« ソウルイーター夕方版 第40話『切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~』 | トップページ | ソウルイーター夕方版 第41話『クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~』 »

2009年1月20日 (火)

黒執事 第14話『その執事、異能』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2131.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 こちらでは、2週間ぶりの黒執事です!!!

 先週は、ほかの地域では放送していた特別編はまったく放送されなかったのですから、本当に2週間ぶりデス!

 しかし、こちらでは、第12話⇒1週間開けて年始突入⇒第13話⇒特別編なし!⇒第14話と進んでるので、けっこう感覚が戻るのに一苦労っす(;一_一)

 さて、第13話の終わりにアグニが出て行った後がどうなったのかを見ていきたいです!!!

 アグニが向かったのは、インドからの輸入品を手広く扱うハロルド・ウエスト=ジェブの屋敷。

 実はこの男、シエルだけでなく、ロンドンの貴族では評判よくない肩書き信奉者だそうな( ̄口 ̄;)

 実は、このウエストの経営するコーヒーハウスも、あの逆さ釣りの被害に合っているそうだけど、ご本人はその日は不在で被害にあってなかったそうな。

 その男の家にアグニが入っていくのを、後をつけていたシエル・セバスチャン・ソーマ・劉は、すぐに屋敷に忍び込んで、アグニとウエストの会話を聞く事に。

 そこで知ったのは……あの逆さ事件は、実はアグニに命令してウエストが起こさせていて、ウエストの狙いは、ライバル店を蹴落として、自分が『ロイヤルワラント(英国王室御用達)』の証を得る事!

 アグニは、協力した見返りとして、ミーナの事を知る事だったのだ。

 いきなり事件の事実を知った&ミーナの事を聞いたソーマは、怒って2人のところへ殴りこんでしまって、隠密行動が大失敗( ̄口 ̄;)!!!

 そして、「ミーナの居場所を知っていたのか!?」とアグニを問い詰めてしまうと、ミーナを連れて行ったのがウエストだった事が発覚するのでした。

 ソーマはアグニに「ウエストをやっつけろ!!」と命じるも、アグニはそれを実行せず、逆にウエストの命令を聞いて、ソーマに牙を向けるのだった( ̄口 ̄;)!!!

 牙を向けたアグニにソーマが呆然とすると、そこに割って入ったのは……。

 鹿マスクのセバスチャン(≧▽≦)

 言うまでもないけど、ウエストは腐っても貴族で、セバスチャンの顔はアグニもソーマも知っているので、同じ貴族のファントムバイヴ家が表立って乱入&救助は非常にマズイという配慮なのはわかるが……その物騒なモンをいつの間に拝借したの!?

 まあ、廊下にあった剥製から失敬した……にしときましょ(●^o^●)

 わたくしはあくまで鹿で…。

 明らかに不審者な鹿男を退治しろと命じるウエストの言葉に、アグニは「自分の右手は、神の為だけにふるうと決めていた」と血の涙を流し右手の包帯を取って、ソーマ&馬ならぬ鹿男に襲いかかります(;一_一)

 神を裏切る罪、お許し下さい!!!

 人間でありながら強力な力を振るうアグニだけど、コレクションの骨董品が次々と破壊される光景に、さすがのウエストも真っ青に(≧▽≦)

 その隙を突いて、劉がシエルを担いで逃亡し、セバスチャンもソーマを担いで逃亡していきました。

 続きはこちらへ!!!

|

« ソウルイーター夕方版 第40話『切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~』 | トップページ | ソウルイーター夕方版 第41話『クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~』 »

黒執事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/54853761

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事 第14話『その執事、異能』:

« ソウルイーター夕方版 第40話『切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~』 | トップページ | ソウルイーター夕方版 第41話『クルクルクルル~博士は踊る、新しき世界?~』 »