« レベルE 第4話『From the DARKNESS』 | トップページ | レベルE 第5話『Here come Color ranger!!』 »

2011年2月 3日 (木)

GOSICK-ゴシック-第4話『金色の糸はつかのまを切り裂く』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3815.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 一弥、殺人容疑で逮捕!!!
 アニメ版第4話にして、GOSICK-ゴシック-終了のお知らせ(待て!
 あと、このアニメは あと20話ぐらいあるんですから!(だから待て!
 ――― とりあえず、とんでもない非常事態が発生してしまいまして、当然ながら一弥は無実なので、クイーンベリー号の一件で脅してヴィクトリカの元に連れてきてもらいました。
 まあ、ヴィクトリカには、しっかりといきさつを話す必要はありますがね(>▽<)

 寮母のゾフィーに頼まれて買い物に出かけた一弥。
 とりあえず、この国の女性は人使いが荒いとか素敵な女のことの出会いもあるかもしれない&できたら、日本にはいない金髪の女の子がいいなと色々と言ってますが……そんな中、彼の横を通り過ぎる様に、バイクがそのまま壁に激突し、乗っていた人がバイクから吹き飛ばされながら首が綺麗に切断されてしまいました( ̄口 ̄;)!!!
 その後、すぐにグレヴィールに報告をしにいったら、即時逮捕された というのだ。

 グレヴィールは一弥の願いを聞いてやったと誤魔化してるし、バイクが止まったところを一弥が殺人を犯したと、無実な一弥を『血に飢えた悪魔の小リス』呼ばわりしまくるわと、まさに、名探偵コナンの小五郎以上の無能警部の山村警部よりもさらに上回る無能ぶりを披露しまくってます(>_<)
 ほかにも、現場の近くに、犯行に使われたと思われる血が付着したワイヤーが木に巻かれてました!
 いきさつを聞き、血が付着したワイヤーを見たヴィクトリカは、すぐにわかり推理を開始。
 ワイヤーを道がある木と木の間に巻きつけて張っておくだけで、バイクの人物が走行して通り過ぎ首が切断されるという単純な仕組みで、これだけしか聞かなかったグレヴィールは一弥を解放してそのままエスカレーターでお帰りへ。
 無論、下り開始直線のところで、ヴィクトリカが『真犯人は金髪の少女で、手の指に怪我をしているから外科病院を当たる様に』と忠告をしまして、慌てん坊すぎるグレヴィールはそれを聞いて下の階へお帰りしていきました♪

 続きはこちらへ!!!

|

« レベルE 第4話『From the DARKNESS』 | トップページ | レベルE 第5話『Here come Color ranger!!』 »

GOSICK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45715206

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK-ゴシック-第4話『金色の糸はつかのまを切り裂く』:

« レベルE 第4話『From the DARKNESS』 | トップページ | レベルE 第5話『Here come Color ranger!!』 »