« たまゆら~hitotose~第9話『ももねこさまの憂鬱、なので&失恋カメラ、なので』 | トップページ | ギルティクラウン 第6話『檻:lcukocytes』 »

2011年12月 2日 (金)

ペルソナ4アニメ 第9話『No one sees the real me』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4806.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 2話ぶりのイゴールさん登場っす(●^o^●)

 最近、田の中さんのボイスを聞くだけで、目玉の親父が復活したって思えてきてます…。

 どうやら、前話の林間学校でのひと時が、多くの思い出を作られ新たな絆が形成されたと同時に、新たなアルカナ『刑死者』を得たみたいですが、確かにAパートのアレを見たら、ちょっとリアルな気が。

 でも、これからの出会いや言葉を重ねていき、互いの理解を深める事で、絆はさらに固まっていく―。

 いきなり、大盛り上がりのライブ会場からスタート♪

 その主役こそが、久慈川りせ。

 りせちーの愛称で呼ばれてるアイドルで、その人気は『台湾での中の人』と同じレベルです☆彡

 無論、スケジュールも映画の主演が決定してからは次から次へと入りまくりで、深夜4時終了という殺人的内容になってまして、ライブのメイクとかを受けてたりせも、なんか後姿が寂しい感じ。

 そうとも知らず、ライブがまもなく開演直前で舞台裏にやってきたりせは、マネージャーについ「やめるから」と呟いてから、そのままライブステージに登場する!!

 そんな感じで、OP……って、今回から変更ですか!?

 まさかのりせライブVer.での第9話OPになっちゃいましたな~!!!!

 当然ながら熱唱してるのは、もはや語るまでもあるまい!!

 言うまでもないけど、アイドルマスターではないぞ!

 6月20日【月曜】

 ライブ後、りせは、世間からすれば突然の休業会見を開いた。

 静養先は、なんと稲羽市。

 意外な事だらけが出まくる状況ですが、すでにりせの姿は稲羽市の町中あった!

 とりあえず、ジュネス屋上のカフェテラスで誰かと電話連絡をしていたりせ。

 だが、多少の変装程度ではすぐに見慣れている人たちに見破られてしまうのは必至で、エレベーターで下へ降りようとするも、すでに人だかりができていた為に非常階段を利用して下の階へ降りていく。

 だが、そんな彼女を追いかける――― 某男子高校生!!!!!

 非常階段で降りるりせは、途中のところで誰かが階段を降りて自分を追ってる???と思い、ジュネス内部のあちこちを歩いたりしまくりながら撒こうとするも、かろうじて下の階のエレベーターに乗り込んだところで、ついに男子高校生に捕まってしまう。

 これは、りせの貞操【オイ!】の危機かと思われたが、その男子高校生の正体は悠で、偶然ながらりせのケータイを落としてしまったので渡そうと追いかけてしまったというのがオチでした♪

 悠は、目の前にいるのが芸能人のりせだとは知らずに普通に接してきまして、一応はお礼を述べるりせに、彼女のケータイのストラップを褒める様な感じの言葉を発しながら到着階で降りていきました。

 その夜、ジュネスのお弁当で夕食をとる悠と菜々子と遼太郎の3人。

 しかも、テレビでは、なんとりせの休業会見の模様が放送されてまして、悠は初めて、あの時に接してた女の子が久慈川りせだと気づくのでありました。

 続きはこちらへ!!!

|

« たまゆら~hitotose~第9話『ももねこさまの憂鬱、なので&失恋カメラ、なので』 | トップページ | ギルティクラウン 第6話『檻:lcukocytes』 »

ペルソナ4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/55830503

この記事へのトラックバック一覧です: ペルソナ4アニメ 第9話『No one sees the real me』:

« たまゆら~hitotose~第9話『ももねこさまの憂鬱、なので&失恋カメラ、なので』 | トップページ | ギルティクラウン 第6話『檻:lcukocytes』 »