« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第1話『妖精の尻尾』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第3話『潜入せよ!エバルー屋敷!』 »

2009年10月19日 (月)

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第2話『火竜と猿と牛』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!


 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2829.html


 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。





 やはりといえばやはりですが……評議会は、今回の港半壊について議論が行ってましたね☆彡

 フェアリーテイルには、有能な人材が多いのは事実だけど、大変な事をしでかす事が多いギルドでありまして、その点で評議会の面々は、思案に余り痛し痒し状態な意見が大半を占めてましたね。

 その評議会の面々の1人ジークレインは、フェアリーテイルの事を好きだと言い、寛大な態度を取る様に説得するのでした。

 あんなバカたちがいないと…この世界は面白くない。



 ナツに連れられて、フェアリーテイルにやってきたルーシィ。

 フェアリーテイルに所属するのは、個性豊かな魔導士揃いばかりだけど、ナツみたいに血の気が多いのが多い魔導士ばかりで、当然ながらケンカはよく起こる。

 そんなケンカをとめるのが、ギルドマスターのマカロフ。

 今回のギルドに対する処分がマカロフから言い渡された事が発表されるも、その答えは―。

 評議員などクソくらえだ!

 評議員を恐れず、自分の信じた道を進め!

 フェアリーテイルの面々はそれを聞いてやっぱり盛り上がっちゃって、ルーシィは驚きながらも、ギルドの一員であるミラジェーンによって、フェアリーテイルの一員の印のマークを手に押してもらい、彼女もフェアリーテイルのギルド所属が正式に決定するのでした\(^o\)(/o^)/

 



 続きはこちらへ!!!

|

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第1話『妖精の尻尾』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第3話『潜入せよ!エバルー屋敷!』 »

フェアリーテイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45473815

この記事へのトラックバック一覧です: FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第2話『火竜と猿と牛』:

« FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第1話『妖精の尻尾』 | トップページ | FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第3話『潜入せよ!エバルー屋敷!』 »