« ギルティクラウン 第14話『攪乱:election』 | トップページ | あの夏で待ってる 第6話『先輩にライバル。』 »

2012年2月15日 (水)

妖狐×僕SS 第5話『春の蜻蛉』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4981.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 幼少の頃、数種類の便箋から1つを選ぼうとしている凜々蝶。

 自分の悪態で傷ついた子へのお詫びの手紙か、それとも……。

 そして現在、夜の都会を見つめる謎の変態紳士???が、誰かにメールを送信していた――!!!

 

 

 翌朝、起床した凜々蝶のケータイに、謎のメールが送信される。

 中身を見てみても、凜々蝶には意味不明だった。

 そしてラウンジでの朝食を提供してくれた双熾に対して、こんな自分を理解してくれようとしている彼の為にも、なにか報いたいという気持ちを持つ彼女だったが、またもや凜々蝶風の『不整脈』が発動☆彡

 いつになったら、恋をしてる と気付くやら(≧▽≦)

 そんな雰囲気の2人に向かって、またもや暑苦しい卍里が負け惜しみ発言で登場。

 無論、残夏が割り込んで自重してくれましたが………まさか、卍里までもが、凜々蝶&カルタと同じクラスの上に凜々蝶の左右隣の席に2人が座るという順番だったとは。

 凜々蝶にとっても、少しばかりキツイ高校生活本格スタートになっちゃったみたいっすね。

 

 放課後、帰宅する為に靴を自分の靴を履こうとする凜々蝶と、ちょうど帰宅し始めの反ノ塚がバッタリ遭遇。

 珍しいツーショットってところへ、凜々蝶のメールに、またもや怪メール着信が!!

 どうやら、まだアドレス未登録の知らないところからのメール で、今朝の怪メールもその者からの着信だった。

 モウスグアエルヨ。

 これが先程、着信してきたメールの内容。

 そして、こちらが今朝、着信してきたメールの内容です。

 キミノソバニイルヨ。

 この謎のメール内容に、ストーカーの可能性を危惧する反ノ塚。

 凜々蝶からすれば、こういうのは慣れっ子 だという。

 まあ、子供の頃から『美人』『お金持ち』『悪態魔女』という三拍子揃った幼女だった為に、歪みすぎる愛情とかを持ちまくりの危なすぎるストーカーや誘拐犯によく目を付けられてたそうな。

 だからこそ、一応ながらも双熾に伝えておいた方がいいのではと助言する反ノ塚ですが、凜々蝶は、余計な面倒をかけたくないし大騒ぎしたくないから必要ないと、彼女なりの双熾への気遣いをかける配慮を見せる。

 まあ、なにもなかったら、必殺・お詫びの手紙 を発動すればよいのですから(≧▽≦)綺羅星☆彡

 

 そんな事を言ってたら、門の前で双熾がお待ちかね♥

 しかも、お車でのお迎え でして、周りの女子高生からアツイ視線が。

 お待ち時間を死んだ様にお待ちしてて、凜々蝶がいてこそ、自分は初めて『精』じゃなくて『生』を受ける―― って、公衆の面前で堂々と告白もどきのお待ち金を披露した双熾。

 でも、さすがに少しばかりは慣れた模様だが、不便な事だな と呆れ模様はまだまだですね。

 しっかも、双熾が反ノ塚を『お兄様』と呼ぶ様に申したのに、当の反ノ塚はド忘れしてるし(><)

 

 

 続きはこちらへ!!!

|

« ギルティクラウン 第14話『攪乱:election』 | トップページ | あの夏で待ってる 第6話『先輩にライバル。』 »

妖狐×僕SS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45503741

この記事へのトラックバック一覧です: 妖狐×僕SS 第5話『春の蜻蛉』:

« ギルティクラウン 第14話『攪乱:election』 | トップページ | あの夏で待ってる 第6話『先輩にライバル。』 »