« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第3話『潜入せよ!エバルー屋敷!』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2830.html


 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。





 フェアリーテイルがある酒場???の近くに、自分が住む場所を見つけたルーシィ。

 家賃7万Jだけど、なかなかいい感じのアパートっす。

 早速、新しい家での独り暮らしを満喫しようとするルーシィに、ナツがいきなりやってくる。

 前に見た『星霊との契約』を知ってるナツから、一緒のチームを打診&その為の初依頼である『20万J』の仕事も決定している事を聞いて、やはり食いついてきました!



 今回の依頼は、エバルー公爵の屋敷から一冊の本を取ってくるだけ!

 しかも注意事項には、公爵はとにかく女好きで変態、金髪のメイドさん募集中と書いてあった。

 そしてナツとルーシィは、早速、エバルー公爵の屋敷のあるシロツメの街に向かう。

 その頃、フェアリーテイルに、この仕事の報酬が20万Jから200万Jに10倍に上がった事が話題になり、これを見てたグレイも「面白そうな事になってきたな…」とチェックしちゃったみたい!



 そんな事も知らず、シロツメの街につ到着したナツとルーシィ。

 早速、用件どおりのメイド服に着替えて潜入する気満々のルーシィだけど、とりあえず最初は、依頼主の元にやってきて、話を聞きます。

 依頼主のカービィ・メロンの話だと……エバルー公爵の持つこの世に一冊しかない本『日の出(デイブレイク)』を破棄または消失する様にするのが詳細な仕事内容で、ここでようやく報酬が200万Jにあがってた事実を知ります。

 俄然、やる気が出たナツ達は、すぐにエバルー公爵の家に突進するのでした―。

 



 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第2話『火竜と猿と牛』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2829.html


 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。





 やはりといえばやはりですが……評議会は、今回の港半壊について議論が行ってましたね☆彡

 フェアリーテイルには、有能な人材が多いのは事実だけど、大変な事をしでかす事が多いギルドでありまして、その点で評議会の面々は、思案に余り痛し痒し状態な意見が大半を占めてましたね。

 その評議会の面々の1人ジークレインは、フェアリーテイルの事を好きだと言い、寛大な態度を取る様に説得するのでした。

 あんなバカたちがいないと…この世界は面白くない。



 ナツに連れられて、フェアリーテイルにやってきたルーシィ。

 フェアリーテイルに所属するのは、個性豊かな魔導士揃いばかりだけど、ナツみたいに血の気が多いのが多い魔導士ばかりで、当然ながらケンカはよく起こる。

 そんなケンカをとめるのが、ギルドマスターのマカロフ。

 今回のギルドに対する処分がマカロフから言い渡された事が発表されるも、その答えは―。

 評議員などクソくらえだ!

 評議員を恐れず、自分の信じた道を進め!

 フェアリーテイルの面々はそれを聞いてやっぱり盛り上がっちゃって、ルーシィは驚きながらも、ギルドの一員であるミラジェーンによって、フェアリーテイルの一員の印のマークを手に押してもらい、彼女もフェアリーテイルのギルド所属が正式に決定するのでした\(^o\)(/o^)/

 



 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第1話『妖精の尻尾』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2828.html


 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。





 RAVE以来の久しぶりの真島作品のアニメっす(≧▽≦)

 この作品の時は、放送されてた局がTBSだったので、ドリュー&鬼神編前のところでアニメ放映が終了しましたが、もしもこれが遊戯王みたいに移籍していたら、おそらくラストまで放映されてた可能性が高かったと思います―― もちろん、ラストは保志さんと関智さんの壮絶バトルになりますが。

 当の先生は、この漫画のほかにも、月刊雑誌のライバルでも『モンスターハンターオラージュ』の漫画も書いてましたからね。

 RAVEが『ハル』ですから、今回のフェアリーテイルは『ナツ』。

 次の連載などには『アキ』や『フユ』といった主人公の名前が出てくるかも???





 FIORE王国。

 人口1700万の永世中立国と同時に、そこは魔法満載の世界。

 魔法が普通に売買されてて、人々の生活に根付いていた。

 そして、その魔法を駆使して『生業』として生活をする【魔導士】が存在し、その魔導士達は、国内に散らばる多種多様なギルドに属して依頼に応じて仕事をしている。

 そのギルドの中で、かつて……いや、後の未来に至るまで、数々の伝説を産み出したギルドがあった。

 それが、FAIRY TAIL~フェアリーテイル~だった。



 ハルジオンの街に立ち寄った新人魔導士の少女ルーシィ。

 色んな魔法屋をまわって『門の鍵(ゲートの鍵)』を集めながら、憧れの魔導士ギルド『FAIRY TAIL』に入る事を夢みていた。

 
そんな折、新しい門の鍵『白い子犬(ホワイトドギー)』をゲットしたルーシィは、店を出ると、街の女子達が『火竜(サラマンダー)と呼ばれる有名な魔導士
が来ている』と大騒ぎになってるのを知って、ルーシィはそのサラマンダーと名乗るキザな魔導士と会うが、なぜか心を奪われてしまう。

 そこへ少年ナツが乱入し、それが禁止魔法『魅了(チャーム)』の効力であった事が暴露されて、なんとかルーシィの貞操の危機は回避されました(●^o^●)

 



 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年11月 »