« 坂道のアポロン 第5話『バードランドの子守唄』 | トップページ | 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第5話『強豪』 »

2012年5月12日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第130話『狙われたルーシィ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5120.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 カナリアという名の異様なタコの怪物に乗ってマグノリアへ向かってるバイル。
 さらに、その先陣とも言うべき、3人の来訪者がフェアリーテイルにやってきた!
 しかも、姿・形をよ~~く見てみると、その者たちは、かつてエドラスで死闘などを繰り広げたシュガーボーイ・ヒューズ・ココだったのだ。
 もちろん、この3人は、エドラスのではなくて、アースランド の3人だ!
 そこに、ガジルを捜しに山狩りに失敗したナツたちが戻ってきて、この3人とご対面を果たす。
 当然ながら、まさかの3人とご対面したナツたちだけど、その事実にまったく気付いてません。
 その上、ナツはヒューズを見て、ここでのヒューズが女性だった事にビックリ♪
 だが、3人が来訪したのは、ルーシィ強奪!!!
 ハッピーは、プロポーズと全力で勘違いしてますぞ(>▽<)
 いくら、中の人も同じ状況だからってそれはキツイぞ!!!

 でも、ココたち3人は、その目的のルーシィの姿・形はわからない様だ。
 本人は、ナツたちと一緒に帰還しているのに、名乗り出ろとか唱えてるんですから…。
 そんな3人の態度に、キナナは、この3人が『昨今の教会襲撃事件の犯人』の可能性を示唆。
 リリーも、確証はないがタイミングがよすぎる という感じで、戦闘態勢一歩手前。
 ところが、それを聞いた3人は、それに関しての犯行を否定。
 逆にルーシィを差し出さないとならば、力ずくで奪うまでとばかりに、彼らに対して先制攻撃を仕掛ける!!!

 まずは、シュガーボーイの杖みたいなマイクでの熱唱と同時に、彼の全身から無限に放出される緑色の粘液が大量にあふれ出し、エルフマン・ミラ・リサーナの3人が粘液の中にぶち込まれてしまう。

 次に、ココがマカオ&ワカバに体術で襲い掛かる。
 ガキを殴る趣味はないって語るマカオに、大人だと反論のココ。
 まあ、ワカバがサポートしてくれたのはいいが、圧倒的素早さはエドラスと同じくらい厄介。
 その上、ロメオも炎でココに攻撃しても、楽々にかわした上に、ギルドの一部を損傷。
 これに慌てたマカオ&ワカバがロメオを止めちゃうものの、そのまま緑の粘膜に一緒に飲み込まれてしまう。

 無限増殖する緑の粘膜に、慌てて逃げるルーシィたち。
 とっころが、ナツはといえば、今頃ラクサスとの決闘のダメージが時間差で効いてきたせいでダウン中(><)
 シャルルとハッピーは、メッチャあきれ果てです…。
 まあ、その間に、リリーが3人の様子を見てたおかげで、やっとこさ3人が“アースランドに元からいた3人”だと気付くが、ギルドの面々がボロボロにされてしまい絶体絶命の状況に陥ってしまう。
 さらに最悪にも、あの粘液は、体力も魔力も吸い取る という能力があるそうで、これに包まれた者たちは、動くのもままならないくらいの疲労感を受けてしまう。

 続きはこちらへ!!!

|

« 坂道のアポロン 第5話『バードランドの子守唄』 | トップページ | 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第5話『強豪』 »

フェアリーテイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45321858

この記事へのトラックバック一覧です: FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第130話『狙われたルーシィ』:

« 坂道のアポロン 第5話『バードランドの子守唄』 | トップページ | 咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第5話『強豪』 »