« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第48話『幻想曲(ファンタジア)』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3628.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 ラクサスが発動させた、術者が敵と認識した者のみを聖なる光で攻撃する超上級魔法『フェアリーロウ』。

 発動を終えた時、ラクサスはマカロフを越えたと確信の笑みを浮かべるが、目の前にいるナツ・ガジル・レヴィは無事だった―― もちろん、この場にやってきたフリードから、ギルドの誰1人として、フェアリーロウの犠牲にはなっていなかった旨を聞かされる。

 フェアリーロウの発動は完璧だった。

 だが、このフェアリーロウは、術者が敵と認識した者のみに効果がある超上級魔法。

 つまり、ラクサスの心の内側にある仲間を想う気持ちがあったからこそ、魔法がそれを見抜き発動できなかったのだ!

 これを聞いたラクサスは、信じられない表情を浮かべる。

 フリードも、すぐにでもマカロフの元へ行ってやれと説得しようとするが、ラクサスはそれでも周りの者たちを『敵』だと言い聞かせ、再び力を発動させる。

 そしてナツも、ラクサスを止める為、火龍の力を発動させる――。

 ラクサスとナツの戦いは、大聖堂内部に留まらず、ついに大聖堂の建物外壁をも破壊しながらのバトルになってしまった事で、さすがに街の住人たちが異変に気づいてしまう状況にまで及んでしまう。

 雷竜の咆拳を出してもなお立ち上がるナツに、ついにラクサスは切り札の1つである『雷竜方天戟』を発動させてナツの抹殺を図るも、その一撃は鉄の力を発動させたガジルが自ら避雷針となって防いでくれた。

 その隙に、ナツは炎を全開にして、自らの滅竜奥義『紅蓮爆炎刃』で、ようやくラクサスをKOする♪

 こうして、ナツの勝利の咆哮と共に、バトル・オブ・フェアリーテイルの激闘は終了するのでした――。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

黒執事Ⅱ 最終第12話『黒執事』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3732.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 霧深い海の中を、木製の小型船を漕ぐセバスチャンとクロード。

 そして、小型船の上では、ハンナの膝元で意識がないシエルがあった。

 ハンナは、シエルの肉体の為に、勝ち誇った様に子守唄を歌う。

 前話のラストで、シエルの肉体を支配していたアロイスは、そのままハンナと契約。

 これによって、アロイスの魂が契約により解放されるまでは、シエルの魂が表に出る事ができなくなったのだ。

 そして、第1話でアロイスによって抉り取られていた左目の瞼が開かれ、異様な契約の紋様が浮かび上がる。

 それだけでなく、契約内容やアロイスの願いも1つを除いてはすべて秘密にされたのだ――― セバスチャンとクロードどちらかの悪魔が、その生を終える事が含まれている事以外は。

 つまり、どちらかが戦って勝利し、ハンナとアロイスの契約が成立した暁には、アロイスの魂からシエルの魂が解放され、さらに勝利者がハンナを殺せば、シエルは生き返るというが……。

 セバスチャンとクロードの最期の決闘場になったのは、悪魔の聖域である死の島。

 そう、第1期のラストでセバスチャンがシエルの魂を得て終わるはずだった、あの島だったのだ―。

 まあ、クロードが介入してこなかったら、こういう因縁とかが出てこなかったのですが……。

 決闘の内容を深層心理の中で聞いていたシエルとアロイス。

 でも、シエルからすれば、バカらしいという。

 アロイスも同感で、自分の願いがかなったら、きっちり死んでハンナに自分の魂を食べてもらってシエルに肉体を返す上、シエルに悪い事をしたと謝罪するが、同時にセバスチャン&クロードに愛されているという贅沢すぎる罰だと、真実を知ってスッキリした様子で語る。

 しかし、シエルは「愛だと!?気色悪い!」と苦笑した上で、もしもセバスチャンが『契約の内容』を知ったらどう動くかと、まるで見ものだといわんばかりの返答を行った。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第47話『トリプル ドラゴン』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3627.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 そして、神鳴殿を破壊する為に、ほとんどボロボロになりながらも剣を召還するエルザ。

 なんとか200本までは生成したものの、すべてを同時に動かして破壊するには魔力があまりにも足りなさすぎる状況の上、さらに100本の剣を召還する魔力が必要になるというのだ!!!

 その頃、神鳴殿を破壊する為の手がかりになるウォーレンを捜すグレイ。

 そしてついに彼を見つけ、テレパシーで街のいたるところでバトル真っ最中のギルドの面々に向かって、ある程度の事情及び石にされた者たちも解放された旨が伝えられましたのですが、それまでのいきさつもあって、仲間たちの間に不審感を募らせる言い合いが激しくなってしまう( ̄口 ̄;)!!!

 無論、グレイの説得も効果なしで、このままでは……ってところで、ルーシィがギルドに入ってからの想いを面々にたっぷり告白してくれまして、これでようやくギルドの面々も目が覚めたみたいっす☆彡

 ルーシィにここまで言われた以上、自分らも因縁が残ってはいてもマグノリアを守る為ならばと一致団結しまして、エルザが北側の200個を、残りの面々が南などに設置されている神鳴殿を一斉に破壊する事に♪

 そして、みんなが1つに結集した力は、一気にマグノリアの街の上空に設置されていた神鳴殿のラクリマすべてを破壊し、これで一般市民にまったく知られる事もなく街の危機は救う事ができました――― まあ、神鳴殿の反撃にみんな受けてしまってボロボロになりましたがね。

 それでも、ギルドの絆が再び修復されていったって感じです(≧▽≦)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

黒執事Ⅱ 第11話『岐路執事』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3731.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ハンナの策略によって、シエルの魂を巡る戦いはさらなるカオスへと突き進んでしまった!!!

 今のシエルの肉体は、アロイスが乗っ取ってる状態。

 ハンナは、シエルの肉体に取り込まれたアロイスの魂の目覚めを待った上、シエル自身の心の隙を突いた状態で、自分の口の中に取り込んでいたアロイスの目玉を介して、シエルの肉体を乗っ取った旨を説明する。

 しかもそれは、たとえハンナを殺しても、シエルは元に戻らない だけでなく、それをした瞬間、アロイスはシエルの肉体ごと時計塔の最上部から飛び降りるというのだ!!!

 

 シエルの魂を人質に取られてしまった以上、セバスチャンとクロードは、ハンナに手出しできない。

 そして、ハンナが唱えた“旅”という名の、シエルを取り戻すゲームに挑む事になった。

 その舞台は、アロイスの心の迷宮 という、茨が生える時計塔の下にある複雑怪奇すぎる庭園。

 だが、途中の道のりで、アロイスの命の証を刻む という意味で、クイズに正解した上でスタンプを集めてゴールする必要があるというのだ。

 そのクイズ自体が、アロイスにちなんだモノ で、

 まあ、今のクロードから見れば、もうアロイスに興味すらなしで、自分が抱きしめるのはシエルだけですが。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第46話『激突!カルディア大聖堂』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3588.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 フリードが撃破された事で、雷神衆3人は全滅。

 残るはラクサスのみになったが、マカロフが倒れてしまった( ̄口 ̄;)!!

 そんな状況の中、レビィの前にポーリュシカが自らやってきまして、医務室のベッドで意識を失っているマカロフの容態を検視。

 すると彼女の口から、マカロフが危篤 だという事が伝えられまして、レビィに急いで遊びまわっているラクサスを呼ぶ様に忠告をするのでした―。

 ルーシィとハッピーも、雷神衆が倒れた事を術式の文字で知る。

 確かに雷神衆が倒れた事には一安心だが、それ以上に神鳴殿の恐るべき特徴に脅威を感じているだけでなく、その神鳴殿発動までの時間がないにも関わらず、街の人たちを避難させられない状況に苦慮してる様子。

 それでも、わずかの希望を託し、ナツとエルザを捜していく―。

 無論、ナツとエルザもまた、急いでラクサスを急いで街の中を走り回る。

 そのラクサスがいる、カルディア大聖堂では…。

 子供の頃のマカロフとのファンタジアを見に行った事や、自分がマカロフの孫って事への違和感と葛藤、そして自分の父親であったイワンを破門にした経緯を思い出していた―。

 イワンは、フェアリーテイルのメンバーの命を脅かす程の害をもたらしただけでなく、フェアリーテイルに不利益な情報を持ったまま、新たにギルドを立ち上げた事を…。

 同時に、1人の男である為に、マカロフを超えると宣言した事を――。

 だけど、マカロフがどういう状況なのかは、まったく知らない。

 そんな彼の元に一足先に到着したのが、ミストガンでした!

 ミストガンの目的は、言うまでもなく、神鳴殿の阻止。

 もちろん、フェアリーテイル最強の座など興味すらない。

 しかしラクサスからみると、エルザは『いいセン行ってるが、まだ弱い』とナメた様子で、これにはミストガンも節穴だと失笑。が、ラクサスは、ミストガンの事を「アナザー…」と言いかけた時、突然、ミストガンが台詞の先を防ぐ様に攻撃して阻止を図る。

 この攻撃が、ナツとエルザに居場所を知らせる事になりますが…。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

黒執事Ⅱ 第10話『零執事』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3730.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 いつものファントムハイヴ……じゃなくて、トランシー家????

 シエルが起床すると、目の前にいるのはクロード。

 セバスチャンがしていたお着替えを、クロードが行っていく…。

 たぶん、このシーンを見た人たちは、かなりの殺意をクロードに向けられたかも???

 とりあえず、中の人は関係ないっすからね♪

 着替えの最中、シエルがアロイスはどこにいるかと訊ねるが、クロードは、アロイスはシエルの刃によって息絶えたと、まるで彼の死を高揚感満載に報告。

 シエルも、同情する事すらなく、弱いから死んだ!と言い切ると、クロードは大興奮。

 でも、それを敷地内の森の中から眺めていたセバスチャンは、殺意急上昇(>_<)

 つい、敷地内の木を一撃で数本もなぎ倒しちゃいました!!!!

 無論、こんな音を鳴らされたら気になるの無理はなく、シエルは見張りの強化をクロードに命令。

 クロードも興奮のあまり、シエルにソックスを履かせた後、その足にキスをするけど……アロイスと記憶が混同している彼からすれば、これはあまりにもけがわらしい行為で、ついクロードの顔面に一蹴り食らわす!!

 でも、クロードにとっては、至福の波、再び♪ ですから。

 とりあえず、クロードは、シエルの相手をハンナに任せ、自分は嫉妬深すぎる敷地内の執事さんの相手をする事に。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第45話『サタン降臨』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3584.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 絶体絶命のルーシィの危機に参上したロキ。

 すっかり力は回復している模様で、次々と来る人形たちにおかまいなしの様子。

 そしてルーシィは、ビッグスローに鞭をぶつけようとする(>▽<)

 ロキの話では、ビッグスロー自身はそんなに強くないので、力押しが可能だそうですが…。

 ところが、ビッグスローは、顔を隠していた仮面を脱ぎ捨てて自らの素顔を披露するなり、素顔の両目を緑色に輝きだす!

 どうやら、雷神衆の目には特殊な眼力の魔力を持ってるらしく、ビッグスローの場合は『フィギュア・アイズ』という、目を見てしまったら、人形化して魂を操られてしまうという能力を持ってる( ̄口 ̄;)!!!

 おかげで、目を開ける状況でなくなり、隙を突いてビッグスローの人形たちが猛威を振るってしまう!

 ロキは、自分を戻す様にルーシィに命令するも……ルーシィ自身は、ロキを信じているからこそ、なんとかしなさいと気合を入れる発言をかましちゃいまして、ロキも気合が入る♪

 そしてルーシィに『合図をしたら、目を開けて突っ込む』というイチかバチかの大博打の提案をしてきまして、ルーシィも了承―― そして、ロキの獅子光耀による強烈な光で、ビッグスローの視界を奪うと、今度はルーシィが鞭でビッグスローの動きを封じる様に縛り付けてから、最後は星霊を信じてくれている彼女への想いを込めた???レクルス・インパクトの一撃でビッグスローを撃破しちゃいましたとさ☆彡

 この結果は、もちろん術式の中に閉じ込められているナツ&ガジルたちに通達される。

 とりあえず、ナツとガジルの口喧嘩はくだらないから自重しまして……その2人の口論を聞いて、術式解読のポイントがわかったレビィは、大急ぎで術式の解読を行ってなんとか解読に成功です♪

 これでようやく、ナツたちも参戦って事になるか????

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

黒執事Ⅱ 第9話『虚執事』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3729.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 アロイスを殺害し、その魂は指輪に封じ込めたクロード。

 部下の悪魔たちに、この魂を使ってクロードは何をするのかと聞いてみたところ―。

 食べる ―― おしい。

 別の主に装着させる ―― 離れた。

 もう1人のは、まだ未完成なので飛ばして……ハンナに聞いてみたところ、装飾が変化しているとの事。

 それを『正解』と答えるクロード。

 しかも、テーブルの上に何百回転に周りながら……部屋の装飾を、濃紺からミッドナイトブルーに変更させた様に、シエルとアロイスの魂は根本こそ違っても共通項があり、その共通項こそが『2人を彩る過去』で、そこに利用価値があるというのだ。

 そして、彼が仕掛けた巧妙な罠が、今、発動される!

 一方、セバスチャンの下に、女王陛下からの指令の手紙が送られる。

 それを、人を初めて????刺した時の感触が忘れられずに眠れないシエルの下に届けられました―。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »