« 黒執事Ⅱ 第4話『テロ執事』 | トップページ | 黒執事Ⅱ 第5話『狼宴執事』 »

2010年8月 2日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第40話『妖精女王(ティターニア)、散る』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3525.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 燃えてきたぞ、今までで最高にだ!

 ジェラールが8年の歳月をかけて進めて作り上げた楽園の塔を壊されるのを恐れてると聞いたナツは、疲労はたっぷりあるけど、サラマンダーの力を全開にして塔を壊しまくりながら、ジェラールに立ち向かう。

 ジェラールも、これ以上の塔の破壊を恐れて本来の力を出す事ができない事もあって、イライラは最高潮に。

 すると彼は、さらに強力な天体魔法アルテアリスを発動させようとしまして、これを見たエルザは、ゼレフ復活の生贄ってのを利用して、ナツを庇う様に立ちはだかる。

 しかし、今のジェラールにはもうそんなのおかまいなしって状況で、容赦なくアルテアリスを放つ!

 エルザは、ナツから離れようとせず、そのままナツの盾にな……ろうとした時、そのエルザの盾になる様に、シモンが立ちはだかり、アルテアリスの一撃をまともに食らってしまったのだ(>_<)

 そしてシモンは、エルザへの好意を思いながら息絶える。

 エルザは号泣し、ジェラールは下らんとか無駄死にとか嘲笑う。

 これにキレたナツは、ジェラールに一撃を食らわせた後、無謀にもエーテリオンを吸収したラクリマの欠片を食べて力を高めようとするも、エーテリオンには炎属性以外のモノも含まれている為、ナツにはそうとうの毒に……と思いきや、サラマンダーの力で無理やり押さえ込む形で炎を引き出していくが、ナツの体の一部に龍の鱗が露わとなる。

 エーテリオンの炎の力を高めたナツは、怒りのままにジェラールを圧倒する。

 それは、ミーティアで回避しようとしたジェラールの速度を上回る程で、完全に追い詰められたジェラールは、ついに切り札であるアビスブレイクを発動させ
る―― それはもう、ここまで完成したラクリマを完全に消滅させ、今度は5年で再生させると決意した末の破壊魔法発動だった。

 だが、発動中に、前にエルザに受けたダメージが出てしまって発動を途中でやめてしまい、その隙を突いて、ナツが渾身の力を込めての拳の一撃を、ジェラールに食らわせる!!!

 亡霊に縛られてるヤツに自由なんかねぇんだよ!

 自分を解放しろ、ジェラール!

 ジェラールは、ナツの圧倒的な渾身の一撃を顔面に受け、楽園の塔のかなり下の方に落下していくのでした。

 そして、ナツのドラゴンスレイヤーの力を垣間見たエルザは、ただ驚くしかなかった―。

 続きはこちらへ!!!

|

« 黒執事Ⅱ 第4話『テロ執事』 | トップページ | 黒執事Ⅱ 第5話『狼宴執事』 »

フェアリーテイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45474182

この記事へのトラックバック一覧です: FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第40話『妖精女王(ティターニア)、散る』:

« 黒執事Ⅱ 第4話『テロ執事』 | トップページ | 黒執事Ⅱ 第5話『狼宴執事』 »