« はなまる幼稚園 きゅう『はなまるな差し入れ&はなまるな夢&はなまるな夜』 | トップページ | 天外魔境~第四の黙示録~ PSPプレイ日記その10 »

2012年1月12日 (木)

あの夏で待ってる 第1話『困ります、先輩。』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4889.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 人は死んだら、天国へ行けるという。
 ボクはそう思わない。

 柵がある橋の上から、夜空の光景を高感度フィルムのカメラ撮影してる霧島海人。
 彼は、人は死んだら天国へ旅立つのではなくて、人の心に宿り“思い出”として生き続けるし、人は『忘れない様』に何かを残したいと願うのだと感じていた。
 そんな折、上空から未確認飛行物体が急落下!!
 海人は、その際に発生した突如の閃光と突風により吹き飛ばされてしまって柵に身体を強打して橋の下の湖に落下。
 頭や右肩から大量に流れる中で、彼の身体は底へと沈んでいくが、その時、何かの手が彼を掴み取った――。
 あッ……きれいな手…。

 意識が戻ると、なぜか海人は、自室の押入れから漏れた布団の上でうつ伏せの状態で眠ってた感じになってた。
 あの時に壊れたはずのメガネも無事だし、水に浸かって使用不能のはずのカメラも無事!!!
 海人は、昨日の事をなんとか思い出そうとするが、あまり記憶が不鮮明な状態でした。

 朝食の最中、姉の七海が3ヶ月程度のボリビア海外出張に行く事になった話を聞く海人。
 まあ、朝食を食べる際の海人のイスの座り方とかは とりあえず無視 って事で♪
 当然、3ヶ月の間、海人1人で大丈夫かと心配な様子の七海ですが、海人はそんな彼女に 自炊ができる と背中を押してくれまして、これで七海のボリビア行きが決定しました。
 まあ、海人自身も、3ヶ月とはいえ、1人暮らしができる事に少し憧れてる様子ですが(≧▽≦)

 逝去している両親の仏壇の参りをすませ、七海はスクーターで仕事場へ通勤、海人は高校へ登校開始。
 登校する海人は、途中の道のりの最中、遠くから通る電車の音を聞いてそこにカメラを向けるが、突如、赤色の髪をした自分と同じ高校の制服を来た少女の姿が視界に入りまして、一瞬ハッとしてしまう。
 その少女も、自分だけが周りに目立ってる という事実に困惑気味。
 言うまでもないが、この田舎の中で赤い髪は目立ちまくりです!!!!

 続きはこちらへ!!!

|

« はなまる幼稚園 きゅう『はなまるな差し入れ&はなまるな夢&はなまるな夜』 | トップページ | 天外魔境~第四の黙示録~ PSPプレイ日記その10 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45327887

この記事へのトラックバック一覧です: あの夏で待ってる 第1話『困ります、先輩。』:

« はなまる幼稚園 きゅう『はなまるな差し入れ&はなまるな夢&はなまるな夜』 | トップページ | 天外魔境~第四の黙示録~ PSPプレイ日記その10 »