« アイドルマスター 第12話『一方通行の終着点』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第100話『メスト』 »

2011年10月 6日 (木)

たまゆら~hitotose~第1話『わたしのはじまりの町、なので』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4779.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 あんまり放送エリア内になるかどうか期待してなかったたまゆらなんですが、まさかの放送エリア内でちょっと驚いちゃったシュージローです。

 舞台は、広島の竹原 なんで、広島は放送する可能性はあったのですが…。

 しかし、既婚になって初めて???の真綾さんと遠藤 綾に追いつけ状態の中島 愛ってのも豪華ですな~~。

 キャストも、ついに緒方恵美さんも母親をやる世代になったのか~と実感しましたね。

 雪野五月さんも、殺人事件の犯人になりかねないマッドサイエンティストマザー役をやってるくらいですから、もうじきくぎみ~や水樹奈々さんとかも母親役をやる事になるかもしれませんね。

 それだけならまだしも、今度はポプラとタイアップするそうなので、自宅より少し距離があるところでは、けいおん!のローソンとたまゆらのポプラがわずか数メートルのところでの争いになりそうっす。

 しかも両方とも、竹達彩奈さんメイン だから【けいおん!は違うだろ!!!】

 いっきなりだけど、友達のかおる・りえ・麻音の3人の姿をパシャっと撮影する沢渡 楓。

 どうやら、汐入のちひろのところに送る為の写真でして、今度は3人一緒の写真を撮影していくのですが、ちょっとしたドジをやってもうた楓はすってんころりんと転んでしまい、さらに転んだ際にシャッターチャンスの中に入っちゃった落下中のもむ猫さまも、ついでに撮影しちゃいました。

 楓は、生まれた街を離れ、天国に逝った父親が大好きだった懐かしい竹原の町に編入した高校生。

 父親が教えてくれた写真撮影を始めたのは、楽しい思い出をすべて悲しい色に染めるのをやめようと思ったから。

 ふわふわと、幸せな気持ちの時に

 写真に写る『小さな光の子供たち』。

 それが、たまゆら

 たまゆらの写真は、

 見る人をちょっぴり幸せな気持ちにしてくれる。

 この言葉も、父親が教えてくれた逸話。

 でも、楓は、父親のたまゆらの話を胸に秘め、このカメラでレッツ フォトしていく――。

 続きはこちらへ!!!
 

|

« アイドルマスター 第12話『一方通行の終着点』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第100話『メスト』 »

たまゆら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45473421

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆら~hitotose~第1話『わたしのはじまりの町、なので』:

« アイドルマスター 第12話『一方通行の終着点』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第100話『メスト』 »