« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第127話『透明ルーシィの恐怖!』 | トップページ | つり球 第2話『悔しくてユニノット』 »

2012年4月22日 (日)

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第2話『始動』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5094.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 また、ここに帰って来たんだ。

 もう一度……和と遊ぶんだ!!

 待ってろよ、和ぁー!!!

 復活に向けて、ついに動き出そうとする阿知賀女子の面々。

 でも、まだまだメンツが全然足りないし、誰が麻雀経験者とかそういうのも皆無の状況。

 そう思ってたら、玄からアテがあるとの事!!

 

 そんな訳で、玄に呼ばれてやってきたのは、なんと玄の自宅。

 不思議に思う穏乃と憧だったが、自宅内の部屋に案内されると、夏なのにコタツ使用!!!

 あまりにも季節外れ過ぎる光景に驚く穏乃だが、憧はだいたいの想像がついた様子。

 そう、コタツの中にいるのは、玄の姉にして宥 だったのだ。

 この人は、実は穏乃と同じ学校の2年先輩の生徒で、究極すぎる寒がり体質!

 外出の際は、マスク・めがね・マフラー着用という 夏なのにマフラーしてる上級生 として穏乃が中学一年の頃に話題になってた事を思い出したみたいっす。

 そういう訳で、この宥こそが 4人目 としての候補で、玄と同じくらいの麻雀の腕前だそうな。

 これによって、穏乃もだいたいの状況を把握できたみたいで……阿知賀女子麻雀部を復活させるので入ってくれないかと直球勝負の勧誘を行いまして、宥も、本当は玄たちが通ってたこどもクラブにもいきたかったけど、気付いたらすでに中学生になってた事もあって、周り全部が小学生という空気の中に入る事ができなかったので、玄がずっと羨ましかったと嬉しい気持ちを述べて、勧誘を了承するのでありました♪

 

 その頃、博多の実業団にいる赤土だったが、自分が勤めてる会社が傾いてる影響で、今度の経営合理化の呷りを受けて麻雀部がなくなってしまう可能性があると、同僚たちから危惧する声を聞いても気に留めてない様子だった。

 まあ、その赤土もまた、麻雀とは正面から向き合えてない状態 ですが。

 

 

 続きはこちらへ!!!

|

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第127話『透明ルーシィの恐怖!』 | トップページ | つり球 第2話『悔しくてユニノット』 »

咲-saki-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45362374

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第2話『始動』:

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第127話『透明ルーシィの恐怖!』 | トップページ | つり球 第2話『悔しくてユニノット』 »