« ギルティクラウン 第13話『学園:isolation』 | トップページ | あの夏で待ってる 第5話『先輩はヒロイン。』 »

2012年2月 8日 (水)

妖狐×僕SS 第4話『妖館ウォークラリー』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4973.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 前話のCパートで、ちょっと変で怪しいSSと不良っぽい感じの主人が帰還。

 不良っぽいのは、1号室に住む渡狸卍里。

 そして、ちょっと変で怪しいSSが、夏目残夏。

 卍里が江口拓也さんで、残夏が宮野さんか~~♪

 残夏が 女性 で、中の人が悠木 碧さん だったら、壮絶な激爆な笑いに包まれそうでしたね。

 宮野さんも、これでも一応は、アンケートサイトの男性歌手として登録されてますからね【実話】

 

 

 そんな卍里は、妖館に帰還した翌日から、屋上のテラスでシャドウ空手を行ってました。

 どうやら、ある特定の人にバカにされたみたいで、ケリをつける!と気合入りまくりなんですが、そんな卍里に、残夏はケガしちゃうよ~♪とさりげなく囁いた上に卍里の話の途中を躊躇なく遮りまくり。

 こんなにいい天気だと、なにか殺りたくなっちゃうなぁ♪

 

 一方、正式にSS契約を締結した凜々蝶と双熾の2人。

 早速ながら、いつもの2人の朝の挨拶が行われるが、凜々蝶は双熾の事を 御狐神くん と呼ぶ事にしたみたいです。

 でも、凜々蝶は、双熾の姓を言いながら『くん』と言っただけで気恥ずかしさ全開なんだけど――
双熾の方はと言えば、昨日、凜々蝶の方から正式契約をしてくれた事で再びお仕えする事ができるのが嬉しいと素直に述べまして、彼女は、SSがいた方が気が
楽だと彼女なりの悪態を告げてしまう。

 だってこんな呼び方をしたら、SSと主人じゃなくて……heart02

 

 でも、彼にとって哀しい事は、凜々蝶が学校へ行く事。

 ただでさえ、彼女が1人でデパートのトイレに行く時すらあの寂しさ様にだったのに、凜々蝶が学校へ行った後の長い時間によって余計に寂しさが増してしまった双熾。

 そこで、せめてものならばと、お送りするまでのひと時を手を引かせてほしいとお願いを述べてきました。

 凜々蝶はこれを了承し、一緒に手を繋いだ状態で妖館の門へとお送りするのですが、その際の彼女は、胸の動悸をとても強く感じてしまうのでした。

 

 

 続きはこちらへ!!!

|

« ギルティクラウン 第13話『学園:isolation』 | トップページ | あの夏で待ってる 第5話『先輩はヒロイン。』 »

妖狐×僕SS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45503746

この記事へのトラックバック一覧です: 妖狐×僕SS 第4話『妖館ウォークラリー』:

« ギルティクラウン 第13話『学園:isolation』 | トップページ | あの夏で待ってる 第5話『先輩はヒロイン。』 »