下座しまくりのハルユキ。
 カレンいわく、直結した時に思考を制御しておいた方がいい との事!!!!
 そういう指摘を受けた後、カレンは対戦タッグ相手を詮索。
 でも、彼女が勝手に決定した相手は、レベル3&4の猛者。
 どうやらこれは、相手タッグとのレベル合計差が3以上あれば、たとえ敗北してもポイント全損を免れるという性質を利用したマッチメイクでして、カレンはこの性質を利用してわざとレベルアップをしてないというのだ。
 でも、これは理由の半分だけ。
 あとの半分については、いつかで教える時が来るとの事。

 ハルユキとカレンが戦うのは、レベル3のサンドダクト&レベル4のニッケルドール。
 ポイントに余裕があり、真っ向勝負を仕掛けてくるみたいで、普段どおり実力発揮すれば勝てるとの事!!
 これを知ったハルユキは、この人は自分の事をそこまで考えて相手を選び知ってくれているのだと驚きの表情を浮かべる。
 そして最終確認として……この戦いは負けられないけど、大切なのは勝つ事よりも、と語るカレン。
 でも、ハルユキは、楽しむ事 と告げる。
 まあこれは、ブレインバーストの『親』である黒雪姫の言葉でありますがね(>▽<)
 だけど、それを聞いたカレンは、少し呆れてる様子でした――。

 続きはこちらへ!!!

|

« つり球 第6話『戦慄のスプラッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第7話『雨にオネガイ』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45412223

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第7話『Restoration:修復』:

« つり球 第6話『戦慄のスプラッシュ』 | トップページ | 夏色キセキ 第7話『雨にオネガイ』 »