« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第92話『生きる者たちよ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4530.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 痛ぁ~い目にあってしまったけど、なんとか地上に降り立ったグレイたち。

 ところが、エドラスのエルザの命令で動いている王国軍の兵士たちがその場にやってきてしまいまして、ハッピーとシャルルをラクリマにする為に、怒涛の攻撃を仕掛けてくる。

 すでに逃げていったエクシードたちはラクリマに変えられ、もはやハッピーたちのみ――― まあ、ナツたちのところに避難しているシャゴットたちは除かれてますがね。

 自分たちの魔力にする為だけのジコチューすぎる目的に、さすがにグレイも怒り心頭。

 ルーシィも、久しぶりにロキを召還して、一気に王国軍に反撃を試みまくる!!!

 ココも、あまりの王国軍のやり方に怒って兵士たちに我が身で戦ってくれたりしてくれてなんとか善戦に持ち込んでいくが、王国軍の兵士たちは、大量の兵の数を利用して無差別に魔法弾を大量放弾してくるし、数体の王国軍のレギオンを出してきたりといった強烈な反撃が発動され、どうしようもない程の絶体絶命の危機に陥ってしまう!!!


 その頃、遠くはなれた場所に避難していたエドラスのフェアリーテイルでは、エドラスのルーシィが情報屋のガジルから得たエクシードの危機の情報から、その者たちを助ける為の説得をみんなに試みていた。

 だが、王国軍が大量の魔力を手に入れているって事で、自分たちが抵抗して勝てるのかと消極的だった…。

 しかも、両陣営が疲れきったところへ自分たちがやってきての美味しいところ取りとか、王国軍の味方をして自分たちを認めてもらって恩を売るとか、とにかくちょっとした黒い話をしたりと、オイオイな流れに…。

 でも、あの国王のファウストがそんな甘いヤツじゃないし、仲良くどころか今まで以上に自分たちを迫害するのは明白な上、今回の件でエクシードを滅ぼしてしまったら、必ず次の野望に向かってしまうだけでなく、反対する者は虐げられる最悪の暗黒時代が到来するのは確実!!!

 だからこそ、人間とエクシードが争ってるヒマなどないのだと訴えるエドラスのルーシィ。

 アースランドのナツたちも、王国軍に必死に戦いを挑んでいる状況だけど、この世界の未来は自分たちの手にかかってるし切り開いていくのだとも訴えてくれるのですが、たとえ戦場に向かおうにも、もう魔力もほぼ皆無の状況なので『片道切符』は確定している…。



 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第91話『DRAGON SENSE』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4514.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 みんなの盛大なる協力もあって、竜鎖砲は粉砕されラクリマもアースランドに戻す事に成功。

 ミストガンの意外な正体もあって驚いた場面もあったけど、これで無事に解決……な訳がなく、怒りに震えるエドラスのエルザ率いる王都の軍勢が、最後の反撃を仕掛けてきた!!!

 その際の攻撃を受けたパンサーリリーは、背を貫かれ王都の都市群の中に落ちていく…。

 もちろん、エドラスのエルザが狙うのは、やはりアースランドのエルザ。

 ミストガンは、王子としての特権で攻撃を止める様に命令を下すが、彼の言葉を止めたのは、国王のファウストだった。

 やはり、ミストガンがアースランドでアニマを止めて周ってるというのは知っていたみたいで、自分の国を売った売国奴と身勝手すぎる言葉を、どこからともなく唱える。

 ミストガンも、アニマ計画は失敗したのだから戦う意味はないと反論するが、ファウストは、これは『戦い』ではなくて、王に仇なす者への報復にして一方的な殲滅として、エドラスの王国に封印されていた魔導兵器『ドロマ・アニム』に搭乗して起動させる!!

 もちろん、最大の目的は、ミストガンを始末する事!

 彼さえ始末すれば、アニマを止める者が存在しなくなり、また巨大なラクリマを収拾&エクシードを融合させる事など何度でもできると、もはや身勝手極まりない持論を唱えまくる。



 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第90話『あの時の少年』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4513.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 ついに発射された竜鎖砲。

 それは順調に、エクスタリアへ向けられる!!!

 ニチヤたち近衛師団のほとんどがラクリマに変えられ、もはや事態は一国の猶予すらならない。

 もちろん、ウェンディとシャルルが急いでここから逃げる様にと訴えてる旨も知らされ、報告を聞いた女王シャゴットは、すぐにでも彼女らの元へ案内する様にと求めてきました。

 時が…来たのです。



 竜鎖砲の速度は、ガジルの予想の範疇を超えているみたいで、みんなをラクリマから解放させるには時間がないどころのレベルではなくなってました。

 そこへ、レギオンに乗ったナツたちもやってきて、エルザもグレイもルーシィも魔力を解放しまくって必死に竜鎖砲を止めようとするも、やはり勢いは圧倒的に竜鎖砲の方が格上で止めようがない状況。

 もはや、どうしようもない状況に、ハッピーがナツの元にやってくる。

 でも、当の本人を目の前にして戸惑ってしまうハッピーだけど、ナツはまったく問題すらなく声かけをする。

 手伝えよ、相棒♪

 これを聞いて、ハッピーもいつもどおりの返答でナツの元に向かいました。

 なんか、久しぶりに聞いたわ、この2人の掛け声は(>▽<)


 この光景を見て、ラクリマ側から見てたガジルもちょっぴり嬉しいみたい☆彡

 彼もまた、竜鎖砲を止める事を最優先に、パンサーリリーとの勝負を一旦休止&ナツたちに加わる。

 当然、自分のペット として、アースランドのギルドへ連れて帰る事を宣言しましたぞ!!!

 まさかのガジルの行動に驚くパンサーリリーだけど、この竜鎖砲を止める側にココもいた事にさらなる驚きが出てしまう。

 彼女はすでに、永遠の魔力ではなくて、永遠の笑顔がいい と決意は固い。


 そんな中でガジルも加わり、みんなで魔力を高めて止めようとするも、それでも竜鎖砲の力はそれ以上で、ついにエクスタリアの浮島に少しだけだがぶつかってしまう。

 それでも彼らは、たとえ魂だけになっても絶対に止めると必死であります!!!!!



 続きはこちらへ!!!

|

アイドルマスター 第7話『大好きなもの、大切なもの』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4608.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 本日は、ある財閥の屋敷から生放送のテレビ取材♪

 でも、この住宅こそが、なんと 伊織の実家の屋敷 でありました!

 ほとんど詐欺状態で何も知らなかったテレビ番組の中継アナウンサーは、竜宮小町&伊織個人の宣伝を、愛犬と一緒に戯れる光景を利用して敢行。

 言うまでもないが、屋敷の執事さんにストップをかけられました。

 執事役が高校生の少年で中の人が白石涼子さんだったら……って、完全に番組を間違えてますね。

 もちろん、この模様はライブで放送され、765プロの面々もしっかり驚き視聴。

 やよいも、天然をやってもうたっすが、響から指摘されてようやくここが伊織の実家だと理解しました。

 あと、プロデューサーは、コーヒーを入れてるのを忘れて呆然と見守っちゃいました。

 当然のことながら、伊織はプロデューサーに注意されちゃいました。

 もちろん、伊織からすれば竜宮小町を宣伝する為の『営業努力』からもしれないけど、プロデューサーに事前に連絡すらしなかった上に、あの大豪邸で大型犬と戯れてる光景というのをリアルに放送されてしまったら、マジで竜宮小町のイメージダウンになりかねないのは事実でありますぞ!!!

 それでも、伊織からすれば、今の自分は『竜宮小町』の1人で担当は律子だから、プロデューサーは関係ないと猛反論。

 これはヤバイと思ってましたが、ここはプロデューサーが、同じ765プロのアイドル&みんなのプロデューサーのつもりだから、みんなの力になりたいし、悩みなど困った事があったら相談に乗りたいと真剣に吐露しまして、伊織も頼りにしたかったらもっと頑張りなさい!とツンデレな態度で返答しちゃいました。

 伊織自身も、プロデューサーよりもあの番組への怒り心頭中でして、立派なお父さんやお兄さんがいて幸せですねって言葉に対して、彼女の逆鱗に触れてしまったからみたいです。

 その父親や兄は、伊織はアイドルになれる訳がないと決め付けてるからだそうな。

 だからこそ、怨んでるとかではなくて見返してやりたい気持ちが非常に強いそうです。

 それを聞いた響きも同調しまして、彼女の兄もまた、響を馬鹿にしてると怒り心頭に。

 でも、やよいだけは、6人いるが仲良し だという。

 これには、伊織も響も、完全にヒイてしまったみたいです。

 そんな空気打破の為、伊織が美味しいものを食べようと、響&やよいを誘うんですが……弟妹が多いやよいは、この子らの面倒込みで見ないといけないので、伊織&響が、やよいの自宅で夕食タイムって事になりました。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の祓魔師 第13話『証明』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4551.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 青の祓魔師も、なんとか後半戦。

 もちろん今回から、OP&EDが変更されました。

 OPはまあまあかっこいいなって感じなんでそんなに問題はないんだけど、EDはさすがにオーマイゴッドっていうくらいに、このアニメにあんまり合ってない感じでした。

 また1つ、黒木メイサのクロ歴史が誕生したって感じですね、残念ながら(>_<)

 しかし、2クール全4曲やって、なんか燃える様なのがないのも致命的すぎる気がしますが、あと数話ぐらいでオリジナル展開になるのは確実なので、果たしてどうなるかは見て行こうと思います。



 さて、今までフードで顔を隠したりしていた『山田』という人物の正体は、なんと正十時騎士団バチカン本部の上級監察官の霧隠シュラという女性の騎士でした。

 とりあえず、支部長のメフィストを強制的に呼ぶ様にと命令を下した上で、燐には事情を聞きたいって事で騎士団の日本支部に連行する事にしました。

 無論、本日の授業はここまでにして、竜士たちを寮に戻る様に命じ、その後に、雪男とシュラは燐を連れて特殊の鍵を通じて日本支部の中枢に一気に連行されていきました。


 到着早々、別ルートですでに到着していたメフィストとご対面する燐たち。

 メフィスト自身、監察官が潜入していた事自体、気づいてなかったと、なんか嘯いてる感じがしますね。

 シュラは単刀直入として、なぜサタンの子の存在を隠していたかと事情説明を求めまして、メフィストも「すべては正十字騎士団の為」だと答えた上で、サタンの子を“正十時騎士団の武器”として飼いならし、そして2000年もの間、防戦一方だった祓魔師側が一気に攻勢に出るチャンスだと述べる。

 無論、本部に連絡をしなかったのは、まだ燐の炎は未完成で、中途半端な状態のモノをお見せする訳にはいかないそうな。

 でも、それだけでは、シュラが納得する回答ではない。

 彼女にとっては一番大きな事は、この件に獅郎も関与してるのか!? ということ。

 メフィストは、燐の青い炎が強まるまでは獅郎が育てたものの、その後については自分が後見人になっている旨も吐露する。

 まあ、メフィストがどんな回答をしても、本部への連絡は免れられないのは明白ですが(>_<)


 それはそうとして、シュラは燐の尋問の場所を『大監房』で行う旨を伝えるが、燐はけっこう笑えるとメフィストが余裕の返答。

 雪男が燐の代わりに説明すると述べるも、シュラはすでに、自分が燐を尋問する気マンマンです。



 続きはこちらへ!!!

|

青の祓魔師 第12話『鬼事(おにごっこ)』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4549.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 見事すぎる職権乱用がごとく、無限の鍵を使いまくって日本各地を観光してきたアマイモン。

 とりあえず、日本各地のお土産も持参っす。

 特に、天狗のお面を別角度から映し出すのは、マジで自重しろ!!!

 天狗といったら、め~らメラの 第9話
第10話
を思い出すから(>_<)

 あれは、柿原さんや神谷さんが『小物』と言われても仕方ないくらいの超大物声優さんらが担当しまくったんだから【実話】

 こんなにお土産の面々を見せられた上にこんな扱いされたら、さすがのメフィストも怒る………んだけど、偶然にも、聖地でもレアとされてる『ハニーハニーシスターズ』の浴衣が目の前で見せられて、即時試着する程の喜び様を披露しました☆彡

 それはそうと、アマイモンが少しばかり気になってるのは、やはり燐の事。

 メフィストの目論見どおり????に、燐と遊んでやる気になったそうです!!!



 そのアマイモンも目にかけた燐はといえば、竜士たちや雪男たち講師を交えての正十字学園敷地内の遊園地『メッフィーランド』の出入り口に集結をしておりました。

 竜士の機嫌からから考えると、どうやら彼らの方は燐たち以上にヤバかったみたい????

 そして、燐たちより少し遅れて、しえみと出雲が正十字学園の制服を着用してやってくるのですが……出雲は相変わらずとして、しえみがまさかのナイスバディだった事に、燐・竜士・三輪・志摩の4人はびっくり仰天!!!

 簡単に言うと、通常の服装だったら任務に不向きって事で、メフィストが支給してくれたらしい。

 なんか今週は、アバンから、いかがわしすぎる天狗のお面の角度やら、しえみのナイスバディやら、スタッフは今までの展開のアレぶりにてこ入れを図ったんですか????【違】

 ついでに雪男は、冷静な態度を示そうとしてましたが、燐からしえみのオッパイ……と聞かされて出席簿ですぐに叩いたあたり、けっこうまんざらでもない態度だったのはいうまでもないですね。


 ここに来たのは、ゴーストの目撃情報&被害 があったから!!!

 そこで、2人1組にして、それぞれで行動する事にしました。

 三輪と宝、山田と竜士、燐としえみ、出雲と志摩。

 燐たちはそれの捜索を担当しまして、発見したら雪男かモミアゲ講師の椿のところに連絡する様にとの事!!

 そして、注目のゴーストだけど、小さな男の子 で、手や足を引っ張ったりスカートめくりをするらしい。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月30日 (火)

GOSICK-ゴシック-最終第24話『死神の肩越しに永遠を見る』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4446.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 ヴィクトリカを憎悪している方のロスコーによって、命の危機に立たされるヴィクトリカ。

 今まで、多くの人の死を見ても心揺るがされる事もなかった彼女だけど、母のコルデリアに見守られ、一弥との出会いやふれあいによって『恐れ』というのを知り、同時に 生きる という、誇りよりも大切なモノを見つけた。

 ヴィクトリカはその為なら、どんな屈辱でも受け入れる覚悟で、ロスコーに必死に命乞いをする!

 でも、未だに憎しみに囚われてるロスコーは、ヴィクトリカの訴えを聞き………今は亡きコルデリアと彼女をダブらせて見てしまった上、なぜ子狼にそこまで
執着するのかと血走ってしまいまして、ヴィクトリカを崖の先まで追い詰め胸倉にある『一弥からもらったペンダント』を掴む様にして持ち上げてしまう。

 今にも千切れそうになるペンダントを守る為、ヴィクトリカは必死に抵抗。

 その結果、憎悪してる方のロスコーは、足を踏み外してしまい崖下に転落してしまう。


 そして場所は移動し、王国の国外へ移動する為の客船が停泊している港に、ヴィクトリカとロスコーがいた。

 すでに、あのロスコーには憎悪すら喪失され虚脱感があっただけでなく、負傷もしていた。

 転落した際の映像を見る限り、ヴィクトリカがいる位置のすぐ下に足の踏み場がある部分があったので転落死はないかもと思ってましたが、転落の態勢が背中方面に落ちてしまったからダメージは甚大でしょうな(>_<)

 無論、乗船券を調べる船舶員から負傷関係で不審がられるけど、乗船券があるって事で無理に突っぱねましたが、それでも乗車券と身分証明の為にしばらくの間、近くで待機する事に。



 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第86話『エルザvs.エルザ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4497.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 7月って事で、新OP&EDに突入しましたが、なんといえばいいのか…!?ってのが、両方聞いてみての感想っす。

 映像とかとも合ってないですし、これはさすがに慣れるのが時間かかるどころか慣れ始めた頃にすでに終了してるって感じっす。

 まあ、あのワンピースの超絶カオスナイトメアOPがあるので、それを超えるってのはまずないですね。

 例でいえば、AKB48やアイドリングのメンバーが酒にデロンデロンに酔っ払いながら適当に下ネタオンパレードで書いて公共の電波で熱唱しまくったのなら、話は別ですが。

 やるとすれば、恵比寿マスカッツか。【待て!】

 あと、今月から7月に突入したって事で、画面の左下に違和感満載の終了コードもあるので、けっこう見づらい感じになってます!!



 それはさておき、ハッピーの絶体絶命の危機に、エルザ&グレイが参上(*^o^)/\(^-^*)

 一気に、エドラスのエルザを除いた兵士たちを撃破する。

 無論、エドラスのエルザもグレイに牙を向けるも、ここはアースランドのエルザがこれを防ぐ!

 その間に、グレイが魔力を封じていたルーシィのネバネバな手錠を凍結によって解除し、急いで悲鳴と絶叫が聞こえまくるナツたちの元へ赴く!!!


 どうやら、広場にあったラクリマこそが、グレイとエルザ2人だけだったらしい。

 ガジルが広場にあったラクリマにドラゴンスレイヤーの能力によって2人が解放されたのだけど、ガジル自身、あれだけ大きなラクリマで実は2人だけだったという事実に驚いちゃったみたいです。

 それはそうと、グレイとエルザは目覚めて早々、エドラスでの歓迎 を受けてしまいましたが、ここはガジルの魔法で増援がやってきた王国軍兵士たちを撃退し、急いで2人を連れて逃走していきました。

 そして、路地裏まで逃げたところで、エドラスのガジルも加わっての『できる限りのいきさつ』を聞いた上で、アースランドのガジルが問題なく魔法を使えてる原因――― ミストガンからもらった『エクスボール』という秘薬を飲みまして、急いで参上したという訳です。

 まあ、そのガジルを送ったのが、ミストガンですが(≧▽≦)


 どうやら、この世界では、滅竜魔法は色んな役割があるらしい!!!

 もちろん、ラクリマにされたみんなを元に戻す事も可能だというのだ。

 ハッピーは、みんながラクリマにされてる場所を把握してるみたいなので、とりあえずガジルの元へ。

 その間に、グレイたちは急いで先へ向かう――-!


 2つの世界のエルザ同士の対峙。

 エドラスのエルザは、どうやら槍を変形させてその際の槍の能力を引き出して戦うみたいです!!!

 しかも、シルファリオンやメル・フォースやエクスプロージョンといえば、言うまでもなく、RAVEのハルのテン・コマントメンツの能力です。

 同じ作者なので、まったく影響ゼロであります(≧▽≦)

 エルザも鎧を換装をしながら、エドラスのエルザと応戦。

 魔槍となったテン・コマントメンツと、鎧の換装の壮絶バトルがついに開演です♪



 続きはこちらへ!!!

|

逆境無頼カイジ-破戒録篇-第17話『不毛な貫徹』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4575.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 悪夢のブロック発動周らぬ右側の風車


 ブロックはおろか風車すら回らないという、シャレにもならない極悪非道設定をしいてきた一条の策に悪戦苦闘するカイジ。


 そして、1枚目の1000万パッキー終了。


 場は、先程までのアツイ展開から一転、冷酷かつ冷たい状況に陥ってしまう。


 一条は、早く諦めさせる様にしてカイジに言葉をかけるが、カイジは躊躇なく、次の1000万パッキーを要求。


 2枚目の1000万パッキーでの戦いが始まる。


 だが、観客から見ても、一条側が明らかに露骨なブロックをやっているのがミエミエなのに、なぜ続けるのかわからないって感じになってきまして、徐々に空気が店側の露骨な不正への怒りが出始める。


 一条も、こういう空気になってきてるのを見て、いずれブロックを解除して通常の1/3の確率に戻すだろうと考えていると脳裏に浮かびますが、当然ながら、一条がそういう設定に戻す訳がない。


 お前は死ぬ!


 不毛に、不毛に、不毛に、不毛に、不毛に!!!!!!


 不毛に死ねぇ!!!!!!


 浪川さん、めっちゃ悪党すぎますぞ~~(≧▽≦)♪


 ファンがこのシーンを見たら、どれだけの人たちが卒倒するだろうか!?




 まあ、一条からしたら、現在のギャラリーが夜より1/3程度と少ないのが幸いしていると一安心。


 そんな折、カイジを確保する為に、帝愛本部からの確保部隊3人が来訪。


 現在の時刻は、午前10時49分。


 カイジの人生終了まで、あと5時間11分。


 一条は、帝愛の本部たちに応対するが、実はそのほかにも、本部からの要請 として、このフロアにある監視カメラすべてを、カイジがプレイ中の『沼』に集中させ“生中継”として、あの帝愛王国・地下労働施設に送信する様にとの命令を受けていました。






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月28日 (日)

日常 第16話『日常の第十六話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4561.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 日が短くなったって事は、前話で日常-夏の章-は終了して、日常-秋の章-に突入したってところかな??

 もしかして、文化祭とかやったりして???

 そんなのがやったらいいですが、まあ、京アニの事だからやるかも???


 さて、本日の授業も終わり帰宅の途につきはじめるクラスメイトたち。

 もちろん、なのも帰宅の途につくのですが、なんとゆっこからの悪夢のお誘いが!!!

 当然、みおみたいに、ほんのわずかな隙を突いて逃走しちゃいました(≧▽≦)

 悪いとは思わなくてもいいですからね、なの【オイ!】



【日常の64】

 地元のコーヒー店がリニューアルしたって事なので立ち寄ったゆっこ。

 でも、メニュー表があまりにも複雑な内容になっているのを見て、彼女の頭が初っ端からこんがらがってしまいまして、とりあえずエスプレッソの『T点』と注文するも……そのT部分は『トール』でして、ゆっこの大混乱は大爆発。

 いや、 じゃなくて、トールです。

 ゆっこの頭脳では、京大なみに難しかったみたいっすね(;一_一)

 だけど、ゆっこのあまりの大混乱ぶりの影響は、応対した研修中の玉村にも伝染。

 もう、しどろもどろの応対になってしまって、ゆっこの大混乱に拍車がかかってしまう!!!!


 結局、なんとかメニュー選択を終えたゆっこだけど、席に着く際には燃え尽きてました。

 そして、注文したエスプレッソがゆっこの前に提供されるんですが………園児ぐらいがちょうど持てるショートだった為、あまりの小ささに屈辱感が芽生え、さらに あまりの苦さ に、絶望感と敗北感が同時ににじみ出てきてしまいました。

 そしてお店を出た時、ゆっこの悲しみを表す様に雨が降ってしまい、その中で帰宅の途につきました。

 もう、なんつうか……これからは、自販機でいいや。



 続きはこちらへ!!!

|

日常 第15話『日常の第十五話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4560.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



【日常の59】

 暗算とかできるんじゃないかなぁ~!?

 突拍子もなくみおにそう語るゆっこ。

 なんか、ロボットだからなんらかの機能があるって事で、彼女がロボかどうか試してみようと気合入ってるゆっこ。

 みおは、なんでか背中にネジがあるって事だけでロボットってのはどうかと信じてません。

 でも、ゆっこには、妙案があるそうな!!!


 こんな感じのアバンで始まったんですが、早速ながら、なのにいろいろ質問したりしてみる。

 3260+260/320は?

 そのままで計算すると、答えは『11』なんですが、出るかな????

 しかも、妙案として――― わざとらしい態度で、難しかったら機能を使ってもいいと言っちゃいまして、みおも唖然。

 なのもお言葉に甘えてって事で取り出したのは、ソロバン(>▽<)

 でも、腕前といえば、超ビギナーレベル でした(;一_一)

 さらに、ソロバンは使わずに手書きで計算を始めてしまうなど、ゆっこの期待は即座に粉砕。

 疲れて倒れちゃったって事で、なのは魔法瓶持参の飲み物を出してくる。

 魔法瓶の中身は オイル なのか―― と思わせて、実は『水団』でした。

 そんな折、まいがやってきて、買ってきたオイルやモンキーレンチを『あげる』と渡してくれまして、今度こそは………と思ったら、しっかりお礼を言って、それらを自分の鞄の中に入れちゃいました。


 2人して、なのをからかってると思ったみお。

 まいの場合、彼女流のスキンシップ だったけどね。

 これに乗じて、ゆっこはなのと友達になりたいと申しました。

 どう見ても、スキンシップとか友達になりたいって雰囲気には見えないけど…。

 いらないならとせっかく出した水団を飲むなのだけど、銀歯が取れたかなと思って口の中を調べてみたら、なんとネジ1本が出てしまい、それをまいがしっかりビデオカメラで撮影しておりました( ̄口 ̄;)!!!!!



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月27日 (土)

日常 第14話『日常の第十四話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4509.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 アバンは、今日から高校へ通う事になった、明るいなのから♪

 もう出かける前なのに、なんか記念撮影をしたりと、もうハイテンションです(≧▽≦)

 阪本さんも猫ですから、本当に激しい夏の時期の抜け毛の状態で近寄るのは自重って事で追い出されました。

 無論、お着替えタイムでありますがね!!!

 果たして、なのの高校生活はいかに………ってか、家に取り残されるはかせは大丈夫か!?


 そしてついに、新OP&EDが公開されました\(^o\)(/o^)/

 OPには、新キャラも数名出てくるみたいですし、曲もいい意味でのさらなるカオスへと変貌してますな♪

 前OP以上に、カラオケで楽しめる曲ですわ。


 EDは、出演声優さんの一部が熱唱する、懐かし????の曲になるとの事。

 これからどんなのが来るか楽しみっす(>▽<)

 逆にこちらは、小学校や中学校の合唱でそのまま見本として使えそうな感じです。

 雰囲気がそれらしいものだって思いましたので…。



 続きはこちらへ!!!

|

Dororonえん魔くんメ~ラめら 最終十二炎『股会う日まで』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4568.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 強制大殺生を阻止か実行か――。

 まさに、世界の命運を賭けた、天国チームの選抜5人組とえん魔くんたち5人との戦いが始まる!!!

 無論、ハルミも5人の中に入っておりますぞ~~。

 最終回なので、ラストのカオスOP混入は、巨人の星なんだけど、いろんな意味でワロタ(>▽<

 だって、カパエルなんか、バットじゃなくて自分の腕でボールを当ててるんだからな!!!!



 まずは、某ちきちき大レース風な感じで場所移動。

 まさかのマリオカートは、盛大に笑ってもうたっす(>▽<)

 あと、ニコ動で無料公開されてた時に見たが、永井豪作品の主人公たちのパロが出まくりだったとの事。

 凄ノ王伝説とか、キューティーハニーとか、けっこう仮面とか、とにかく昭和ネタ満載。

 特に貧乏神なんか、耳にはしたことがある『オモライくん』だったとは!!!

 このアニメ、最期まで油断するとヤバイなと思いましたな、いまさら。


 こんな感じで、決戦会場『軍艦島』へ移動した一同。

 マリオカートで撃破したと思われてた天国チームは、すでに先回りして到着済みでした。

 そして、勝利条件は、相手チーム5人全員を倒す事。

 決戦会場は、五重塔に登っていくのかと思いきや、いきなり屋上に到達。

 でも、このままでは戦えないとばかりに、シャッポじいが閻魔大王が熟睡中の隙を突いて、みかん箱の中に収められていたみかんの姿をした法具を借りたならぬ強奪をしてまいりました♪

 えん魔くんは『う○こみたいなみかん』、ハルミは『ぱんどらと書かれた普通のみかん』、雪子姫は『冷凍みかん』、カパエルは『腐ったみかん』、艶美ちゃんは『カビてるみかん』と、なんの効果があるかはお楽しみに♪

 そしてステージも、五重塔からなんでか5つのステージに分散して、それぞれの相手と戦う事に。

 えん魔くんは、前話にも出てきた羽衣姫。

 雪子姫は、けっこう仮面ならぬけっこうハニー。

 艶美ちゃんは、因縁のマーク・エンゼル。

 カパエルは、凄ノ王ならぬスサノジョオー。

 ハルミは、オモライくんならぬ貧乏神。

 実況はダラキュラで、解説は妖怪博士………の看板です。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月26日 (金)

日常 第13話『日常の第十三話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4508.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 いつものとおりの風景が広がる東雲研究所。

 阪本さんもお腹が減ったって事で庭の方にやってくるけど、どう見ても、はかせが仕掛けたとしか思えない、生魚が置かれてる囲いの罠が堂々と披露する形で仕掛けられてました(>_<)

 阪本さんも、わざと引っかかってやるかとばかりに囲いの中に入るのですが………縄を引いてみるやいなや囲いの網を支えていた棒がそのまま阪本さんの上半身部分にダイレクトアタックしてしまい、結果的にもろやられてしまいましたわ!!!

 さらに、この生魚はお昼のご飯にする予定だったのにそれもオジャンになったにも関わらず、はかせはいつもみたいに、全責任を阪本さんに押し付ける始末であります…。

 そんな時、研究所の前を女子高生たちが会話をしながら登校するのを目撃しまして、なのは憧れの表情で見つめる―― もちろん、阪本さんがそれを見逃す訳がなく、はかせになのが学校に行きたがっている事を告げる!!

 まあ、それを聞いたはかせも、さすがに不安になったみたいで、なのに 行っちゃヤダ!と訴えました。

 なのがどこかに行っちゃうと思ってしまったそうですがね(●^o^●)

 とりあえずは、お昼ご飯がなくなってしまったって事で、午前中に買い物に行く事になっちゃいましたが、はかせは言うまでもなく、一緒に行くと申し出ました―― 大量にお菓子を購入するのが目的だと誰でもわかりますが。



【日常の53】

 その学校では、ゆっこが高熱&体調不良垂れ流し状態で登校してきました( ̄口 ̄;)!!!

 いくら、マジックを披露するのが目的だからって、警報ランプがゲシュタルト崩壊した状態でやってきたら、多くのクラスメイトに大迷惑がかかってしまう上に、重病者まで出るのが関の山ですわ!!!

 おかげで、1つ上の席のみおも大心配ですが、そんなの初耳との事。

 しかも、そのマジックの数々を披露しようにも、もうすでにマジックのタネが大披露してたら意味なしだわ。

 さすがのみおも、こんな体調でそれをやる為に登校したのに、次から次へとマジックのタネが披露されまくってバレバレになってるって展開を必死に隠したりして、もう大変って状況です。

 まあ、最後は、タバコの1本が硬貨を擦り抜けるってマジックをやり初めのところでゆっこは力尽きまして、みおもマジックの花をそのまま彼女の机の上に置いちゃいましたとさ。

 今は、眠りなさい(;一_一)



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月25日 (木)

GOSICK-ゴシック-第23話『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4428.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 シスター服装でチェスをするヴィクトリカ。


 でも、今の彼女は、まるで ロボットそのもの かの様に変貌していた( ̄口 ̄;)!!!




 そんな中、時は流れ、1925年初春。


 首都の光景はかつての華やかなものではなく、厳戒態勢が引かれまくっていた。


 それだけでなく、ドイツがポーランドに侵攻したりと、ヨーロッパの空気は大戦の空気へ…。


 だけどソヴュールは、科学アカデミーのロジェの働きもあって、親愛なる国民への愛を正しく見つめると共に戦争不参加の灯りを点そうと国王ルパートが唱え、一致団結をしていこうとしていたが……そこに、そんな思想を潰そうとブロワ侯爵がその舞台に上がると、形見箱を証拠にしてロジェがセイルーン王国の末裔である事を暴露してしまう!


 その上、ヴィクトリカから強奪した、彼女が切り札として所持してた『決定的な証拠』を提出してしまう!!!


 しかも、この大戦に参加しなければ、ソヴュールの国力は低下するというのがロジェの目的だと嘘ぶりまして、もはやロジェにとっては絶体絶命の大ピンチに陥ってしまう。


 もちろん、ルパートには何の事かわからない様子。


 まさかの証拠を突きつけられたせいで、ロジェは反論すらできず、部屋を暗くした隙を突いて宮殿の窓から逃走してしまう!!!


 これによって、科学アカデミーは一気に敗北し、オカルト省が国の実験を握る最悪の展開に-。






 続きはこちらへ!!!

|

セイクリッドセブン 第8話『マゴコロを込めて』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4550.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 ナイトや研美との邂逅を経たアルマとルリ。

 でも、今回はいろいろとありすぎて、ルリも精神的に疲労した様子だけど、アルマが助けに来てくれると信じていたと笑顔で答える彼女に、アルマはつれない表情で「とりあえず…」と返答してしまう(>_<)

 おかげで、せっかく笑顔だったルリの表情が、少しばかり曇ってしまいました…。

 ちょっとヤバイわな、この空気。


 研美グループから出された、ここ10年間の事業報告を伝える鏡。

 でも、どれもこれもすべて、表向きの情報ばかり でして、鏡が自分のルートを利用して独自調査をする事にしました。

 すべては、早急に敵を見極める為に!!!

 そんな折、メイド部隊の2人から、接着剤で引っ付いてる状態の鬼瓦と何らかの書類を受け取りまして、鏡ではなくて自分からアルマにある事を伝える為、アルマの自宅に向かいました。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月24日 (水)

アイドルマスター 第6話『先に進むという選択』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4571.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 新ユニット『竜宮小町』が結成されてから数日後。

 なんとなんと、問答無用の激務状態に発展\(^o\)(/o^)/

 もっちろん、竜宮小町の担当になった律子は、もう張り切り全開です♪

 対照的に、プロデューサーの方はといえば、相変わらずのスケジュール模様みたいっす。

 そんな律子の気合ぶりに触発された感の音無さんは、竜宮小町が売れたら、事務所のオンボロドアやソファーなどの備品のみならず、事務所にあるデジタルテレビも最新鋭のものにすると気合十分に

 でも、律子は温い事はダメと、都内の一等地に事務所ごと引越し!と爆弾発言ぶちかましました。

 女性2人が勝手に盛り上がってしまい、プロデューサーはやけくそに笑いまくるしかなかった―― って、笑い方が悪役っぽかったって事で、双海姉妹から愉快に殴られました。

 そんな折、竜宮小町の1人になったあずさは、髪をさっぱりさせて、大人の雰囲気満載にリニューアル☆彡

 もっちろん、さっぱりさせた髪型の方が、若く見えるからとの事!!

 おかげさまで、自分も頑張らないとと一層の気合を入れるプロデューサーでした。

 言うまでもないけど、竜宮小町は、765プロの社運を賭けたユニット!!

 律子が、あずさ・伊織・亜美の3人を選んだのは バランスのよさ と、事務所にやってくる記者の吉沢さんに説明。

 しかも、この3人の苗字が『水』に関係しているって事からだそうだが、それを聞いた春香は愕然しまくり。

 それもそのはずで、彼女の苗字に『海』が入ってるのだ。

 それは確かに、かなりのショック受けるのもわかるわな~~(>_<)

 まあ、それ以上に、吉沢さんが単なる社長のお茶のみ友達ではなくて『本物の記者』だという事実に、やっとこさやよい・響・真が初めて知ったのも驚きものでありますが。

 その後、竜宮小町の3人による衣装合わせタイム。

 美希は、竜宮小町の衣装の中の小さな帽子を被ったりしてるけど、衣装合わせ中の律子から叱られてしまう。

 そのせいで、こういう衣装を着れないかな!? と羨望の思いを漂わせてしまいました。

 まあ、音無さんの妄想は、自重の域をとっくの昔に超えちゃってますが(>_<)

 それはそうと、律子と竜宮小町の4人は、急いで出演する番組の打ち合わせ場所へ。

 実は、竜宮小町がデビューする番組はすでに決めていて、その番組こそが『アミューズメントミュージック』という有名歌番組だというのだ!!!

 そのほかに、今後の竜宮小町のスケジュールは、もうギッチリしまくり☆彡

 圧倒的現実をリアルに感じたプロデューサーは、全然ゆったり気分のほかのアイドルたちに向けて、自分も頑張るからアイドルたちも頑張ってくれと宣言をするものの、ただ闇雲に頑張れと言われても仕事がない現状ではどうしようもないですし、アイドルたちもかなりテンション激低状態です…。

 これだけで、今の律子たちとの圧倒的現実の差をリアルに感じてしまいましたわ。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

青の祓魔師 第11話『深海の悪魔』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4432.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 嵐の海の中に出現した巨大なイカみたいな怪物に挑む漁師のオヤジ。


 でも、嵐の中で挑むというムチャぶりを敢行してしまい、嵐の海の中へと消えていった…。


 たぶん、クラーケンかなんかでしょうな、これは(; ̄O ̄)




 そんな事があったことなど露知らずにやってきた燐&クロ、出雲、志摩の3人+1使い魔。


 海岸の光景を見て、一番興奮している志摩。


 公衆の面前で、出雲に早く水着に着替えるようにって言うのは、時間帯ではNGやでぇ~!!!!


 逆境無頼カイジ第2期とは正反対の超ハイテンション、自重っすよ、遊佐さん♪【オイ!】


【↑意味わからない方は、第2期のDVD&ブルーレイ2巻以降が出たらわかります☆彡】




 とっころが、志摩くんのハイテンションはすぐに鎮座。


 水着の女性を横目に見ながらの、海の家でのイカ焼き販売のバイトですから、そりゃあテンション下がるわな。


 まあ、逆境無頼カイジ-破戒録編-では、これとは間逆の役をやってますからな~~(;一_一)


 でも、燐にとって見れば、こういうのは嫌いじゃないっすから☆彡


 ところが、いくらおいしそうなイカ焼きを焼いたりしても、お客は近寄ってこない。


 まあ、クロだけは食べたがってますから、




 実は、任務って事でこっちにやってきたみたいだけど、志摩から見れば、悪魔よけの海草の探索は口実で、本命はこのイカ焼きの海の家の手伝いだろうし、この海の家は民宿も含めて、あのモミアゲ講師の奥さんの実家が経営してるそうですから、そう主張したくなるのもわからなくはないかも????


 ついでに、竜士や三輪は、多摩川でバリヨン探しをしてるらしい―――― って、明らかに燐たちの方が勝ち組だぞ!!


 あと、この場にいなかった出雲なんだけど、しっかり水着に上着を着用して浮き輪持参で海へ突入♪


 これでも、イカを焼く手伝いをしたそうなのでいいですが、確かに売り子には確実に向いてないな、彼女は。


 それと、燐たち3人は交代交代で泳いでるらしい――。


 ツンばっかで、デレのデの字もないわ…。


 これだけでもテンションが下がってしまうのに、そこにあのモミアゲ講師がやってきてしまい、さらにテンションが下がったのは、もう燐と志摩の表情を見れば一目瞭然でありました。






 続きはこちらへ!!!

|

NO.6 第3話『生と死と』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4547.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 ネズミによって、NO.6の外の世界にやってきた紫苑。


 そして今、ネズミが居住している家の中にも招待されるのですが、そこにあったのは、もうこのまま図書館にしてもおかしくない程の膨大な数の古い本が満載の部屋模様だった。


 紫苑は、白い鼠に勧められる様に1冊の本を読んでみるが、どうやらその本はシェイクスピアの『マクベス』で、入浴タイムを終えたネズミも、ホレボレするくらいの棒読みだとツッコまれてしまいました(>▽<)


 まあ、紫苑も芸術関係は奨励されてなかったそうで、マクベスを白い鼠の名前だと間違えた上、なんとシェイクスピア作品のマクベスすら全然知りませんでした…。


 なんか、あの邪悪な都条例法が国会で成立した後の日本で生まれてくる若者がこういう感じになっていくって事を警告したかの様な人場面だと感じてしまいましたわ…。


 でも、紫苑は子供の頃、母親の火藍にオスカーワイルドの『幸福な王子』というタイトルの本を読んで聞かせてくれた事を思い出しまして、ネズミはその作品の中にある人場面の台詞を迫真の演技と一緒に演じる。


 それは、本当の悲惨を知らない人間の『偽善』『自己満足』の物語で、今の紫苑にうってつけだと笑う。




 同じ仕事の同僚だった山勢の変死から始まり、治安局への不満罪って事で逮捕され、連行されてる最中のネズミとの再会&脱走、そしてたどり着いたNO.6の外に佇んでいる別世界の街並みなどなど…。


 入浴をする紫苑は、今日一日であった色んな体験を思いながら入浴をしていた。


 だが、そんな彼の首には、あのシミが蠢いていた!!!


 これはもう、山勢みたいに絶対的な死が忍び寄ってるぞ( ̄口 ̄;)!!!!






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月21日 (日)

NO.6 第2話『光をまとう街』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4543.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 ネズミとの出会いから4年が経過していた。


 大きくなっていた紫苑は、意外にも公園にあるロボットたちを操縦・管理をしながら、1人の青年と一緒に仕事をこなしていた。


 あれからいったい、何が起こったのか…。


 でも、紫苑もこの仕事をそつなくこなしていて、ロボットを通じて色んなのを見ていた。


 だが、ロボットの中の1体が突如、公園の中で人が1人倒れているのが映し出されまして、2人は一緒に急いで現場に向かうが……その人は、なぜか干乾びたかの様に老化してすでに死亡していた上、首には何か黒い点が付着しているかと思ったら、そこから何か虫みたいなのがうごめいていた!!




 そんな事もあって、ファーストフード店で待ち合わせて久しぶりに再会した沙布と紫苑。


 沙布自身、NO.5への留学が決まったし、祖母も黄昏の家の入居が決定して一安心……って言いたいところだけど、彼女が一番気になっているのが、紫苑が12歳の誕生日の後、なぜか特別コースから外れた事だった。


 教師陣の誰もが期待していたはずなのに、なぜかと今でも疑問に思っているのだ!!!


 そんな紫苑は、4年前のネズミとの邂逅の後、特別コースへ進む資格がないとして、クロノスでの居住権をはじめとしたすべてにおける特別待遇が剥奪されて特別コースへ進む事ができなくなり、さらにクロノスの居住区から追放されてロストタウンへ移り住み、現在である公園管理の仕事を携わっているのだ。


 それを現実として受け止めている紫苑。


 だけど、それだけではまったく納得しない沙布は、資格を失った理由を改めて尋ねる。


 紫苑は 言いたくない と一言だけ述べる――。




 4年前に治安局の人間が尋ねてきたあの日、VCであるネズミを匿った上にすぐに治安局に連絡をしなかった事を咎められた紫苑は、自分と同い年で怪我をしていた事を治安局の人間に伝えるが、相手側はそれを、VCに同情して当局への通報をせず逃亡の手助けをしたと判断されたのだ。


 それを思い出す紫苑だけど、なぜか微笑んでいた。


 ネズミを恨むどころか、まるで自分の行動に悔いがないかの様に―――。






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月20日 (土)

NO.6 第1話『びしょぬれネズミ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4541.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 うさぎドロップに引き続いて、ノイタミナ第2部の新作を初めて視聴っす♪


 正確に言えば、実は先週に『あの花』の最終回からやっとこさ、こちらもデジアナ方式ながらも、BSフジが視聴できる様になったのですから、これはこれで仕方ないと思ってくださいませ(>_<)


 でも、BSフジで見ると、ちょうど1ヶ月遅れになっちゃうんですよな~。


 地上波でのノイタミナが東名阪以外はゴミ同然の扱いにされてるのが悔しいってところですが、とりあえずはよろしくっす。






 なにか、地下の下水道から必死に逃げ出している少年に、何人もの銃を所持する男が何人も追っている!


 いきなり、映像が暗くて見難い感じからスタートしましたな~。


 少年は、必死に逃げてなんとか外の光を目撃する事ができた―― が、外への道を封鎖する様に鉄パイプが並べられていて、少年はこれ以上の逃走ができなくなった悔しさを出すかの様に叫びだした―。


 そんな少年の叫びを聞いたかの様に、強い風が吹き付ける外の景色を見つめる少年・紫苑。


 もちろん、一般の人には難しい科学系統の発表の真っ最中ですが、彼は授業の内容を聞かず、強風と共に近づく雷が鳴り響きだす嵐の天候を見て、その自然の風の中に身を任せる様に自らの心を躍らせていく。


 ところが、紫苑にとっては至福の時を迎えてる最中、彼の前の席にいるクラスメイトの男子2人がコソコソと話し合いをしてしまったせいで、紫苑の幼馴染で特別コース入りが決定している沙布の発表が中断されてしまい、さらにそのクラスメイトが沙布の服装を『前世紀の遺物』とバカにしてしまった事でひと悶着を起こしてしまう。


 教師たちも乱入してしまい、紫苑にとってのひと時はすぐに終わってしまいました……。






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月19日 (金)

うさぎドロップ 第5話『ダイキチはダイキチでいい』&第6話『わたしの木』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4538.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






【ダイキチはダイキチでいい】


 就寝している最中、大吉に背を向ける様にしながら、自分の布団の中で泣いてるりん。


 大吉も心配になって、自分の布団へとりんを誘うのですが、彼女は目の前に置かれているうさぎの人形を持ったまま、大吉に背を向ける様にして再び布団にもぐりこんじゃいました。


 これって、ほんの少しの親離れの兆し????




 朝、りんは自分と大吉の分のおにぎりを作ってまして、棚の上にあるボールを取ろうとするが、手が届かない上にかなり危なっかしかったんだけど、ここは大吉がボールを取ってくれて助かりました。


 まあ、これは、第1話の『時間が止まっていた古時計』の針を動かした際のシチュエーションと似てますがね☆ミ


 そして無事におにぎりがある朝食が完成しまして、2人一緒の朝食をとってる最中、りんが突然、自分が使う子供用の包丁がほしいとお願いを言ってきまして、大吉も少しビックリした様子です。


 おれも、子供用の包丁があるって事自体にビックリしまして、いつもの2話一挙放送終了後に実際に検索をしたら、アマゾンとかで本当に子供用包丁が販売していたとは勉強にもなりました、乙っす!!!


 とりあえずは、考えとく で切り抜けた大吉でした。






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月17日 (水)

アイドルマスター 第5話『みんなとすごす夏休み』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4535.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いっきなり、暑苦しい765プロの事務所模様から始まった第5話。

 扇風機を独占状態の響が『涼しいものシリーズ』って事で言葉の遊びを敢行するけど、やよいや双海姉妹はやる気ゼロ状態。

 別のところでは、伊織が雪歩と真に怪談話を聞かせるけど、あまりにもリアリティーありすぎて、涼しくなるどころか余計に恐怖してしまう始末でありますわ(>_<)

 しかも最悪にも、今月のスケジュールは、ほとんど真っ白状態!

 さらに最悪かつヤバイ事に、エアコンが故障中( ̄口 ̄;)!!!

 明後日にはエアコンの修理が来るそうですが、それまでは暑苦しい地獄は続いていくのは必至。

 それだけでなく、律子は『心頭滅却すれば火もまたすずし!』と言いながらも、デスクの下には水を入れた特大のバケツで足冷を行っておりますので、とっても説得力皆無っす♪

 そんな折、プロデューサーがアイスを買いに戻ってきまして、これで少しは暑さを紛らわせられる……っと思ってたけど、突如、響が実家だったら海があるのにと思い出す様に言いだしまして、そんな話に乗った春香も海を恋しく感じた事によって、海に行こうって運びを提案!

 プロデューサーに、765プロの慰安旅行って形で海に行こうと求めまして、当然ながら、プロデューサーは戸惑いまくり。

 でも、音無さんは、福利厚生・健康増進もプロデューサーの仕事のうちって事で助け舟を出してくれまして、スケジュールに差し控えない範疇での慰安旅行に行く事をプロデューサーは決断しました\(^o\)(/o^)/

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイクリッドセブン 第7話『真実のヨシアシ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4534.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 ナイトと翡翠によって拉致されて、血清の材料にされてるルリ。


 意識を取り戻した彼女の近くには、翡翠が今から血清の作成に取り掛かろうとしてました。


 意識が戻った時点で、血を取る針を抜いて絆創膏を貼ったのを見ると、どうやら適量の血は抜き取った模様!!




 そんなアバンの後に、変更されたOP&ED映像も披露されました☆ミ


 OPは、安定の研美さんらとか色々とありますが、アルマがスサノオみたいになってる(≧▽≦)


 三浦半島の街並みが、スサノオ伝説みたいな戦場に変貌しちゃう雰囲気がって妄想しちゃいましたわ。


 EDも、一枚絵から次々とキャラが出てくる感じになってます。


 やはり、この7人がセイクリッドセブンの面々になるんでしょうか???


 あと、一枚絵ってのを見ると、コードギアスR2の第2EDを思い出しますわ~!!!


 それから、曲の流れも、なんか2番っぽい感じですが、間違ってるでしょうか????






 とりあえず、研美はSPの治療の為に一度、研究所に戻るとの事。


 ルリの行方についての追跡情報の提供はしていくみたいっすが、もう怪しさ全開っすわ(>_<)


 鏡とアルマもまた、急いでルリの行方を独自に捜していこうとするが、前にも言ったとおり、万が一、アルマが悪石に変貌した場合の止め役とかの保証は完全にゼロの状況なので、まだまだ待機を命じられました。


 だけど、ただ待ってるだけって立場は我慢ならないアルマは、ミニバイクでこっそりと鏡の後をつける事にしまして、アルマのリュックに入ってる鬼瓦も、ここまで必死になってるのは、ルリがいなくなると単なる厄介者になると揶揄する…。


 はっきりいえば、そんな程度の目撃で動くアルマではありませんからね、鬼瓦。




 メイド部隊の協力もあって、発信機の行方を探知できた鏡。


 ところが、大保木山を越えて鎌倉方面へ向かってる最中のところで、発信機の信号がロストしてしまう!


 どうやらそこは、封鎖された旧日本軍の地下壕があるらしく、鏡は、ここがナイトらの拠点である可能性があると推測。


 だが、再び発信機の信号が現れた時には、すでにそこから大きく離れていた。


 言うまでもありませんが、ナイトは発信機の存在などとっくに気づいております。




 そうとも知らず、鏡はとうに尾行がバレて隠れているアルマ&鬼瓦を呼びつける。


 人手が足りないって事で、鏡は鬼瓦を連れて追跡を再開し、アルマは地下壕の捜索をする事に――― 無論、自分を追い払う為のウソではなく、この辺りでルリを見つけた時に渡す様にと、アルマがセイクリッドに変身する為に必要な宝石が入った箱を手渡してくれました。


 一生かけても弁償できないシロモノの時点で、あの箱がそうなのは容易に想像つきますわ。




 その頃、研究所で待機をしていた研美&SPの元に、執事からアジトらしき場所を見つけたとの報が入る。


 研美は、すぐにサイクロプスを用意する様にと命じて出撃をかける。


 そして、ナイトを追っていた鏡たちも、ナイトが変身を解いて車で移動していると思われる、パーキングエリアに停泊しているトラックにアタックをかけるが、すでに発信機の存在など気づいていたナイトがトラックの積荷と運転席の間にそれを入れて囮として利用しておりました。






 続きはこちらへ!!!

|

セイクリッドセブン 第6話『ワンモアナイト』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。


 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4521.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。






 突如、樹海の森の中を歩く『0号』と名乗る謎の悪石。


 でも、暴走しているせいで、まるで我が身も燃やしてるかの様に炎を出しながら理性を失ってる様子だ!!!


 そんな悪石の元に、物騒な武装スーツ――― アーティジェムスーツ『サイクロプス』を装着した研美がやってきまして、早速ながら暴走している悪石と壮絶な死闘を演じてしまう。


 そして拳と拳の激突の末、なんとか暴走する0号を奥へとぶっ飛ばした研美ですが、これによってサイクロプスごと左腕を負傷。


 さらに、サイクロプス自身にも 再調整が必要 でして、ランクの低い石では、今回みたいに外装にも影響を出してしまう程の負傷をするのは明白。


 それ以上のランクとなると、彼らの持つものしかない そうですが、研美からすれば、まだその必要はないという。


 あと、アラクネが暴走する0号の行方に当たってるって事で、吹っ飛ばされた際、取り逃がしたみたいです。






 隠れ家にいるナイトは、胎児の様に蹲りながら悪石の後遺症で苦しんでいた。


 彼は子供の頃、逃げられない様に部屋高く吊るされた牢屋に閉じ込められていただけでなく、拘束具でしっかり固定してから『治療』という名の実験であの薬の投与を受けてきた。


 だから今でも、悪石反応があれば、あの血清を急いで打たないと“暴走するだけの悪石”と化してしまうのだが……あの過去の思い出を夢で見てしまった折、悪石反応が出てしまい、自ら急いで血清を打ち込んで収まるも、もう次の血清は皆無。


 だからこそ、翡翠が自らの地を使って血清を作るのですが、大した効き目がなし。


 そこでナイトは、もっと濃度の高い血清を作る為、ルリを狙う事に( ̄口 ̄;)!!!






 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月16日 (火)

逆境無頼カイジ-破戒録篇-第16話『決戦の幕開け』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4531.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 カイジが滞在できる時間は、あと7時間!

 この結果で、カイジたち45組の運命はおろか、おそらく遠藤の運命すら決まる-。

 一条は、かなり余裕な口調でカイジをさらに挑発しまくる。

 でも、カイジは今度はその挑発に乗る事すらせずに両腕を上げ、黒服に磁気チェックを行わせる。

 そんな折、一条の元に意外な人物からの電話が。

 それが、あの黒崎からだった!!!

 カイジが地上に滞在できる時間まであと7時間程度というのをしっかり記憶している上で、老婆心ながら気になって一条に直接電話連絡をかけてきたのだ。

 一条は、カイジを店内に入れた事及び『沼』は完全無欠・究極の最強機械だからカイジは絶対に負ける旨を黒崎に伝えるが、逆に黒崎から見れば、店内に入れ
た事自体があまりにも軽率&『絶対に負けない』という自信こそが一番危険で、徹底的に『沼』に固執していた者が挑むという事は5割強の勝算があるからだと
叱咤する。

 こうなった以上、勝つしかない!

 最低でも6億円以上分はあるパチンコ玉の数々。

 もし負ければ、負けましたレベルの損失ではすまされないのは明白で、責任者である一条には、過酷かつ破滅的な処遇を下さなければならないと、厳しく警告を発しました。

 勝てよ、一条。生きる為に-。

 黒崎の言葉は、まさに 勝てば天国・負ければ極獄 というもので、退路すら絶たれてしまった。



 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第85話『コードETD』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4496.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 王国軍の幹部会議で、アースランドの魔導士たちの体内に、エクシードの比にはならぬ魔力があるという報告が伝えられ、同じく魔力を持っているルーシィの処遇も少しは入ってくるものの、国王のファウストから、エクシードの女王シャゴットの命により、ルーシィを抹殺せよとのお達しが出た旨が伝えられる。

 ちょっともったいないとばかりな様子だけど、幹部たちもエクシードには逆らえないらしい。

 そこで、別室に捕らえられ縛られているナツとウェンディから魔力抽出を行う事に!!!

 ファウストは、急いでそれの魔力抽出をする様にと同時に、アースランドのラクリマの魔力抽出も急ぐ様にと2つの命令を下しました。

 幹部たちが意気揚々と会議室を退出する中、パンサーリリーはその場に残り、近頃の軍備強化について質問をする。が、ファウストは険しい表情で睨みつけて黙らせ、パンサーリリーも仕方なく退席をする事に…。



 ナツたちとは別室で捕らえられているルーシィは、人間とエクシードについての仕組みを知る。

 ハッピーとシャルルは、人間の上に立つエクシードという種族で、そのエクシードの上に立つのが女王シャゴット。

 彼女の言葉は『神の声』同然で、人間を管理するのが仕事。

 彼女がその人間に『死』の宣告が下れば、その人間は絶対に死なないといけない。

 まあ、アースランドのルーシィから見れば、まさに理不尽な掟そのものといっても過言じゃないですね。

 そうこうしているうちに、エドラスのエルザがルーシィの前にやってくる。

 ルーシィ自身も、目の前にいるのが自分の知っているエルザではなくて、エドラスのエルザだと一応は理解しているものの、やはりアースランドでコンビを組んでいるエルザとそっくりだと気が緩んでしまうみたい。

 さらに彼女は、アースランドでは、フェアリーテイルの一員&自分たちの仲間である事も告げるのですが、逆にエドラスのエルザから牢の外に連行された上、持っている槍の刃をゴムの手錠に引っ掛けた状態で、今にも城から一気に下の底へ放り落とそうと吊るし上げてしまう( ̄口 ̄;)!!!

 もちろん、たとえエドラスとアースランドという別の違いがあっても、エルザの根本的な部分は同じで人の不幸を笑う様な人ではないはずだと、助けを言いながらも必死に訴えるルーシィ。

 でも、目の前にいるエルザは、人の不幸など大好物だ とばかりに、彼女の『妖精狩り』の異名どおり、フェアリーテイルの魔導士たちを何人も殺害した事をしっかりと冷徹に告げる。

 エルザの姿や声で、アースランドの彼女では絶対に言わない冷徹な台詞を平然と言うエドラスのエルザの言葉に、ルーシィも涙ながらに怒りを露わにする。

 だけど、そういうのはエドラスのエルザには問答無用で、躊躇すらなく城の外へそのまま放り落としてしまう!!

 悔しさが満載の中で下へ落下しているルーシィ。

 でも、そんな彼女を助けたのが、ハッピー&シャルルでした!!

 ハッピーは久しぶりって事で少しミスっちゃいましたが、シャルルがうまくフォローしてくれました♪


 とりあえず、エドラスのエルザの眼前に飛行状態で対峙するシャルル&ハッピー。

 エクシードが、女王の命令で殺す様にと宣告を受けたはずの人間を助けるという現実の光景に、とても信じられないといった感じのエドラスのエルザですが……シャルルは、ルーシィをハッピーに持たせてから、太陽の光を背にして自信満々の態度でこう告げる!!!

 頭が高い、人間。

 私は、クイーン・シャゴットの娘、

 エクスタリアの王女シャルルであるぞ!

 まさかすぎる言葉に、エドラスのエルザも、ハッピー&ルーシィも唖然呆然。

 そして、これを利用して、ナツとウェンディが西塔の地下にいる事を突き止めた上で、2人を即時解放をする様にと命令を下す。

 無論、エドラスのエルザの権限だけではどうしようもならない命令なんだけど、シャルルは、それでも解放する様にと必死に訴える。が、そこにパンサーリリーと王国軍兵士たちがやってきてしまい、ハッピーとシャルルが『堕天』である事がバレてしまった為、ここは急いで逃走していきました。

 エドラスのエルザ、痛恨の極みって感じで怒ってます( ̄口 ̄;)!!!!



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月11日 (木)

Dororonえん魔くんメ~ラめら 十一炎『あたしには関わりのないことでござんす』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4491.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 すべての黒幕が、まさかの天界の神々だった事が暴露された事で、天界の弁天様と閻魔大王は、天地首脳会議を行う事に。

 この結果次第で、運命が変貌する???

 えん魔くんたちは、会議の結果を地上で待つ事になってもうた。

 それはともかく、艶靡ちゃんもシャッポばあが奏でる『熱海城のララバイ』の効力で騙されてたらしい。

 そのシャッポばあも、マークエンゼルの甘い囁きで悩殺されちゃったらしい。

 さらにそのマークエンゼルも、天界からの命令で動いてたらしい。

 まさに、責任転換の三重奏 であります(>_<)

 眞一郎さんのBL唄ボイスも、まだまだまだ健在である事は理解できました♪

 喜久子さんも、オンチ風に歌わされるのも辛かったと思ったわ~。


 それはそうと、天界にも深刻な問題がありまして、天界のサイコワットが不足してる という。

 サイコワットとは、天国と地獄それぞれ全土を支えているエネルギーで、死んだ人間の魂を原料にして天国や地獄で生み出されてるそうですが、性質が性質な
だけに、天国と地獄は勝手にサイコワットを奪い合ってはならない“納豆北タイ製妖条約気候”という条約が結ばれ、勝手な事ができない様にしているという。

 だけど、天界ではサイコワットが不足している状態で、それを解消する為に、アレ=焔冠の封印を解きにやってきたんだけど、実はえん魔くんも艶靡ちゃんもカパエルも雪子姫もその他の方々も、地獄絵図になる様な事が起こったかどうかすらまったく覚えていなかった。

 とりあえずいえるのは、忘れたくなる程の凄い事が起こったのは間違いない との事!!!

 しっかし、会話してる場所が、某大仏の上でというのはどうかと思うぞ(≧▽≦)

 まあ、前話で、東京タワーや国会議事堂をも破壊したんですから、そんなの関係ねぇ~ってか☆ミ



 続きはこちらへ!!!

|

日常 第12話『日常の第十二話』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4507.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 真夏の細道を一緒に歩いているモヒカン頭の中之条くんとアフロ頭の田中くん。

 でも、この暑さにアフロ頭から湯気が出まくりながら「アツイ♪」と言いまくる田中くんに、中之条くんが当然の指摘。

 暑いっての禁止!ってキマリごとを言いましたが、田中くんはそれならばと「ナツ~い♪」と連呼しまくり。

 おかげで、中之条くんは、拳を握り締めながら、怒りをガマンしまくりました。

 アフロ頭から湯気が出てる時点で殺意が芽生えますわ、オレ自身は【コラ!】



【日常の48】

 同じく、夏服姿で登校するゆっこ。

 珍しくご機嫌すぎるお姿を披露してますが、理由は 宿題をやってきたから!でした。

 ―― なので、珍しい光景をみおに見せつけようと、宿題のプリントを出そうとするゆっこ。

 ところが、そのプリントを 忘れてもうた( ̄口 ̄;)!!!

 そこで、いつもみたいに、みおに宿題のプリントを見せてもらおうと声をかけようとするも、宿題自体がプリントなので、見せてもらうとかの行為は完全に封じられる!!!!

 みおもゆっこの異変に気づいて話しかけまして、彼女の助言に従って、ゆっこは自分の鞄の中を調べる事に!!!

 すると、プリントの面影があったので、見てみると……なんとそれは、大福フェアの広告チラシ だった(>_<)

 みおも、教壇の机の中に、宿題のプリントがあるかどうか確かめてくれたものの、見つけたのは………彼女にとっても悪夢すぎる大福フェアの広告チラシでありました!!!

 仕方なく、プリントを取りに戻ろうとするも、もはや時間すらなし。

 それでも取りに行こうとするゆっこは、教室の扉を開けるが、すでに高崎先生がスタンバイOK♪

 ただ、今の現実を呆然と見守るしかなかったゆっこでした。



 超珍しく、東雲研究所以外のテラスで一休みのはかせ。

 でも、日差しがまぶしいって事で、テラスの日除けの屋根を出す事にしましたが、最初は悪戦苦闘しまくりながらも自力で回しながら日除けの屋根を出す事ができました。

 まあ、はかせも一緒にクルクル回転するあたり、子供らしいっすね(>▽<) 

 急がば、回れ。



 続きはこちらへ!!!

|

いつか天魔の黒ウサギ 第5話『そして天魔が、歌われる』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4528.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 大兎とヒメア本人の説得のかいもあって、なんとかバールスクラは精神の奥へと消えた。

 すべてが終わった……はずなのに!!!

 まだ、学園の周りの異変は消えてないし、なにより、ヒメアの様子が未だにおかしい!!!

 バールスクラは奥へと消えた事も知らない大兎からすれば、これもバールスクラの罠と思ってもおかしくない。

 だが、ヒメアの肉体を乗っ取ってる“異様な者”は、こう名乗った―。

 サイトヒメアが造り出した『魔法』。

 『幸福』の魔法-。

 どうやらそれは、9年間の虚無の中で封印され、あまりの寂しさいによって今にも壊れそうだったヒメアが1人ぼっちの中で作り上げた魔法だというのだ。

 しかも『幸福』は、なぜか制服を少しずつ脱ぎ色っぽい雰囲気をかもし出しながら、大兎に近寄っては彼の制服のシャツのボタンを1つ1つ外していく!!

 もう二度と、寂しくない様に…。

 あまりにも突然の状況に困惑する大兎。

 幸福は、もうすぐ世界は終わるからと申しながら色っぽく迫っていく。

 だがその時、赤い液体が津波のごとく2人の前に現れまして、大兎はすぐさまそれを見ようとするが、幸福は両手で大兎の両目を優しく塞ぎ、見てはダメだと語りかける。

 幸福の台詞からすると、あの赤い液体自体が『天魔』の攻撃 らしい。

 さあ、始めましょ。

 ただ幸福のまま、世界を終わらせる為に…。

 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月10日 (水)

アイドルマスター 第4話『自分を変えるということ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4526.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 かえるちゃんTVの番宣やバラエティ番組をしっかりこなす765プロの4人。

 かえるのキグルミを脱いでいくと、春香・響・千早・貴音の4人が担当しておりました☆ミ

 響は、キグルミを着る者としては禁句すぎる『臭い嗅ぎ』をやってしまうし、貴音も自分がキグルミを着せられるとは夢にも思ってなかったと、意外なご感想を述べました。

 その頃、新人アイドルはこうだとか色々と注文をするディレクターの話を聞かされるプロデューサー。

 聞かされるプロデューサーも大変ですわ…。

 そんな会話もさておき、とりあえず春香たちがいる楽屋に礼儀を以って入っていくのですが、もう本番スタートまで時間がないのに、未だに服装が軽装って事でプロデューサーは急いで着替える様にと促す。

 でも、彼女らから見れば、わかったから早く控え室から出てください状態でして、春香に言われて気づかされました。

 今回のお仕事先は、加入者もそんなにいないケーブルテレビの番組。

 これはあくまで『推測』ですが、今、大臣裁定がしっかり出たにも関わらず、区域外再送信問題をさらに泥沼化させてる地元局の癌どもによって、営業的にも苦境&苦慮に立たされまくっている山口ケーブルテレビジョンクラスはあるかもしれないと思いますがね、千早さん。

 それはともかく、目立たない一歩とはいえ、こういう出演はいずれアイドルの頂点への道に必ず繋がってるはずだし、ここで一発目立っておけば、765プロ
ここにあり!と見せ付けられるとエールを送るプロデューサーですが、春香・響・貴音は大小なりとも頑張るぞって気合が入るも、千早だけは、なんでか表情が浮かない…。

 そんな中、先程のディレクターから雑音だらけの説明を受けてしまった4人。

 さすがのオレも、こんな説明では意味すら不明だし、趣旨がどこにあるかもわからんかったわ(>_<)

 春香も全然わからなかったけどなんとなく返事をし、響も彼女が返事をしたのにつられる感じで返事をしてしまったせいで、番組内容がまったく理解すらできぬまま、ついに本番――― と思われたが、響の相棒のハム蔵が出てきて、響にしっかり説明をしてくれたおかげでなんとか趣旨がわかったそうです。

 どうやら、チームに分かれての料理バトルを行い、勝った方がボーナスがもらえるという趣旨の番組みたいで、今回の場合、響と貴音、春香と千早が2チームに分かれてバトルをやるらしい。

 ハム蔵は、毎週見ている為にわかるらしい………って、響さん、ハム蔵の言葉、わかるんかい!!!

 ポケモンBWのあのキャラを髣髴とさせてしまったぞ、マジで(≧▽≦)

 おかげさまで、本番5分前で番組の趣旨がわかって気持ちを入れ替える4人だけど、とりあえずはプロデューサーだけは気が気じゃない様子になっておりますぞ。

 春香は笑顔でプロデューサーに答えてくれたので、少しは彼の事を信頼している雰囲気は出ていますが、ただ、千早だけは未だに表情が浮かない様子そのままでありました。

 なんでも、彼女は『歌のコーナー』があるという事で出演したものの、急に構成が変更して料理コーナーが通常より長くなってしまったおかげで気落ちしているみたいです。

 しかも千早は、1人暮らしをしてるが料理があまり得意ではないという事実を初めて知らされる――。

 プロデューサー、知らなかったとはいえ、少しばかりチョンボっすよ!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

青の祓魔師 第10話『黒猫(ケットシー)』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4413.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 夏の暑さにヘトヘトの燐が寮に戻ってる最中、学園の門の柱の上に クロ という名の黒猫が佇んでいた。

 見張りの交代をする警備員の話では、この黒猫は単なる猫じゃなく悪魔の一種みたいで、誰かを待ってるかの様にあそこにいたが、どうやらクロの主人は死んでいるそうな。

 警備員たちは、距離があるし聞こえないと言ってるが、なんか言葉を理解してる様子だったぞ~。



 一緒の相部屋の机で勉強をしている雪男のところに戻ってきた燐。

 けっこう遠いところまで行って来たみたいですが、燐は自分用の某アイスを2本も購入しそのうちの1本を食べながら帰宅してきたというのに、雪男が頼んでおいたはずのミネラルウォーターを購入するのをド忘れしてました。

 その際の雪男の視線が怖いんですが…。

 水って透明だから影が薄いとか言い訳を見ても、もう遅すぎるって感じです(>_<)

 結局、ミネラルウォーターは自分で購入するって事にしまして、燐はもう1本のアイスを食べ始めましたとさ。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月 6日 (土)

GOSICK-ゴシック-第22話『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4396.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 今日は楽しいクリスマス(●^o^●)♪

 学園のクラスのみんなは、とにかく色んな仮装をしております♪

 一弥はいつもの制服で歩いてるものの、今でもぶつかっただけで生徒から恐れられるとは…(;一_一)

 ―― んで、アブリルも ティンカーベル??? みたいな仮装をしてます。

 そんな訳で、一弥もって事で、強引にセシルのところへ赴きました。


 そして、ゾフィも協力してくれたみたいで、彼女が出してくれたのは、美しくもなにか異様な感じのドレスでした。

 なんでも、何年の前のクリスマスパーティーの際に着用したドレスで、ゾフィはその頃からすでに学園のお手伝いさんを担当していたけど、セシルがどうしても一緒にって事で、ドレスのほかにももう1つだけ仮装を用意していたみたいです。

 それが、白いウサギのキグルミ でした。

 キグルミの胸部分には、心臓を現しているクリスタルのビーズでできてる大きなハート型の装飾が。

 そのハート型の装飾を見て、アブリルはこのきぐるみが意味しているのが『モンストル・シャルマン』だと理解しました。


 モンストル・シャルマンとは、ソヴュールに伝わる御伽噺のこと。

 この国には、少女の姿をした怪物がいて、その傍らには少女の為に働くウサギがいた。

 ウサギは怪物を手に入れようと近づく存在を強大な力で排除していったという。

 さらに怪物は、恵まれない人々に施しを与え、ウサギは少女の手足となって動いていた。

 そうするうちに、少女は、人々から愛される存在 になった。

 だが、それを知った権力者たちが、少女を手にする事こそが力の証とばかしに少女を狙い、さらに少女を守ろうとしたウサギをも殺害した。

 これで少女を手に入れられる―。

 だれもがそう思い少女がいるところに駆けつけたが、すでに少女は死んでいたという。

 そう、ウサギこそが、少女にとっての心臓 で、少女とウサギは『2つで1つの存在』だったのだ!


 その話をした中で、セシルは、ウサギのキグルミの方を一弥に、ドレスの方をヴィクトリカに進呈。

 一弥はすぐにヴィクトリカの元へ走っていきましたが、目の前で空気を読んでなかったセシルは、隣の席で愕然としちゃってるアブリルを見て、今頃になってアブリルが一弥の事が好きだという事を思い出しまして、苦悩しまくりながらもフォローしまくりますが、もはやフォローにすらなっておりません(>_<)

 ゾフィは、そういうのはまったく気づいてないのでいいですが、これは教師として最悪の失態ですぞ!!!



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月 5日 (金)

うさぎドロップ 第3話『ダイキチの決めたこと』&第4話『てがみ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4504.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



【ダイキチが決めたこと】

 真昼間から放送している病気の事に過敏に反応しちゃったりん。

 大吉も急いでテレビのスイッチを消しちゃいました。

 とりあえず、お風呂にって事ですが、突然、りんが「アタシもしんじゃうの??」とものすごく不安な表情を浮かべながら大吉に質問してきまして、大吉も6歳のくせに何を言ってんだと少し苦笑した感じで返答。

 少しでも安心させようと抱っこをするのですが、勢いよく上げてしまった為に天井に頭をぶつけちゃいました☆ミ

 幼児にはちょっと痛いですぞ、大吉(>_<)


 そんな大吉だけど、問題はりんの幼稚園決定!

 いつもみたいに、仮の保育所にりんを預けて仕事場へ向かう日々が定着してしまい、りんの事を考えるとさすがに焦ってしまうのも無理はない感じです。

 しかも、最近は早く帰宅するって事で、同僚からは『彼女がデキた』と勘違いされる始末(>_<)

 そんな折、ダンボール3つを一緒に抱えていた『後藤』という、大吉の胸倉ぐらいまでしかない女性従業員とエレベーター内部でバッタリご対面しちゃいました。

 この後藤さん、2歳の子がいる先輩っす♪

 外見は背はもちろん細身の体型ながらも、実はかなりパワフルな大吉より数年先輩の女性で、元々は営業でバリバリ活躍していたものの、子供を妊娠した後すぐに自ら“降格”を希望し、定時に帰宅できる様になったという。

 彼女の活躍ぶりは、あの後藤が!と驚かされるくらいだから、そうとう仕事ができる人だったのがわかりますね。

 そこで大吉は、昼食の時間を利用して、後藤さんに事情を話した上で相談してみる事にしました。


 大吉から事情を聞いた後藤さんは、当然ながら驚きの表情。

 まずは、最近、本人がかなり気にしている『オネショ』の事を聞いてみるが………後藤さんの話では、どうやら“精神的なもの”が関係しているかもしれないが、実は子供ってビックリするくらいに汗をかくだけでなく、秋冬はさすがに汗は少ないがオネショの回数が多くなってしまうそうですって!!!

 それに彼女からすれば、りんの実母は、余程の事情があったかもしれないと感じてるそうで、大吉自身も、りんの実母について聞こうにも聞けないと実感してるみたいです。

 確かに、気軽にそういう事を無理に聞きだそうとしたら、余計に子供は心を閉ざしてしまう恐れもありますし、事情を知るって事はある意味では怖い領域に入ってしまう恐れもありますから…。


 本日の仕事も終わり、無事に眠い状態のりんをおんぶして帰宅の途につく大吉。

 夕食も終わり、りんも就寝し、自分も仕事の原稿をやりながらも残された母子手帳を見つめていた時、実家にいる幸子から電話がかかってくる。

 本来なら面倒事に巻き込まれたくはないが、大吉がりんを預かっている手前、もう自分だけが知らん振りってのはできないって事で、りんは元気にしているかどうかの確認の電話をかけてきたみたい(>▽<)

 まあ、大吉が元気なのはわかってるので心配もほとんどしてない様子ですが…。

 それはそうと、大吉は、りんの実母の手がかりを求めて、週末に実家に戻る旨を幸子に伝えました――。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月 4日 (木)

いつか天魔の黒ウサギ 第4話『いまだ天魔は歌われない』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4517.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 自宅に戻って母親の手伝いをしている遥。

 大兎がお弁当を食べてくれたかなと思っているその頃、学校の上空に異様な法陣が無数に浮かび上がり人に死をもたらす赤い雨が降り注いでいた。

 しかも、大兎は制服に着替え校舎の中に逃げ込むまでに、すでに3回も死亡。

 校舎に逃げた大兎とヒメア。

 どうやらこの雨は ヒメアが使う魔術の類 でして、大兎は自分の手に刻まれている『自分が死ねる回数』の残り数を見て、それがリセットされるまであと10分チョイと実感。

 とりあえず、なるべく死なない様にしないとと呟きながら、生徒会室に戻る事に。

 まあ、しっかりとシャクすぎる月光への嫌味も忘れてませんがね(>▽<)

 だが、2人が去ったところの隙間から、赤い不気味な液体が流れ込み、そのまま2人を追う様に動き出し、さらに外にあった赤い液体もそれに合流する様に移動していく。

 そうとも知らず、美雷は生徒会室にご帰還。

 でも、月光は美雷が帰ってきたのを気に留めず、先程の件を考えていた。

 美雷ですら効果があったスペルエラーの刀。

 だが、彼がこの刀を手にした際、前の主らしき人物が、この刀の効力を示さない者がいるのを語りかけてくれた。

 それが、天魔の使いである天使 だった。

 それを思い出し、日向からの挑戦的な伝言を聞かされた月光は、自分ではヒメアを飼うのは無理なのは間違いだと証明してやろうと、余計にやる気になっちゃってます!!!

 あと、美雷に聞いても、天魔の事を知らないみたい です。

 そんな彼が、何の予告もなく、美雷にキスして封印解除をさせる。

 どうやら、この生徒会室に聖地からの来訪者が誘いこみをかけてきたそうでして、まずは美雷を先に聖地の中に入れ、中で人間が活動できる空間だと証明させた後、自らもその中に入っていきました。

 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月 3日 (水)

アイドルマスター 第3話『すべては一歩の勇気から』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4503.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 前話でしっかりと宣材写真を取り直した765プロの新人アイドル達。

 とりあえず、事務所でゲームとかプレイしてる双海姉妹とか、ソファーで熟睡してる美希はいいとして……とりあえず、そのかいもあって、ようやくイベントの仕事とかが入り始めました。

 なかなか順調……といきたいところですが、ここで1つの問題が。

 それは、雪歩が男嫌いだった事!

 今回のレッスンがたまたま男の先生だったからと慰める真と春香だけど、伊織から見れば、それのせいで今回はレッスンにすらならなかったと、正直すぎる毒舌をぶちかましてプンプン状態。

 おかげさまで、雪歩のショックはさらに深化 してもうた( ̄口 ̄;)!!!

 プロデューサーは、ストレートに「男の先生でもレッスンを受けられないと」とさり気なく言っちゃうも、そのプロデューサーとの距離ですら、未だにたっぷり残ってる状況。

 雪歩も責任を感じて、みんなに謝りますが………この異常なまでの男嫌いは、アイドルにとってはかなり致命的な感じがするのは俺だけでしょうか???

 765プロアイドル全員の仕事は、隆郷村ふるさと夏祭りでのミニライブ。

 もちろんこの仕事は、プロデューサーが取ってきた初仕事ゲットですから、嬉しさよりも伊織たちからちょっとしたお言葉がプレゼントされたのは言うまでもないっすが(>▽<)

 雪歩もステージで歌えるから変わらないとと気持ちを新たに頑張ろうとしますが――。

 続きはこちらへ!!!

|

セイクリッドセブン 第5話『心のカガミ』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合


の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4500.html



 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 本日は、鉱石部のみんなで海へと合宿♪

 これは、いつもの水着回!?(●^o^●)☆ミ

 若菜・七海・揚羽は、ルリのキャンピングカーで現地に行くって事で、もうハイテンション全開。

 ただ、若菜だけは、なんと学校指定の水着を用意( ̄口 ̄;)!!!!


 アルマはまったく興味ない……な訳がなく、なんかもういい表情&手がそわそわしまくり。

 ルリから 顔が不純ですと言われてしまいました。

 アルマも、普通の高校生って思えた瞬間だったな~~♪

 そんなルリだけど、アルマと一緒の合宿って事で、けっこうまんざらでもない様子。

 鏡も、現地に到着した後の準備は万端なので、合宿を楽しんでくださいと笑顔で答えました。



 海に立ち寄る前に鉱石部の面々がやってきたのは、石の神様が祭っているという石好き人間では有名な神社。

 若菜ご指定の場所なのは語るまでもないですが、実はこの神社から見える緑に覆われた山の1つは、かつて石の神様を讃える為に作ったという『ピラミッド』があるという。

 まあ、揚羽はさりげなく「ないない」と言ってますが、日本の各地にそういうピラミッドの逸話があります。

 若菜の興奮は最高潮になっちゃってます☆ミ

 アルマも、あの山の形はピラミッドと言われてもおかしくないと見て感じるが、直後に悪石反応が!!!

 とりあえず、ルリを心配させまいと何もないフリをしますが…。



 続きはこちらへ!!!

|

FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第84話『飛べ!友のもとに!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4495.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 オイラたちは、フェアリーテイルの魔導士だァーー!!

 ハッピーは大きな声で宣言をし、シャルルを連れてその場から逃走を図る。

 もちろん、自分たちでナツたちを助ける為に!

 ハッピーたちのまさかの行動に驚くニチヤたちだけど、これによってハッピーたちはエクシードにとっての『堕天』の烙印が押され、ニチヤ率いる近衛団の兵士たちに追われる事になってもうた!!!

 そして、街の中を逃げ回って藁満載の車台の中に逃げ込めたものの、アクシデントから車台が街の坂を滑り落ちてしまい、一気に街の外に逃げる事に成功をする。


 その頃、事実を知らされたナツとウェンディ。

 ナツは、ハッピーが裏切るなんて考えられないと怒り心頭だけど、ウェンディはショックを隠せない様子。


 そして、別室で捕まっているルーシィもようやく目覚め、今の自分の現状を見て知って大声だしまくり。

 もちろん、ハッピーたちの事など知る由もないが…。

 でも、大きな声を出したかいもあって、ほとんどヨーロッパのギロチンに近い状態での縛りからベトベトで両手を縛る束縛方法に変更されて少しは楽になったものの、そのベトベトが魔力を封じてるせいもあって、星霊を召還する鍵に魔力がこもれない状況に陥ってしまう。


 一方、エドラスのナツが同じくエドラスのルーシィとご対面。

 とりあえず車に乗せて、ギルドに戻っていくのですが、やはりアースランドのナツたちを王都に案内した影響もあって、ラクリマも残りわずかの状況に。

 それでも、彼らを王都にまで送り込んだ自分とエドラスのルーシィもお人よしだと語るエドラスのナツでした。



 続きはこちらへ!!!

|

2011年8月 1日 (月)

Dororonえん魔くんメ~ラめら 十炎『止めてくれるな、天狗さん』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4490.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 艶靡ちゃんの身勝手な封印解除によって、地獄別荘が倒れてしまっただけでなく、数多の銀河を飲み込んだ生きたブラックホールと呼ばれたみたいな暗黒次元超破壊魔獣『ギルギルガンボングランゲンピグドラゴンロンザウルス』が今にも目覚めようとしていた。

 えん魔くんたちは、なんとか別荘から脱出し亀甲縛りで水の中に沈んでいたハルミも、カパエルによって救出されましたが、事態は悪化の一途を辿っちゃってます!!!

 ――― ってか、魔獣の名前って、完璧に早口言葉が苦手な声優さんをモロに泣かせてる命名だわ( ̄口 ̄;)!!


 それはそうと、えん魔くんたちは炎天狗を怒らせる様な事を 先程まで 言ってなかったし、寒天狗も雪子姫を信じてる様子。

 炎天狗も、天狗たちが口からでまかせを言ってると憤怒してて、事態は収拾不可……かに見えたが、艶靡ちゃんが天狗たちのウソ及び今回の件の具体的犯行をしっかり暴露しちゃいました。

 すべてはあの天狗たちが、炎天狗を怒らせて地獄別荘に差し向ければ、地獄別荘の奥にある『アレ』の封印を解くはずだと画策の一端を担ってまして、その報酬がプラモだそうな。

 炎天狗もようやくえん魔くんたちが言いふらしたのはでまかせだと知って理解してくれましたが……とりあえず、アレにあった口から発せられた声によって、
別次元にあるギルギルガンボングランゲンピグドラゴンロンザウルスの本体が、地獄別荘があるところに向かっているというのだ。

 ついでに、発電装置として地獄別荘に封印されていた『アレ』は、ギルギルガンボングランゲンピグドラゴンロンザウルスの髭だそうで、これだけで地獄別荘1万年分のエネルギーがあるそうな( ̄口 ̄;)!!!

 でも、この髭を手にできたのは、かつてこの魔獣によって星々が吸い込まれた際に抜け落ちたそうで、これを閻魔大王が回収したという、ある意味では根性ある行為をやってたんですね。



 続きはこちらへ!!!

|

逆境無頼カイジ-破戒録篇-第15話『虚仮の一心』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4493.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。



 沼の大当たりの為、カイジ・坂崎・遠藤の3人はタッグを組んだ。

 そして第一弾として、坂崎が動き出す!!!

 前の時は計画どおりに潰したはずなのに、それでも『沼』に挑んできた坂崎の姿に、店側は驚きを隠せない―― ただ1人、坂崎の登場をこれでもかと徹底的に嘲笑う一条を除いては。

 磁気チェックを終え沼に向かう坂崎は、鞄の中に入っていた木製の仏像を取り出して祈りだす。

 ただでさえ、あれだけの大敗を観衆の前に見せつけたはずなのに、しょうこりもなく挑戦しにやってきている坂崎の姿に、観客たちは慌てどよめきだす。

 そんな坂崎がトライするのは、300万円パッキー2枚。

 木製の仏像を左手に持ち、真剣に祈る様な気持ちで600万のパチンコを開始する。

 その頃、外に待機していたカイジも、店内にこっそりと侵入する。



 続きはこちらへ!!!

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »