« 黒執事 第8話『その執事、調教』 | トップページ | 黒執事 第9話『小野大輔、○撮』ならぬ『その執事、幻像』 »

2008年11月27日 (木)

ソウルイーター夕方版 第34話『BREW争奪戦!~激突、死武専vsアラクノフォビア?~』

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合

の代わりブログであります!!!


 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログしたにあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のトラバURLをお願いします。

 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-2020.html

 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 

 

 ついに始まる、魔道具『ブリュー』争奪戦!!!

 ソウルイーター原作も含めて、かなり重要な鍵になる『ブリュー』。

 大魔道師エイボンの最高傑作ともいえる魔道具をめぐって、アラクノフォビアと死武専の精鋭部隊による戦いが、ロスト島を舞台に始まります!!!

 

 

 雪荒れるロスト島に上陸した死武専教師&精鋭の生徒。

 同じく、アラクノフォビアの幹部&兵士も上陸していた。

 そして、その途中各地で、死人先生組はミフネと、ジャスティンはギリコと相対して激戦をする間、マカたち生徒陣とシュタイン博士&マリー組が磁場が作り出した竜巻の中心部に到着する。

 ミフネと死人先生との激戦は、一進一退の攻防。

 やはり、ミフネの強さに、死人先生組はかなり苦戦をしちゃってます。

 

 マリーとシュタイン博士が磁場の中に入り、マカたち生徒は外で待機するが……5分経過したら、キム組の能力で撤退する様に言われるのだった。

 ところが、その5分を経過し、さらに15分経過して戻ってこない2人に不安を感じた生徒達。

 2人の魂反応が消えた。

 マカの魂感知能力で、異変を感じた生徒達が磁場の中へ入ろうとすると……ついにアラクノフォビアの兵士がやってきてしまいます( ̄口 ̄;)!!!

 ここは、キム組・オックス組・キルク組が相手をする事にして、マカ組・キッド組・ブラック☆スター組が磁場の中へ入っていくのであった。

 

 

 続きはこちらへ!!!

|

« 黒執事 第8話『その執事、調教』 | トップページ | 黒執事 第9話『小野大輔、○撮』ならぬ『その執事、幻像』 »

ソウルイーター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689881/45424604

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルイーター夕方版 第34話『BREW争奪戦!~激突、死武専vsアラクノフォビア?~』:

« 黒執事 第8話『その執事、調教』 | トップページ | 黒執事 第9話『小野大輔、○撮』ならぬ『その執事、幻像』 »