« 妖狐×僕SS 第8話『お茶と距離』 | トップページ | ペルソナ4 the ANIMATION 第22話『It’s just like Heaven』 »

2012年3月 8日 (木)

あの夏で待ってる 第9話『せんぱい』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5025.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 すべて…わたしのせいなの…。
 自分にとって摩訶不思議な光景を目撃してしまった海人。
 イチカは、そんな海人に涙ながらに謝罪を行う。
 そして、先程の一戦の影響でその場に駆けつけた哲朗・柑菜・美桜・檸檬。
 それぞれが信じられない表情を浮かべてる中で、近くから真奈美の声が聞こえてくる。
 仕方なく、イチカは、海人たちや壊れた救助ポットなどの証拠を瞬間移動でその場からある場所へ転移する。
 そこは、海人にとって、あの夏の物語の始まりの場所。
 同時に、思い出せなかったあの時の記憶が、徐々に蘇る!!!

 檸檬はいつもの冷静沈着だけど、哲朗・柑菜・美桜は戸惑いを見せる。
 そこに、自分の宇宙船と一緒にイチカも転送されると、彼女は着物姿から地球にやってきた際の服装に瞬時に変換しながら、すべてをカミングアウトをする。
 自分が宇宙船に乗って地球にやってきた、
 非地球人であることを――。

 無論、檸檬以外の哲朗たちは言葉が出ないくらいの驚きの表情を見せるが、記憶が徐々に蘇りそれを知っていた事を思い出した海人だけは、まったく驚いたりする様子はなかった。

 自分の身分を明かしたイチカは、みんなを宇宙船の中に案内をする。
 もちろんですが、このままにするとヤバイので、ステルス機能で船の存在を隠しました☆彡
 しかし、それ以外の部分に関しては、船の故障で航行も不能。
 本来ならば、この船の中で生活をする予定だったものの、海人の件もあってそれはできなかった。
 そして、海人とりのんが船の救難信号を察知して出動したにも関わらずにぶっ壊してしまった救助ポットの事、海人に話したこの星に来た理由と目的もこの場で語られました。
 話を聞いた海人たちは、イチカが宇宙人である事を言わないと約束。
 イチカもりのんも、とりあえずは一安心 ってところっす(≧▽≦)

 続きはこちらへ!!!

|

« 妖狐×僕SS 第8話『お茶と距離』 | トップページ | ペルソナ4 the ANIMATION 第22話『It’s just like Heaven』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45350756

この記事へのトラックバック一覧です: あの夏で待ってる 第9話『せんぱい』:

« 妖狐×僕SS 第8話『お茶と距離』 | トップページ | ペルソナ4 the ANIMATION 第22話『It’s just like Heaven』 »