« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

ソウルイーター夕方版 第34話『BREW争奪戦!~激突、死武専vsアラクノフォビア?~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2020.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ついに始まる、魔道具『ブリュー』争奪戦!!!

 ソウルイーター原作も含めて、かなり重要な鍵になる『ブリュー』。

 大魔道師エイボンの最高傑作ともいえる魔道具をめぐって、アラクノフォビアと死武専の精鋭部隊による戦いが、ロスト島を舞台に始まります!!!

 

 

 雪荒れるロスト島に上陸した死武専教師&精鋭の生徒。

 同じく、アラクノフォビアの幹部&兵士も上陸していた。

 そして、その途中各地で、死人先生組はミフネと、ジャスティンはギリコと相対して激戦をする間、マカたち生徒陣とシュタイン博士&マリー組が磁場が作り出した竜巻の中心部に到着する。

 ミフネと死人先生との激戦は、一進一退の攻防。

 やはり、ミフネの強さに、死人先生組はかなり苦戦をしちゃってます。

 

 マリーとシュタイン博士が磁場の中に入り、マカたち生徒は外で待機するが……5分経過したら、キム組の能力で撤退する様に言われるのだった。

 ところが、その5分を経過し、さらに15分経過して戻ってこない2人に不安を感じた生徒達。

 2人の魂反応が消えた。

 マカの魂感知能力で、異変を感じた生徒達が磁場の中へ入ろうとすると……ついにアラクノフォビアの兵士がやってきてしまいます( ̄口 ̄;)!!!

 ここは、キム組・オックス組・キルク組が相手をする事にして、マカ組・キッド組・ブラック☆スター組が磁場の中へ入っていくのであった。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

黒執事 第8話『その執事、調教』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1979.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 確かに、これは意外な終わり方??

 いや、これは『始まり』かもしれません!!!

 それでは、このアニメが始まってから初めての愉快な終わり方だった、黒執事第8話であります!

 牢中に放り込まれてたはずのバリモアが、『犬苛め場』で遺体として発見された。

 セバスチャンは『一件落着した事件』について心中察してるけど、顔が明らかに見下してるな~。

 もちろんシエルも予想外の展開にイライラしてて、結局、『魔犬様』について調べる事に。

 就寝前のセバスチャンに就寝用の服に着替えさせられながら、シエルは『人ならざるもの』のところを気にする。

 CGR1803-08.jpg

 死神DEATH☆彡

 この一言の為に本人を再び出して収録してたら凄いけど、福山さん自身は超多忙なので、ここは第6話で収録したのを持ってきた可能性が圧倒的に高いでしょうな…。

 まあとりあえず、グレルみたいなのが再臨するのは非常に厄介な事でありますが……セバスチャンは、熱心に調べようとするシエルにその真意を聞きます。

 シエルは、女王への忠誠心だけでなく、『犬が絡んだときのセバスチャンの反応』が興味深いそうでありまして、セバスチャンは「学習なさいましたね」と面白そうというよりもちょっぴり不安そう??

 夜中、アンジェラの様子が心配のフィニアンは、屋敷内を巡回。

 すると、低いうなり声のような音が聞こえ出してしまっただけでなく、メイリンもその音を聞こえてしまった様で「怖い話が好き」って理由で、フィニアンと一緒に巡回再開(ToT)

 やがて、一室から漏れ出た光を見つけた2人が、その部屋を覗いてみたら……。

 アンジェラが見知らぬ銀髪男とセ○ロス(≧▽≦)

 その光景に、フィニアンは目を背けてしまい、メイリンは鼻血出血ながらも覗き見再開☆彡

 だけど、ファニアンはこれ以上の現実を見たくなくて、泣きながら屋敷を飛び出してしまいました( ̄口 ̄;)!!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

ソウルイーター夕方版 第33話『共鳴連鎖~奏でろ、魂たちの旋律?~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2019.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 研究所に篭るシュタイン博士だが、クロナがマリーに仕込んだ狂気に反応する狂気に反応する盗聴器によって、彼の精神を徐々に蝕んでいた。

 もちろん、死神様に心配される程で、なんとか正常を保ってるものの、もはや危険水域になってるのは明白な状況。

 そこへ、アラクノフォビアが『魔道具ブリュー』の在り処を発見したという情報を聞いたシュタイン博士は、いずれ訪れるアラクノフォビアとの本格的な戦いの為に、授業内容を強化して生徒を強くする手段を発動します!!

 いよいよ後半2クール分の重要カードである『ブリュー』が出てきた、ソウルイーターであります。

 妖刀の魂を感じる為の意識集中をするブラック☆スターと椿。

 しかし、そんな彼に惑わしを与える禍々しい鹿が『力を欲する理由』を聞いて来ると、「神を越える為!!」と断言。

 だが、その表情は『鬼のような形相』だと指摘され、集中力が途切れてしまった。

 そんな彼を心配そうに見る椿に気丈に振舞う。

 そこへパティ達がやってきて、魂の共鳴連鎖の訓練をするから来いという事を伝えると、すぐにその場へと向かう。

 森の中では、シュタイン博士やマカ組・キッドが待っていて、すぐに始まろうとするが……時間的にあまりにも余裕がない状況の為、今日中に魂の共鳴連鎖が完成しないと、シュタイン博士の授業から外されてしまう事に!!!!

 すぐに魂の共鳴連の訓練が始まるが、マカとキッドの共鳴は成功するも肝心のブラック☆スターのところで割れて失敗。

 連戦連敗でイライラしているブラック☆スターはマカたちと合わせる気がなく、イライラが余計に増幅させてしまう。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

黒執事 第7話『その執事、遊興』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1954.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 今日はホンマに寒かった~( ̄口 ̄;)!!!

 しかも、仕事が残業&飲みにつきあわされて、自宅に戻ってこれたのは午後9時半すぎ。

 さらに悪い事に、けっこう酔っ払ってる状態でなんとか数個だけトラバして(危うく、違うブログをトラバしてしまう事態になるところだったんです
が!!!)、酔いを醒ます為に仮眠を取ってたら……見事なる日付越えを演じる寸前で、今回の黒執事を書くハメにになりました(ToT)

 記録的には、18日23時58分に初更新しましたが、完成はけっこう時間かかってしまいました…。

 今回は、ファントムハイヴ家総出で、女王のリゾート地へ!!!

 ダメ使用人3人衆(タナカさんは除いております!!!)はハシャギまくり。

 なんでもシエルは、留守にしたら、屋敷に残して破壊されかねんという事で連れてきたらしい!!

【↑絶対、それに近いコトが過去にあったな!!!】

 村の入り口には……無数の首輪(ToT)

 これをヒステリック愛犬家が見たら、これだけで毎日放送&TBSに抗議の電話をしたかも??

 しかも、セバスチャンが『連れて行く場所はリゾートの建設≪予定地≫ですよ』と、今頃になって言われても嬉しくない(ToT)

 実は今回、この村『ハウンズ ハウス』では、犬に法が適用されないのを良い事に娯楽として『犬苛め』が横行し、さらにそれを行う為の猟犬育成までやっている事を知った女王が、解決の為にシエルに通達したそうな!!!

 セバスチャンは『人間らしい』と悦ぶも、ファントムハイヴ家がする仕事なのかと疑問視するが、シエルは『れっきとした理由がある』と言いながらも、明らかにはしなかったっす。

 村へ続く道の途中、老婆が乳母車を引いている姿を見て、フィニアンが『第1村人発見(≧▽≦)』って事で寄ってみると、その乳母車の中には『犬の骸』が( ̄口 ̄;)!!!!

 この子はねぇ…。

 アレに食われちまったんですよぉ……。

 いや、老婆の方が怖いですって!!!

 犬の骸は、すでにカミヨミの『銀狼館編』で慣れておりますので……。

 とりあえず、村の異様さ満載の中、ようやく目的のリゾート地に到着します。

 もちろん、不可解な人の死因等を調べる為との兼用ですが……。

 リゾート地近くの村では、犬の調教する者や農作業に従事していそうな者などがいて、セバスチャンが、丁寧??に犬の生業について冷静に毒舌を吐きまくり、犬ギライである事を暴露。

 シエルは、嫌みで「わん!」と一吼え。

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

ソウルイーター夕方版 第32話『聖剣伝説3~死武専番長物語~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1959.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 月曜夕方6時のソウルイーターにやってきた『白くて可愛い』 ウゼェ野郎!!!

 その名も、エクスカリバー!!!

 前の2回で、視聴者をもフリーダムな状況&HPに陥れた、ボンズの最終兵器(マテ!!

 そんな秘密兵器が、1クールに1度でやってきた、死武専に!!!

 中の人は、自分の芸能会社社長である子安さん(≧▽≦)

 フリーダムな標準語ばかりしかしゃべらないんですが、冗談抜きで5年前のOVA『高校鉄拳伝タフ』の第2巻で、マジ関西弁少年を演じちゃいましたから!!!

 それ以来、関西弁キャラはないんですが……(知る限り!!!)

 

 

 死武専の図書室で、ヘッポコ職人のヒーロが『聖剣エクスカリバー』についての書物を読んでいた。

 マカの言うとおり、他の学校だったらルックスはいいのでモテてただろうと指摘するとおり、彼は死武専では能力が低いって事から、キムやジャクリーンだけでなく、多数の生徒からパシリにされていて、ブラック☆スターからは『自分の技の実験台』にされる毎日。

 中の人は、かんなぎの仁なんですね……。

 

 

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

黒執事 第6話『その執事、葬送』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1948.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 キースがロランを殺害した前話。

 

 まあ言うまでもないですが、ターンAガンダムの中の人ネタであります。

 ムーンレイスから降り立った親友同士というキャラ設定が、10数年後の現在では主役を殺害するって展開になってるとは、本当に時の流れというのは怖いものです…。

 まあ、オカマ役をやらせたら、銀髪にしてる矢尾一樹さんが凄いですが(≧▽≦)

 さて、とんでもなく脱線しちゃったので、そろそろ黒執事の本題に戻ります。

 前話みたいなヤバイギャグはなしにして進行してまいります……。

 グレルとセバスチャンとの人類を超越した者同士の戦いが開演しました!!!

 というより、福山さんのギャグ系+オカマ系の2つが混ざったボイスは強烈すぎっす(≧▽≦)

 四月一日をオカマにした様な死神キャラに、さすがのセバスチャンも引いてます……。

 おかげで、セバスチャンはグレルの攻撃に大苦戦( ̄口 ̄;)!!

 しかし、ここは悪魔執事でありまして、上着の特注執事服のウールを巻き込んでチェーンソーを無力化しちゃいます☆彡

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

ソウルイーター夕方版 第31話『涸れた幸福(しあわせ)~月明かりに光るのは誰の涙?~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1944.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 やっと新OPになりました(≧▽≦)

 歌や映像はいいんだけど、ただ11月にする必要があったかな??

 そんな感じですが……ただ、このペースだと、原作展開はハバ・ヤカー城攻略編の途中まで(錠前破壊頃!!)で、そこから先はオリジナル展開になりそうな気がしてきた、アニメのソウルイーターであります。

 死武専に仮入学したクロナも、本格的に授業を受け始めます。

 主にマカが面倒見てくれてて、ソウルも他の仲間達も何かとクロナに気遣ってくれる。

 どうして、ぼくなんかに優しくしてくれるんだろう?

 クロナは疑問を感じつつも、バスケをしたりして少しずつマカ達に馴染んでいきます(≧▽≦)

 その様子を見守るソウル達だが、キッドに「傷」の事を聞かれる。

 過去に拘るのはクールじゃねぇ。

 大人だな~、ソウル(≧▽≦)

 キッドの提案&自宅にて『パーティ』開催が決定(●^o^●)

 レコード持ってきたソウルだったが、会場と雰囲気が合ってない事を気にしつつも、マカからの希望でピアノをせがまれます。が、彼はピアノを弾く気はなし。

 ソウルがピアノが弾ける事を意外に思ったリズに、マカは1度だけ変な曲を弾いてくれた逸話を話してくれる。

 まあ、ブラックスターは相変わらず。

 でも、クロナに「苛めるやつがいたら、俺様がブッ飛ばしてやる」と勇気付けてくれて、クロナは優しく接してくれる事にビックリ!!

 みんな、友達なんだよ☆彡

 マカの言葉に、クロナの表情から嬉しい笑みが零れます(●^o^●)

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

黒執事 第5話『その執事、邂逅』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合
の代わりブログであります!!!

 

 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-1923.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 まさかのジャック・ザ・リッパー惨殺事件の続行!!!

 

 まさかの展開にイライラ気味のシエルとマダムレッドがチェスゲームをしながらトーク。

 マダムは「現実は甘くないわよ」と論すが、シエルは「僕の為だ」と、自分の意思を曲げる気はないみたいです。

 心配したマダムは、屋敷を出る直前、セバスチャンに「シエルが道筋を見間違わぬ様に…」と伝言を伝えて家路に。

 就寝前、まだイライラのシエルがセバスチャンに容疑者を洗い直す様に命令するも、推理からして子爵以外に怪しいヤツはいないのは明白な事実。

 セバスチャンはシエルの命令どおりに忠実にこなしただけで、余計な事はしなかった。

 あくまで、執事ですから!!

 このままでは埒は開かぬとばかりに、シエルとセバスチャンは、ある調査から次に狙われる可能性が濃厚な票負の自宅前で張り込みをすえうんですが……セバスチャンは黒猫の肉球と戯れちゃって、やる気ゼロ??

 そんな中、女の悲鳴が( ̄口 ̄;)!!

 急いで現場の戸を開けると……そこには、血塗れの惨殺死体の娼婦が

 一瞬、惨殺光景を見てしまったシエルをこれ以上見させては……とばかりに、彼の両目を塞いだセバスチャンの前に、真犯人が血に塗れて怖い目つきで姿を現したのです( ̄口 ̄;)!!

 続きはこちらへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »