« 妖狐×僕SS 第10話『裏切りの妖狐』 | トップページ | あの夏で待ってる 第11話『行かないで、先輩。』 »

2012年3月22日 (木)

未来日記 第22話『切断』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5042.html

 

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 雪輝くんが『神』になれば、

 本当にすべてがチャラになるのか!?

 その答えを知る為、かまどを利用してデウスたちの元にやってきた秋瀬。

 だが、デウスは、秋瀬がここに来たのを驚いた様子は皆無で、逆に『もうここを訪れる頃合か』と、まるで彼の登場を待っていたかの様な口ぶりを見せる。

 かまどは「打ち合わせどおりに」と秋瀬に述べてその場から立ち去り、ムルムルもデウスの握り締める手が緩んだ事で自力でそこから解放される。

 秋瀬の言う『チャラ』というのは、死亡した人を生き返らせる事が可能かどうかというもの。

 それを聞いたデウスの、その答えは――――!

 一方、現実世界に戻ったかまどは、高坂と一緒に大急ぎで何らかの作業を展開中。

 2人の大急ぎの作業を、日向とまおが見つめる中、秋瀬の肉体はソファーの上に横たわっていた。

 

 なんとか『答え』を知った秋瀬は、急いでデウスたちのところから離脱して雪輝に『答え』を伝えようとする。

 ムルムルはそうはさせまいと妨害工作を行おうとするが、その前にデウスが、自らの巨大な手で秋瀬を握り締めて拘束し、この場から逃がさない様にしてしまう!!

 お前は私と共に、滅びる運命にある のだ!!

 そう語るデウスは、秋瀬の事を『観測者』と告げる。

 素性すべてを記録しているデウスですら、今回の所有者同士の戦いによる頻繁に書き換わる未来は別物なので、その為に、頻繁に書き換わる未来を見守る“この世の因果の記録係”が必要と感じたそうな。

 秋瀬は、それを担う役割を持つ『天上のアカシックレコード』。

 そう、彼こそが デウスに造られし存在 だというのだ。

 そして役割を終えたとデウスが判断した今、高度な情報集積体と化してる秋瀬を分解し、天へと還すという。

 デウスは、秋瀬を掌の中に収め、彼の分解作業が開始される。

 その上で、分解する秋瀬に冥土の土産とばかりに、事実を語りだす。

 今までずっと、秋瀬は自分の意志を以って行動をしたり所有者を追ったりとサバイバルゲームを深く関わったりしてきたが、実は彼の行動すべてが デウスの意志 だというのだ( ̄口 ̄;)!!!

 無論、そんな事実を否定する秋瀬。

 デウスは解体ついでとばかりに、お前の意志が自分の意志だった事を1つ1つ説明するので、その中に秋瀬自身の意志があれば、彼自身の存在を認めると、まるで氷点下の外に全裸の幼児を放り込み恐怖と苦しみと絶望する姿を圧倒的愉快すぎる表情で見守るクソみたいな質問タイムを始めてしまう!!!

 同じ頃、現実世界にいるかまどたちは、大急ぎで作業続行中。

 どうやら、ケータイの日記に自分が書いた手帳の内容を高坂が書き込んでるけど、字が小さいせいもあって作業が難航!!

 その上、現実世界でも、秋瀬の肉体が徐々に消滅中(><)

 すでに、右腕全土&左腕上腕部の約半部分、上半身の胸元部分を残して消失完了済みだった!!!

 続きはこちらへ!!!

|

« 妖狐×僕SS 第10話『裏切りの妖狐』 | トップページ | あの夏で待ってる 第11話『行かないで、先輩。』 »

未来日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来日記 第22話『切断』:

« 妖狐×僕SS 第10話『裏切りの妖狐』 | トップページ | あの夏で待ってる 第11話『行かないで、先輩。』 »