« 青の祓魔師 第13話『証明』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第90話『あの時の少年』 »

2011年8月31日 (水)

アイドルマスター 第7話『大好きなもの、大切なもの』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-4608.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 本日は、ある財閥の屋敷から生放送のテレビ取材♪

 でも、この住宅こそが、なんと 伊織の実家の屋敷 でありました!

 ほとんど詐欺状態で何も知らなかったテレビ番組の中継アナウンサーは、竜宮小町&伊織個人の宣伝を、愛犬と一緒に戯れる光景を利用して敢行。

 言うまでもないが、屋敷の執事さんにストップをかけられました。

 執事役が高校生の少年で中の人が白石涼子さんだったら……って、完全に番組を間違えてますね。

 もちろん、この模様はライブで放送され、765プロの面々もしっかり驚き視聴。

 やよいも、天然をやってもうたっすが、響から指摘されてようやくここが伊織の実家だと理解しました。

 あと、プロデューサーは、コーヒーを入れてるのを忘れて呆然と見守っちゃいました。

 当然のことながら、伊織はプロデューサーに注意されちゃいました。

 もちろん、伊織からすれば竜宮小町を宣伝する為の『営業努力』からもしれないけど、プロデューサーに事前に連絡すらしなかった上に、あの大豪邸で大型犬と戯れてる光景というのをリアルに放送されてしまったら、マジで竜宮小町のイメージダウンになりかねないのは事実でありますぞ!!!

 それでも、伊織からすれば、今の自分は『竜宮小町』の1人で担当は律子だから、プロデューサーは関係ないと猛反論。

 これはヤバイと思ってましたが、ここはプロデューサーが、同じ765プロのアイドル&みんなのプロデューサーのつもりだから、みんなの力になりたいし、悩みなど困った事があったら相談に乗りたいと真剣に吐露しまして、伊織も頼りにしたかったらもっと頑張りなさい!とツンデレな態度で返答しちゃいました。

 伊織自身も、プロデューサーよりもあの番組への怒り心頭中でして、立派なお父さんやお兄さんがいて幸せですねって言葉に対して、彼女の逆鱗に触れてしまったからみたいです。

 その父親や兄は、伊織はアイドルになれる訳がないと決め付けてるからだそうな。

 だからこそ、怨んでるとかではなくて見返してやりたい気持ちが非常に強いそうです。

 それを聞いた響きも同調しまして、彼女の兄もまた、響を馬鹿にしてると怒り心頭に。

 でも、やよいだけは、6人いるが仲良し だという。

 これには、伊織も響も、完全にヒイてしまったみたいです。

 そんな空気打破の為、伊織が美味しいものを食べようと、響&やよいを誘うんですが……弟妹が多いやよいは、この子らの面倒込みで見ないといけないので、伊織&響が、やよいの自宅で夕食タイムって事になりました。

 続きはこちらへ!!!

|

« 青の祓魔師 第13話『証明』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第90話『あの時の少年』 »

アイドルマスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/55830173

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルマスター 第7話『大好きなもの、大切なもの』:

« 青の祓魔師 第13話『証明』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル-第90話『あの時の少年』 »