« つり球 第5話『へこたれてジャーキング』 | トップページ | 夏色キセキ 第6話『夏海のダブルス』 »

2012年5月15日 (火)

アクセル・ワールド 第6話『Retribution:応報』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5124.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ハルユキは、学校の運動部で100メートル走をしていたチユリの姿を見かける。
 でも、当のチユリはといえば、なぜかハルユキを見向きもせず。

 同じ頃、シアンパイルは、組織からの自由になる為、ブルーナイトの配下である青い侍型のバーストリンカー・コバル&マーガに戦いを挑んでくる。
 しかし、この戦いは、勝ち目すらなしの一戦。
 それでも立ち上がるシアンパイルの姿に、見ていたブルーナイトは眼前に立つ。
 シアンパイルは、自分を自由にする様にとは言わないがしばらく時間をくれと求めまして、ブルーナイトも、断罪を免じる代わりに捨て置く様に命令を下すのでありました!!!
 形式上では脱退って感じですが、弱みを突く感じで裏切る様な行為をさせたりするかも???

 夕方、まだ入院中の黒雪姫は、書記の若宮 恵に髪の手入れをさせてました。
 恵自身も、ポニテではなくて三つ編みにした方がいいと指摘しますが、黒雪姫自身はポニテでいいという。
 そして、彼女を含めた生徒会の面々に対しての指示も、彼女を通じて送信し終え、あとは……ってところへ、ハルユキがお見舞いに参上しまして、先程までの仕事ができる態度から一転、少しデレ展開に(≧▽≦)
 恵も即時に感づいたみたいで、2人の邪魔をしてはマズイとばかりにすぐに退却しちゃいました♪

 黒雪姫も、一時は意識不明の重体から脱し身体の方も回復している状態であるが、病院側はかなり慎重に行ってる上に、彼女から病院側に味の改善を何度も求めても改善の兆しすらなしと不満気味っす。
 しかも髪型の事に関しても、ハルユキが好きな髪形を意識してのポニテみたいで、もうなんて言ったらいいのか本当にわからなくなるくらいに初々しいってって光景が展開しまくりです。
 最後は、まるで無理強いしているではないかと誤解しちゃってる黒雪姫の言葉に、似合ってますよと言いながらも謝罪という、なんかハルユキらしいと言えばそれまでって感じですよ(●^o^●)
 もちろんラストは、黒雪姫から 謝るな!と注意されるし。

 続きはこちらへ!!!

|

« つり球 第5話『へこたれてジャーキング』 | トップページ | 夏色キセキ 第6話『夏海のダブルス』 »

アクセル・ワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45303497

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド 第6話『Retribution:応報』:

« つり球 第5話『へこたれてジャーキング』 | トップページ | 夏色キセキ 第6話『夏海のダブルス』 »