« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第35話『闇の声』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3506.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 エルザはついに自分の過去を、グレイたちに話していた…。

 戦いが始まり、そしてあの結末へと続く話。

 ついに始まった、奴隷たちの大反乱。

 エルザたちは、自分たちの自由を勝ち取る為、そしてジェラールを救う為に戦っていく。

 そのかいもあって、なんとかジェラールが囚われてるエリアの近くまでやってこれたものの、相手側ももう容赦すらしないかの様に、なんと魔法兵の群れを出して、子供たちや奴隷たちを次々と殺害していく。

 子供たちは圧倒的な魔法兵の猛攻に次々と逃げ出してしまい、エルザもそれに巻き込まれて倒れてしまう。

 そして、そんな彼女に、魔法兵の群れが一斉に彼女に向けられる―― も、ここはロブが庇う様に守ってくれまして、ロブの最期の攻撃魔法で魔法兵を撃破に成功する。

 だが、それはロブにとっては 命と引き換えの魔法。

 次から次へとやってくる神官&魔法兵の群れの攻撃を、ロブはエルザを守っていくが……ついに力尽き、相手の猛攻の前に、その肉体がエルザの目の前で消し飛んでしまう(ToT)

 かつて、ロブがエルザに教えた“信じる心”によって魔法が仕えるという言葉…。

 それを胸に、エルザが魔法に覚醒する―。

 その頃、激しい拷問にボロボロにされるジェラール。

 楽園の塔が完成したら楽園に逝けると語る神官の男たちを尻目に、ジェラールは『子供1人助けられない神などいらないと』とすべてへの憎悪を募らせていく―― そして、その憎しみに感化される様に、ついに あの女 がゼレフと称して語りかけてきました( ̄口 ̄;)!!!

 そして、憎悪の化身として現われては、ジェラールの右目に侵入し、その肉体を乗っ取ってしまう。

 魔法に覚醒したエルザの猛攻によって、一気に形勢が逆転。

 なんとかジェラールが囚われてる場所に到着、彼を見つけるのですが…。

 本当の自由は、ここにある…。

 本当の自由は、ゼレフの世界だ!

 ゼレフの力に取り付かれたジェラールは、不敵な微笑と共に異様な右目を解放すると、最初に、ゼレフの存在を感じ取れない哀れな神官2人を、手にした魔法の力で殺害。

 そして、自ら楽園の塔を手に入れて完成させ、ゼレフを復活させられると宣言するのでした…。

 まさかのジェラールの豹変に驚くエルザ。

 でも、今の彼にはエルザの言葉など届く訳もなく、出て行くなら1人で出て行けばいいと冷酷に語る。

 さらに、そのほかの奴隷の人たちは、楽園の塔の建設に必要って事で、まさに飴と鞭みたいなやり方で建設に着手させてもらうやり方をとらせるほか、エルザには島の外に追放させた上で、この事を政府などに口外したり楽園の塔に近づいたりしたら、彼ら全員を殺害すると脅迫しちゃいました( ̄口 ̄;)!!!

 エルザは、それを胸に受けて島を追放されたのでした――。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第34話『ジェラール』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3498.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 評議会は、10年ほど前に黒魔術を信仰する魔法教団が建設をたくらんでいた7つの塔すべてを潰したはずだったのが、新たに8つ目の塔が完成していた事に衝撃を受けていた。

 恐怖のシステム『Rシステム』を起動できる“楽園の塔”が…。

 どうやら、このシステム自体が世に知れたら大混乱は間違いないそうで、しかもこれを完成させたのは『ジェラール』という名の男たちだそうな。

 そしてその男こそ、ジークレインの双子の弟との事!

 エルザ奪還の為、小舟で戦場へ向かうナツたち。

 ナツの鼻を頼りに進んでみるのですが……当のナツは、船酔いでプチ嘔吐( ̄口 ̄;)!!!

 プチでも、嘔吐している状態を午後7時半から披露してもいいのか~♪

 そうこうしているうちに、さすがのナツでも船酔いを忘れさせてしまうくらいの、とてつもない違和感を感じてしまったそうでして、それは、近くを飛んでいた鳥や魚ですら突然海に落ちたり浮かんだりするくらいです!!!

 さらに、評議会が送り込んだはずの軍の船の残骸も漂着していたそうで、これから上陸していこうとするナツたちを大小不安にさせてしまいます。

 でも、このまま上陸すると危険なので、ジュビアが水の魔法でカモフラージュして上陸していく…。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第33話『楽園の塔』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-3467.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 星霊界に戻れたロキかからのお礼って事で、アカネビーチのリゾートホテルへのチケットをもらったナツたちは、早速ながら遊びまくって堪能しちゃいます♪

 ハッピーで○○こを隠す行為は自重しようね、グレイ(>_<)

 そんな彼らの姿を見つめる、水着姿のジュビア…。

 夕方になり、ホテルのベランダにある椅子の上に座るエルザ。

 休暇を堪能しつつも、そのままつい眠ってしまう…。

 その夢は、彼女の少女時代のモノ!

 自分がどこかの場所で奴隷な扱いをされながら生活した。

 そんな場所も崩壊してしまい、彼女はなんとか脱出はしたものの…。

 エルザ、この世界に自由などない。

 不気味に覚えているあの言葉…。

 悪夢から飛び起きる様に目が覚めたエルザ。

 彼女からすれば、鎧を着た方が落ち着くそうでありますが。

 そこにルーシィがやってて、地下のカジノに来ないかとのお誘い♪

 するとエルザも、ドレスに換装してルーシィと一緒にカジノに向かうのでした―。

 ルーシィも、これには敗北です(>▽<)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »