« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第124話『空白の7年』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5061.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ナツたちが天狼島から帰還したら、すでに7年の時が流れていた。

 いわば、フェアリーテイル版『プチ浦島太郎』って感じで見たらいいと思いますね♪

 その間、フェアリーテイルのギルドは、かつての反映とは真逆の貧相なギルドに変貌していた。

 それでも、天狼島組の面々の帰還により、少しはギルドに活気が戻ってきたのは事実。

 早速、帰還したその日の夜に、みんなで宴を開演っす♪

 実は、このルーシィのナレ部分。

 今の原作の展開から見たら、徐々に意味深な感じが濃くなってきました…。

 

 7年ぶりに再会したロメオは、尊敬するナツ同様に、炎の魔法を少しばかり使える様になってました。

 冷たい炎やら臭い炎やらと色々な種類のを出せるんですが……実は、父親のマカオに黙って、かつてファントムのエレメント4の1人であった火のエレメント使いの兎兎丸の魔法教室で、色んな炎の魔法を学んでいるそうな。

 ガジルも、久しぶりの旧友との再会を懐かしんでます(≧▽≦)

 ただし、今でも兎兎丸にとっては、ナツは禁句との事!!!

 授業を教えてる姿の壁には、ナツNO!のポスターがある程ですから♪

 

 マカロフは、マカオが4代目を継いでた事にほんの少しびっくりの様子。

 マカオ自身も、これは代行だ と自覚してまして、すぐにでもマカロフにマスターの座を返却しようとしたが、マカロフからそのままでいいと言われた上、柴田勝秀さんの愛らしいナレボイスも手伝って、有頂天ぶりを披露!!

 言うまでもありませんが、このなんともいえないガッカリ感が溜まらなく笑えるって事が理由です☆彡

 でも、ミラがいなくなった後にキナナがカウンターを担当してましたが、7年経過しても記憶が戻った気配なしの上に、お前の声を聞かせてくれ という、昔から知ってる様な優しい声が今でも聞こえてくる様な気持ちになると本音を吐露した。

 

 あのエルザがマジビックリしたのは、アルザック&ビスカの結婚済みという事!!!

 しかも、結婚してから6年 の上に、アスカという娘 もいるのだ!

 本来ならば、アルザックからと思われたが、実はビスカがプロポーズの言葉をかけたというオマケつき!!

 これには、エルザも自分に当てはめて超動揺しまくりな様子を披露しちゃいましたわ(●^o^●)

 

 リーダスから見せられた『7年後の自分の姿』を予想したデッサンを見たウェンディ。

 確かに美女であるのは、エドラスの実例があったので語る必要なしだが、胸が現状維持(ToT)

 お世辞でもいいから、せめてあやちーレベルに(ペシ!!!

 このせいで、後でアルザックとビスカの娘であるアスカの絵を見たリリーが、さりげなく『ウェンディに似た感じで可愛らしい』と言った台詞に猛反応して号泣しちゃいましたわ!!!

 

 さらに、ハッピー・シャルル・リリーのお姿もデッサンしてたが、ケロロ軍曹かよ!!!

 ハッピーたち3人に某スーツを着用したモノ という感じだった。

 それはそうと、エクシードのみんなは心配してないかと不安視するハッピーだけど、リリーによれば、人間とは時の感覚が異なっている為にそんなに深刻に考えてないみたいです。

 

 マカロフたちが久しぶりにギルドに戻ってきた報を聞いて、ラミアスケイルの面々も来訪してきました。

 もちろん、リオンたちも一緒に来訪してくるが、性格とかは相変わらずっす(≧▽≦)

 それはそうと、ラミアスケイルは、今ではフィオーレNo.2のギルド に成長。

 無論、フィオーレNo.1は、ブルーペガサスじゃないですが。

 そんな中、リオンがジュビアに、まさかの一目ぼれ!!!

 グレイらが見てる前で、オイオイすぎるナンパを敢行しちゃったよ~!!!

 おかげさまで、渚さん……じゃなくて、ジュビアは、修羅場と大妄想しちゃいました。

 

 ギルダーツは、カナとの関係が明かされた事で、すっかり親バカ全開に(≧▽≦)

 周りはすっかりヒキまくってます…。

 

 その後も、みんな一緒に再会を喜び合うギルドの内部。

 ルーシィはこの光景を見て、自分たちは1週間程度なのに、自分たちの周りは7年という冷たく寂しい時間を過ごさせてしまったという現実を知り、待ち続けてくれたみんなの事を考えてしまうくらいに胸が痛く感じるのでした。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

ペルソナ4アニメ 最終第25話『We Can Change The World』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5060.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 頑張ったって無駄(×100回)、無駄ァ♪

 さっさと、諦めればいいんだよ。

 邪悪な表情を浮かべながら、マガツイザナギで悠のイザナギを圧倒する足立。

 しかも彼は、現実に目を向けたって嫌な事ばかりだし才能なんてないんだから、そんなのは見ないで信じたいものだけ信じて生きていれば、楽なんだと嘲笑う様に語ると、悠の額に銃口を突きつけてしまう。

 みんなはこんな世界を認めてないが、否定する方法がないから耐えて生きてるだけ。

 うまくやれるヤツは、初めから才能というチケットを持ってる。

 それに気付いた時点で絶望というゲームオーバーが待っているだけだから、こういう現実はない方がいい。

 そういう持論を唱える足立に、悠は、現実はゲームじゃない!と猛反論する。

 すると足立は、悠に向けられてる銃をぶっ放してしまう――!!!

 

 

 一方、各地で戦ってる仲間たちも、刈り取る者の強大すぎる力に絶体絶命の危機に。

 それを愉快に眺める足立の幻影は、どこまで行っても詰まんない現実ばかりでつまらないし、世界がすべて霧に包まれて人間はみんなシャドウになる――― それに今怖がってる人間ほど、実はそれを望んでるから、自分はそれらを導いてやればいいだけだと持論を唱える。

 当然、足立の幻影の勝手な持論に、完二も直斗も猛反論!!!

 勝手な理屈を、つけんなァーー!!!

 そんなに消えたいなら、お前1人で消えればいい!!

 だけど、2人がいくら必死に抵抗しても、粋がるだけの単なるガキ程度にしか聞こえないという足立の幻影。

 そういう風に粋がる気持ちは分かるが、自分はリアルにそうだと経験しているのだとブレる気配が皆無だ。

 すると完二と直斗の視界に、テレビの向こう側の世界の上空に具現化してる 黒い塊の存在 に気づく。

 もうすぐ、世界が1つになる♪

 

 りせも、ヒミコの力でアナライズ。

 どうやらそれは、かなりのエネルギーの塊 らしく、徐々に近づいてくるらしい。

 ここにもいる足立の幻影は、テレビの向こう側の世界が現実になれば、人間すべてがシャドウと化すから、そうなれば、目を塞がれて余計なものまで見る必要もなく楽に生き続けられるし、抑圧される事がないし、ずっと楽になるはずだと持論を述べる。

 

 そんな持論など、陽介もクマも望んではいない!!!

 でも、ここにもいる足立の幻影は、自分たちがシャドウが発言した事を思い出してみろと告げる。

 今の自分よりも何倍も生き生きしてたし、シャドウも目の前にいる刈り取る者も、本能のままに動いてるが、陽介たちが楯突いてるから暴れているのだと持論を返す。

 そして、陽介たちの前にいる刈り取る者の銃弾が鳴り響く―――!!!!

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

愚痴を書いてます☆彡

 もうこんな季節になりました♪

 そろそろ春アニメのスケジュールとかも決めておかないといけない時期になりましたが、こちらの今クールは、とにかくBS11を除いてもかなり多い内容になってます!!

 話では、こちらでもノイタミナアニメが、東京マグニチュード8.0以来の本格的復活(うさぎドロップも放送されましたが、これは東名阪組と違って短期の上に2週間に1度の上に2話一挙放送)という状態だったので、まだ噂の域を超えてないけど、決定だったら嬉しい限りっすね(>▽<)

 あと、夏色キセキとかアクセル・ワールドとかも放送のようで、BS組も含めたら大変な状況になりますね。

 なんでも、BS11は、想像絶するくらいにアニメ放送に力入れすぎだそうで!!!

 もうじき4月ですが、果たしてどうなるかはまだまだ未知数です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

妖狐×僕SS 第11話『陽炎』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5057.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 いっきなり、少し幼い感じの双熾の群れが~!!!

 なんか、見てる俺の方も狐に抓まれた様な感じになってしまいましたわ。

 ――― って見てたら、まさかのOPなし!?

 

 

 妖怪の先祖返りの家は、どこも栄えていた。

 それは『始祖の再来』として敬われ大事に育てられる事で、さらなる反映をもたらす―― そういう一般的解釈がされてたが、それとは対照的な『違う裏解釈』もあった。

 その中でも、双熾の一族である『御狐神家』は、邪悪な妖怪で知られる“九尾の妖狐”の血を受け継ぐ家柄。

 双熾は、その始祖の先祖返りとして生まれ、小学校以外は離れの蔵の中で軟禁される様に奉られていた―― それも、強大な力を持つ妖狐の先祖返りを管理する事で、家が力を持つとされていたからだった。

 その上、小学校へ行かせてもらえるといっても 厳重な管理付での登校 というシビアなものだ。

 さらに言えば、家に仕えてるメイドたちも、異常な環境だと感じつつも、双熾を見て見ぬフリをしてきた。

 親はいるかもしれないが、まともに会った事すらない。

 持ってるのは、学校で学ぶ知識、生得の小賢しさ、自分自身だけ!

 こうやって、双熾は成長していった……。

 

 それから何年か経過した時、双熾はついに才能を発揮する!!

 いつもの様に接するメイドの1人の手を握った彼は、孤独で寂しい人肌恋しい少年を演じ警戒解除&心を開かせた。

 その後も、他の女性たちにも同じ様な態度を示しながら心の隙間に入り込む様に接し、そして枝を伸ばす様により力を持つ女性とにじり寄って行った。

 双熾はそうやって女性たちと接し、ようやく1人の女生と出会った。

 その女性は、一族でも最も力を持つ者 で、子供がいない上に夫にも相手にされなくなった特徴を持っていた。

 その為、双熾が彼女を『女』と接するだけで、取り入る事など簡単 だった。

 おかげで、彼女のペット として外界に出、色んな経験を得られた双熾。

 でも、彼の真の目的は、本当の自由!

 その為ならば、ペットでもかまわなかった―――。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

未来日記 第23話『契約不履行』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5054.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 現実世界では、雪輝が日向・まお・高坂を銃殺し、由乃が秋瀬の首を一刀惨殺という鮮血の結末を迎えた頃、因果律世界でも、衝撃的すぎる異変が発生していた。


 それは、デウスの肉体の消滅。


 正確には、死滅寸前のデウスの核だけを残しての延命を図った状態 でして、核にはなってもまだ喋る事ができる様だ。


 やはりな!


 自分の下僕ならば、勝手に力を使えるはずがないし両腕のリングで制御しているはずだと、目の前のムルムルの正体の確証を得られたかの様な口調で語るが、今のデウスは、ムルムルの手の中で生殺与奪の権利を握られてる状態だ!


 それを聞いたムルムルは、世界崩壊の7月28日まで特等席で見物してるがいいとほくそ笑む様に語り、デウスの頭にあった王冠と見につけていたマントを自らの身体に羽織ると、なんと彼女の額に 白い×印 が浮かび上がったのだ。


 お前に代わって、


 この滅び行く世界を統べるのは、


 このワシ、ムルムルじゃーー!


 笹原にツンデレしまくる情けない姉に代わり、妹のみほしが“世界”を統べる為に行動を開始する【違!】






 秋瀬の遺言の言葉に驚きつつも、由乃から 7月28日に世界が滅ぶ という聞かされた雪輝。


 7月28日 23:50


 世界が滅ぶ。


 ユッキーが死んじゃう!


 私も一緒に死んじゃったよ!!


 DEAD END


 由乃の未来日記には、世界の崩壊で2人が死ぬ事が記載されていた。


 ペルソナ4のゲームでも、12月24日の昼までに足立撃破をしないと、直斗から電話がかかり『町中にシャドウが』という遺言を遺して、直斗が断末魔の悲鳴を上げて死亡するというゲームオーバーがあるのを思い出したわ。




 焦りが募る雪輝だけど、由乃からすれば、もう1つ大事な日でもあるのだ!!!


 それは、雪輝&由乃が結ばれる日。


 しかしそれは、2人が世界の崩壊によって死亡する2時間40分前の出来事だという―――!!!!!!






 続きはこちらへ!!!

|

ギルティクラウン 第20話『追想:a diary』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5056.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 修一郎から、集がヴォイドゲノムゲット&自分のヴォイドも取り出したという情報を耳にした涯だが、まるでそれは想定内だったかの様に、わかっている とだけ答える。

 その上、いのりの肉体は、マナによって乗っ取られつつありましたが、それでも抵抗をしている様子。

 でも、復活するのは時間の問題で、終えたら楽しい事をしようと涯に語りかけるマナだった。

 航行する船の上にいる一同。

 海の景色をそこから眺める谷尋に、花音が声をかける。

 だけど、さすがに集にどんな言葉を書ければいいかわからないと、谷尋は吐露。

 そんな折、涯の発言が行われる。

 前に、邪魔をするなという警告を世界に発信したにも関わらず、34回の物理侵入工作及び42000回のハッキングがあったという事から、世界は死にたがっていると結論。

 12月25日のクリスマスに、現在の世界終了を行い、新たな世界を造ると、改めて世界に宣戦布告を行う。

 突如の、涯の世界終了のお知らせは、船の中に避難をしている学生たち及び葬儀社の面々も観賞。

 アルゴも、涯は何をしようとしてるか、皆目検討もつかない様子。

 そこへ、四分儀がみんなの前にやってきまして、涯は4度目のロストクリスマスを世界規模で行うつもりだと告げた上で、涯から集に渡す様にと、クロスの日記が手渡される。

 あと、涯らダァトと戦う資金ですが、これは、供奉院家の全財産を倉知に託されていた関係で大丈夫です。

 もちろん、四分儀を釈放したのは、涯の仕業でした。

 彼は、葬儀社にはすべてを知る権利と義務があるという理由で四分儀を伝言者として釈放したみたいで、それは同時に、彼の父親だと理解した修一郎の願いでもあるという。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 最終第12話『アンリエットの帰還』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5053.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 トイズが蘇ったミルキィホームズ♪


 早速ながら、自分たちのトイズを使っての『復興』への地ならしが始まりました☆彡


 探偵 オペラ だから、ミュージカル調は忘れておりませんね♪


 あとは、アンリエットがこの場所に戻ってくるのを待つだけという態勢ですが……。




 そのアンリエットですが、怪盗帝国復活祝い とばかりに、G4と遊んでました。


 まあ、トイズが使えるのと使えないとの差は歴然と出てる状況では、いくら武力がある平乃や銭形がいても歯が立たないのは超えられなさすぎる壁ってのを感じてしまいますね。


 そんな彼女が不満なのは、トイズが戻ったのに出動してこないシャロたちの事 でした。






 翌日、公園で新探偵学院の宣伝をやっていたシャロたち。


 しかし、どこでどう知ったのか――― あのラード事件についての詳しいいきさつや原因などが、森の存在部分を除いてはヨコハマの市民に知れ渡ってる様子で、あの事件はミルキィホームズによる自作自演と少し誤解されてました。


 そんな折、アルセーヌ率いる怪盗帝国の復活がモニターのニュースで知った4人ですが、今でもラットをライジングサンと呼び間違えした為に、なぜかツッコミが(>▽<)


 それはそうと……どうやら、コーネリアのトイズも復興への農作業に集中してたせいで探知不可能だったそうで、このモニターで初めて怪盗帝国復活を知ったシャロは、アルセーヌと戦いたいと意気込む。


 ヨコハマの平和を乱す


 アルセーヌは、許せません!!!


 ところが、思ってた以上に興奮しちゃったみたいで、つい街頭モニターをトイズで破壊。


 またもや、ミルキィホームズに悪評が1つ増えてしまいました!!!


 その様子を一部始終見ていたアルセーヌことアンリエットは、ラジオがトイズでの農作業に使用していた事を知り、今度は予告状を出すと少し歯痒い感じ――― と思いきや、シャロの先程の行為に、それ以上にゾクゾクした様子です♪


 しかも、ミルキィホームズの4人が、アルセーヌではなくてアンリエットが帰還したらよかったのにと少ししょんぼり様子の上に自分たちがしっかりしていたら帰ってくるはずだと希望を忘れてない雰囲気を見せられる。


 するとシャロが、自分がいるところに声をかけてきた感じだったのですかさず声をかけようとするアンリエットだったが、どうやら後ろからやって来た通りすがりの人にパンフレットを渡しただけでした!!!!




 その後も、アンリエットが色々な手を使ってなんとかシャロたちを偶然を装って振り向かせようとするが、彼女らが向いた先は全然違うところばかりで、まったく気付いてもらえもしない。


 そんな中、ヤマシタ公園で、コロンちゃんとばったり再会。


 どうやら彼女は、探偵博マスコットガールコンテストに参加する為に来訪したそうな♪


 初めてこれを知った時はトイズが戻ってなかったシャロたちだが、今はトイズが戻って参加可能に☆彡


 でも、それを聞いたアンリエットは、それを利用しての再会 を行う為に参加を決意しました!!!






 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月24日 (土)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第123話『X791年・妖精の尻尾(フェアリーテイル)』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5052.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ナツたちが、天狼島と共に世界から消えてから7年が経過した。

 いつも、ハルジオンの港の波止場から海を眺める少年――― ロメオ。

 アルザックとビスカも、心配になってロメオに声をかけるが、ただ海を眺めるだけだった…。

 もちろん、行方不明となった尊敬するナツの事を想いながら――!

 

 さてさて、7年も経過したフェアリーテイルですが……すっかり落ちぶれ最弱のギルドとなっていた。

 依頼の仕事も激減し、ナツたちがいない後のギルドのメンバーも数えられる程度の数に(><)

 現在の建設地も、かつての場所から離れ、今ではマグノリア外れの丘の上にあった。

 現在の4代目マスターは、なぜかマカオが!

 そのマスター補佐が、ワカバが担当していたんだけど、2人ともいいオヤジなんだから!!

 しかし、ナツたちが行方不明になったという事実は、今でも大きな傷が残っていた…。

 

 そこに、今ではマグノリアの街で有名となってるトワイライトオーガのティーボ率いるメンバーが乱入。

 もうフェアリーテイルの時代は終わったと徹底的に罵った後に借金の返済にやってきまして、マカオも来月に今月分含みで支払うと告げる。

 いくらなんでも、こういうザコに対しても問答無用に勝利できるはずですが……実は、崩壊寸前だったフェアリーテイルの借金をトワイライトオーガが肩代わりにしたという弱みを握られている上、その肩代わりしたという借金の利子のシャレにならない額のせいで、相手はザコであろうとも手出しが全然できないのだ!!

 結局、トワイライトオーガの面々が、ギルド内部の物を徹底的なまでにぶっ壊しまくるなどの暴挙を敢行しまして、なんとか来月支払いの約束をマカオたちに押し付けて去っていきました。

 無論、マカオたちは、悔しさと屈辱を一方的に受けたまま、壊されていく光景をただ我慢して耐えるしかありませんでした。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eテレ版「日常」 最終第12話『日常の第十二話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5048.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 休憩中にだるま落としをするゆっこ。

 見事にだるま落しの一段を叩いたのはよかったが、段が隣の机の角に当たってストレートにみおの頭にダイレクト……と思ってたら、すかさず掴んでゆっこの顔面に命中しちゃいました( ̄口 ̄;)!!!

 わずか、2・3秒程度の出来事 でした。

 

 

 いつもみたいに、居間の床で熟睡中の阪本さん。

 すると、はかせがそこにやってきまして、まさかの阪本さんマクラ化。

 いくら、はかせが幼女でも、猫には重いですわ!!!!

 

 

【日常の71】

 いつもより、強い決意を以って学校に登校したゆっこ。

 なんだかと思ってたら、ツッコミしない!という事でした。

 もともと彼女のあまりのボケすぎっぷりにゆっこがツッコミいれまくりってのが原因みたいで、今日からもう彼女へのツッコミをもう止めようという訳なんですが、
ガネをかけてるのに新たなメガネを頭の上に乗せたり、ノートにY/Nと意味不明な事を書いたり、わざとメガネを探すジェスチャーをしたり、最初の一時限目
の国語を連続で言ったり、着席って言うところを『着セコ』とボケたり、手を上げるジェスチャーも某動物系の頭の姿をした指にしたり、教科書の中に漫画本が
仕込まれてるのにスラスラ読める程の丸暗記可能の記憶ぶりを見せ付けたりと、
ゆっこにとっては鬼すぎるまでのボケ攻撃の前に、世界中の人たちが驚く程のツッコミを入れてしまうのでした。

 無論、自らの足で廊下に立つ事にしたけど、これが自分とまいのそれぞれの道だと納得した様子です。

 ついでにまいは、今朝からメガネの下にコンタクトを入れてました。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルソナ4アニメ 第24話『The World is Full of Shit』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5047.html

 

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 稲羽市に漂う連続殺人事件も、ついに最終局面!!!

 2話ぶりのベルベットルームだけど、今回は2人は不在。

 その代わりにいたのは、行方不明のクマ。

 彼は、菜々子が死亡し、自分の存在について色々と考えていたら、ようやく思い出したというのだ。

 自分もまた『ただのシャドウ』だという、残酷な真実に――!

 ある時、1つのシャドウに『自我』『気持ち』が芽生えた。

 その者は、自分がシャドウである事を忘れようと、クマの姿をしながら居場所を探していた。

 だが、菜々子の死がきっかけで、自分が現実世界にいてはいけないと理解してしまった(ToT)

 だからこそ、天国にいる菜々子に謝ってほしい と悠に頼んだ。

 その時、悠の声が聞こえてきまして、菜々子が生還した事が伝えられる。

 クマは事実を知って、その場で嬉し涙を流して喜びました――!

 これによって、クマとのコミュがマスターになったかな???

 そうなると、次回頃に登場するかも――― 閣下が!!!!!

 あと今回は、色々と尺の都合により、OP&ED曲なしの上にスタッフロールもアバンですべてまとめました。

 この町に詳しい。

 山野アナ&小西先輩と接点がある。

 悠たちの行動をある程度かつ継続的に把握可能。

 怪しまれずに堂島宅に近づけた者。

 これら 4つの条件すべてを満たす人物 がいるはず!!!

 直斗は、みんなで情報を整理した方がいいと意見を述べて店内へ戻ろうとするが、悠だけはこのまま病院へ戻ると告げてその場から立ち去ろうとする。

 すると、陽介が悠を呼びとめまして、一緒に付き合う事に――!

 雪降る河原に移動した悠と陽介。

 陽介は、これまでどこか悠を信用していなかったというよりか、羨ましかったと吐露する。

 自分と同じく、同じ都会から稲羽市という田舎に転校してきて、つまんないとふてクサれてるかと思ってた。

 だが転校して早々、ペルソナを出したりと人々のヒーローになっていき、陽介もそんな悠が好きで自慢の友達だと感じていた。

 だからこそ、誰よりも悠に認められたかった というのだ。

 だけど、今のままでは、悠に顔向けできない上にモヤモヤした気持ちが残ったまま!!

 そこで陽介は、オレを殴ってくれ!とオイオイ発言を要求してくる。

 こんな気持ちを殴る事で吹き飛ばしてもらい、悠と対等の気持ちになりたいという事から出た要望でして、普通のアニメとかならば、躊躇してしまったりするんですが、この作品は躊躇ゼロでした♪

 なんと、陽介が言葉が言い終わるのを待たず、ストレートに殴っちゃいましたわ(-□-;)!!!

 しかも、悠が陽介を殴るのは、なんと2度目!!!

 完璧に陽介の殴られ損という結果にはなったが、そこはさすが番長。

 なんと、お互い殴り合えば対等 という提案を出しまして、雪が降りまくる中で2人の殴り合いが始まってもうた。

 しばらくして、殴りあった2人は、もうヘトヘトに倒れてました。

 だけど、これによって、悠も陽介もモヤモヤした気分も晴れた様でして、今度は2人で病院へ向かう!!

 これで、陽介のコミュもマスターってところかな???

 出てくるとしたら、あの大阿修羅 かも???

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

あの夏で待ってる 第11話『行かないで、先輩。』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5055.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ついにやってきてしまった、イチカの姉のエミカ。

 突如の姉の来訪に驚くイチカ。

 エミカも、イチカが行方不明になった上に救難信号のポットがロストした事に心配になって駆けつけたみたい。

 そこに海人が、イチカが危険だと思って壊したのだという事を報告するのだけど、イチカはなんとこの場で、海人をカレシとして姉にご報告をしまして、信じられないエミカはイチカの頬を抓んで叱り付けちゃいました。

 確かに、救難信号を出しておいてカレシを作ったという展開になったら、そりゃあ知らない人は信じられないっすね。

 

 同じ頃、待ち合わせ場所で集まっている柑菜・哲朗・美桜。

 檸檬も大荷物を持って参上するが、まだ海人とイチカが到着してないのを見て、柑菜に2人の様子を見に行く様にと伝える。

 

 

 とりあえず、エミカも地球人用の私服に着替えたところで、改めてご挨拶を行う。

 事故にあったイチカを保護してくれた海人にお礼を述べるなり、いきなりイチカの即時帰還を通達する。

 驚く2人だけど、事はイチカや海人が考えてた以上に、非常事態になっていた!!!

 実は、りのんによる救難信号発動&救助ポット破壊という2つの件により、イチカは行方不明扱い に認定されて親戚中が大騒ぎになってる上、すでに 開発レベルFでの捜索開始 という事態になっているのだ!!!

 どうやら地球は、開発レベルF という、そこにいる原星人との接触は禁止されている辺境惑星として認定されてるらしく、連盟はそこでの行方不明事件という事で状況確認をすぐにでも行いたいはずだという。

 その最中で、連盟がイチカを発見・地球で行ってる事がバレたら、彼女は即刻逮捕・拘束されてしまい、連盟法によりすぐにでも裁きを受ける事になるというのだ。

 だからこそ、事がどうにもならなくなる状況になる前に、エミカは有休を取って最新鋭の船をレンタルしてまで大急ぎでイチカを捜し、ついにここまで到達できたというのだ。

 いわば、という事です(T^T)

 

 まさに、イチカにとっても絶体絶命の危機。

 エミカはすぐにでもイチカを連れて帰ろうとするが、イチカは自分は悪い事をしてないし海人と離れたくないと必死に訴える。が、もはやここまでの事態になった以上、もう イチカの無事が確認できたので大丈夫って次元のレベルではない という結論だった。

 これには思わず、イチカはりのんを連れて転移して逃走。

 エミカも、みっともない姿を見せてごめんなさいと、海人に謝罪するのだった。

 

 2人きりになったところで、海人は改めて、すぐにでも帰還しないといけない事及び一度帰還して再び地球へ戻ってこれる可能性はかなり難しいという事実を聞かされる。

 そこで海人が考えたのは、自分も一緒に宇宙へ行く! という解決策だった。

 もちろん、そこまで言うのだから、なんでもする!と言い切ったんですが、エミカは少し場所を変えましょうと言って外に出る事になりました。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来日記 第22話『切断』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5042.html

 

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 雪輝くんが『神』になれば、

 本当にすべてがチャラになるのか!?

 その答えを知る為、かまどを利用してデウスたちの元にやってきた秋瀬。

 だが、デウスは、秋瀬がここに来たのを驚いた様子は皆無で、逆に『もうここを訪れる頃合か』と、まるで彼の登場を待っていたかの様な口ぶりを見せる。

 かまどは「打ち合わせどおりに」と秋瀬に述べてその場から立ち去り、ムルムルもデウスの握り締める手が緩んだ事で自力でそこから解放される。

 秋瀬の言う『チャラ』というのは、死亡した人を生き返らせる事が可能かどうかというもの。

 それを聞いたデウスの、その答えは――――!

 一方、現実世界に戻ったかまどは、高坂と一緒に大急ぎで何らかの作業を展開中。

 2人の大急ぎの作業を、日向とまおが見つめる中、秋瀬の肉体はソファーの上に横たわっていた。

 

 なんとか『答え』を知った秋瀬は、急いでデウスたちのところから離脱して雪輝に『答え』を伝えようとする。

 ムルムルはそうはさせまいと妨害工作を行おうとするが、その前にデウスが、自らの巨大な手で秋瀬を握り締めて拘束し、この場から逃がさない様にしてしまう!!

 お前は私と共に、滅びる運命にある のだ!!

 そう語るデウスは、秋瀬の事を『観測者』と告げる。

 素性すべてを記録しているデウスですら、今回の所有者同士の戦いによる頻繁に書き換わる未来は別物なので、その為に、頻繁に書き換わる未来を見守る“この世の因果の記録係”が必要と感じたそうな。

 秋瀬は、それを担う役割を持つ『天上のアカシックレコード』。

 そう、彼こそが デウスに造られし存在 だというのだ。

 そして役割を終えたとデウスが判断した今、高度な情報集積体と化してる秋瀬を分解し、天へと還すという。

 デウスは、秋瀬を掌の中に収め、彼の分解作業が開始される。

 その上で、分解する秋瀬に冥土の土産とばかりに、事実を語りだす。

 今までずっと、秋瀬は自分の意志を以って行動をしたり所有者を追ったりとサバイバルゲームを深く関わったりしてきたが、実は彼の行動すべてが デウスの意志 だというのだ( ̄口 ̄;)!!!

 無論、そんな事実を否定する秋瀬。

 デウスは解体ついでとばかりに、お前の意志が自分の意志だった事を1つ1つ説明するので、その中に秋瀬自身の意志があれば、彼自身の存在を認めると、まるで氷点下の外に全裸の幼児を放り込み恐怖と苦しみと絶望する姿を圧倒的愉快すぎる表情で見守るクソみたいな質問タイムを始めてしまう!!!

 同じ頃、現実世界にいるかまどたちは、大急ぎで作業続行中。

 どうやら、ケータイの日記に自分が書いた手帳の内容を高坂が書き込んでるけど、字が小さいせいもあって作業が難航!!

 その上、現実世界でも、秋瀬の肉体が徐々に消滅中(><)

 すでに、右腕全土&左腕上腕部の約半部分、上半身の胸元部分を残して消失完了済みだった!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

妖狐×僕SS 第10話『裏切りの妖狐』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5045.html

 

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いつもの朝の妖館。

 でも、内部のラウンジでは、怪しげな器材が(><)

 しかも、ロウソクの溶け具合も、放送できるか!!!!!

 

 まさかと思うが、まさかあの男が。

 ほぼ同じ時間帯でやってる夏目第4期の話もけっこうヤバイ展開になりはじめてるし、ちはやふるもアツイ展開になってて最終回が意外と寂しい感じになってきてるというのに、今週の第10話は自重すぎるわ!!!!!

 一方で、こんなロクでもない事をラウンジで展開されてる中、凜々蝶はいつもの様にお着替え。

 しっかし、昨日はせっかくのコーヒータイムができるかもしれないところだったのに、まさかの蜻蛉ご帰還のせいで、せっかくの双熾と一緒のコーヒータイムがまったくできなかったのだ。

 あれは、昨晩でのラウンジ でのこと。

 相変わらずの肉便器発言も飛び出した蜻蛉だが、今回は 北海道四国 へ行ってたらしい。

 卍里には、犬用の首輪&手錠。

 反ノ塚には、赤いロウソク&足枷。

 残夏には、鞭2本を進呈。

 野はらにもお土産はあるが、すっかり嫌悪しまくりなご様子です♪

 そんな訳で、凜々蝶と双熾は、このままラウンジから退出しようとするが、ここから地獄が始まった!!!

 なんと蜻蛉が、カルタに首輪&鎖をつけて犬プレイを敢行しようとしたので、凜々蝶と卍里が自重させようとするのだが、爆竹やらなんやらが爆散しまくりの蜻蛉ご乱交パーティーが開催したせいで、5時間 という長時間の拘束に!!!

 おかげさまで、凜々蝶と卍里は、ヘットヘトのバタンキューに倒れこんでしまう。

 これだけご乱交したにも関わらず、まだまだ遊び足りない残夏を尻目に、夜更かしは美容と健康に悪いと語る蜻蛉。

 その上で、自分はすぐにここを出るつもりなのでついてこないかと勧誘してくるのですから、当然ながら、凜々蝶は肯定の返事を放つ訳がないのは明白です☆彡

 でも、蜻蛉は返事をすぐに待つ訳ではないし、なぜか双熾に顔を向けて意味深な事をアイコンタクトした後、首輪をつけたカルタを連行してその場から立ち去ってしまいました。

 おかげさまで、夜遅くなってしまい、せっかくのコーヒータイムが完全崩壊っす(ToT)

 そんな訳で、明日の学校が終わった後にコーヒータイムを行おうという事にしました―――!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第11話『ラードの神』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5041.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 はじめにラードがあった…。


 もう最初から、小山さんボイスで宇宙創造から始まるポエム口調で語ってるイケメンなブタくん。


 ポエム映像の中に、どこぞの原始人 がいましたが。


 だけど、このままでは、地球は、スノーボール・アース(全球凍結)ならぬ、ラード・ボール・アース(全球ラード)という、たとえ帝愛の地下帝国に逃げこもうが、吸収した世界中のラードが地球全土を覆いつくしてしまい逃げ切る事など不可能な地獄世界に変貌してしまうのは必至。


 そんなノリノリすぎるくらいポエム調に語りまくる彼とは正反対に、シャロたちは、あまりのラードの光景ぶりに胸焼け&気持ち悪さ全開すぎる状態に陥ってしまう。


 おかげさまで、シャロたちから、怪盗アブラギッシュ と命名されました☆彡


 もちろん、勝手に命名された彼は、自らを ゴッド オブ ラード(ラードの神)と名乗る。


 無力なる者ほど羽音が煩いって事で、シャロたちをラード漬けにして黙らせると、新世界の乾杯の準備として、ラード100%の伝説のラードを手にする為、ネロ・ウルフ館へ一直線のラードの道を造って進み出す!!




 脂を奪われダメダメのトイズで戦意喪失の警備員たちを尻目に、伝説のラードが収納されてる部屋にやって来たイケメンブタくん。


 危うく手中に収められそうに鳴るが、大急ぎで裏口から突入したネロが、ギリのところで伝説のラードを奪還成功!!


 でも、諦める訳がないイケメンブタくんは、ラードの網やラードの矢の雨を出して応戦(>_<)


 シャロたちでなくてもたまったもんじゃないですから、近くにあったアルセーヌ・ルパン館へ入って難を逃れる事にした。


 その中は、かつてアルセーヌ・ルパンがゲットしたお宝の数々が展示されてて、ネロもビックリの品が満載。


 するとエリィが、その中の1つ『麦わらのストロー』に注目しました。




 ルパン館を抜けて再び外に出たシャロたち。


 当然、イケメンブタくんがお待ちかねでして、鶴の舞もどきのラードブレスを浴びせていく。






 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月20日 (火)

ギルティクラウン 第19話『贖罪:rebirth』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5051.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ユウからヴォイドを取り出した涯。

 そこから出てきた異様な弓矢の一撃で、いのりはやられ動きも封じられてしまう。

 取り出す際の模様を、嘘界は写メで撮影するが、どうやら彼の目にはイマイチだったみたいです。

 その頃、春夏は、マナを抹殺しようと銃を抜いて彼女が納めてると思われる場所へ赴くも、すでにマナはそこにいなかった。

 代わりに、その場にいたのは修一郎。

 彼は、今の春夏の行動がまるでクロスにそっくりだと語り、親友であったクロスを殺害したのが彼だと断言する春夏の言葉を完全に肯定する返事を告げると、容赦のない銃弾を彼女に浴びせるのでした。

 その際に明かされたのは、修一郎と春夏は兄妹 という事実だった。

 市街地は、ダァトの一員の見張りが蔓延っていて、市民1人1人に身体検査をする状態になっていた。

 その一員として動いている亞里砂もいたが、そんな彼女の背後を突く様に、集が銃口を突きつけてくる。

 集を裏切った復讐だと思ってた彼女だが、集自身はどうでもいい事。

 彼の最優先すべき事は、いのりの救出 だからだ。

 そこへ、春夏が機密情報を奪って逃走したという情報が、ダァトの部隊員全部に通達される。

 集もこれを知り、亞里砂に『いのりの情報提供』と引き換えに、春夏と話をさせる条件を承諾すると、亞里砂は密かに彼を専用車に乗せてその場を出発していきました。

 目的は、春夏ならば、涯の計画はおろか、彼の過去・望み・痛みなど一切の事柄を知っているはずだと…。

 当然、他の者たちには、自分が春夏を追う事を涯に通達する旨を報告していきました――。

 もちろん、その情報は、修一郎や嘘界らにも伝わる。

 モニターの1つに、春夏がセフィラの機密情報ケースに何かを入れて逃走する春夏の模様を目撃した嘘界は、なにか悪巧みを思いついた様子で、春夏の追跡を自分に任せてほしいと興奮まじりに伝えました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白い動画を入れてみました。


 本日は未来日記を……だったんですが、本日はまさかのお休み!!!
 なので、今回はこれでご勘弁くださいませ!!!
 
 本気でワロタっす!!!

|

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第10話『Y.H.混乱してらっしゃる?』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5028.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 探偵博開催まで、あと8日!!

 チェリー画伯の掛け声と共に、探偵博の象徴である『探偵の塔』が除幕されました♪

 学園崩壊からもうじき4ヶ月が経過するまでに、立派な探偵を目指そうと目標立ててたのに、予想通りに普通のダメダメな少女のままでありましたミルキィホームズ。

 誘拐事件は偶然ながらって事で、まだまだな4人だけど、そこに探偵博のマスコットガールコンテストのチラシが飛んできまして、これを見たシャロ・ネロ・コーデリアも、これに出て優勝すれば、探偵博のシンボルに選ばれたも同然だし、有名になって探偵として超復活だし、アンリエットや学院のみんなも戻ってくると、超絶ポジティブ発言連発☆彡

 でも、参加条件は、トイズ使用可能 でありました( ̄口 ̄;)!!!

 速攻で絶望的になる3人だったが、そこに森アーティーが声をかけてくる。

 いい方法がありますよ☆彡

 話によれば、ぽんどらのつぼ というのがあるそうで、これを見つければ、シャロたちのトイズも復活するという。

 そして、つぼを開ける為に必要なのが、探偵博のシャーロック・ホームズ館で見つけた『ぱんどらのかけら』でして、それを渡されたシャロは、まるで導かれる様に歩き出していく。


 そんな中、港に停泊している豪華客船から降りてきたのは、あのブタくん!!!

 どうやら、外国にあったラードが彼にまったく合わなかったそうで、範疇を超えたガリガリ体型&頬垂れまくり状態でヨコハマの地に帰還してまいりました。

 そんな訳で、港にある屋台で販売しているラードまんを見つけたブタくんは、即座にそれを手にして食べようとしたが、ぱんどらのかけらに導かれてる最中のシャロたちにぶつかってしまい、そのまま海の中へ。

 さらにヤバイ事に、それがラストだった(><)

 その後も色んな場所で、ラードたっぷりの食べ物を見つけた彼は、それを食べたりしようとするも、シャロに毎回体当たりされて邪魔されまくりの上に、犬に取られたり、なぜか店内にいた猫たちに食べられたり、

 無論、次を求めようにも……休業のシャッターが出たり、ラストラードだったりと、最悪のパターンの連続コンボ。

 そこでブタくんは、とっておきの物 を披露する事に。



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月19日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第122話『手をつなごう』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5040.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 S級昇格試験が終わり、ギルドへ戻る為の返りの船の準備も整った。


 無論、ハデスとの戦いのいきさつはマカロフの耳に入っていて、ラクサスの働き自体を認めない訳にはいかないものの、それはあくまで、ギルドとは関係ない他人としてのもの。


 だからといって、ラクサスの破門を解く理由にもならないというのだ。


 それはラクサス自身も理解してる様で、長居するつもりなし との事。


 そんな訳で、破門中の身でありながら、ギルドの聖地に堂々と入ったお邪魔虫は退散……と思われたその時、突然、天狼島全体に異様なばかりの風の音・地鳴りが響きわたる!!!


 ナツは、なにか嫌な匂い だと感じてるが、ガジルは ルーシィの腹の虫 だとオイオイすぎ発言。


 それはそうと、グレイがマジメに会話をしてる最中で、ビッグスローとフリードは真っ青。


 それもそのはずで、いつの間にか、ジュビアがグレイの椅子に(>▽<)


 CLANNADシリーズのファンが見たら、渚さぁ~ん!と号泣するぞ!!!!


 ゼレフを逃がしてしまった罰して、グレイの椅子になってるジュビアですが、中の人が中の人なだけに、朝からCLANNADファンの人が見たら、マジで「岡崎、俺に変われ~!」と叫んでしまった人がいそうな気がしましたわ。


 いきなり、小中学生の子供にはわからないネタ出して、すんません(>_<)




 しかし、そんな普段の光景の一同に、突如、異様な叫び声が聞こえてくる!!


 出された飲み物の中の水の揺れを見て、異様な感じをしてたウェンディは ドラゴンの鳴き声 と説明。


 無論、異様な感じをして拠点に戻ってきたナツたちだけど、ギルダーツだけは『例の古傷』が疼きまくる。


 それもそのはずで、来襲したのは、黙示録にある黒いドラゴン だからだ!


 しかもそれは、前にギルダーツが自分が担当した100年クエストを行ってる最中、霊峰ゾリューで遭遇し一瞬のうちに左足・左腕・内臓にダメージを与えてボロボロにした、あの黒いドラゴン『アクノロギア』だったのだ。


 ナツは、アクノロギアに対して、自分・ウェンディ・ガジルを育てた竜たちの行方について訊ねるが、ギルダーツが挑発しない様にと必死に止める。


 ハッピーも、即座にあれはもっと邪悪なものだと理解した様です。






 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月17日 (土)

Eテレ版「日常」 第11話『日常の第十一話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5039.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 なんでか、校長の銅像が教頭のに変更されてました。

 この事態に驚いたのは、言うまでもなく現在の校長でありますが……そこに、勝ち誇った表情の教頭が『若者のイタズラ』と称しながらやってきては囁きまくりまして、校長に精神口撃をかけまくる。

 もう表情からして、教頭がこんなイタズラをやったのがバレバレなんですが……こういう犯行はすぐにバレるのは必然でして、運搬業者が校長の前でしっかりと犯行をバラしまくりました(>▽<)

 仕方なく、証拠隠滅として、自分の銅像も持っていってほしいと運搬業者にお願いを言う教頭。

 でも、運搬業者からしたら……教頭のは『小さい・ダサイ・しょっぱい』で、校長のは『臭い』そうな。

 しっかし、校長の苗字が『東雲』って事が判明されました!!!!


 そんな感じで、ついにEテレ版「日常」も、今回含めて残り2話。

 もちろん、奇数回で流れた第1オープニング曲も今回でラストです♪



 続きはこちらへ!!!

|

ペルソナ4アニメ 第23話『In Order to Find the Truth』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5038.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 菜々子の死亡――!

 その一言が現してるかの様に、ICUの外にいた仲間たちも悲しみのどん底に包まれてしまう。

 しかも、本来ならば、アバンで出るはずのベルベットルームのシーンや、いつもは出てくるはずのOPがまったくありませんでした。

 これだけでも、圧倒的すぎる悲しみ が漂いまくってますよ(ToT)

 絶望すぎる状況の中を、遼太郎は松葉杖を着きながら、死亡した菜々子がいるICUを後にする。

 そこへ何も知らない足立がすれ違う様にやってきまして、悲しみに包まれてる一同を見て、菜々子の死を察知したと同時に、遼太郎が違う病室に入院している生田目のところへ向かった旨を暴露してしまう。

 それを聞いた陽介たちは、驚きを隠せない様子で、しかもちょうど、悠もICUから出てきたところへ、先程の足立の言葉を耳にしてしまうという展開になってしまうのでした――。


 残された菜々子の遺体が安置しているICUには、クマが寄り添っていました。

 彼もまた、菜々子の死のショックはとてつもなく大きく、冷たくなったその手を悲しく握り締める…。



 生田目の病室前では、遼太郎が見張りの警察官に止められていた。

 その姿は刑事ではなく、娘を殺され怒り狂う復讐鬼の様 だった。

 菜々子が死んで、なんであいつが生きてる!?

 遼太郎は嘆く様に生田目の病室に訴えの言葉をかけるが、重傷患者の身ではこれが体力の限界でして、力尽きてその場に倒れこんでしまいました。

 足立も、本当はこの場で生田目を殺してやりたい気分ですが、今は遼太郎の身が案じるのが最優先。

 2人の見張りの警官と一緒に、遼太郎を病室まで送り届けて行きました。


 遼太郎の悲痛な叫びを目の当たりにした悠たち。

 りせも、なぜ生きてるのが生田目の方なのかと本音を吐露したくなる気分。

 その時、生田目の病室から物音が聞こえまして、悠たちは急いで病室の中へ。

 するとそこには、窓を開けて脱走しようとしてる感じの生田目の姿があった( ̄口 ̄;)!!!

 だが、その姿は、天上楽土での死闘の時と打って変わって、過剰なまでの怯えぶりを見せていた。


 その時、時刻が深夜12時になり、病室にあるデジタルテレビでのマヨナカテレビが放映される。

 映し出されたのは、生田目のシャドウ。

 悠たちが邪魔したせいで『救済』は失敗したと罵るシャドウの言葉。

 本人は目の前にいるのに、なぜ生田目のシャドウがマヨナカテレビに映っているのだ!?

 驚きを隠せない一同を尻目に、生田目のシャドウは、自分は法律で裁く事ができない上に生きるも死ぬも大差ないし、目の前にいる生田目本人を怨んでるんだから好きにすればいいが、悠たちにはできる訳がないと挑発する様に嘲笑いまくる。

 まさかの生田目のシャドウの言葉を耳にした一同。

 完二は、それが生田目の本心だと思い許す気は皆無だと罵る。

 そして陽介は、自分たちがここで裁かないか!? とまさかすぎる暴言が飛び出てしまう!!!

 これだけでも悠たちの怒りを買ってる状況なのに、生田目のシャドウは、救済を続ける事が使命だから と述べて、本日のマヨナカテレビの放映が終了してしまう。

 悠はこれを見て、怒りがこみ上げる程に握りこぶしを握ってしまう。


 しかし、本日のマヨナカテレビによって、状況は最悪の一途へ。

 完二は完全に、生田目への死の制裁を加える気十分だし、探偵である直斗までもが、病室に大きなテレビがあるって事で、生田目がテレビの中へ逃げても仕方ないが、入ったら自力で出る方法はないかもしれないと殺意十分状態に(><)

 直斗~!!!

 名探偵コナン29巻の巻末付近で、

 コナンが憧れのサッカー選手が殺人を犯したのを

 暴いた際に言った名言を思い出せ~!!

 直斗まで探偵らしかぬ暴言を吐いてしまう異常な状況。

 千枝とりせは、必死に止めようとするが、もはや場を変える状況ではないのは明白!!

 その間に、生田目は部屋の奥へ逃げ込み、アイツの言った事は誤解だと悲痛な声を上げるが、生田目の態度に静かなる怒りを感じた悠は、なんの躊躇もなく、生田目をテレビの前に引っ張り込んでは、必死に悲鳴をあげる彼をそのままテレビの中へ没入しようとしてしまう(><)

 俺は、救いたかっただけだぁ!!

 殺されないように!!!!

 そんな叫びにも似た生田目の言葉など、もう耳に入ってない悠。

 このままでは、後味最悪のBADEND2


に直行してしまう特捜隊の未来(><)

【別タグでクリックすると、動画に移ります↑】

 だがその時、悠の脳裏に、菜々子の笑顔 が浮かび上がる♪

 これによって、悠は、なんとか寸前のところで思いとどまりました。

 無論、悠の今の行動に納得がいかない陽介たちは、このままでは、生田目はまた『救済』というのを繰り返すから、自分たちの手で終わらせるんだと反論するが、このまま生田目をテレビの中に放り込んでしまえば、結局、自分たちも生田目と同じになってしまうのは事実!

 踏みとどまった悠は、ようやく1つの目的を思い出す。

 俺たちの目的は、真実を知る事だ!!

 でも、これだけでは陽介たちを納得させられず、陽介は、これが真実だとばかりに、怯えきって部屋の隅側に隠れてる生田目の姿を悠に見せつける。

 その時、悠は 何かが引っかかってる上に、誤解してるんではないか と語り、これでもまだ暑くなってる陽介にも「落ち着け」とようやく通常の悠らしい口調で言いました。

 考えるんだ、もう一度真実を知る為に。

 すると、直斗は、まだ生田目自身から何も聞いてないと理解。

 それでもまだ苛立つ陽介に、千枝も雪子もりせも、納得した訳ではないけど、みんながバラバラになるのはダメだし、一生懸命考えて乗り越えようと、陽介を説得。

 陽介も少しは落ち着き、完二もわからない事を残したままだったら、自分で自分を騙した事になると、みんなで一緒に考える事に協力することにしました。

 これで、みんなでとことん考えてみる雰囲気が整いました(>▽<)一安心♪



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月13日 (火)

未来日記 第21話『暗証番号』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5031.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 先週は、終盤なのに休止というオイオイぶりでした。

 一応、裏ルートで視聴してるので、つい早朝近くまで調べるポカをやっちゃいました。

 そんな先週のウサを晴らす様に、由乃は、今日も元気にジェノサイト♪

 図書室を舞台に、一般人が見守ってる中で市長の手下たちを日本刀で惨殺祭りを披露しまくり!!!

 もちろんこれは、雪輝がみねねを囮に25階のエレベーターに向かってる最中の裏側の出来事。

 雪輝の命令どおり、由乃は、クアッドタワー内部でできる限り、今日も元気にジェノサイトをしまくって騒ぎを起こしながら、合流地点の25階へと向かっておりました。


 秘書から、由乃の今日も元気にジェノサイトしまくってる報告を受けたバックス市長。

 しかし、その姿を見失った事を伝えようとしたところ、外にはテレビ局のヘリが!!

 どうやらこれ、雪輝&由乃が 犯行予告 を送って呼び寄せたらしい。

 2人の要求は、高坂・日向・まおの解放&バックス市長の自殺。

 マスコミを利用して、バックス市長の動きを制限させる作戦らしい。

 雪輝自身は、人質にされた一般市民を普通に縛り付けるだけで処置し傷つけるつもりはない様で、由乃に高坂たちの救助に向かわせて自分は市長を殺害しに向かい始める。

 しかし、その瞳は 虚無の色 をしていて、みねねもその姿に驚きを隠せない。

 そして、雪輝とみねねは、とりあえず共闘して、市長の元へ向かう。

 その際に、彼女は、倒れて死亡している西島の骸を見ながら、すまない と心の中で謝罪する。

 まだ、テロリストをやめられそうにない――!



 続きはこちらへ!!!

|

ギルティクラウン 第18話『流離:Dear…』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5037.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 まさかの 涯の登場王の右腕の強奪
 突然すぎる事態の急変に驚愕する綾瀬・ツグミ・アルゴ。
 もちろん、近くにいたダリルやアンチボディズたちも牙を向こうをするも、突然、涯を守れ という指令が下ってしまう。
 そこに、国連によるステルス機が上空に飛来してきまして、生徒たちはなんとかしてくれと涯に嘆願するも、当の涯は、いのりから取り出したヴォイドを返却 すると、容赦すらなく、今度は難波や数臣ら一番最初に集に銃口を向けた3人が強制的にヴォイドを放出されて集約したランスの先みたいなヴォイドを作り出 す。
 そしてそれがステルス機に向けて放たれ、ステルス機から放出されたミサイルの数々をバリアで防いだ上で、そのままステルス機の操縦室を貫通して撃墜させる。
 だがその代償として、難波や数臣ら3人は、一気にキャンサー化して灰燼に喫してしまいました。

 涯の復活に、ツグミも綾瀬も駆け寄るが、難波ら3人が死亡した事で激怒した1人の女生徒が、ヴォイドで襲い掛かるも、銃でヴォイドを粉砕されて死亡。
 あまりにも滑稽すぎる光景に、涯は今の自分は 選ばれた者 で、自分に従うか敵対して死ぬかの選択を、ツグミと綾瀬はおろかアルゴにも強制的に迫らせる。
 そんな折、歩み寄るツグミに横から銃口を向けるエンドレイヴの1体。
 でも、涯の存在自体があまりにも気に喰わないダリルが、ツグミに銃口を向けるエンドレイヴを止める形で止めただけでなく、なんと周りにいるエンドレイヴたちにも牙を向けるという暴挙を敢行!!!
 おかげで、ツグミたち葬儀社の生き残りや一部生徒たちはもちろん、いのりも集を連れてその場から逃走する。
 そして、ダリルはそのまま涯にも襲い掛かるのですが、涯を守るエンドレイヴの銃撃の嵐を受け、ギリギリのところで強制接続オフで命に別状はなかったものの、機体は大破する。
 大破の影響もあったけど、亞里砂のヴォイドが涯を守りました。

 戦いが終わった後、亞里砂は涯のところへ駆け寄る。
 そして、自分は役にたったのかと問うのだけど、涯はそんな質問に答える事すらなく、その場を後にする。
 こうして亞里砂は 同志 として、ダァトに迎えられましたとさ。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第121話『愛する資格』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5027.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 突如のゼレフの登場。

 ラスティローズと華院=ヒカルは、彼の姿を見るだけで膝を折ってしまう。

 ハデスは虚を突かれてしまったが、2人に『鍵』を持ってくる様に命令を下す。

 しっかし、2人はゼレフへの恐怖の為に、ハデスの命令にも身動き1つ取れず。

 するとゼレフは、その必要はない と告げる。

 なぜならば、ゼレフはすでに起きているから!

 それは、ハデスがグリモアハート全軍を率い、幾度の命を奪い手にさせた『鍵』だったはず。

 だが、ゼレフは、その『鍵』自体が虚像 で、それこそが、ゼレフに妄信する者たちが考えた幻像の設定の1つだろうと、冷たく言い放つ。

 だが、ハデスが『目』を通して、ウルティアとの戦いで敗北した姿を見ていた――― のだが、ゼレフもそれはあの時の自分の実力であったというのだ!!


 彼自身、400年もの間、無数の人の死を見て来た。

 だけど、ある日を境に、人の命の尊さを知った という。

 それを知った瞬間、自分は『命を尊く思えば思う程、人の命を奪ってしまう』という悪魔の体質を自覚し、人の命を奪わない様にする為に、ゼレフ自身は人の命の重みを忘れ得なければならないという状況に作らないといけないのだ。

 それはいわば、命の重みと戦っている という驚愕の事実。

 でもそれは、思う様に魔法が使えない というハンデを背負うものになるが、逆に命の重さを忘れた場合は異なる。


 グリモアハートの邪念が引き金を引いてしまった。

 そして同時に、今回の件で、時代の終わりを告げる『アクノロギア』を呼び寄せた と語るゼレフ。

 君たちには、

 罰を受けてもらうよ!

 そして、アクノロギアを呼んだ罪とゼレフに命の重さを忘れさせた罪 という2つの罪を悔い改めさせる為、ゼレフは魔法の力を解き放つ!!!

 まずは、ハデスをこの手で殺害し、次に……と思われた時、異変が生じてしまう!!

 来たか……アクノロギア



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月11日 (日)

Eテレ版「日常」 第10話『日常の第十話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5026.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 50か100の走り込みをしようとするゆっこ。

 みおがスタートの合図を唱えますが、ゆっこはなぜかスタート態勢に力を入れて走ろうとしなかった。



【日常の108】

 なのが桜井先生とまいを連れてみおを捜しに向かったのを見て、急いで後をつけてた中村先生。

 途中で見失ったのですが、実は近くで、まいが気に入った大きな仏の木像に見とれてたからでした。

 そんな訳で、色々と歩いた末に明日も捜索をしようと決めた中村先生ですが――。

 日常第25話 「日常の第二十五話」 2

 偶然にも、東雲研究所に到着( ̄口 ̄;)!!!

 まさに先生にとっては、ラッキーすぎる展開です!!!

 そんな訳で、なのを作った人(はかせ)に会う&設計図を盗む為、スタンビートな中村先生はそのまま東雲研究所に潜入開始。が、早速、玄関で掃き掃除をしていたビスケット2号とバッタリ遭遇しました。

 よかった~、ビスケット2号が登場した時、1度きりの出番かと思ってしまったくらいですから、未来日記で首を切られて退場してしまったお鈴ちゃん♪

 まっさかの対面に『ギニア~!』とばかりに驚いて土下座した先生。

 そこに、学校から帰宅したなのとバッタリ遭遇しちゃいました。


 なのは早速、中村先生にお茶を提供。

 研究所の中に入る事はできたものの、気持ちは完全アウェーです☆彡

 出されたお茶や冷蔵庫に置かれてる普通のダルマなどに仕掛けや罠が施されてると疑心暗鬼になってしまった上、なんとなのに対して、彼女を深く知りたい&本当の彼女を見たいが為にここに来たと単刀直入の大暴露を吐露しちゃいました(>_<)

 台詞が『かなりアブナイ路線』だと誤認されてるぞ、先生!!!!

 さらに、はかせが居間に入ってきてしまい、中村先生の考えは違いまくりの路線へ☆彡

 はかせをロボと勘違いするわ、はかせが正直になのを作った事を聞いて白くなってしまうわ、はかせが落書きした白い袋を上半身部分だけ入れられて縛り付け
られた状態の阪本さんがストレートに出てくるわ、それを中村先生は『ホムンクルス』と認識してしまうわ、帰ろうにもダルマが襲い掛かってくるわと、中村先生の恐怖妄想劇は増殖するばかり!!!

 そこで、中村先生が取ったのは―――!

 日常第25話 「日常の第二十五話」 3

 トイレと称しての脱走だった。

 とにかく、妄想が激しすぎますよ、先生(;一_一)


 なのの弱点は『人がよすぎる』で、次にここを訊ねる時はアゲインストの風を吹かせてやると思いながら脱走する先生だけど、玄関前にはビスケット2号がお待ちかね。

 かなり焦りながら外へ逃げようとする先生だけど、雑草に足を躓き、置かれていた超強力のりに絡め取られ、ついには―。

 日常第25話 「日常の第二十五話」 4

 泥沼に嵌まりました(>_<)

 こうして、中村先生の東雲研究所に対する逆恨みは強固のものになりましたとさ☆彡



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月 9日 (金)

ペルソナ4 the ANIMATION 第22話『It’s just like Heaven』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5023.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 苦難に陥ったかの者の“運命”

 その決断は、劇場版けいおん!公開日 に下される。

 京アニもちょうどいい公開日を計算に入れてこの日にしたんでしょうが、

 まさか2011年12月3日が、ペルソナ4プレイヤーにとって、

 まさかのジャッジメントデイになってしまうとは予想外だったかも???

 それはともかく、イゴールとマーガレットは、今後の運命をカードで占う。

 その結果はいかに―――!!!!!



 11月6日【日曜】

 中日ファンにとっては、落合中日の日本S進出の日 なんですが…。

 その裏では、拉致された菜々子を救出する為、新たな迷宮『天上楽土』へやってきた悠たち。

 その名のとおり、まさに天国という言葉にふさわしい綺麗な花が咲き乱れてる光景が広がっていた。

 そんな折、悠たちに聞こえてきた、菜々子の心の声。

 おかあさん、

 なんでいなくなったの―!?

 なんで、ナナコを置いていったの!?

 陽介も、それを聞いて『天国』という意味を知った模様。

 そして悠の右中指には、菜々子が作ってくれた手作りの指輪がはめられていた!!!


 天上楽土の光景に圧倒されつつも、菜々子を連れて奥の方へ走っていく生田目を発見した悠たち。

 すぐさま、生田目を追っていき、最深部にある祭壇に菜々子を連れた生田目を追い詰める。が、当の生田目は、完二やりせや直斗や雪子の姿を見るなり、まるで嘲笑う様に語る。

 お前たちは、僕が救ってやった奴らだ!

 突然の発言に、当然ながら意味すらわからない完二や雪子たち被害者。

 しかも、この子も救う とばかりに、汚い手で菜々子の頭を撫でまくる生田目。

 直斗は冷静に、生田目が被害者をマヨナカテレビの中に入れた犯人かどうかをあえて確認させ、生田目自身もこれを自供するが、ここまで追い詰めてもなお、彼は『雨の夜のテレビは、自分に助けを求める合図』で、自分がその者をテレビの中に入れなければどうしてたかと語りだす。

 僕はただ、救いたいだけだ!!!

 生田目本人からすれば、映った人を助けたいだけの気持ち。

 しかし、テレビに入れられた雪子・完二・りせ・直斗からすれば、一歩間違えたら死ぬところだったのだ。

 陽介も、生田目がやってるのは単なる人殺しだと猛反論するが、生田目はこれでも「人殺しはお前らだ!」と逆反論。

 お前らは、この子も殺すつもりなんだろ!

 悠たちは助けに来たのに、なぜか悠たちが菜々子を殺すつもりなのかと発言し、直斗も驚きを隠せない。

 僕は、この子を救うんだ!

 この子も救うんだァーー!!!

 俺は救世主だ、正義のヒーローなんだ!!!

 生田目は、意識も完全に危険な状況になり始めてる菜々子を担ぎ上げると、歪みまくった正義の心に惹かれる様に、大量すぎるシャドウの力が生田目の中に集合していく。

 その力は、ただでさえ苦しんでる菜々子にさらなるダメージを与えてしまう(><)

 そして生田目は、今までのシャドウとは異なる存在『クニノサギリ』に変貌。

 今までは、もう1人の自分がシャドウの怪物に変身していたが、今回はシャドウの力自体が生田目自身と融合して今まで以上に危険すぎるシャドウの怪物だった!!!

 着ているワンピースのシャツの、ラブ&ピース???マークは自重というか無視しましょ♪



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月 8日 (木)

あの夏で待ってる 第9話『せんぱい』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5025.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 すべて…わたしのせいなの…。
 自分にとって摩訶不思議な光景を目撃してしまった海人。
 イチカは、そんな海人に涙ながらに謝罪を行う。
 そして、先程の一戦の影響でその場に駆けつけた哲朗・柑菜・美桜・檸檬。
 それぞれが信じられない表情を浮かべてる中で、近くから真奈美の声が聞こえてくる。
 仕方なく、イチカは、海人たちや壊れた救助ポットなどの証拠を瞬間移動でその場からある場所へ転移する。
 そこは、海人にとって、あの夏の物語の始まりの場所。
 同時に、思い出せなかったあの時の記憶が、徐々に蘇る!!!

 檸檬はいつもの冷静沈着だけど、哲朗・柑菜・美桜は戸惑いを見せる。
 そこに、自分の宇宙船と一緒にイチカも転送されると、彼女は着物姿から地球にやってきた際の服装に瞬時に変換しながら、すべてをカミングアウトをする。
 自分が宇宙船に乗って地球にやってきた、
 非地球人であることを――。

 無論、檸檬以外の哲朗たちは言葉が出ないくらいの驚きの表情を見せるが、記憶が徐々に蘇りそれを知っていた事を思い出した海人だけは、まったく驚いたりする様子はなかった。

 自分の身分を明かしたイチカは、みんなを宇宙船の中に案内をする。
 もちろんですが、このままにするとヤバイので、ステルス機能で船の存在を隠しました☆彡
 しかし、それ以外の部分に関しては、船の故障で航行も不能。
 本来ならば、この船の中で生活をする予定だったものの、海人の件もあってそれはできなかった。
 そして、海人とりのんが船の救難信号を察知して出動したにも関わらずにぶっ壊してしまった救助ポットの事、海人に話したこの星に来た理由と目的もこの場で語られました。
 話を聞いた海人たちは、イチカが宇宙人である事を言わないと約束。
 イチカもりのんも、とりあえずは一安心 ってところっす(≧▽≦)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

妖狐×僕SS 第8話『お茶と距離』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5020.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 自分の部屋で手作りのコーヒーを入れる凜々蝶。

 メガネをかけてるならまだしも、白衣を着用してるし、なぜかビーカーとかもあるし…。

 コーヒーじゃなかったら、どこぞの女マッドサイエンティストとしか見えない罠♪

 でも、自分が入れたコーヒーは、なかなかの美味 だったみたいです。

 靴が汚れてるとフキフキする双熾。

 でも、それを敢行している場所は、学校の正門前!!!

 カルタはマイペースなのはいいですが、とりあえず、ほかの一般生徒の注目の的になってるのは必至。

 しかも、すべてのわずらわしい事は自分がやりますとピュアブラックをぶちかましたり、別れが辛いという雰囲気を出しながら彼女の左手を握り締める行為を行いながら言うものですから、凜々蝶自身が困って「君に構ってたいたら遅刻する」という痛烈な台詞が出てしまうのは当然ですぞ!!!

 でも、その台詞を聞いた双熾は、凜々蝶を困らせてしまったと後悔の念を抱いてしまい、公衆の面前で『少しでも長くご一緒したいなんて、いぬの身には過ぎた願い』とか『卑しい家畜』とか、とにかく凜々蝶をさらなるドツボに嵌めていく暴言連発!!

 凜々蝶も、授業が終わったらすぐに出てきてもらえる事&その後はずっと一緒にいてもいいという双熾の願いを聞かざるを得なくなり、少し罪悪感が???

 そこに、野球部のボールが凜々蝶の頭に向かって一直線に飛んでしまうが、双熾は、涼しい表情をしながら見事すぎるまでの素手での片手キャッチを敢行♪

 素手でキャッチしたものだから、凜々蝶が心配するんだけど、双熾は自分はSSだし、凜々蝶の盾になれる事を喜びとしているのだと笑顔で語りました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ギルティクラウン 第17話『革命:exodus』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5022.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 迫りくる赤い壁。
 学園がある場所に接近するまで、あと1週間 という見方だ。
 監視をする生徒たちも不安の色を隠せないが、集はそんな生徒たちに監視を怠るからと注意。
 無論、不満を漏らす生徒たちだが、集は、親衛隊に堕ちた難波と数臣に懲罰室へ連行する様に命じる。
 その上、集に文句を言おうとする生徒の1人に対しても、ヴォイドを取り出して脅迫するという独裁ぶり。

 この様子を隠れ見てた谷尋は、作戦室で集に、多くの生徒たちの不満が高まってる上、葬儀社のリーダーだった涯は他人を脅して従わせるやり方をしてたのかと、今の集のやり方は度が過ぎてると指摘。
 集も、みんなは助かりたいと思ってるし、規律がないからああいう事態が行ったのだと聞く耳もたずの状態。
 その上、亞里砂を襲った犯人は、自分たちに不満を持つ者の仕業だとも指摘するのですが、その犯人であるいのりは、自分の両掌を見ながら、なぜあんな暴挙に出てしまったのかわからない様子で話を聞いていた。

 一方、変貌したいのりに襲撃されて右手貫通の大怪我を追い、いのりが我に返った隙を突いてその場から逃走した亞里砂は、別の場所で恐怖に震えていました。
 あの時の、変貌した彼女を見ての恐怖、だ。
 そんな折、窓際に置かれてた彼女のケータイのバイブ音が鳴る音が聞こえた――。
 電話の相手先に、集の暴走のいきさつを説明する彼女だが、その話は、見張りをしていた難波に聞かれてしまい絶体絶命の状況に陥ってしまう。
 このままでは、通話記録から誰と会話をしていたのか一目瞭然となってしまう亞里砂は、あなたなら自分のヴォイドを引き出してくれるかと、自分の身体を 前金 にして交渉を行う!!!
 おかげで、しっかり 前金ゲット をした難波は、数臣に命令して、学校のローカルネットに“ヴォイドが破壊されたら、そいつは死ぬ”という事実を、集は隠している』という情報を、集以外の生徒全員に送信。
 これを見た生徒たちは、ついに殺意という不満に満ち溢れてしまいました。
 まあ、数臣も、そろそろ潮時の時期だと思ってたそうで、裏切る事に関しても躊躇ゼロでした。
 もちろん、谷尋もこれを視聴しました。

 一方、国連の方も、ついに 日本殲滅 に向けて動き出す。
 日本政府が出した報告書の98箇所の隠蔽・捏造が確認されたとして、10年もの間、手を差し伸べた自分たちの恩を仇で返したとばかりの報復へ向けて――。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

ミルキィホームズ 第2幕 第9話『有給ある?さぁ取得すべく2』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5014.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 今回のこちらが作ったサブタイは、こちら

がネタ元です♪


 ゲストにあの人がいたら笑ってしまうところでしたが、さすがにそれはありませんでした。






 そして時は流れ、いよいよ開催が迫るヨコハマ探偵博の時期。


 テーマソングがデビュー曲のミナミハルコを歌う人もテレビで公表され、いよいよ準備万端ってところです。


 まあ、それを聞いたら、開催数ヶ月前で某容疑で逮捕され、さらに今月には暴力容疑で逮捕されるという、もう悪夢が悪夢を呼んでる状態の、昨年の山口国体のテーマソングを歌ってた男性歌手の事を思い出してしまうな。




 本日のアバンは、G3の生活模様。


 銭型は、鼻歌交じりで自宅で洗濯物を干しまとめ中。


 その脇では、数匹の猫を飼っております(>▽<)


 平乃は、道場で門下生か道場破りかのどちらかの男性陣を相手に、仕合を行ってます。


 しかし、これだけ強いのにアルセーヌに惨敗って、アルセーヌはどんな究極生物やねん!!!


 咲は、起床てがら自室にある大量すぎる飴からランダムに1つだけ選んで口に含み、パソコンタイム???


 そんな3人に、明智から怒りの電話が♪


 当人は、圧倒的書類の山で悪戦苦闘中でして、何にも知らずに3人が『遅刻』をしてると勘違いしてるモンですから、早く来いという催促の電話をかけてきました。


 でも本日、G3はといえば――― 有給休暇 をとってました。


 もちろん何にも知らない明智は、許可した覚えはないとほざいちゃいますが、しっかりと3人の有給休暇申請に明智の判が押されておりましたよ~☆彡






 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第120話『暁の天狼島』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5013.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 みんなの力がこもった、ナツの一撃――!


 その一撃は、ハデスの顔面にヒットする!!!


 まあ、イグニールのマフラーが飛んでしまい、危うく海の中に落ちてしまうところでしたが♪




 ハデスにとっては、あまりにも予想外すぎる一撃。


 それもそのはずで、ハッピーとシャルルによって、大魔力と長寿の源『悪魔の心臓』が破壊されたからだ!


 これにより、裏魔法の効力は失われ、召還した悪魔たちも土塊と化して消失。


 もはや、ナツたちの障害になるものはすべて排除。


 さらに天狼樹が『謎の復元』を果たして元通りの姿になった事で、ナツたちにギルドの加護と魔力が戻り、逆に魔力の源を喪失したハデスに、ギルドの怒りを込めた全力の連続攻撃を開始する!!!!


 無論、ハデスも残る自身の魔力で反撃を行うも、戻った分だけの魔力すべてを使い切る覚悟で挑むナツたち5人の力の前では反撃も空しく、ルーシィのカプリコーン召還・ウェンディの見様見真似の天竜の


グレイの氷魔剣アイスブリンガー・エルザのザ・ナイトでのペンラグラムソード、そしてラストは、グリモアロウよりすばやく発動させた滅竜奥義(改)紅蓮爆雷陣の容赦ゼロの連続攻撃で、ついにというかようやくというか、ハデスを撃破する事ができました☆彡


 攻略王に、俺はなる……じゃなくて、


 これが、俺たちのギルドだーー!!


 夜明けの到来と共に、日頃のストレスを晴らす為にナツの勝利の雄たけびが響き渡る―――!




 さて、先程の『天狼樹の謎の復元』だが、これは ウルティアの時のアーク によるものでした!!


 すべては、生まれ変わるもの という想いから――!


 だが、そんな彼女の背後には、憎悪に囚われてるメルディが(><)






 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月 3日 (土)

Eテレ版「日常」 第9話『日常の第九話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5012.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 研究所の一室で昼寝をしている阪本さんの下に、はかせが名刺を進呈。

 紙に『はかせ』と書かれてるだけだった!!

 あまりにもバカらしすぎるネタに、阪本さんはツッコミを入れようとしたが、はかせがあまりにもデレデレしちゃってるもんですから、とてもではないがツッコミを入れようがないくらいに困惑しまくりでした。



【日常の105】

 ゆっこに頼まれて、メロンジュースを購入する事になったみお。

 もちろん、自分の分も購入する事になるのですが、今月大ピンチなので贅沢をせずに無難なのを選ぼうと100円玉を入れようとするもうまく入らず落としてしまいました。

 その100円玉は、すぐに1人の人物によって拾われるのだが、それはなんと笹原でした!

 1クール目のOPぐらいしかフラグが立たなかった みお❤笹原フラグ が、ついに開演っす☆彡

 未来日記では、黄泉とみねね ですが、まさかみおの眼球を笹原が抉り取りながら拷問かけるって展開になるとは、予想外すぎましたわ。【もちろん、中の人ネタです】


 突然すぎる『好きな人』とのご対面に、みおはド緊張しまくり。

 天気はどんより雲なのに、いい天気ですね♪と言葉に出してしまう始末。

 見事すぎるくらいに、笹原に爆笑されてしまいました。

 気持ちはわからなくもないけど、さすがに大爆笑するのはかわいそうすぎますぞ(>_<)


 そんな笹原だけど、100円玉を拾うなり、天からの聖水とばかりに、勝手にジュースを購入しようとする。

 でも、そんな身勝手な事は天が許す訳がなく――― 飲みたいジュースを押してもしばらく出てこないし、出てきたと思ったら逆さま状態でコップが出てきて、そのまま氷&飲み物もれ放題という罰がやってまいりました。

 それでも笹原は、それを受け入れるかの様に、カップの裏にほんの少しだけ溜まったジュースを飲む!

 普通なら激怒してもおかしくなかったけど、ものすごく冷静って感じだったぞ!!!!

 一部始終を目の前で見たみおは、少しばかり笹原との距離が縮まった気がしたと実感するのでした。



 続きはこちらへ!!!

|

目覚め悪い記事を1つ書きました【某ファンには不快な内容ですがご勘弁を】

 この世には、触れてはならない領域 という諺らしき言葉があるのはご存知だと思います。

 体調もずいぶんよくなり、朝の目覚めもまあまあで、ネットを接続してニュースでも見ようと思ってたら、ちょっとどころか目覚めがかなり悪い上に全力で無視したかったと後悔するネタが掲載されてました(ToT)



 ■アニメ『AKB0048』放送局

  tvk(神奈川)…毎週日・後11:00~ 4月29日スタート

  HTB北海道テレビ…毎週木・深2:15~ 5月3日スタート

  TBC東北放送…毎週火・深1:10~ 5月1日スタート

  福島テレビ…毎週水・後3:30~ 5月9日スタート

  とちぎテレビ…毎週月・後11:30~ 4月30日スタート

  群馬テレビ…毎週日・後11:30~ 4月29日スタート

  チバテレ(千葉)…毎週土・後11:30~ 5月5日スタート

  テレ玉(埼玉)…毎週日・後11:30~ 4月29日スタート

  三重テレビ…毎週金・後5:00~ 5月4日スタート

  サンテレビ(兵庫)…毎週日・後11:30~ 4月29日スタート

  KBS京都…毎週土・後11:30~ 5月5日スタート

  TVQ(福岡)…7月放送スタート予定




 できれば、福岡はTVQかRKBで放送ってパターンはなってほしくなかった!!!

 これによって、7月の深夜アニメ1本が無駄になってしまったから(ToT)

 TVQの4月はといえば、以下のとおりになりました。



 月曜がアクエリオンEVOL2クール目、

 火曜が君と僕2、

 水曜がFato/Zero第2期とこれはゾンビですか? オブ・ザ・デッド、

 木曜がなのはSS2クール目、

 土曜が咲-Saki- 阿知賀編、

 日曜が氷菓



※これゾン オブ・ザ・デッドと氷菓のみは、まだ放送曜日・時間は未確定だが放送はほぼ確定。

  でも、R-15の実例 があるので、まだまだ油断できませんが。








 こちらでの4月の深夜アニメは、金曜を除けば1つまたは2つあるという、けっこういい感じの態勢になる事が決定したんですが、これで7月からのは1つ爆死確定いたしました!!!!

 確かに、堀江さんや植田さん、白石さんなどのプロの声優さんも参加ってのはいいです!

 だけど、目論見がモロバレすぎ!

 なにせ、グリーの実例 があるし、数ヶ月の期間を考慮しても進歩したとは全然思えない。

 本当にマジで酷すぎた上に、鬼の如く、グリーのあのCMが垂れ流し状態でしたから(ToT)

 今までは、時間のダブルブッキングで視聴断念ってのがよくあったけど、最初から本気で見るのを避けるって気持ちになったのは初めてですわ。

 プロの声優さんがかわいそうに思えてきた……。

|

ペルソナ4アニメ 第21話『DON’T SAVE ANYONE ANYMORE』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5007.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 たぶん、今回の内容を視聴した猛者たちからすれば、

 ようそこ、ベルベットルームへ。

 というはずなのに、いきなりのイゴールの真剣なお言葉。

 そう、ここからが、真の本番!

 アニメで知った猛者の方には、ハードすぎる怒涛の展開がお待ちかねです。

 ゲームでは、この辺りからキツイゲームオーバーや3種類のバッドエンド話が待ってます。

 まあ、アニメでは、それらはやりませんが……。


 だが、あまり時間はないのは明白。

 果たして、真実へたどり着けるか!?

 ここからが、本当の意味での正念場であります!!!!!



 10月31日【月曜】

 ジュネス屋上のテラスでのいつもの集まり。

 直斗は、できる限りでの範囲で調べてみたものの、差出人に関する証拠となるものは出てこなかったという。

 だけど、直接ポストに投函されたという事は、犯人は予想より近くにいる可能性濃厚 という推測が覗えると推理する直斗は、そのあたりからの探りを入れた方がいいとさらなる調査を行う事を宣言する。

 なかなかの名推理ぶりに褒めるりせや陽介だけど、完二のいうとおり、犯人が悠が住んでる自宅にまで知っているというのは事実で、なんとか対処しないといけないと警戒態勢。

 確かに、悠だけならまだしも、菜々子がいますからね。

 このご時世だから、余計に心配になるのはわかります。


 帰り道の最中、直斗は悠に、先程での会議での際に思ってしまった気持ちを吐露してしまう―― 悠たちが心配なのはわかるが、それ以上に『謎』の方を優先するという異なる方向に向いてしまう為、悠たちの中までいる資格はないかもしれない と。

 無論、そんな事はないと悠は述べるけど、浮かない表情を残して直斗は帰宅していきました…。


 直斗と別れた悠が家に戻ると、菜々子がいなば急便の宅配業者の男性と話してる光景を目の当たりにする。

 とりあえずは、菜々子の出迎えを受けた悠は、一緒に購入した弁当を食べるのですが……なぜか、菜々子の食が思ってた以上に全然進んでいなかった。

 その最中で、テレビのローカルニュースは、ここ最近、頻発している濃霧が人体に影響を与えているのではという声が高まっているという報道がされていて、
環境を考える会代表の香西という人物が菜々子が通う小学校を訪れて、ある子供と会話をして、風評に惑わされず自分の言葉で話をしたという事をインタビュー
していた。

 その一方で、菜々子が突如、頭が痛いと言ってきたので、額を当ててみると、予想以上の高熱( ̄口 ̄;)!!

 急いで、菜々子を布団の中に入れて寝かせるのだけど、彼女は「さむいのはイヤ」と述べたので、悠も春になれば暖かくなると返答するんですが、その春の季節は、悠は稲羽市を離れてしまうのだ!!!

 菜々子は寂しい表情を覆い隠す様に、布団で顔を隠してしまう。

 でも、もうじき稲羽市は、雪降る冬になる――― そこで、雪が降ったら、雪だるまを作って2人で一緒に遊ぼうと約束をしまして、悠もそれを了承してくれました(>▽<)

 了承した直後の菜々子の笑顔は、もはやなんとも言えませんよ♪

 まあ、この約束は、原作のPS2版では無理でしたが、6月発売のペルソナ4G で実現します。



 11月4日【金曜】

 悠は、いつもみたいにマヨナカテレビが出るかどうか確認をしていた。

 すると、マヨナカテレビが発動され、砂嵐満載ながらも誰かが映し出されていた。

 鮮明じゃないからなんともいえないが、小学生ぐらいの子供 だった!!!!



 続きはこちらへ!!!

|

2012年3月 1日 (木)

昨日の続き

 昨日、突然のブログですんません(>_<)

 そのあとですが、昨日よりはほんの少しマシになったものの、まだまだ油断できない感じです。

 嘔吐とかもありましたので・・・。



 まだ頭痛の痛みが残ってるし、熱はまだ37度中後半をいったりきたり。

 一応は、無理して病院で注射打ってもらった事もあって、昨日よりはって感じです。

 妖狐×僕SSも少し視聴して少し書いただけの状態で、まだアバン部分しか進んでませんm(_ _)m

 そんなわけで、ツィッターでせいぞんせんりゃくのツイートして書いて、また寝ます。

 今週、かなりヤバイかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夏で待ってる 第8話『先輩がPINCH.』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合 の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5005.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 沖縄でのまさかの海人のキス行為。

 でも、どうやら柑菜が声をがかけた為に 未遂に終わった みたいです。

 自宅に帰還した2人だけど、あの出来事に関しては対照的な様子。

 海人は、あと少しだったのに♪と少し興奮交じりで、キスのジェスチャー代わりにしてた枕をつい放り出してしまい、それが机の上のフィルムや写真に命中してしまう。

 その際に写真が落ちてしまったが、海人はそのうちの1枚にあった『みんなとの集合写真』を眺めた。

 その一方で、イチカといえば、逆に危機一髪だったという感じだった。

 私がこの星に来たのは――。

 そこで、りのんと連絡を取ろうとするのだが……そのりのんはといえば、なにか大慌ての様子だった!!

 さて、特撮パート部分の内容を眺めてる海人。

 哲朗もご協力してくれたものの、内容が明らかに某3分タイマーの正義のヒーローものです。

 本当に 何の映画撮ってるんだっけ?? 状態じゃん!!!

 そんな折、イチカがカルピスの2人分の飲み物を持ってきてくれまして、哲朗には順調に手渡しを行えたものの、なぜか海人に手渡そうとしたら、数秒間の停止がお待ちかね。

 これだけでも、他人からどう見ても、海人とイチカの間の空気がメッチャ違和感全開。

 その上、海人自身が、ないよ、まだ とボロを吐いてしまう失言。

 さすがの哲朗も鋭く感づき、カメラを持ってくると言って逃走しようとする海人を捕まえて事情聴取を開始しちゃいました。

 一方、ベランダに出てみると、前日から行方不明になっていたりのんが慌てた様子でご帰還。

 沖縄の件から様子がおかしいと感づいてるイチカだけど、海人が着ていた『海』のTシャツを見て、またもや意識しちゃいました。

 その間に、りのんはなぜか、コソッとイチカの元から逃走しちゃいました。

 なんか、シャレにならない事をしでかしたみたいですな~~、りのん(;一_一)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごめんなさい(ToT)

帰宅なう~~ってところです。

ちょっとどころかかなり体調最悪状態のまま、

古いのを途中更新したり、色々とやってました(>_<)

本当なら、ここで妖狐×僕SSを~~っていきたいところですが、

かなり頭痛が酷いわ、熱が高いわと

風邪以上にヤバイので、申し訳ないっすが、

予想以上に更新が遅れまくります事をお許しを!

もちろん、視聴すらしてません(録画しましたが)

一応、下書き保存だけはしたので、

今日はこの辺で失礼します。

すんません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »