« レベルE 第2話『Run after the man』 | トップページ | 君に届け 2ND SEASON 第1話『バレンタイン』 »

2011年1月20日 (木)

GOSICK-ゴシック-第2話『死者の魂が難破船をおしあげる』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3789.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 殺害された占い師からのロクサーヌ宛の招待状を手にしたヴィクトリカと一弥は、招待された船に乗船する。
 そして夕食の時間になったが、薄暗いディナーの部屋では、他の招待客の素顔など確認できない。
 さらに言えば、招待客はロクサーヌ1人 って訳で、彼の代わりとしてやってきたヴィクトリカが食事を堪能してますが、一弥はそのままお預けです。
 仕方なく別のものを食べようとお菓子を……と言いたいが、実はお出かけ前のあの大量の荷物の中に『非常食』としてそれ系統も入ってたそうで、すべては一弥の屁理屈のせいみたいな事を言ってます(≧▽≦)
 でも、あの大量すぎる荷物を見たら、いくら非常食を用意してもわかりませんって。
 仕方なく、ヴィクトリカは、一弥にパン1つを進呈しまして、一弥もそれを口にして食しました。
 でも、彼らや招待客の食事には、睡眠薬が入ってました!

 一弥が、父親に厳しく叱られていた幼い頃の夢を見ながら、ヴィクトリカの声で目を覚ますと、招待客と一緒に別室のラウンジに運ばれてました。
 このラウンジから出ようにも、鍵がかけられて閉じ込められてる状況。
 さらに驚愕すべき事は、食事を行ってたのは11人なのに、ラウンジには12人いるのだ!
 つまり、食事の際にいなかった人間がこの中にいて、ヴィクトリカたちをこのラウンジに運んだのもその人物だろうと語ったのだ。
 ほかにも、高齢の男性3人が、なぜか野兎はヴィクトリカ&一弥だとか噂だってるし…。

 ほかにも、気になる事があった。
 船の模型を含めて、どこかで見た事がある様なそぶりを見せる一弥は、偶然ながら、暖炉の上に置かれていた船の模型『クイーンベリー号』を見かけまして、それに触れようとしたら……「それに触るな!」という声と共に、鉄の矢が飛び出し、模型近くの絵画に突き刺さったのだ(>_<)
 先程、一弥たちを『野兎』と噂してた高齢の男性3人はもちろん、一弥自身も図書館で読んだ怪談の中に記載されていた『クイーンベリー号』についての事柄を思い出しました。
 実はこの『クイーンベリー号』は、10年前に沈んでいた船 で、死者の魂は浮かばれず、嵐の夜に現れては生者を誘い込み、生贄として鎮めると言う逸話だという。
 当然ながら、ヴィクトリカは、呆れ果て&棒読みで笑い飛ばす。
 すると突然、ラウンジが停電となり、一弥の恥ずかしい一面が披露されますが……停電前までなかったはずのラウンジの別の壁に、赤色に書かれた不気味な文字が出現してました!
 あれから10年、早いものだ。
 今度は、貴様たちの番だ。
 野兎バシリーと名乗る者が書かれた文字を見て、高齢の男性たちは怯え切ってしまう。
 そしてその1人が、恐怖の表情を浮かべながら一目散にこの場から逃走しようと鍵が掛けられていたはずの扉がオープン――― と同時に、ボーガンの矢がその男の額を深く突き刺さり絶命したのだ!
 でも、その男の絶命と引き換えに、他の招待客は一目散にラウンジから逃げ延びるのでした―。
 少し遅れて、ヴィクトリカと一弥もラウンジを後にしますが……死体を目の前にしても、ヴィクトリカはなんの興味すらない感じで即座に去っていく姿に、一弥はただ驚かれるだけだった。

 とりあえず、甲板に置かれていた救命ボートを乗って脱出しようとする4人かの招待客。
 ボートを降ろした1人を含む5人がそれに乗り込んで脱出を計るのですが、これもお約束どおりに、巨大な津波が救命ボートごと6人の命をも飲み込みまして、わずか数分程度で7人の人間の命が失われました。
 ボートに乗る際に、5人は確認できたんですが、いつの間に6人乗り込んでた???
 それでも、ヴィクトリカは、まったく動揺すら見せる事なく、ただ見つめるだけ――。
 一弥は、出会った時の事を思い出し、同時に彼女の不思議さを深く感じ取るのでした…。

 続きはこちらへ!!!

|

« レベルE 第2話『Run after the man』 | トップページ | 君に届け 2ND SEASON 第1話『バレンタイン』 »

GOSICK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45715275

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK-ゴシック-第2話『死者の魂が難破船をおしあげる』:

« レベルE 第2話『Run after the man』 | トップページ | 君に届け 2ND SEASON 第1話『バレンタイン』 »