« 妖狐×僕SS 最終第12話『二人になった日』 | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD 第1話『はい、今再びの魔装変身!』 »

2012年4月 6日 (金)

ZETMAN 第1話『未熟な感情』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5070.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 語るまでもない、ウイングマンやI"sなどの作品で有名な桂 正和先生の最新作品です。
 最近では、
タイバニのキャラ原案 でも有名かな(>▽<)
 こちらでは、
電影少女第3巻の有害図書指定 という頭がクソ固い××イどものせいで悔しい勲章がついてしまい、一部が県内で見るのが少し困難な状況になってしまってます。
 もうじき、県知事選挙になり、今の県知事が退任決定になってますが、その後の候補者が不吉揃いばかりで、ヘタしたら、先生の作品全部が有害図書指定されてしまいかねない展開になりそうっす(ToT)

 初っ端から、ショッパイ話になって申し訳ない。
 ZETMANは、連載開始から10年以上すぎるんですね。
 ビルのテロ事件から発生した長編もようやく終焉へと向かい始めてるので、もしかしたらアニメは違う形でこのビルのテロ事件を扱うかもしれません。
 それに放映前に、先生自身が
「アニメは原作よりラストが酷い!?」と申したのを知って、まさか終わり方が中古店に置かれてた文庫版で見てみたウイングマン原作みたいな、ものすごく悲しすぎるバッドエンドを予想してしまいます。
 本当にあれは、
ものすごく切なすぎた。
 スクールデイズのアニメラストがまだスッキリ感があるくらいの切なさが…。

 最後に、実はけっこう超短期休載とかあったり、1度だけの1年間の長期休載があったり、絵がとてもリアルに描いてるが為に1話でのページ数がキングダム やタフよりも少ない事もたびたびあったりと、話のペースが遅めなのが玉に傷なところもありますが、けっこう見ごたえあるのも同感ですね。
 だからといって、某少年ジャンプで長期休載⇔短中期連載しての繰り返しをしている上、修正した絵柄も実は猿渡哲也とよくてタメ程度にしか描けない漫画家と一緒にしないでくださいね。
 長期休載レベルをやるなら、
せめてバスタードレベルはやってください(><)オイ!

 権力者たちがアンダーグラウンド的な中で開かれている狂楽の宴。
 それは、ただ本能のままに戦い、相手を殺戮していくだけの異形の怪物『プレイヤー』同士の殺し合いの死闘を、どちらが勝利するのかという賭けが横行する宴だった。
 だが、その狂楽の宴は、ある日を以って終焉となる。
 きっかけは、プレイヤーの元の媒体である人間のうちの1つが突如、自らの意志である自我に目覚めた事。
 それを機に、他のプレイヤーまでもが自我に目覚めてしまい、そのうちの1体が、防犯ガラスの奥にいる狂楽の宴を楽しんでいるお客たちの前に乱入した上、本能のままに殺戮を繰り返した。
 その混乱に紛れて、13体のプレイヤーが逃亡。
 さらに、1人の赤ん坊を連れた神崎という名の研究者 もその場から逃走した。

 続きはこちらへ!!!

|

« 妖狐×僕SS 最終第12話『二人になった日』 | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD 第1話『はい、今再びの魔装変身!』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/46300553

この記事へのトラックバック一覧です: ZETMAN 第1話『未熟な感情』:

« 妖狐×僕SS 最終第12話『二人になった日』 | トップページ | これはゾンビですか? OF THE DEAD 第1話『はい、今再びの魔装変身!』 »