« ソウルイーター夕方版 第48話『武器(デスサイズ)を持った死神様~一寸先はヤミだらけ?~』 | トップページ | 黒執事 第23話『その執事、炎上』 »

2009年3月17日 (火)

黒執事 第22話『その執事、解消』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

 

の代わりブログであります!!!

 


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2292.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 たくさんの子供へのプレゼントと共に、アバーラインの妻に彼の最期の知らせを伝えたシエル。

 

 アバーラインの死を知った妻は、彼が遺した手紙を呼んで号泣しちゃいました(ToT)

 しかも、彼女のお腹には新たな子供が宿っていた…。

 同時に、それは黒執事アニメの最終章の始まりを告げるモノでもあった…。

 

 ある日、パリ万博へ向かう事になったシエルとセバスチャン。

 シエルは、未だに『女王陛下が世界を戦乱へ導こうとしている』と遺した劉の言葉が気になっているが、ここは万博視察って事で……船を経由してやってきたPARISの都(≧▽≦)

 セバスチャンの博識ぶりも堪能された視聴者と共に、万博の博覧会へ。

 そこには、天使の剥製があるそうですが、それはなんと天使の翼を持つサルの剥製で、シエルをロックオンするやいなや、いきなりショーケースを破ってシエルに襲い掛かってきたのだ( ̄口 ̄;)!!!

 セバスチャンは、このサルの相手をする間、シエルは博物館の外へ避難する事に。が、その間の外へ向けて走る彼は、光に向けて走るのになぜか戸惑ってる様だった。

 ここは本当に僕が暮らす世界なのか?

 博物館の外に出たシエルは、外の光の眩しさを感じてしまい、周りの穏やかな光景が広がっていた。

 だが、博物館のすぐ近くの噴水のところに、なぜかアンジェラが!

 彼女の姿を見て咄嗟に逃げるシエルは、なぜかエッフェル塔の上部に到着。

 そこには……女王陛下が立っていた。

 シエル、久しぶりですね。


 だけど、女王の声が思ってる以上に若く、さすがの彼も不気味がっちゃいます。

 

 

 続きはこちらへ!!!

|

« ソウルイーター夕方版 第48話『武器(デスサイズ)を持った死神様~一寸先はヤミだらけ?~』 | トップページ | 黒執事 第23話『その執事、炎上』 »

黒執事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/54852824

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事 第22話『その執事、解消』:

« ソウルイーター夕方版 第48話『武器(デスサイズ)を持った死神様~一寸先はヤミだらけ?~』 | トップページ | 黒執事 第23話『その執事、炎上』 »